交通系クレカ「ビックカメラSuicaカード」のメリット・デメリット。

量販店系のクレカで最強カードといえば、ビックカメラSuicaカード

ビックカメラユーザーというよりも、Suicaユーザーなら問答無用にオススメする。

IMG_5274

ビジネスパーソンに交通費は避けられない出費、

頻繁に電車(JR東日本)を乗る人にとって、利用価値の高いカードです。

 

デメリットは非常に少なく、Suicaエリアに在住なら、損する事も無いかと。

所持するメリットも多すぎるんで、自分の為にもまとめときます。

俺ヨドバシ派だけど、ゴリゴリ使ってるから。

本日の構成

年会費は年1回の利用で無料。非常に希少なViewカード。

Suicaチャージって、Viewカード以外のクレジットカードは基本的に利用不可能です。

クレジットカードで有りながら、SuicaチャージもできるViewカードは貴重であり、

年1回の利用で無料となる「ビックカメラSuicaカード」は、更に貴重な存在。

Viewカードって基本的に年会費有料のクレジットカードになってますから。

 

Suica内蔵ビューカードの年会費

  • 「ビュー・スイカ」カード:年会費477円
  • 「ビュー・スイカ」リボカード:年会費無料 ※リボ専用クレカ
  • JALカードSuica:年会費2000円
  • Yahoo! JAPANカードSuica年会費500円 ※年間10万円以上の利用で翌年度無料。
  • ルミネカード:年会費953円
  • ビックカメラSuicaカード:年会費477円 ※年1回の利用で翌年度無料
  • イオンSuicaカード:年会費無料

 

ビュースイカのリボカードは年会費無料だけど、

リボ専用なんで基本的に損する。

リボ一括したくても3万円コースが限界なんで、

毎月3万円以上の利用になるとリボ手数料が発生します。

 

年間10万以上の利用で無料の「Yahoo! JAPANカードSuica」なんてのも有りましたが、

既に発行停止、カード自体も終了となってます。

最強のTカード「Yahoo!JAPANカード」のメリット・デメリット。

 

イオンSuicaカードも年会費無料ですが、

Suicaチャージの場合は、200円1ポイント→400円1ポイントへ半減します。

オートチャージ、みどりの窓口、モバイルSuica・・・

全て通常の還元率0.5%→0.25%へ半減となります。

一方、ビックカメラSuicaカードなら、JR東日本で使えば使う程得します。

Suicaチャージで還元率1.0%→還元率1.5%になりますから。※後述します。

また、基本の還元率も0.5%と、ビックカメラSuicaカードの還元率1.0%に比べて断然劣る。

イオンカード欲しいなら、イオンカードセレクトを使うべし。

ネットバンクの金利を倍増させる裏ワザ。大手金融機関の定期預金と金利比較。

イオン銀行の金利0.12%は、化け物的な数字です。

 

ちなみに、ビックカメラSuicaカードは、

Suica発行に必要なデポジット費用500円も不要となってます。

年会費が無料だけでなく、Suicaのデポジット料も無料。

 

モバイルSuicaの年会費953円が、当面の間は無料となる。

Suicaカードチャージは、基本的にViewカード以外でのチャージは不可能ですが、

モバイルSuicaを利用すれば、他社クレジットカードでもSuicaチャージが可能となります。

 

モバイルSuicaの利用には、モバイルSuica対応端末が必要・・・だけでなく、

モバイルSuicaの年会費953(税別)も必要となります。

 

このモバイルSuicaの年会費も、

ビックカメラSuicaカードを所持する事により無料となります。


モバイルSuicaの利用に関わる年会費については、ビューカード(表面にviewマークとTypeII識別マーク(タイプツーシキベツマーク)マークのあるビューカードを含む)で登録された方は当面の間、無料です。その他のブランドのカードで登録された場合は、モバイルSuicaの年会費として、1,030円(税込)をいただきます。サービス利用の有無に関わらず、退会手続きをしなければ年会費が必要ですのでご注意ください。

JR東日本:モバイルSuica>利用開始までの流れ

「当面の間、無料」と有りますが、かれこれ8年くらい無料のままです。

恐らく今後も継続して無料となってる可能性が高いです。

 

年会費953円って意外と高額なので、年会費分の元を取るのは難しい。

だったら、使わないViewカードを発行して、

モバイルSuicaを利用するというのも、一つの方法だと思う。

ビックカメラSuicaカードは、年一回クレカ利用すれば年会費無料だし、

年会費かかっても477円しか発生しないんだから。

 

