NifMo(ニフモ)のデメリット。@nifty(ニフティ)SIMの評判と通信速度。

昨年末にNifMoが登場してから、早半年。

サービス開始から利用し続けてますが、

半年間でサービスの改変や、他社MVNOも非常に増えました。

 

私は、OCN、IIJmio、NifMo、DMM、BIGLOBE、

ぷらら、U-mobile、UQ mobileと契約してきましたが・・・

IMG_3534

最終的にmineoに落ち着いてます。

mineo Dプラン徹底レビュー。ドコモ回線のマイネオにデメリットは有るのか?

 

NifMo登場してから、ずーと使ってきましたが・・・

最近は他社SIMの勢いが凄いし、NifMoの回線速度も遅くなってきた。

そんな「NifMo」のデメリットまとめです。

MVNO各社、格安SIMの月額料金に違いは大差無い。

最初にこんな事言うと、元も子も無いんだけど・・・

MVNO各社、料金プランの違いなんて屁みたいなもんです。

例えば、月間3GBの通話SIMなら、

月額1600円(月額900円+音声通話700円)で、どこでも一緒。

格安スマホにMNPする。MVNO音声通話SIMの比較まとめ。

 

NifMoの基本スペック

  • 回線:ドコモ
  • 通信速度:受信時最大 225Mbps、送信時最大 50Mbps
  • 初期費用:3000円
  • SMSオプション:+150円
  • 音声通話SIM:+700円
  • 音声通話SIMの最低利用期間:6か月
  • 音声通話SIMの違約金:8000円

@nifty NifMo 3GBプラン

  • 月額:900円
  • 通信容量:月3GB(2015年4月より)
  • 通信速度制限:650MB/3日 → 1日(2016年9月より) 
  • 制限後速度:200kbps

@nifty NifMo 5GBプラン

  • 月額:1600円
  • 通信容量:月5GB
  • 通信速度制限:100MB/3日 → 1日(2016年9月より) 
  • 制限後速度:200kbps

@nifty NifMo 10GBプラン

  • 月額:2800円
  • 通信容量:月10GB
  • 通信速度制限:2200MB/3日 → 1日(2016年9月より) 
  • 制限後速度:200kbps

 

大手携帯キャリアに比べると、格安SIMってのは非常に安いんで、

失敗したところで、リスクは少なめです。

格安SIMへ移行するメリット・デメリット。大手携帯キャリア解約で不便となる点。

とりあえず、格安SIM使うって決めたら、どこでも良いんで使ってみて下さい。

2年間の差額は、恐ろしい金額になります。

大手携帯キャリアのMNP手続き方法。解約月の解約手数料と違約金。格安SIMとの月額料金比較。

 

大手携帯キャリアの様な、非道徳的な縛りもありません。

通話SIMの場合、最低利用期間は有りますが、半年~1年も利用すれば違約金も発生しません。

違約金の仕組みも優しいです。

 

 

データSIM、通話SIM、共に比較してきましたが、

どっかが安くすれば、それに続いて他社も安くなる。

まぁ、そんな感じです。

格安SIMでも、データ繰り越し可能や、

3日間の通信制限無しは、当たり前になってきてますからね。

 

大手携帯キャリアの月額料金に、大きな違いが無いように、

格安SIMの月額料金も、プラン内容も大差ないです。

MVNO各社も、基本的に違いはあまりない。似たり寄ったりプランばかりです。

あんまり違ったら、他社に乗り換えられちゃうからね。

 

NifMoが1.1GB 640円のプランを出してきたので、DMMも1GB 630円へ価格変更・・・

この100MBとか、10円の争いは、正直どうでも良いです。

重要なのは料金では無く、サービス内容です。

 

月額容量は同じだが、NifMoには直近3日間の通信制限が有る。

月額容量と同様に重要な、直近3日間の容量制限。

WiMAXとか、大手携帯キャリアでも問題になってる帯域制限ってやつね。

 

NifMoには、この直近3日間の通信制限が有ります。

例えば、一番対象ユーザーの多い3GBプランの場合。

NifMoは、月額900円と他社と同水準ですが、

直近72時間  → 直近24時間650MBまでという通信制限があります。

※2016年9月16日より、3日間制限→1日制限となりました。

 

格安SIMの3日間の通信制限比較

  • NifMo 1.1GB:250MB
  • NifMo 3GB:650MB
  • NifMo 5GB:1100MB
  • BIGLOBE 3GB:360MB
  • BIGLOBE 6GB:制限無し
  • 楽天モバイル 3.1GB:540MB
  • 楽天モバイル 5.1GB:1000MB
  • mineo Dプラン:制限無し
  • DMM mobile:高速通信は制限無し
  • IIJmio:高速通信は制限無し

 

同じく月間容量3GBで月額1600円でも、

mineoの場合は、通信制限も有りません。

mineo Dプラン徹底レビュー。ドコモ回線のマイネオにデメリットは有るのか?

