大手携帯キャリアのMNP手続き方法。解約月の解約手数料と違約金。格安SIMとの月額料金比較。

私は、ドコモ、au、ソフトバンク、Yモバイルと全て契約しておりましたが、

MVNO格安SIMでも携帯番号ポータビリティ(MNP)が可能になり、

私も2014年~2015年にかけて、全て格安SIMへと移行しました。

キャリアSIM

携帯番号がそのまま移行できると言っても、

そのやり方は、やった事がない人にとって、非常に複雑。

MNP転出されないように、詳しくも書いて無いし、解約時に発生する料金も非常に高額だった。

請求が来て初めて把握する・・・加入時安く、解約時に請求しまくる仕組み。

 

これから大手携帯キャリアを解約する人だけでなく、

現在、大手携帯キャリアで契約中の人、

これから大手携帯キャリアで新規契約する人にも知っておいて欲しい。

MNPの仕組みと、解約料金の仕組み。

いずれは、格安SIMへMNPするハズですから。

MNP(携帯番号ポータビリティ)とは?

携帯番号を移行するには「MNP予約番号が必要です」っていうフレーズ。

私も最初はサッパリ意味不明でした。

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)とはなんですか?

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)とは、携帯電話会社を変更した場合に、電話番号はそのままで、変更後の携帯電話会社のサービスをご利用できる制度です。

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)とはなんですか? | モバイル | ソフトバンク

 

MNP=Mobile Number Portability

MとNとPの部分を一箇所だけ日本語訳したりするから、戸惑うんだよね。

携帯番ポ、番号ポータビリティ、ナンバーポータビリティ、MNP転出、

MNP予約番号発行、MNP手続き、携帯電話番号ポータビリティ予約・・・

名称は様々ですが、全部一緒の事を指す。

 

新しい携帯会社へ携帯番号を移行する為に、現在契約している携帯会社で手続きが必要

それがMNP手続きです。

 

Docomo(ドコモ)でMNP手続きする方法。

大手携帯キャリアの中で、ドコモに限りWEB経由でMNP予約番号が発番できます。

dアカウントを発行しているなら、面倒な電話の手間もありません。

受付時間もMy docomo経由の方が、午後9時30分までと長いです。

ドコモでMNP予約番号を取得する方法

  • ドコモショップ
  • お電話(ドコモ インフォメーションセンター)
  • PCサイトスマホでも可能

携帯電話・PHS番号ポータビリティ(MNP)を利用した解約お手続き方法 | お客様サポート | NTTドコモ

 

電話(ドコモ インフォメーションセンター)の場合

受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)

  • ドコモの携帯電話からの場合:(局番なし)151(無料)※一般電話は利用不可能
  • 一般電話などからの場合:0120-800-000(無料)※携帯電話・PHS OK、一部のIP電話は利用不可能

 

パソコン、スマートフォン(My docomo)の場合

受付時間:午前9時~午後9時30分

※「dアカウント/パスワード」が必要。発行には「ネットワーク暗証番号」が必要となる。

 

ドコモの携帯電話・PHS番号ポータビリティ手数料は、2000円+税となっております。

 

docomo(ドコモ)でMNP手続き。WEB版(PC&スマホ)

ドコモはパソコンから、MNP手続きができるって事ですが、

WEB経由なので、スマホからでもMNPの予約番号の発行が可能。

 

My docomoへログインしたら、「ご契約内容確認・変更」をクリック。

KS002175

 

3ページ目「携帯電話番号ポータビリティ予約」あります。「申込」をクリック。

KS002176

 

申込ページでMNP転出を引き止めようと、色々書いてありますが・・・

KS002177

 

下までスクロールして「解約お手続き」をクリック。

KS002178

 

使えるポイントあるってよって話ですが、そんなんでMNPは辞めないから。

KS002200

 

続いて、MNPに関わる手数料。ドコモ側では2160円ね。

端末の割賦金やら、2年縛りの違約金がある場合は、併せて表示されるかと。

KS002199

 

長々と注意事項。宜しければ、チェックをして次へ。

KS002181

MNP転出料金って、6カ月以内は6000円になったの?知らなかった・・・。

MNP転出については新規加入から6ヵ月以内の場合は6,000円、7ヵ月以降の場合は3,000円のMNP転出手数料がかかります。

MNPの有効期限は、発行日より15日間です。

 

