英語スキル。

海外から商品を仕入れていますので、英語できると思われがちですが、

実際、私は英語さっぱりぷぅ~です。

英語ができなくても、日本語と、翻訳サイトさえ使えれば、

言いたい事は伝える事ができます。

翻訳サイトも数多くあり、無料で利用できますので、活用しましょう。

 

エキサイト翻訳とGoogle翻訳からの英辞郎

個人的には、エキサイト翻訳が精度が高いイメージです。

私の感覚で非常に申し訳ないのですが・・・

ただ日本語という難解な言語を翻訳するので、

かなりの誤訳になってしまう事も多いです。

ですので、翻訳の際は、なるべく簡単で、正しい日本語に直してから、翻訳しましょう。

また、一つの翻訳サイトでは微妙な事も多いので、

一応2~3パターン位の翻訳サイトを見比べて

より、まともそうな翻訳を使う様にしています。

各翻訳サイトは、翻訳エンジンが違うので、翻訳結果が異なる事も多いです。

私は基本、エキサイト翻訳と、Google翻訳は必ず使います。

・エキサイト翻訳

WS000483

・Google翻訳

http://translate.google.co.jp/

Google翻訳の対応言語ハンパねぇ。

WS000485

複数の翻訳サイトを見比べるWebアプリも有ります

・英語翻訳

WS000486

http://subpedia.org/translate/english-japanese/

 

私は翻訳してもらって、どうしても違和感のある英文、日本文になってしまった場合は、

英辞郎を見ながら、自分で修正してます。

単語の辞書なのですが、細かい語用例、文例が見れ非常に参考になります。

英辞郎はアルクのサイトで、無料で使えますので、

・スペース アルク

WS000487

http://www.alc.co.jp/

英語以外の言語へ翻訳は、英語から翻訳

英語ならば少しは理解できますが、

他の言語、ドイツ語やら、フランス語やら、中国語はホント理解できませんね。

日本語は、他の国のメジャーな言語に比べ、文法が特殊 ですので、

翻訳ソフトの誤訳が多いわけですね。

というわけで、一旦メジャーな英語の文法、

いわゆる S+V+O+C 系の文法の言語に翻訳してから、

各国の言語に翻訳すると、間違いないかと思います。

いきなり日本語から、ドイツ語に翻訳しても、正しいドイツ語かどうかもわかりませんから。

日本語→英語→ドイツ語みたいな?

英語からフランス語や、ドイツ語へ翻訳した方が、誤訳も少なくなるはずです。

まぁ、実際に私が別の言語を仕様する時は、英語も一緒に添付しますが・・・

基本英語で通じますからね。

 

間違い無いのは、コニャック翻訳

より確実な翻訳が必要な場合は、コニャック翻訳を利用しましょう。

WS000484

Conyac(コニャック) – 翻訳のクラウドソーシングサイト

人力翻訳サービスなので、人間が翻訳してくれます。

有料となりますが、価格も2ドルからと、リーズナブル。

対応も早く、最短で15分で翻訳してくれます。

卸交渉のメール等、変な英文ですと、相手にされない可能性が高いです。

また、英語が苦手な方、また翻訳するのが本当に面倒なら、

全てお任せしても良いかと。

 

無料の英語チェッカーGingerで、ネイティブ英文作成する。

※2014年12月追記です。

ある程度英語がわかる方ならば、

自分の英文を自動修正してくれるGingerがオススメです。

英文メールは無料ツールGingerで修正する。ネイティブ英語なら返信率も上がるよね。

英文校正、リフレーズ機能と、無料とは思えないほどの性能です。

インストール版は、英語に関わる様々な機能が使えるので、

使ってみたら良いと思う。

Ginger 英文チェッカー

とりあえず、無料だから。

 

翻訳サイトの変な日本語にも慣れる自分が居る。

翻訳サイトも使って来ると、

誤訳にも慣れてきます。

誤訳の日本語を、正しく理解する翻訳する、スキルもついてくるかと。

まぁ、これも慣れですね。

実際、あまり正しい英語にこだわらなくても問題無い事が多いです。

翻訳に悩むより、とりあえず送ってみましょう。

意味は伝わるはずですから。

 

今は、海外サイトも、インターネットブラウザで、自動で翻訳してくれますよね。

英語わからなくても、買えてしまう便利な時代です。

日本語対応、日本へ発送対応の海外サイトも増えてます。

それでも代行業者を利用するのは、

日本人の英語の苦手意識からでしょうか?