 

また、NifMoには1.1GBプラン(月額640円)も登場しましたが、

こちらの3日間の通信制限250MBです。

だったら月額630円で1GBプラン、3日間制限無しのDMM mobileの方が良い。

 

別に、NifMoの帯域制限が、悪い内容ってわけでは有りません。

ソフトバンクなんかも、新プラン以外は未だ1GB制限有りますからね。

SoftBank 4G/SoftBank 4G LTEのパケット定額サービス・料金プランでの通信制御実施条件

直近3日間(当日は含まない)のデータ通信量が1GB以上

ご利用の際に通信制御することがある内容について | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク

まぁ、ただ他社MVNOが制限無しになってきているので・・・制限無いに越した事は無い。

 

そもそも動画の見放題サービスや、

音楽聞き放題サービスを多用するヘビーユーザーは、

容量制限のあるプランは向いてません。

ぷららモバイルLTE等の無制限SIMもありますが・・・

本当の無制限は、現状ぷららモバイルLTEのみ、無制限の代わりに速度も出なくなってます。

ぷららモバイルLTEのデメリットと評判。WiMAXと比較して評価してみる。

実際のところ、無制限ではなく制限だらけなので、

大容量プランの有るSIM(BIGLOBE 等)を使った方が良いです。

 

NifMoはMNPで使えない期間が発生する。自宅MNP切替には未対応。

大手携帯キャリアからの番号移行で結構重要なのが、MNP手続きの早さ。

MNP速度が遅ければ、その間、携帯番号は使えませんからね。

 

私はドコモからNifMoへ携帯番号移行しましたが、申込の3日後にSIM到着

スマホが使えない期間が発生してしまいました。

YモバイルからNifMoの通話SIMへ。大手携帯キャリアからの携帯番号移行(MNP)方法と料金比較。

IMG_1774

 

現在では、SIMを到着してからMNP切替をしてくれるMVNOも増えてきているので、

格安SIMへMNPを検討しているなら、自宅でMNP切替ができるSIMを選ぶべきです。

 

自宅でMNP切替を対応しているMVNO

 

SIMの到着までにかかる時間って、

格安SIMによっては、申込から1週間~2週間かかります

基本的にどこでもMNPやってくれますが、MVNOによっては時間がかかるので、

余裕を持って申込みをしましょう。

特に月末申込で翌月切替になったら最悪。下手したら料金2か月分損するから。

格安SIMによっては、初月無料になったりもするけどね。

 

初月無料の格安SIMと契約月から有料の格安SIM

  • NifMo:無料
  • BIGLOBE:無料
  • OCNモバイルONE:無料
  • 楽天モバイル:無料
  • DMM mobile:日割り請求
  • IIJmio:日割り請求
  • U-mobile:日割り請求
  • mineo:日割り請求
  • ぷららモバイルLTE:初月無料キャンペーン中

 

通信速度の評判が良かったのは過去のNifMo。混雑時の昼時は低速になる。

以前、ぷららモバイルLTEの速度検証の為に、ドコモ、NifMoで通信速度を比較して、

NifMoが一番速度が出るという謎の現象に遭遇してましたが・・・

MVNO格安SIMと大手携帯キャリアの通信速度は違うのか?NifMoとぷららモバイルLTEで検証。

 

最近の測定すると、他社SIM同様遅くなってます。

どうやら契約者が増えれば、回線が遅くなるのは必然らしいね。

ネットの情報や、雑誌の速度検証ページなんかでも、NifMoが快速って話だったんだけどね。

 

左:mineo(Aプラン)、中央:NifMo、右:IIJmio

IMG_4736

NifMoもIIJmioも、正午過ぎは0.5Mbps以下に成り下がります。

 

実際、他社格安SIMよりも回線速度が遅く感じる事も有る。

あれ、なんか遅くね・・・って体感するくらい違う。

 

私のエリアの場合、

正午前後で1Mbpsを下回る事が多いんで・・・ちょっと使い物にならない。

 

私の生活リズムの都合、深夜帯は検証してませんが・・・

NifMoは安定して速度が出るって評判だったのは、過去の話。

最近はBIGLOBEmineoIIJmioの方が速度出てるから。

※回線速度は様々な要因が関係するので・・・あくまで私の場合です。

 

NifMoの音声通話SIMは、最低利用期間が6カ月。

格安SIMでも、大手携帯キャリアから番号移行ができるようになりましたが、

音声通話SIMにした場合、基本的に最低利用期間という縛りが有ります。

最低利用期間内に解約した場合は、違約金という余計な費用が発生する。

 