あとは、手続き内容の確認、受付確認のメール送信先を選択すれば・・・

携帯電話番号ポータビリティ予約番号が発行されます。

KS002185

 

ドコモアカウントさえ有れば、簡単ですね。

ドコモのMy docomoって、毎度パスワードロックされるんだけど・・・

ID/パスワードがロックされているため、ログインできませんでした。
ロック解除のお手続きを行ってください。
ロック解除は以下のリンクを参照してお手続きください。(E-006)

ロック解除も非常に面倒だし、

アプリ云々って言ってるけど、ドコモ側に問題がある気がする。

 

docomo(ドコモ)でMNP転出を電話でする。

MNP転出の際は、電話はしないほうがスムーズ。

電話の方が安心って思うんですけど、

KS000520

ドコモ契約中のスマホから「151」へコール。

自動ガイダンスから、MNP予約番号発行手続きを選択。

しばらくお待ちください・・・

担当者に、「予約番号発行して」と伝えると、

本人確認の為、暗証番号が必要となります。

 

で、毎度恒例、担当者は私を無駄に引き留める。

違約金払ってもMNPしたい旨伝えると、

10桁の番号ポータビリティー予約番号を発行してくれました。

 

必要な解約費用を確認して、問題無ければ、

サックリとMNP予約番号を発行してもらいましょう。

 

auでMNP手続きする方法。

auはドコモのようにWEBから解約手続きできません。

ガラケーなら、EZweb経由でMNPの予約番号発行できます。

お電話でのMNPのご予約(受付時間:9:00~20:00)
au携帯電話 / 一般電話共通:フリーコール0077-75470 (無料)

EZwebでのMNPのご予約(受付時間:9:00~21:30)
EZキー ボタン  → トップメニューまたはauポータル トップ
→ auお客さまサポート  → 申し込む / 変更する
→ au 携帯電話番号ポータビリティー (MNP)
店頭でのMNPのご予約(受付時間:店舗によって異なります。)
auショップ / PiPit各店 (一部除く)

携帯電話番号ポータビリティー(MNP)の… │ au Q&Aプラス

スマホの場合は、auショップか、電話なんで・・・私は電話しました。

 

自動音声ガイダンスが流れるので、指示に従って入力すると、オペレータに繋がります。

以下情報が求められますので、事前に確認しておきましょう。

  • 自分の名前(契約者名義)
  • 自分の携帯番号(契約している電話番号)
  • 4桁の暗証番号

 

ドコモ同様、めっちゃ引きとめられます。

機種変更クーポンくれるとか、しつこいくらいに引きとめられました。

結構です・・・って早めに言いましょう。

電話だと乗り換え理由も聞かれます。適当な理由も用意しておきましょう。

後は、MNP関連の注意事項の説明。長いです。

 

注意事項に同意語、口頭にてMNP予約番号を教えてくれますので、メモってお終い。

SMS(Cメール)でもMNPの予約番号は届くハズです。

 

auのMNP予約番号発行手数料は、2000円+税とドコモと一緒。

 

SoftBank(ソフトバンク)でMNP手続きする方法。

ソフトバンクはauと一緒。ガラケーならMy SoftBankよりMNP手続きできますが、

スマートフォンの場合は、電話か来店となります。

携帯電話番号ポータビリティ お問い合わせ窓口(受付時間:午前9時から午後8時)

ソフトバンク携帯電話から *5533、フリーコール 0800-100-5533(無料)
My SoftBank(受付時間:午前9時から午後9時30分 ) ※3G ケータイ版のみ

iPhone、スマートフォン、4G ケータイ、AQUOS ケータイではお申し込みいただけません。

ソフトバンクショップ (受付時間:各店の営業時間)

シンプルスタイル(プリペイド携帯電話)のお客さまがMNP予約番号を取得するには、

ソフトバンクショップでMNP予約を申し込む必要があります。

ソフトバンクから他社へ変更する場合 | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

 

私のMNP担当のコールセンターの人は、割とあっさりでした。

結構ですって食い気味に言ったからかな。説明とかも全然無かったけど・・・

 

SoftBankのMNP予約番号発行手数料は、3000円+税と他キャリアよりも高くなってる。

以前は他社同様、2000円+税だった気がするんだけど・・・

 

