転送会社MyUSの料金改定。容積重量制度で送料は安くなったのか?

先月7月20日より、MyUSの料金が改定されましたね。

利用されている方はメールが届いていたのではないでしょうか?

従来比の20%オフだそうです。

安くね?

というわけで、一人勝手に喜んでいたのですが、

実際に使ってみたところ、割安感が全然無い。

どうやら単純に20%オフという訳では無い様です。

重量制の料金計算と、容積重量の料金計算の、高い方の料金が適応

実際に料金計算ページへ行ってみると、

Calculating Dimensional Weightの項目が!!

MyUSの料金計算ページ

MyUS.com – SHIPPING RATES

Dimensional Weight・・・容積重量?

ノートパソコンより、クマの人形の方が料金が高い表示・・・

MyUSkaitei

今まででしたら、クマたんの方が軽いので、安いはずでしたよね?

どうやら、重さだけでなく、商品の体積、容量で料金変わる様になってしまいました。

今までMyUSは、重さだけの計算だったので、

そこが非常に良かったのですが、

これからは、重さだけでなく、商品の大きさも考慮しなくてはなりません。

 

容積重量の料金計算方法 – Calculating Dimensional Weight –

Dimensional Weightの計算式が書いてあります。

MyUSryoukin

W × H × L(in) ÷ 139 =Dimensional Weight(lb)

・・・わかりにくいので、日本表記に直してみる。

幅 × 高さ × 長さ(cm) ÷ 5000 =容積重量(kg)

 

例えば100cmの立方体のダンボールを発送するとなると、

100 x 100 x 100 ÷ 5000 = 200

200kg相当の料金が取られます。

実際の重さが1kgであったとしてもです。

実際に料金表で入力して計算してもらうと、DHLで1098.07ドルでした。笑

クソたけぇ・・・

恐ろしやDimensional Weight.

 

従来のクレジット割引は適応される。

実際に適応されたので、間違いないと思いますが、

今までの指定のクレジット割引は継続して利用可能です。

MyUSの転送料金を安くする方法。JCB、AMEX、VISAのキャンペーンと運送保険。

 

価格改定で、割引も無くなるかと思っていましたが、

改定後も計算式から、割り引いた金額で利用できました。

 

料金計算のページでも、出た金額に対して、

赤字で下記の様なメッセージが表示されます。

「Prices below do NOT include your shipping discounts.Your discounts will automatically be applied to the prices below when you ship」

要訳:割引前の金額っすぅー。発送時に割引適応なりまっすぅー。

・・・継続して割引ができるのは良かったです。

 

MyUSの料金は安くなったのか?

私の場合、主に使うのは、衣料品で、サイズは160~200サイズ位となります。

だいたい、70x40x50サイズとして、容積重量で計算すると、今後は28kg位の料金となります。

28kgで、約190ドル。

私の感覚ですと、このサイズで、衣料品を詰め込んで、20kgも行かなかった気がするの

で、実際割高となります。

以前は、20kg位だと、1キロ約9ドル位だったような・・・?

20×9=180ドル。

なんとなくやはり、以前に比べると、高くなる感じです。

※個人的な感覚でなんとなく計算しておりますので、予めご了承下さいませ。

 

衣料品って結構重いので、その衣料品ですら、損な感じになってしまうので、

全体的に見ると、かなりの割高になるかと思います。

 

以前は70kgから割安になりましたが・・・たしか70kgで、約450ドル位でしたっけ?

今後は、70kgで、約390ドル位になります。

しかし容積重量を考えると、どうなんでしょう?

こうなると、貯め込んで発送しても、一概に安くなるとは言えませんね。

 

まぁ、クレジット割引で、更に割り引いて貰ってますので、

やはり、他の転送会社に比べると安いかと。

残念ながら、以前と比べ安くなった感は全く無いですが・・・

特に、かさばる商品を主に扱ってる方は、かなり痛い変更ですね。

myUS.com

 

私は、BUYMAやネットショップでの取り寄せ商品が多く、

細かい商品の転送も多いので、全体的には安くなる気がします。

とりあえず、輸入バイヤーには必須の転送会社には変わらないですね。

アメリカの転送会社 MyUSのデメリット。遭遇したトラブルとその対応方法。

アメリカの転送会社MyUSとSpear Net(スピアネット)を比較する。

 

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