昨日購入した、Microsoft社の新型、エルゴノミックキーボード。

「Sculpt Ergonomic Desktop スカルプト エルゴノミック デスクトップ」

マイクロソフト?ワイヤレス?人間工学デザイン?キーボード マウス?Sculpt Ergonomic Desktop L5V-00022

既に、到着しております。
L5V-00022

 

早速開けてみる。
L5V-00022開封

 

マウスとテンキーはスムーズに取り出せたものの・・・

キーボードがなかなか取り出せない。汗

・・・

で、頑張って全て中身を出してみた。
L5V-00022中身

マニュアル、保証書、キーボード、マウス、テンキー、キーボードの高さ調節用の台。

以上。

インストールディスクは付属しないのね。

 

キーボードの電池ケースを開けてみる。

意外と簡単に開く・・・って磁石でカバーが付いている!?

スゴイ、既にカッコ良い・・・。

電池は、よくある付属の電池が入っておりました。

単4×2本です。
キーボード電池

なんとなくエネループに交換。
エネループに交換

 

 

テンキーの通電は、ビラビラを引っ張るだけでよいのですが、

気になったので、電池ケース開けてみました。
テンキー電池

 

ボタン電池。

エネループに交換できず・・・無念。

 

ちなみに電池ケース開けるのかなり、苦戦しました。

マイナスドライバーが必要です。
マイナスドライバー

 

しかも四隅を、ツメで固定されていたので、

マイナスドライバーは、ほとんどおまけです。

必死でドライバー回しても手ごたえ無し、

少しネジがゆるんだら、上手い事あけましょう。

 

テンキー、キーボードを通電したので、

パソコンに繋げようとしたところ、

受信用のUSBが無い。

探すが、見当たらない。

・・・

再度すげー探す。

・・・

やはり無い。

 

で、マニュアルを見る。
L5V-00022マニュアル

マウスの中か!!

マウスは使うつもり無かったので、

既にしまっていたのに。

・・・

取り出す。

意外と重厚感があるマウス君。
エルゴノミクスマウス

マウスの電池ケースを開ける。

簡単に開く。

そーです。こちらも磁石仕様です。

磁石でフタが付いてます。
マウスカバー外す。

 

受信機発見!!

ちなみに電池は単3×2本です。
マウス拡大

受信機を取り出す。
エルゴノミクス受信機

 

このUSBをパソコンに差し込む。

すると自動的にソフトをインストールが開始されました。
エルゴノミクスインストール

 

便利な世の中になったもんですね。

 

このエルゴノミクスのキーボード。

キーボードの下に足がつけられるのですが、

これも磁石で、くっつきます。

手前が浮く感じになります。

・・・すっげぇカッコ良い。

 

付属の台。
IMG_4249IMG_4250

 

くっつけてみる。
IMG_4254

 

こんな感じ。
IMG_4253

 

Before
IMG_4258

After
IMG_4255

 

 

Before
IMG_4257

 

After
IMG_4256

 

 

伝わりますか?この感じ。

パッと見、キーボード浮いてます。

 

台を付けると、キーボード全体が、前のめりの様な感じになるので、

自然と、手にフィットするような感覚になります。

特に低い位置や、手前側に置く場合はかなり良い感じにフィットします。

絶妙にいい感じです。

 

テンキーが別なのも良い。

必要最小限のボタン。

なによりコンパクト。
エルゴノミクステンキー

 

テンキーが無くなったおかけで、以前よりも机が有効的に使えます。

以前使っていた、ロジクールIlluminated Keyboard k740と、サイズ比較してみた。

上が、エルゴノミックキーボード、予想していたよりコンパクトでした☆
エルゴノミクスサイズ比較

 

 

テンキーの電卓ボタンが、かなーり便利だったので、

電卓も不要になりそうです。

ちなみにテンキーは、愛用の電卓の半分の大きさです。
IMG_4269

 

残念ながら、エルゴノミクスのマウスは使いません。

マウスもなかなか評判が良いみたいですが、

さすがに愛用のG700 (G700S)には、勝てませんから。

 

エルゴノミックキーボードは有線で、しかもゴツイ。

そんなイメージを打ち消してくれる。

非常に良い買いものでした。

G700ぶりのヒットです。
多ボタンゲーミングマウスで作業効率アップ。ロジクールG700が最強。

 

※2014年4月追記

マウスは、現在G602を愛用しています。

G602とG700sを比較する。オススメ多ボタンマウスのメリット、デメリット。

 

 

 

ワイヤレステンキーを別途欲しい方。

で、エルゴノミックキーボードが欲しい方。

そして、ワイヤレス希望の方。

非常にオススメです。

マイクロソフト?ワイヤレス?人間工学デザイン?キーボード マウス?Sculpt Ergonomic Desktop L5V-00022

 

マウス要らない方、マウス無しのモデルも発売されました!

マイクロソフト Sculpt Ergonomic Keyboard for Business USB Port 5KV-00006

何より見た目がカッコ良いですから!!

 

P.S.

実際に、この記事新しいキーボードで書いているのですが、

新しいキーボードは、文字を打っていて楽しいですね。

ミスタイプしまくりで、

いつもより、かなーり時間がかかっております。

Ctrlキー大きいし、奥のボタンも、打ちやすい。

Escキーは小さいかな。

まぁ、慣れてしまえば、かなり打ちやすい感じになりそうです。

 

最近は肩こりもひどいので、少しは良くなるかと期待しつつ、

使って行きたいと思います。