先日、頻繁に仕入れをしている海外のショップに、

まとめ買いの交渉をしてみたところ、意外とすんなりオッケイ。

が、銀行振込での取引でしか対応して頂けないとの事。

とりあえず、見積もりを頂き、振込先口座情報を頂く。

SWIFTコード、IBANコード、名義人・・・。

そうですヨーロッパの取引先です。

早速海外送金について調べてみる。

 

海外銀行口座への送金は、

ゆうちょ銀行国際送金が安い。

Goレミット新生海外送金(旧Goロイズ海外送金)が安い。

楽天銀行が安い・・・

 

調べてみると、様々な情報が出てくるのですが・・・

実際はどこが得なのか、ハッキリとわからない。

で、実際に送金してみたので、比較してみました。

海外送金が可能な銀行(金融機関)と送金手数料。

海外送金が可能な金融機関は多くありますが、

その手数料は銀行によってまちまち。

 

海外送金手数料

  • 三菱東京UFJ銀行:3500円
  • 三井住友銀行:4000円
  • みずほ銀行:5500円
  • りそな銀行:6000円
  • ゆうちょ銀行:2500円
  • 楽天銀行:750円
  • ウエスタンユニオン:国と金額による。金額が大きくなれば高額になる。
  • SMBC信託PRESTIA(旧シティバンク):2000円~
  • 新生銀行:4000円
  • 新生銀行Goレミット(旧ゴーロイズ):2000円

 

大手金融機関は、海外送金の手数料4000円が平均値。

ウエスタンユニオンは10万超えると、手数料5000~9000円と高いのでパス。

SMBC信託銀行(旧シティバンク)は100万円以上の預金がないと、

手数料4000円と高いのでパス。

 

比較的お手軽そうなのが、Goレミットか、ゆうちょ銀行。

法人口座のみだった楽天銀行の海外送金も、

個人口座でも海外送金できるようになり、手数料750円と断トツに安い。

 

Go Remitは新生銀行の海外送金サービスなのですが、

新生銀行の口座とは関係無い。全く別のサービスだった。

新生銀行から海外送金した場合は、送金手数料4000円と高い。

 

海外送金では、仲介手数料が発生する場合も有る。

実際、ゆうちょ銀行から海外送金したのですが、

送金手数料2500円だけでなく、仲介手数料も500~1000円くらい発生しました。

ゆうちょ銀行で国際送金。振込先海外口座の記載方法と手数料。

 

ゆうちょ銀行の場合、送金手数料にプラスして、仲介手数料がとられます。

しかも手数料が、国によって違います。

アメリカ10ドル、ドイツ5.5ユーロ、フランス3.8ユーロ、イギリス5ポンド・・・

※受取銀行によっては、さらに仲介手数料が差し引かれる場合があります。

 

Go Remitで送金した場合は、金額、受け取り国にかかわらず一律2000円でした。

ただ、Goremitの場合でも、中継銀行や支払銀行によっては、

送金金額から手数料を差し引く場合があるとの事です。

 

Go Remitの方が、微妙に安くなったのですが、

事前登録が必要で、登録までに時間がかかるのが難点。

登録さえしてしまえば、送金は早いらしい。

 

海外送金に必要な情報。事前登録が必要な金融機関。

実際、海外送金にあたりGo Remitで登録を試みたのですが・・・

振込先の事前が登録が必要で、振込先の情報も足りませんでした。

相手側の口座情報は、多々必要となります。

 

電話で確認してみると、以下情報を用意してとの事。

  • 口座名義人
  • 口座名義人住所
  • 振込先の国名
  • 口座番号
  • 銀行名
  • 銀行支店名
  • 銀行支店住所
  • SWIFTコード
  • IBAN

※ゴーレミットで、ヨーロッパへ送金の場合で確認しました。

 

海外送金の際の口座情報って、結構細かく必要なんですね。

SWIFTコードと、IBAN、名義人だけでは送金できませんでした。

名義人の住所も必要なのかい・・・。

取引先の海外ショップにその旨伝えたら、意外とあっさり教えてくれましたけど。

 

ゆうちょ銀行から海外送金した場合も、必要な情報はほぼ一緒でした。

ゆうちょ銀行で国際送金。振込先海外口座の記載方法と手数料。

 

ゆうちょ銀行や楽天銀行、大手金融機関は振込先の事前登録は不要ですが、

ゴーレミットや、SMBC(旧シティバンク)なんかは、事前登録が必要で、

登録にも時間がかかるので、急いでいる場合は辞めた方が良い。

定期的に送金するなら登録した方が良いのかもしれませんが、

基本的に、何度も海外送金する事も稀ですからね。

 

海外送金に必要な期間と送金日数。

海外送金は銀行によって、かかる時間も異なります。

ゴーレミットの場合、事前に振込先口座の登録が必要です。

インターネットで申し込みしてから、印字して郵送にて申請。切手代80円!

