セゾン プラチナ ビジネス アメリカン エキスプレスカードのメリット・デメリット。

ゴールドカードの上を行くプラチナカード。

意外と簡単に審査通りました。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードです。

セゾンプラチナビジネス

コストパフォーマンスを考えるなら、

アメックスビジネスゴールドよりも断然良いかと。

アメリカンエキスプレス ビジネス ゴールドカードと、個人向けアメックスゴールドの比較と違い。

私が初めて発行したプラチナカードであり、一番身近なプラチナカード。

かといってプラチナは伊達じゃなく、実はマイル還元率も非常に高い。

ビジネスカードっていうネーミングだけど、事業主じゃなくても発行できるから。

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックスカードのメリット

プラチナカードであり、ビジネスカードっていう利点に加え。

セゾンカードならではのメリットも多々あります。

本家アメックスに比べ、コストパフォーマンスに良い。

 

プラチナカードなのに年会費が安い。200万以上の利用で年会費も半額。

アメックスでプラチナなんですけど、

本家アメックスと比べると、年会費が2万円と非常に格安です。

 

アメックスビジネスカードとの年会費比較。

  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード:年会費12,000円+税
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード:年会費31,000円+税
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード:年会費130,000円+税
  • セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード:年会費20,000円+税

 

アメックスはアメックスならではのメリットも多々ありますのが・・・

アメックスだけでなく、プラチナカードの中でもセゾンプラチナは激安。

各社プラチナカードの年会費比較

  • Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ):18,519円+税(税込2万円)
  • エポスプラチナカード:18,519円+税(税込2万円)
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード:20,000円+税
  • MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス:20,000円+税
  • SBIプラチナカード:20,000円+税
  • 楽天ブラックカード:30,000円+税
  • JCBプラチナ法人カード:30,000円+税
  • SuMi TRUST CLUB プラチナカード:35,000円+税
  • JCB THE CLASS:50,000円+税
  • 三井住友プラチナカード:50,000円+税
  • ダイナースクラブ プレミアムカード:130000円+税
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード:130,000円+税

プラチナカードを比較する。オススメのプラチナカードランキング。

 

もちろん年会費だけでは比較できませんが、セゾンならではのメリットも有ります。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカードは、

年間200万円以上の利用で、翌年度の年会費が半額の1万円になってしまうという事。

プラチナカードで年会費1万円って・・・日本で最安

ビジネスクレカって事で、事業用決済も可能なんで・・・年間200万円って楽勝かと。

年会費1万円でプラチナカードが所持できてしまう。

プラチナなんで利用できるサービスも、ゴールドより断然上になります。

※年会費、キャッシング等の利用は、利用額のカウントに含まれません。

 

海外利用で還元率も2倍で還元率1.0%。永久不滅ポイントで有効期限も無し。

セゾンカードは、通常還元率は0.5%となっておりますが、

セゾンのAMERICAN EXPRESSマークの付いたカードに限って、

海外利用はポイント2倍還元率1.0%(1000円毎に2ポイント)となります。

海外利用の多いユーザーは、倍ポイントが貯まってしまいます。

 

  • 通常利用:1000円毎に1ポイント(還元率0.5%
  • 海外利用:1000円毎に2ポイント(還元率1.0%
  • 1ポイント=0.5円

 

しかも、セゾンカードのポイントは、

永久不滅ポイントという名のとおり、有効期限も有りません

ポイント交換せずとも、ほったらかしで貯まり続けます。

有効期限切れでポイント消失する事も有りません。

 

SAISON MILE CLUBが無料。JALマイル還元率も最強のクレジットカード。

セゾンカードのショッピングで、マイルが貯まるSAISON MILE CLUB。

加入すると、JALマイルが1000円毎に10マイルも自動的に貯まるようになり、

更に優待ポイントとして、永久不滅ポイントが2000円毎に1ポイント貯まるようになります。

KS001788

永久不滅ポイントも1ポイント=2.5マイルと交換できるので、

2000円毎に22.5マイル→1000円毎に11.25マイルも貯まる計算となります。

1マイル=約1.5~2円の価値と考えると、還元率1.69~2.25%にもなります。

 