モバイルSuicaって、モバイルSuica対応機種が必要なんで私は使ってません。

iPhoneユーザーの私は、モバイルSuica使えないから、

モバイルSuica端末を無理して使うなら、ビックカメラSuicaカードで良いかと。

 

iPhoneだって格安SIMで運用できるんだから、

無理して高額なAndroid端末を使う必要も無い。

格安SIMでiPhoneを激安運用する方法まとめ。MVNOへMNPの注意点。

 

Suicaチャージ還元率1.5%を超えるクレカも、ほぼ皆無。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

Suicaで還元されるという事は、現金並に使えるという事でもあるからね。

 

通常還元率1%、Suicaチャージで還元率1.5%。ポイント還元の仕組み。

ビックカメラSuicaカードの還元率は1.0%~1.5%と高還元ですが、

その仕組みは、他社クレカに比べやや難解。

なるべく得する為に、しっかり把握しときましょう。

 

基本の還元率は1.0%。

1000円利用で、ビックカメラのビックポイント5ポイントと、

ビューサンクスポイント2ポイントの両方が貯まります。

  • ビックポイント:1ポイント=1円相当
  • ビューサンクスポイント:1ポイント=2.5円相当

ビックカメラ以外で利用しても1000円毎に10円相当貯まるので、還元率1.0%となるわけです。

 

また、JR東日本のサービスで利用すると、還元率1.5%と超高還元率となる。

定期券の購入や、切符、回数券、特急券、Suicaチャージ、オートチャージ・・・

VIEWマークの有る、JR東日本のサービスでビューカードを使うと、

ポイント3倍1000円毎に6ポイント還元となります。

 

ビューサンクスポイントは3倍の1.5%なら、

ビックポイントの0.5%と併せて還元率2.0%・・・とはなりません。

JR東日本のサービスでは、ビックポイントは貯まりませんので、還元率1.5%になるわけです。

 

まぁ、通常還元率1.0%だけでも高還元なんで文句は言えない。

還元率1.0%だけでもメインカードに成り得るし、

交通費専用のカードとして、還元率1.5%で攻めるも良し。

Suicaチャージ貯まるだけでも有り難いのに、還元率1.5%は凄いから。

 

Suicaチャージの裏ワザ。Suica払いは問答無用に還元率1.5%へ。

Suicaチャージは還元率が1.5%となる。

というわけで、基本的にSuicaチャージしておき、

Suica決済できるところで、

なんでもかんでもSuica決済してしまえば、全て還元率は1.5%となります。

コンビニ、スーパー、本屋、飲食店、量販店、ドラッグストア・・・・

Suicaが使えるお店(街ナカ)も非常に多いですから。

JR東日本:Suica電子マネーライフ > 使えるお店 > 街ナカショップ一覧

 

注意点としては、Suicaへチャージできる金額は20,000円が上限という事。

よって、1度に2万円までの買い物にしか、Suica支払いの裏ワザは使えません。

 

ちなみに、Suica残高で足らない分を現金払いする事は可能です。

複数Suicaでの決済は使えないハズですので、2枚持ちしても意味ないです。

 

Suicaポイントクラブへ登録で、更に還元率0.5~1.0%アップ。

Suicaユーザー向けのポイントサービス、Suicaポイントクラブ。

ビックカメラSuicaカード所帯者も、Suicaユーザーなので利用する事が可能です。

JR東日本:Suicaポイントクラブ

 

KIOSK、NEWDAYS、Becker’s、BECK’S、Suica対応ロッカー・・・

Suicaポイント加盟店でSuicaを使えば、

更に0.5~1.0%のポイントが貯まるようになります。

JR東日本:Suicaポイントクラブ>ポイントをためる

Suica利用だけでも還元率1.5%なので、2.0~2.5%の還元率となる。

 

Suicaポイントクラブの対象店舗は少ないですが、

登録無料、年会費も無料ですので、

ビックカメラSuicaカードを発行したら、併せて登録する事をオススメします。

 

ビックカメラでSuica払いなら11.5%還元。ただし2万円が上限。

ビックカメラで最大11.5%還元について。

ビックカメラで商品を購入する場合、現金払いの方がお得になり、

現金払いで10%還元、クレジットカード払いだと8%還元という商品が多いです。

  • ビックカメラで現金購入すると10%還元される。
  • Suicaチャージで1.5%還元される。

Suica払いの場合、現金扱いで現金同様のビックポイント10%。

10%+1.5%=合計11.5%還元というカラクリです。

 