Y!mobile(ワイモバイル)でMNP手続きする方法。

Yモバイルの場合は、ドコモ同様、WEB経由でMNP手続きが可能です。

My Y!mobile(受付時間:9:00~21:30)

My Y!mobileよりお申込み→My Y!mobile
カスタマーセンター(受付時間:9:00~20:00) 通話料無料

ワイモバイルの電話から:116

他社ケータイ、固定電話などから:0120-921-156

 

ショップ (受付時間:20:00まで)

ご来店→ショップ検索

MNP・番号移行を利用した解約手続き|携帯電話・PHS番号ポータビリティ(MNP)|各種お手続き|サポート|Y!mobile(ワイモバイル)

 

電話で手続きすると、引き留められまくって、無駄に時間がかかるので、

WEBからの手続きを推奨します。

 

公式ページに、My Y!mobileのMNP方法までは書いていない・・・

My Y!mobile | お客さまサポート | ワイモバイル(Y!mobile)

KS000947

「My Y!mobileよりお申込み」って書いてあるけど・・・ リンクが貼ってあるだけ。

調べてもやり方とか、全然書いてない。探すのに苦労しました。

 

My Y!mobileメニュー「契約内容の確認・変更」から、転出手続きできます。

KS000952

 

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続きをクリック。

KS000953

 

電話を促されますが・・・辞めておきましょう。「Webで手続きする」です。

KS000954

 

あとはガイダンスに従ってやれば、即MNP予約番号発行されます。

KS000959

 

実際に発生する違約金と解約料。日割りされる料金と全額請求となる料金。

大手携帯キャリアからMNP転出をすると発生する、解約手数料。

入会する時は安く、退会する時は非常に高くなる仕組みです。

2年縛りで解約月に解約すれば損が無い・・・わけではありません。

違約金よりも高いのが月額料金。解約月も全額発生します。

 

大手携帯キャリア解約で発生する費用

  • 契約解除料(違約金):9500円+税
  • MNP転出料:2000円~3000円+税(半年未満の場合は5000~6000円+税
  • 解約月の月額料金:通話定額+パケット定額の1ヶ月分標準プランで8640円

 

上記は、端末割賦金が無い場合の金額です。

端末を分割で購入している場合は、残債分を払う必要もあるし、

解約月は端末割引等の月々サポートも無くなるので注意。

大手携帯キャリアの通常料金にて請求となります。

 

解約月の月額利用料が発生する事は、たぶん皆想定していない。

契約更新月に解約したところで、1ヶ月分の料金が丸々発生する。

基本的に解約月の料金は日割り計算されないので、違約金並の金額となります。

オプション料金等、月額料金が安いものだけ日割り請求となってます。

 

ドコモ

  • 通話定額(カケホーダイ)→ 日割り不可
  • インターネット接続料(SPモード)→ 日割り請求。
  • パケット定額(パケットパック)→ 日割り不可

au

  • 通話定額(電話カケ放題)→ 日割り請求日割り不可
  • インターネット接続料(LTE NET)→ 日割り請求日割り不可
  • パケット定額(データ定額)→ 日割り不可

ソフトバンク

  • 通話定額(スマ放題)→ 日割り不可
  • インターネット接続料(S!ベーシックパック)→ 日割り請求。
  • パケット定額(データ定額パック))→ 日割り不可

 

以前は、auの通話定額は日割り請求でしたが・・・2016年より改悪してます。

KS002201

どっかが料金変えれば他も追従するのがパターンなので、他も全額請求となる気がする。

キャリアの料金プランや、利用規約や、手数料ってのは、

見えない部分で本当にコロコロと変わってる。

 

更に困った事に、キャリアショップの人の話や、コールセンターの人の話もバラバラということ。

変わりすぎて、対応する人も把握しきれていないという自体、発生しちゃってる。

私自身も把握しきれてないので、記載している情報の信ぴょう性も危うい。

よって、解約月は「1ヶ月分の月額料金が全額発生する」と思っておいた方が無難です。

 

格安SIMで携帯料金は大幅に安くなる。大手携帯キャリアとの月額料金比較。

数ヶ月後に2年縛りが無くなるから、格安SIMへMNPしようって思ってる人。

いつ解約しても大手携帯キャリアは損です。月額料金が高額過ぎる。

格安SIMへ移行するつもりなら、なるべく早く移行しましょう。

 