登録に7~10日かかって、送金できる様になります。

で、送金してから通常1~3営業日後には受け取り口座に入金となります。

トータル2週間くらい。

 

思った以上に日数がかかるので、

ゆうちょにも電話で確認してみると、

窓口で手続きしてから、通常4~6営業日で振込完了できるとの事。

 

大手金融機関の三菱東京UFJなんかは、

手数料は高いけど比較的早いみたい。けど全体的に高い感じ。

 

ゴーレミットの場合、送金先を追加登録する場合にも、郵送で手続きとなります。

追加登録の日数は1週間程度。

追加登録の数は無制限ですが、

送金限度額(1回または1ヶ月あたり30万円/年間360万円)があります。

送金限度額を増やす場合も、郵送にて手続きが必要。

 

海外送金の為替レート比較。送金手数料よりも為替レートが重要。

海外送金手数料よりも重要なのは為替レート。

金額が大きくなればなるほど、レートでの金額差も大きくなります。

 

肝心の気になる為替レートですが、

ゆうちょ銀行は市場レート+2%で、

Go Remitの為替レートは市場レート+1.5円位という話。

一応両方とも電話確認したので、間違いないかと。

 

海外送金の送金為替レート

  • ゆうちょ銀行:市場レート+2%位
  • ゴーレミット:市場レート+1.5円位

 

問い合わせではイマイチはっきりしなかったので、

実際に振込した日で、比較してみました。

 

7月8日の送金レート比較(ユーロ)

  • ゆうちょ→ 1EUR = 131.49 JPY
  • GoRemit→ 1EUR = 131.56 JPY

7月18日の送金レート比較(ポンド)

  • ゆうちょ→ 1GBP = 154.19 JPY
  • GoRemit→ 1GBP = 155.20 JPY

 

楽天銀行の個人口座でも海外送金できるようになったので・・・

為替レートを比較してみます。

楽天銀行は振込先の事前登録は不要

レートも調べられたので、Goレミット比較してみました。

 

7月19日の送金レート比較(ドル)

  • 楽天銀行→ 1USD = 101.81 JPY
  • GoRemit→ 1USD = 101.78 JPY

7月19日の送金レート比較(ポンド)

  • 楽天銀行→ 1GBP = 157.18 JPY
  • GoRemit→ 1GBP = 156.90 JPY

7月19日の送金レート比較(ユーロ)

  • 楽天銀行→ 1EUR = 133.42 JPY
  • GoRemit→ 1EUR = 133.54 JPY

 

アメリカドルとポンドはGoレミットの方がレート良いけど、

・・・ユーロは楽天銀行の方が良いですね。

 

為替レートは、様々な要因で変化するみたいなので、

一概には言えないとは思いますが・・・

送金する国や、為替レートの決定時刻によっても異なるかとは思いますが・・・

ゆうちょ銀行の為替レート良いじゃん!!

 

ゆうちょ銀行も楽天銀行もレート悪くないし、なにより事前登録が不要です。

楽天銀行なら海外送金手数料750円と格安です。

わざわざ海外送金専用のGoRemitを用意する必要も無かったな。

 

海外送金まとめ。

Goレミットは、送金自体は早いのですが、振込先登録までに日数がかかります。

定期的に同じ振込先に振り込むのであれば、GoRemitは有りかもしれませんが・・・

一回きり、とりあえず振込みしなければならないので有れば、

ゆうちょ銀行や、楽天銀行の国際送金が良いかと。

楽天銀行なら最安の送金手数料750円で済みますから。

 

大手金融機関より、送金手数料が安いですし、

ゆうちょ銀行口座や、楽天銀行口座なら既に持っている人も多いハズ。

為替レートも思っていたよりも良かったですから。

 

ゆうちょ国際送金については下記記事も参考に

ゆうちょ銀行で、国際送金。振込先海外口座の記載方法と、具体的な手数料。

 

送金の条件によっても、手数料は変わってくるとは思いますので、

あくまで参考までに。

不安なら、事前に問合せておきましょう。

窓口の人は、海外送金には不慣れな可能性・・・非常に高いです。

窓口の人が、責任を負ってくれるわけでも有りませんから。