ビックカメラSuicaカードで決済した場合は、

ビックポイント10%となりますが、ビューサンクスポイントは付与されません

IMG_5276

というわけで、実際クレジット決済の場合は、そこまでお得では無いです。

「楽天カードは楽天市場でポイント2倍」みたいな話です。ご注意下さい。

楽天市場ではOrico Card THE POINTを使った方が断然お得。楽天カードのデメリットをスーパーまとめてみた。

 

ビックカメラのSuica決済限定考えるなら、

ビックポイント2%優遇 + Suicaチャージ還元率1.5%

他社クレジットカードと比較して、合計3.5%もお得となる。

Suicaチャージ決済は、他社クレジットカード決済よりも明らかにお得になりますが、

Suicaチャージの上限2万円がある事も忘れずに。

 

実際のところ、ビックカメラの商品が全て10%還元というわけでも無いので・・・

最大11.5%還元ってのは、ちょっと言い過ぎな気もする。

 

ビューサンクスポイント交換は、ルミネ商品券は還元率1.92%と断トツ高い。

ビューサンクスポイントは、電子マネーSuica交換する人が多いかと思います。

1ポイント2.5円相当で交換できます。

 

ビューサンクスポイントをサンクスチャージ交換の例

  • 400ポイント → 1000円
  • 1200ポイント → 3000円
  • 2000ポイント → 5000円
  • 4000ポイント → 10000円

 

基本的に商品券と交換しても、1ポイント2.5円相当と変わらないのですが、

何故かルミネ商品券のみ、還元率が更に高くなってます。

 

商品券交換に必要なポイント

  • 400ポイント → びゅう商品券1000円
  • 1200ポイント → B-1グランプリカード3000円
  • 2000ポイント → お取り寄せグルメカード5250円
  • 650ポイント → ルミネ商品券2000円
  • 1250ポイント → ルミネ商品券4000円

 

ルミネ商品券2000円で、1ポイント3.07円相当となり、

ルミネ商品券4000円で、1ポイント3.2円相当となります。

Suicaチャージで1000円毎に6ポイント貯まるので、

6ポイント×3.2円=19.2円(還元率1.92%

 

電子マネーSuicaの場合は還元率1.5%ですが、

ルミネ商品券なら還元率1.92%も可能です。

 

ルミネ商品券は、ルミネ内の店舗なら基本的に利用できます。

ルミネ商品券を使用できる店舗
大宮店/北千住店/池袋店/有楽町店/新宿店/ルミネエスト新宿店/立川店/横浜店/町田店/荻窪店/藤沢店/川越店/ルミネマン渋谷店/ルミネ ザ・キッチン品川店/大船ルミネウィングでご利用いただけます。

お問い合わせ | LUMINE

ルミネ商品券には有効期限も無いので、

近くにルミネが有る場合は、高還元狙いで商品券にするってのも有り。

 

Suicaを付帯する必要が無い。ビックカメラのポイントカードも不要。

ビックカメラSuicaカードは、クレジットカード兼、ポイントカード兼、Suicaなので、

1枚で3役、所持するカードが減ります。

変な話、ヨドバシカメラでビックカメラSuicaカードを使って、Suica決済する事も可能です。

財布のカードスロットが少なくて済みます。

 

また、名前、有効期限、クレカ番号が立体的(エンボス加工)じゃないデス。

IMG_5275

平面プリントデザインなので、財布の厚みも薄くて済む。

逆に、クレジットカードっぽく無いデザインなので・・・デザイン性は皆無だね。

 

海外旅行傷害保険が自動付帯。

無料クレカで数少ない、海外旅行傷害保険が自動付帯のクレジットカードです。

海外旅行の際には、カードを利用せずとも自動的に保険適応となります。

 

海外旅行傷害保険の内容

  • 死亡・後遺障害:最高500万円
  • 傷害治療費用:最高50万円
  • 疾病治療費用:最高50万円

 

海外旅行保険は自動付帯ですが、疾病・傷害と最高50万円と保険金額が低いです。

年会費無料のクレカで、海外旅行傷害保険を自動付帯したいなら、

エポスカードJCB EITをオススメします。

 

SuicaはFeliCaポート/パソリが有れば、自宅チャージも可能。

FeliCaポートPaSoRi(パソリ)が有れば、

自宅に居ながらにして、インターネットPC経由でSuicaチャージも可能となります。


SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi(パソリ) USB対応 RC-S380

 

Suicaだけでなく、PASMO、Edy、WAONチャージにも使えるし、

各種電子マネーの残高確認もできるようになる。

 

また、チャージするだけでなく、

ネットショッピングの支払いにもSuicaが使えるようになる。対象店舗も続々と増えてます。

JR東日本:Suicaインターネットサービス>Suicaインターネットサービスとは>ネットショッピングができるお店

 

