本日はちょっと嫌なお話し。

Amazonで出品すると、

モチロン住所、代表者名、電話番号がWEB上に表示されます。

特定商取引法に基づく表示ってやつです。

私は、アマゾンで開示している電話番号は、アマゾン専用なので、

amazon関係、アマゾンのお客様からしかかかってきません。

基本FBA納品での出品なので、ほとんど鳴らない電話なのですが、

鳴りました。営業電話。

2度程、某ショッピングモールから、電話がかかってきてます。

スカウトとか言ってますけど、ただの営業電話です。

で、即、断る事2回。

数日後、何故か資料が送られて来ました。

「この度は資料請求ありがとうございます。」という紙。

・・・なんだか恐ろしい。

事実確認をしたかったので、

とりあえず掲載されている番号にかけてみる。

資料請求していない旨、伝えると。

・・・やや待たされる。

で、恐らくイタヅラでの資料請求では無いかとの事。

興味が無いなら、資料破棄してくれとこと。

うーん納得いきません。

電話営業と、タイミングが良すぎません?

なんか資料請求するだけで、キャッシュバックみたいなキャンペーンもやってますよね?

ちょっとうだうだと、

意味の無いクレーマーみたいな感じになりかけながら、

話を聞いていたのですが、

恐ろしい事に、名乗ってもいないのに、

私の名前を把握しておりました。

かけた電話番号、アマゾンの出店用番号から、

私のアマゾンの出店者情報を把握している様でした。

営業電話はそちらからですか?

聞いてみると

○月○日と○月○日に、こちらから掛けております。

・・・わーお。

しっかりとデータ化されてるぅー。

それって問題無いのぉー?

ネットで情報を載せるという事は、こういう事ですね。

電話番号くらいは、割と格安で増やせますので、販路ごとに分けた方が良いかと思います。

オススメの電話番号サービスまとめ→携帯電話、IP電話、Skype番号、050 plus、IP-Phone SMART、オススメの電話番号

ちなみにアマゾン出店しても営業電話は、ほとんどないです。

私はかれこれ10カ月位、出店してから経ちますが、

その大手某ショッピングモールからしか営業電話無いです。

ネットショップなんかは、営業電話、営業メール多いですね。

カラメルに出店すると、毎回同じとこから、営業電話かかってきます。

営業電話の番号もこちら側で、リスト化しておくと対応が楽ですね。

携帯でも、固定電話でも、番号拒否の機能ありますから。

迷惑電話として拒否登録しておけば、

鳴りません。

無駄に時間を取られる事がありませんので、こちらもしっかりとリスト化しておきましょう。

しかし何だか、こういうのって気分悪いです。

まぁ、仕方の無い事ですけどね。