音声通話SIMの最低利用期間

  • mineo:0カ月
  • NifMo:6カ月
  • BIGLOBE:12カ月
  • IIJmio:12か月(違約金は徐々に減少)
  • OCNモバイルONE:6カ月
  • 楽天モバイル:12カ月
  • DMM mobile:12カ月
  • U-mobile:6カ月
  • ぷららモバイルLTE:6カ月

 

NifMoは最低利用期間6カ月の縛りがありますが、

mineoなんかはMNP転出の制限のみで、最低利用期間すらも無くなってます。

最低利用期間は無し、MNP転出する場合のみ12カ月縛りがあります。

普通に解約する分には、即解約しても解約料は発生しません。

 

格安SIMは、まだまだ発展途上中であり、

料金やサービスも、各社凄い勢いで改善していますからね。

使ってみなければワカラナイ、数か月後はどうなってるか分からない。

契約期間の縛りが無いで済むなら、リスクが少ないってのは当たり前。

 

ちなみに、大手携帯キャリアのように、契約縛りの自動更新は有りませんので、

最低利用期間を過ぎれば、いつ解約しても違約金は発生しません。

 

NifMoは、最低利用期間が半年と他社MVNOに比べ良心的ではありますが、

気を付けるべきサービスが有ります。

ニフモ限定の訪問サービス「訪問レクチャー」です。

 

NifMoの訪問サービス「訪問レクチャー」は2年縛り。

NifMoには他社MVNOには無い、訪問サービスが有ります。

一見すると良さそうなサービスですが、これはそれなりの値段が取られます。

 

月額480円となってますが、2年縛り強制なので、

実際のところ、申し込んだ時点で11520円を払う仕組みになってます。

※24カ月以内に解除された場合、解除手数料として(24カ月-契約開始からの経過月数)カ月分の月額費用合計額と同等の額を一括して請求いたします

25カ月目以降の契約は自動更新されます。その場合いつ解約しても解除料は発生しません。

NifMo 訪問レクチャー | スマホ(スマートフォン)ならNifMo(ニフモ)

途中解除もできず、途中解除したら、残りの期間分を払わなければいけない。

申し込んでしまったら480円×24カ月=11520円は、必ず払わなければならない。

25カ月目以降は自動更新されるという点にも注意しましょう。

 

月額480円払っているから、訪問レクチャーは無料になるわけも無く、

無料なのは、初回レクチャー60分間のみです。

再訪問レクチャーは、60分で6500円。延長料金は、どちらも15分1380円

 

よって、初回60分の訪問サービスを受ける為に、11520円払うと考えましょう。

料金安くするために格安SIMを契約してるのに、11520円払うのは・・・ねぇ。

 

NifMoには容量シェアや家族割引が無く、複数回線契約によるメリットも無い。

私は仕事柄、一人で複数回線を使う事が多いのですが、

NifMoで複数回線の契約しても、得する事はありません。

 

mineoのように、パケットシェアの仕組みも無く、

BIGLOBEのシェアSIM、DMMのシェアコースのような、容量シェアプランも有りません。

特に家族が居る方は、シェア有るか無いかで、使える容量も変わってきます。

 

また、mineoなんかでは家族割が有り、回線毎に50円オフとなるので、

こうなると、もぅ勝てないです。

mineo Dプラン徹底レビュー。ドコモ回線のマイネオにデメリットは有るのか?

ただでさえ安い格安SIMから、更に50円オフ。余った容量も無料でシェア

家族でマイネオが最強です。

 

NifMoの解約と解除の違い。解約方法とその注意点。

通信速度の減少により他社SIMを利用するようになったので、

NifMoを解約したのですが・・・

他社SIMに比べ、解約方法が難解で手続きも面倒でした。

 

イキナリ@niftyを解約する事はできず、

まずNifMoのサービス解除する必要が有ります。

Q.NifMoを解除したい。

A.NifMo解除ページでお手続きいただけます。

以下のページからNifMo解除ページへログインしてお手続きください。

NifMo解除ログインが必要です

なお、解除日は解除のお申し出から約2週間後(年末年始、大型連休を除く)となります。具体的なサービス解除日は、サービス解除確認画面でご確認ください。

@niftyの解約もご希望の場合は、NifMoの解除日以降に以下のページから@nifty IDの解約手続きも行ってください。

解約のご案内

NifMoを解除したい。 | 会員サポート > Q&A(よくあるご質問) : @nifty

 

また、即日停止になる事も無く、

解除手続きしてから、約2週間後のサービス解除となります。

サービス解除日は解除のお申し出から約2週間後(年末年始、大型連休を除  く)となります。具体的なサービス解除日は、本メールに記載の「解除予定日」をご覧ください

解除月の月額費用は全額を請求いたします。

よって、解除したい月の中旬までに申し込まないと、翌月の月額費用も全額取られます

他社SIMでは即日解約となる所が多いので、これはちょっと不親切。

 