ICカードリーダーとしても使えるので、

e-Taxも自宅でできるようになる。事業主は持つべきアイテム。

自宅でe-taxする。住基カード、電子証明書発行の手続きの注意点。

ワザワザ税務署で入力する意味は有りません。自宅でサックリやりましょう。

 

ビックカメラSuicaカードのデメリット。

ビックカメラSuicaカードは非常に優れたカードだと思いますが、

利用する人によっては、意味の無いカードに成り下がります。

年会費は実質無料・・・だけど、使えなければ意味が無い。

引き続きデメリットです。

 

Suicaユーザーで無く、Suicaエリアに住んで無い人には意味が無い。

ビックカメラで恩恵を受けるというよりも、

JR東日本のサービスでの恩恵が大きいと思っているので、

JR東日本を利用しない人、

利用できないエリアに住んでいる人には意味を為さないカードとなります。

 

Suicaチャージすらできる場所も限られてくるので・・・

Suicaを無理やり使いたいなら、上述したPaSoRiを用意するしかないね。

 

Suicaの定期券機能を付与する事ができない。

ビックカメラSuicaカードで、定期券を購入する事はできますが、

定期券機能を付与する事ができません

Suica定期券とビューカードを一体型にしたい場合、

ビュースイカカードや、ルミネカードという選択になるかと思います。

いずれも年会費有料となってしまい、ルミネカードならメリットも多いです。

LUMINEユーザー必携。ルミネカードのメリット・デメリット。

 

ちなみに、ビックカメラSuicaカードで定期券の購入は、還元率1.5%の対象となります。

定期券を別途携帯しないとイケないから、若干面倒だけどね。

 

ビックポイント→Suica電子マネーへの移行レートが悪い。ビックポイントの使い道。

基本還元1.0%のウチ、0.5%はビックカメラのポイントで付与される。

ビックポイントは基本的にビックカメラでしか使えない。これがデメリットかと。

 

ビックのポイントを、Suica電子マネーにも移行できますが、

当初よりもレートが悪くなってます。

 

2009年9月までは、ビック1000ポイント → Suica1000円でしたが、

現在では、ビック1500ポイント → Suica1000円となっております。

1500ポイントが1000円となってしまうので・・・換算レートは0.66%と悪い。

また、Suicaチャージへの交換へは、2日ほど時間もかかり面倒です。

 

以前の換算レートが良すぎたので、この辺は仕方ないかと。

以前は、ビックカメラで10%還元したポイントも、

そのまま電子マネーSuicaへ等価交換なんてこともできたんだけどね。

 

よって、ビックポイントは、ビックカメラで使いましょう。

ちなみに、ソフマップ、コジマでもビックポイントと相互交換可能です。

 

Suicaに利用できる金額は限度額迄では無い。カード審査も厳しい気がする。

ビューカードの限度額は10万~60万円と低めとなっており、

限度額満額をSuicaチャージに利用できるワケでも有りません。

 

新幹線の回数券や、Suicaへの入金、オートチャージ等の利用は、

カード利用可能枠内で、更に利用枠が制限されてます

以下の指定商品についてはカードご利用可能枠内でご利用枠を制限しています。

新幹線の回数券
特急列車の回数券
Suicaへの入金(チャージ)
オートチャージ
Suicaカード
My Suica など

ご利用可能枠:ビューカード

カードご利用可能枠30万円の場合の例では、指定商品ご利用可能枠は10万円となってます。

ご利用可能枠の例

ご利用可能枠:ビューカード

 

カードご利用可能枠って、約2か月後の支払いにて消化できるので、

約2か月間で10万円程度のSuicaチャージってのが、一つの目安になってくるかと。

※人それぞれ、指定商品ご利用可能枠は異なります。あくまで目安です。

 

交通費だけで2か月10万円は行かないと思いますが、

Suicaチャージの高還元率ショッピングを狙ってる人は、気を付けた方が良いかと。

 

カード自体の審査も厳しい様で、

私は、一度カード審査に落ちており、翌年作れた時の限度額も20万円と低めでした。

既に数年間つかってますが、未だに利用限度額は40万円で止まってます。

 

審査だけでなく、カードの与信枠も渋めな感じ。

限度額が余っていても、セキュリティ上の理由で決済ができない場合があるので、

高額決済をする際には、事前にカードセンターに申し出をしといた方が無難です。

 

