儲かる商品リストを使った、オークファン商品リサーチ

本日より、Amazon出品に向けて、行動開始致しました。

いろいろ解らない事だらけですが、なんとか利益を出して行きたいと思います。

後発組でも稼げる事を立証できれば幸いです。

 

さて前回は、ヤフオクキーワードリサーチでしたね。

ヤフオクのキーワード検索を使った、商品リサーチ

いろいろ具体的なキーワードで説明文絞って下さい☆

 

ヤフオクでAmazonのマルチチャネルって利用してる方居ますよね?

キーワード検索を使えば、そういった方も絞り込めるのではないでしょうか?

 

ヤフオクで出品しているのにAmazonから発送・・・同業者じゃねぇ?

説明文に入りそうなキーワードをガンガン検索かけて、

ライバルを炙り出しましょう。

 

過去の儲かる商品から、現在の儲かる商品を見つける

さて、今回は儲かる商品リストを使った、

オークファンリサーチ方についてです。


オークファンは、輸入ビジネス実践者なら使ってない方は居ないのではないでしょうか?

ネットオークションの相場、統計、価格比較といえばオークファン

ケチな私もオークファンはプレミアム会員です。

月額513円(税込)の価値はあります。

 

オークファンで頻繁に使う機能といえば、

市場価格検索、過去の落札価格の検索ですよね。

 

このアイテムが、いくらぐらいで売れているか?

どのくらいの数売れているか?

過去にどれくれい売れていたか?

前年は?・・・とかとか。

あとは、商品見つけたら、その出品しているIDクリックして

どれくらい売っているのか?

何が売れているか?

簡単に解ってしまいますよね。

 

ID検索すれば、一週間分の具体的な数字と、

一カ月間分の売ったアイテムも出てきますし、

まぁ、ひたすらこれやるだけでも、十分役に立ちます。

 

前回までの方法で、

ある程度商品リストができているかとは思いますが、

ネット上にも、たくさん商品リスト落ちています。

無料の儲かる商品リスト・・・

恐らくは儲かっていた商品リストなのですが、

こういった一見役に立たなそうな情報は、

オークファンでは非常に役に立ちます。

 

オークファンには、2年間分のデータがありますからね。

お察しの早い方は、もうお解りですね。

まず、その儲かっていたであろう商品、キーワードで検索。

どんどん時期を遡って検索していくと、

今よりも儲かってるなぁって、時期があります。

その頃儲かっていた出品者を、検索かけていけば、

はい。そうです。

最終的には、

その儲かっていた出品者が、

現在何を扱っているかがわかります。

 

ライバルの商品、売上を丸裸にするには、オークデータ

ちなみにオークファンには、データ分析ツールもあります。

オークファンプロ(オークデータ)は、

月額3066円(税込)ですが、かなり使えます。

 

オークファンで、ある程度商品が絞れたら、

商品キーワードを、

オークデータの「トップセラー検索」をしてみても良いと思います。

するとその商品を売ってる順にでてきますので、

単純に、その商品を売ってる順番にIDを見ていくという方法。

まぁ上位から、見ていけば儲かっている方も多いでしょうからね。

 

オークデータがあれば、

ライバル出品者IDの売上と、何が売れていて、何が売れていないのか?

月商もわかるし、以前は何を売っていたのか?

全て分かってしまいます。

恐ろしい程分析してくれます。

 

月額3066円(税込)と、割と良いお値段しますので・・・

1週間無料なんで、とりあえず使ってみて、

イマイチなら解約ってのも有りです。

 

オークファン、オークデータには、

他にもいろいろな使い方が

あるのでしょうが、

私に浮かぶのはこんなもんです。

 

どのリサーチもやっぱり、ひたすらローラー作戦が一番早いですね。

リサーチ方法は様々ですが、根気よくローラーかけて行きましょう。

 

P.S.

本日住民税を払ってきました。

こないだ国民年金、国民健康保険、所得税と払ったばかりなのに。

痛いですね。

更には事業税も払わなければ・・・

来年からは消費税も・・・

後から来る税金の支払い・・・

払うべき税金はたくさんありますから。

個人事業主が払わなければいけない税金、国民年金、健康保険料。

 

事業主はしっかり税金の事も考えて資金繰りを考えましょう。

 

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