こんにちわ

KJ新谷です。

気づけば上半期終わってしまいましたね。

セール時期ですね。 Independence Dayは7月4日です。

ガンガンセールで購入して行きましょう。

前回は、様々な国の仕入先を探す方法でした。

Googleの検索って本当に優れていますね。

こんなに便利で無料ですから、使わない手はないですね。

画像検索、翻訳、言語検索、エリア検索、Product Search

しっかりマスターしましょう。

えー今回はキーワード検索を使った商品探しの方法です。

昔から良く聞きますね。キーワード検索。

ヤフオクの検索に、日本未発売とか、並行輸入品とか、海外限定とか、入れるやつです。

まぁ、割と有名なので、皆さん既にご存じではないでしょうか?

今はもう廃れてしまった検索方法ですね。

そのまま検索していたんじゃ、たぶんあまり使えません。

通常のヤフオクの検索ですと、

商品タイトルの語句を検索する様になっているので、

皆さん敢えて、タイトルには、そういったキーワードを入れずに出品しているのでは無いでしょうか?

しかしながら、やはり輸入品なので、輸入品に関する語句は説明文に入ってしまうわけで・・

それなら、説明文からキーワードを検索してくれば良いわけです。

実はヤフオクには便利な詳細検索ができます。

検索ボタンの横の、条件を指定して検索というところクリックすると、

な、なんと!

検索対象を、タイトルと商品説明に変更できるではないですか!?

カテゴリも選べるじゃないですか!?

価格帯も!?

そうです。

「並行輸入品」とか、「日本未発売」とか、

説明文で検索したら良いんです。

カテゴリや、価格で絞れますから、

関係なさそうなジャンル、価格帯は省いていきましょう。

これだけでもかなり絞れてくるとは思うのですが、

ブランド名とか、会社名とか、

もうちょっと具体的なキーワードを入れてみると、

差額の有る商品が、必ず見つかります。

商品が見つかったら、

IDをメモ、

そしてリサーチです。

儲かってるIDがわかれば、

そのIDから儲かる商品が更に見つかって、

そこから、その商品を扱ってる他のID調べて、

また商品見つかって・・・・

もちろん明らかに関係ないIDや、儲かってなさそうな方除いて下さいね。

せっかく説明文を検索できるので、キーワードではなく

文章で検索するのも、良いと思います。

例えば、

「海外並行輸入商品で各国向けの商品の為、なんちゃらかんちゃら・・・」

を、そのままキーワードに入れて検索です。

・・・・いっぱい出てきます。

あれこれやってみましょう。

注意事項や、配送方法、支払い方法、状態の説明、

どうしても同じ様な文章になってしまいませんか?

少し工夫をしてリサーチすれば簡単に調べられます。

また儲かっている方は複数IDを持っているはずですから、

別のIDが見つけられる場合もあります。

同じような注意事項の文章・・・

なんか似たような文章の組み立て・・・

あれ同じ人!?

って見つかったら儲けもんです。

出品者の地方でも絞り込み検索できますから、

応用利かせて上手く利用して見て下さい☆

ライバルの徹底リサーチが、儲かる基本です。

P.S.

私はヤフオク出身なので、やはりヤフオクが一番親しみがあります。

商売の流れを学ぶ意味でも良いですよね。

はじめてヤフオクをやった時は非常に面倒でしたが、

流れに慣れてしまえば、非常に楽ですね。

何事もやり始めがねぇ・・・Amazon早くやらなぁー