Edyチャージでポイントが付与されなくなってます。

ビックカメラSuicaカードは、JCBブランドとVISAブランドが選べるのですが、

VISAのみEdyチャージに対応となってます。

Edyチャージでポイント付与されるクレジットカードって貴重なんで、

問答無用にVISAを選んでたのですが。

いつの間にか、Edyチャージはポイント付与の対象外となってます。

一部電子マネーへのチャージご利用分に対するポイントサービス終了のお知らせ
一部電子マネーへのチャージご利用分につきましては、2012年10月1日以降のご利用分より、ビューサンクスポイントの対象外とさせていただきます。

<ビューサンクスポイントの対象外となる電子マネー>
楽天Edy
nanaco
SMART ICOCA
SAPICA
*のんびり小町ビューカード、めぐり姫ビューカードについては、おでかけポイントの対象外となります。
*JALカードSuicaについては、ショッピングマイル積算の対象外となります。
*ビックカメラSuicaカードについては、ビックポイントについても対象外となります。

※楽天Edyへのチャージは、Visa・MasterCardブランドのビューカードのみご利用いただけます。

一部電子マネーへのチャージご利用分に対するポイントサービス終了のお知らせ:ビューカード

2012年10月って結構前だね。

まぁ、JCBよりは、利用先が多いVISAで間違い無いと思うけどね。

 

Suicaオートチャージの注意点。改札入場時のみチャージされる。

Suicaチャージで還元率1.5%といいましたが、これはオートチャージも含みます。

とにかくオートチャージって便利なんで、使いはじめたら手放せない。

Suicaエリアだけでなく、PASMOエリアでも自動的にオートチャージされます。

 

手放せない程便利なんですが、知っておかないと困る事があります。

オートチャージは、改札の入り口でしか適応となりません

改札入場の時にしかチャージしてくれないので、

初期設定の1000円以下でチャージだと、結構困ります。

 

例えば、入場の際に1000円有ったとしても、

目的地の運賃が1000円超える事はザラに有るし、

改札内の店舗やコンビニでも、Suica決済を使いたいのであれば、

ちょっとした利用で、残高不足となってしまいます。

改札から出るときはオートチャージしてくれませんので、

わざわざ精算機でチャージしないとイケない。

Suica残高にも気を付けて無いと、オートチャージの意味が無いです。

 

オートチャージ設定の初期値は低く設定されていますので、

カード到着したら、自分の利用パターンに合わせて変更しておきましょう。

 

駅に設置してある「VIEW ALTTE」で簡単に設定できます。

駅のATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)設置場所:ビューカード

それなりの規模の駅なら、基本的に設置してあるハズです。

私は5000円以下になったら、1000円チャージするようにしてます。

 

使って気付いた、その他デメリット。WEB明細の反映が遅い。

オリコカードや、JCBカードに比べると、

ビューカードの未確定明細(WEB明細)の反映は遅いです。

 

また、ETCカードの年会費477円と有料なので、

ETCカードが必要なら、他社の無料クレカでETCを使った方が良いです。

オリコカード辺りが還元率も高くオススメです。

無料で高還元率のクレカ「Orico Card THE POINT」レビュー。メリット・デメリットを徹底的に挙げてみた。

 

あと強いて挙げるなら、Masterブランドが選べないとか、

通常のポイント還元が、0.5%ずつ分散してしまうとかとか、

クレジットカード一体型のリスク、Suica紛失で2度痛いとか?

券面デザインがダサい・・・って事くらいじゃないでしょうか?

 

ビックカメラSuicaカードの入会キャンペーン。

ビックカメラSuicaカードで、オンライン入会キャンペーン実施中です。

最大6,000円相当のポイントが貰えます。※2016年1月末まで

 

オンライン入会キャンペーンの詳細

  1. カード発行で、ビューサンクスポイント800ポイント(2,000円相当)プレゼント。
  2. 期間中にオートジャージを3,000円以上使用すると、更に追加で200ポイント(500円相当)プレゼント。
  3. 期間中にクレジット利用が合計50,000円以上(オートチャージを除く)で、更に更に1,400ポイント(3,500円相当)プレゼント。

 

Suicaチャージができ、Suicaチャージで高還元1.5%

Suicaユーザーだけでなく、Suicaエリアの人は作った方が良い。

還元率1.5%って、還元率クレカと比べてもトップクラス。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

 

年会費も年1度の利用で無料。何のリスクも無い。

オートチャージで使わない事も無いし、オートチャージは非常に便利だ。

出張専用、交通費専用クレカとして、サブ扱いで使い分けても良いかと。

サブカードにオススメの年会費無料クレジットカードまとめ。

 

ビックカメラってネーミングだけど、

ビックカメラは・・・オマケだと思ってます。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