このマイル還元率が異様に高くなる、SASON MILE CLUBは、

セゾンゴールドアメックス会員では、年会費4000円のサービスとなってますが、

セゾンプラチナアメックス会員なら、年会費が無料で利用できてしまいます。

 

JALカードでも100円毎に1マイル1000円で10マイルなので、

セゾンプラチナビジネスは、JALマイラーにとっても最強のマイルカード。

JALのプラチナカード(年会費33480円)でも、ここまでは貯まりません!

 

注意点としては、

JALマイレージバンク日本地区会員が対象という事で、

海外居住者となった場合は、マイルを貯めることができなくなります。

 

また、JALマイルの有効期限は付与から36カ月後の月末までであり、

SASON MILE CLUB(ショッピングマイルプラン)に登録すると、

自動的にJALマイルへ交換されてしまうという事。

セゾンマイルクラブ ショッピングマイルプラン

永久不滅ポイントとは違い、3年以内にマイル消化する必要が有ります。

JALマイルの有効期限

 

永久不滅ポイント優遇サービスの海外2倍ポイントも対象外となります。

海外利用したからと言って、マイルが2倍貯まる事は有りませんのでご注意下さい。

 

実際のところ、海外利用で還元率1.0%よりも、

どこで利用しても、JALマイルで高還元してくれる方が有りがたいと思うので・・・

マイラーで無くても、SASON MILE CLUBを利用した方が良いかと。

セゾンプラチナなら無料だし、JALマイレージバンク会員にも無料で登録できるから。

 

あとは、1年間のマイル上限が15万マイルという事。

15万マイルって、年間で約1500万円の利用なんで・・・

月間100万円以上使うようなヘビーユーザーは、気を付けましょう。

 

ちなみに、SAISON MILE CLUBの申込みは電話申込は不可能で、

WEBからの申込む必要が有りました。

下記リンク先のSAISON MILE CLUBの項目、「ご登録はこちら」より申込できます。

ポイント&マイル|セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード (セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックス|SAISON PLATINUM BUSINESS AMEX)

JAL会員で無い場合、申込みで自動的にJALマイレージバンク会員にも登録されます。

JALマイレージバンクカード

これで貴方もJALマイラーです。

 

ショッピング利用限度額に一律の制限無し。キャッシングも可能。

プラチナカードという事で、ショッピングの利用可能額もプラチナ級。

カードの限度額が最高500万円。超高額決済も可能となります。

一般的なゴールドカードの限度額は、300万円ですからね・・・

 

私も最初は100万円でしたが、翌年には利用可能枠が300万円に自動的にアップ。

IMG_2283

それほど利用額も多くないのに、流石のプラチナカード。

また、会員の利用状況により、500万円を超える場合も有るみたいです。

私の知り合いは、限度額1000万円になったって言ってましたし、

1000万円を超えているような方も散見しますので、

一律の限度額は無くなったのかもしれません。

 

ちなみに、セゾンプラチナビジネスアメックスは、

キャッシング利用も可能なクレジットカードになってます。

これは、ビジネスカードとは非常に珍しいです。

代表者個人を審査するカードだから、キャッシングもできるんだと思う。

 

資金繰りの為だけでなく、海外キャッシングは使えた方が良い。

私の場合、国内ではキャッシング機能使いませんが、

海外滞在用に20万円だけキャッシング枠を用意してもらってます。

ks002676

両替えするよりも、海外キャッシングを使った方が得する場合が多いです。

※参考→海外キャッシングと海外クレジットカード決済と現金両替の為替レート比較。 | とりあえずバンクーバー。

基本的には、クレジットカード決済でも、現金は少なからず必要になるから。

 