月額料金を比較すれば、違約金なんて微々たる金額。

例えば以下は、多くの人が契約している標準5GBプランの場合。

見事に一緒で、見事に高額だから。

大手携帯キャリアの月額基本料 5GBプラン

ドコモ:月額8640円(8000円+税)

  • 通話定額(カケホーダイプラン):月額2700円+税(定期契約無し4200円+税)
  • インターネット接続料(SPモード):月額300円+税
  • パケット定額(データMパック 標準 5GB):月額5000円+税

基本プランを選ぶ | 料金・割引 | NTTドコモ

au:月額8640円(8000円+税)

  • 通話定額(電話カケ放題プラン):月額2700円+税(誰でも割無し4200円+税)
  • インターネット接続料(LTE NET):月額300円+税
  • パケット定額(データ定額5/5 5GB):月額5000円+税

カケホ(電話カケ放題プラン)/(電話カケ放題プラン/V) | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

ソフトバンク:月額8640円(8000円+税)

  • 通話定額(スマ放題):月額2700円+税(誰でも割無し4200円+税)
  • インターネット接続料(S!ベーシックパック):月額300円+税
  • パケット定額(データ定額パック 標準5GB)):月額5000円+税

料金体系 | iPhone | 料金プラン | モバイル | ソフトバンク

契約を続ける事により毎月8640円もの大金を払っているわけ。

 

一方、格安SIMのmineoで、同じく5GBプランの場合。

通話SIMの月額基本料金(mineo)

mineo Dプラン デュアルタイプ 5GB:月額2462円(2280円+税)

※Dプラン=ドコモ回線、デュアルタイプ=通話SIM

今お使いの端末そのままで!スマホ料金を丸ごとおトクにするmineo

携帯番号そのまま移行できて、データ通信容量5GBも有って月額2462円です。

その差額は、8640円-2462円=月額6172円

2ヶ月も使えば、違約金の元は取れるよね。

1年も使えば、7万円以上の差額

2年で14万円。家族で2台なら28万円。3台なら?恐ろしい。

2年縛りって、それくらい恐怖の契約。

 

月額6000円以上も差額が有って、何が違うのか?

っていうと「かけ放題」が無いことくらい。

格安SIMへ移行するメリット・デメリット。大手携帯キャリア解約で不便となる点。

別に電話かけまくってるなら良いんですよ。090や080で発番してますか?

 

MNP申込の注意点。転入先も同一名義人でなければならない。

MNPする場合、同一名義人でなければなりません。

今まで契約していた大手携帯キャリアでの契約者と、

新しく契約するMVNO(格安SIM)で、同じ名前で契約しなければいけないというわけです。

 

MNP予約番号発行時の名義 = 格安SIM申込時の契約者名義

 

私は住所変更しまくっており、

大手携帯キャリア登録の住所は旧住所のままでしたが、

新しく契約する住所と異なっていても、その点は問題無いとの事でした。

※この場合、解約書類は旧住所に届くので、旧住所の転送手続きは必要。

 

あくまで、同一名義でのみMNP可能との事です。

どうしても名義変更したい場合は、事前に名義変更しておきましょう。

 

大手携帯キャリアでの名義変更の方法と必要書類。名義変更に関わる手数料。

携帯名義の変更は意外と面倒。固定回線のように電話では済みませんでした。

キャリアショップ(実店舗)での手続きが必要となります。

現在の契約者(譲渡者)と、変更する人(譲受者)の二人で行けば話は早い。

お互いの身分証(運転免許証)を持って、キャリアショップへ行きましょう。

名義変更には手数料2000~3000円+税が発生します。

 

名義変更手数料(契約事務手数料)

  • ドコモ:2000円+税
  • au:2700円+税
  • ソフトバンク:3000円+税

 

また、名義変更手続きは、その場で即反映にはなりません。

新しい名義人を使って、同時にMNP手続きは不可能となります。

キャリアにもよりますが翌日~1週間後には、名義変更適応されます。

新しい名義人にてMNPをしたい場合は、名義変更完了後、改めて手続きをしましょう。

 

名義変更元の人と、新しい名義人が一緒にキャリアショップに行く事は難易度が高いので、

委任状を持っていくことにより、代理人でも手続きが可能となります。

 