更に、NifMoを解除しても@niftyの契約は継続となります。

解約しない限り、@nifty IDやメールアドレスも継続となります。

NifMoを解除された場合でも、@niftyの契約は継続となります。ご利用されない場合はNifMo解除日以降に以下のページより解約手続きを行ってください
● 解約のご案内
http://support.nifty.com/support/member/tetsuduki/kaiyaku/

しかもこれは無料では無く、有料のサービス。

料金コースが「@nifty基本料金」の場合、

NifMo解除後も月額費用250円が発生します。

料金コースが「@nifty基本料金」の場合、NifMoの解除日の翌月から月額費用が発生します。また、NifMo以外の有料サービスをご利用の場合、それ  ぞれのサービスの利用料が発生します。料金コースと有料サービスについては、以下のページでご確認いただけます。
● 料金コースと有料サービスの確認・変更ページ
http://support.nifty.com/support/member/

ニフティのメルアドなんて要らないでしょ・・・という突っ込みは置いといて、

NifMo解除しても、ニフティの有料契約は残ったままです。把握しておきましょう。

 

というわけで、NifMoの料金コースを確認してみると、

ご契約コースは「@nitfy基本料金」となってました。

KS001810

NifMo契約中は、この基本料金が無料になっていたわけですね。

素晴らしいシステム。くれぐれもご注意下さい。

 

NifMoを解約する際の注意点まとめ

  1. 解約予定の2週間以上前に、NifMoのサービス解除をする。
  2. 2週間後のNifMo解除後、早急に@niftyの解約手続きをする

 

最低利用期間が短いカラクリがここに有り。

NifMo解約の際は、毎月250円を取られ続けないように気を付けましょう。

 

NifMoの3GBプラン以外は割高だし、3GBプランはmineo Dプランが最強。

NifMoは、以前は回線速度も速く、

率先して料金も安くなったり、割引キャンペーンも率先してやってましたが・・・

現在では、他社サービスと比べて劣ります。

回線速度も遅くなり、サービスも可も不可も無い。

 

3GB、5GB、10GBプランと有りますが・・・

一番コスパの良い3GBプランは、mineo Dプランに、どう足掻いても勝てない。

 

5GB、10GBの大容量のプランも、他社に比べ高めの料金となってます。

NifMoの5GBプランは、月額1600円

月額5GB以上使うミドル級ユーザーは、

BIGLOBE6GBプランを推奨する。

BIGLOBEのSIMへ番号ポータビリティ(MNP)して気付いたメリット・デメリット。

月額1450円と割安で、自宅でMNP切替可能直近3日制限も無い

 

格安SIM 5GB相当プランの料金比較

  • NifMo 月5GB:1600円
  • BIGLOBE 月6GB1450円
  • 楽天モバイル 月5GB:1450円
  • DMM mobile 月5GB:1270円
  • IIJmio 月5GB:1520円
  • OCNモバイルONE 1日170MB:1380円

 

実際のところ、1カ月3GB以上も使う人は、ほとんど居ないし、

家族が居れば、容量は繰り越し、シェアする事も可能。

というわけで、

ほとんどの人が、mineoの3GBプランにしとけば間違い無いです。

 

大容量データ扱ってますか?必要な通信量は把握しておきましょう。

スマホに必要な通信速度を考える。適正な容量制限と通信量の目安。

 

大手携帯キャリアから番号移行するなら、

「データ容量3GB:900円」 + 「通話オプション:700円」

月額1600円で、スマホが運用できるようになります。

携帯番号移行だって難しい事ではありません。

 

格安SIMのデメリット・・・キャリアメールくらいでしょうか?

格安SIMへ移行するメリット・デメリット。大手携帯キャリア解約で不便となる点。

NifMoで通話し放題サービスが始まったんで、

格安SIMのデメリットなんてもんは無くなるけどね。

 

キャリア購入するスマホは、無駄に高額なモデルが多いです。

一方、SIMフリーの格安スマホは、非常に高性能で、非常に安いです。

SIMフリー格安スマホランキング。オススメのAndroid端末 2015年Ver.

 

iPhoneだって非常に安く運用できる時代です。

格安SIMでiPhoneを激安運用する方法まとめ。MVNOへMNPの注意点。

 

意味不明に縛られているのなら、早く解放されようホトドギス。

別にNifMoでも、mineoでも良いんだから。

格安SIM同士の差額は、誤差の範囲。正直どこだって良いです。

格安スマホにMNPする。MVNO音声通話SIMの比較まとめ。

大手携帯キャリアと格安SIMの差額は・・・差額なんてもんじゃないですから。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