携帯番号の名義変更に必要な書類

  • 契約者の本人確認書類(運転免許証)
  • 委任状
  • 契約者のご家族本人確認書類(運転免許証)
  • 互角族であることが確認できる書類(戸籍謄本)
  • 印鑑
  • クレジットカード or キャッシュカード

 

キャリア毎に必要書類や、必要手続きは異なるので、

以下のページで、事前に確認しておきましょう。

 

各キャリア名義変更手続き方法の詳細

不安なら電話で確認。2度手間になったら更に面倒です。

 

MNPの予約番号を発行したら、なるべく早く申込む。

MNP予約番号の有効期限は予約日を含め15日

その間にMNP転入手続きが完了しなければ、予約番号は無効となり、現在の契約が継続されます。

MNP予約番号の発行できたら、通話SIM対応のMVNOへ、なるべく早く申し込みをしましょう。

格安スマホにMNPする。MVNO音声通話SIMの比較まとめ。

※予約番号の有効期限が12日間以上ないと、MNP転入での申込みも不可能になってるハズ。

 

契約名義人と、携帯番号の11桁と、MNP予約番号10桁を間違えない。

当たり前ですが、携帯番号もしくはMNP予約番号を間違えると手続きが滞ります。

MNP予約番号と携帯番号の入力を間違える。

有り得ないようで、私も一度やってます。

かなりのタイムロスとなりますので、くれぐれも気をつけましょう。

 

また、申し込みページの、MNP番号の入力欄で戸惑う事が有る。

○○-○○○○-○○○○のような、2-4-4の配列でもらったのに、

入力欄は○○-○○○-○○○○○のような、2-3-5の配列だったりする。

ハイフンの位置は気にせず、順番どおりに入力すればOKなんで、

繰り返しますが、MNP予約番号は間違えないように!

 

格安SIMも当たり前に。大手携帯キャリアである必要は無い。

現在では、自宅MNPも可能となり、切替手続きで使えない空白期間も無くなりました。

自宅で不都合も無くMNP作業。オススメの格安SIMはmineoです。

mineo Dプラン徹底レビュー。ドコモ回線のマイネオにデメリットは有るのか?

私は、3回線ほどmineoへMNPしてますが、手続きやAPNの設定も難しく有りません。

大手キャリアの携帯番号をmineoにMNPする方法。切り替え手順と注意点。

 

大手携帯キャリア同士の見せかけの料金プランの改善。

実際のところ、料金は大して変わらず、むしろ改悪になってる部分も多い。

そんな中、格安SIMは当たり前に普及。以前に比べ改善されまくってます。

格安SIMへ移行するメリット・デメリット。大手携帯キャリア解約で不便となる点。

 

大手携帯キャリアとの金額差だけでなく、キャリアSIMよりプラン内容も良く、

キャリア販売の端末には、当たり前にキャリアロック。

SIMフリー義務化の時代に、SIMロック解除の条件は更に悪くなってる。

キャリアiPhone(ドコモ、au、ソフトバンク)のSIMロック解除方法と解除条件。

 

格安SIMなら、データ容量で大容量プランも選べるし、大容量プランも非常に格安です。

そもそも、データ容量って使わない人は、ホント使わないから。

スマホに必要な通信速度を考える。適正な容量制限と通信量の目安。

 

SIMフリー端末が当たり前の時代、SIMフリースマホも高くは有りません。

SIMフリー格安スマホランキング。オススメのAndroid端末 2016年Ver.

 

格安SIMが使えるiPhoneだって、非常に安く手に入ります。

格安SIMでiPhoneを激安運用する方法まとめ。MVNOへMNPの注意点。

 

これからスマートフォンを使う人なら、私はiPhoneを推奨します。

スマートフォンの選び方。スマホ初心者が考えるべきポイント。

 

通話SIM以外のSIMも有りますが・・・

スマートフォンとして使いたいなら、通話SIMと思っておけば良い。

格安SIMの種類。SMS可能、音声通話SIM、データ通信専用SIMの違い。

 

得体の知れないものだった、格安SIM。

やってしまった今となっては、難しい事では無いと感じます。

 

理解しようとする最初が、一番難易度が高かった気がします。

理解できなければ、人よりも多くお金を払い続ければ良いだけ。

お金を払いたくないなら、今のうちに。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