付帯保険もプラチナ級。航空機遅延保険も付帯。

カードに付帯する保険もプラチナ級になってます。

海外は最高1億円、国内は最高5000万円と、やはりゴールドの上を逝く補償額。

海外旅行保険も国内旅行も自動付帯と、

他社プラチナカードと比較しても、その内容は良いです。

セゾンプラチナビジネスアメックスの海外旅行傷害保険(自動付帯

  • 傷害死亡・後遺障害:最高1億円
  • 傷害・疾病治療費用:最高300万円
  • 賠償責任:最高5000万円
  • 携行品損害:最高50万円自己負担3000円
  • 救援者費用:最高300万円

セゾンプラチナビジネスアメックスの国内旅行傷害保険(自動付帯

  • 傷害死亡・後遺障害:最高5000万円
  • 入院保険日額:5000円
  • 通院保険金日額:3000円
  • 手術保険金:最高20万円

セゾンプラチナビジネスアメックスのショッピング保険

  • 年間300万円/120日間自己負担無し

セゾンプラチナビジネスアメックスの海外・国内航空便遅延保険

  • 出航遅延費用等:3万
  • 寄託手荷物遅延費用:10万

ショッピング保険も国内・海外問わず最高300万円

購入日から120日間補償と期間も長めで、自己負担も無しです。

一番利用する可能性が高い、飛行機トラブル。

航空機遅延、手荷物遅延の保険も当たり前に付いてますから。

 

プラチナ特典が満載。プライオリティパスの年会費399ドルも無料。

プラチナカードって事で、プラチナ特典も多々あります。

オントレ、ビジネスアドバンテージ、リーガルプロテクト、ハイヤー優待、ホテル優待・・・

特典満載って事で、プラチナ専用の冊子も届きます。

IMG_5315

 

中でも、24時間365日対応のコンシェルジュサービスは便利。

旅行の相談、レストラン・ホテルの予約、航空券やJR特急券の手配・・・

電話一つで済んでしまいます。

電話番号もフリーダイヤルなので、スマホや携帯電話からでも無料です。

 

また、プライオリティパスのプレステージ会員の年会費(US399ドル)も無料となります。

年会費2万円のクレカで、4万円以上もするサービスの年会費が無料です。

セゾンプラチナ プライオリティパス

プレステージ会員っていったら、世界中の空港VIPラウンジが無料で利用できてしまう。

豪華なラウンジが使い放題、食べ放題となります。

 

更に、海外アシスタントデスクサービスも有るので、海外旅行中も日本語でサポートしてくれます。

海外主要51都市に設置されており、観光案内からホテル予約迄、全て電話で済んでしまいます。

現地で日本語対応は、トラブル時にも安心。

カード紛失した場合も現地デスクで無料再発行してくれます。

 

ちなみに、プライオリティパス狙いなら、楽天プレミアムカードっていう選択も有りましたが・・・

楽天プレミアムカードはゴールドカードでは無い。メリット・デメリットと本当の使い方。

楽天プレミアムカード改悪で、大したメリットも無くなったし、年会費も1万円です。

年間200万以上利用するなら、セゾンプラチナビジネスも同じ年会費。

 

楽天プレミアムカードは個人カード専用で、個人口座引き落としのみ。

法人口座引き落としの楽天ビジネスカードは、別途年会費2000円取られるから、

事業用クレカが欲しいなら、セゾンプラチナビジネスアメックスカードをオススメする。

ちなみに、プライオリティパスの申込みも、コンシェルジュお願いすれば手配してくれます。

 

ビジネスカードなのに審査が容易で超早い。プラチナなのにインビテーションも不要。

基本的にプラチナカードは招待制。

セゾンプラチナ・アメックスカードも招待制であり、

ゴールドカードでのヒストリーも必要で、イキナリは所持できない。

 

一方、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカードは、申し込み制。

インビテーションも必要無いので、自ら申込みが可能です。

ビジネスカードなら、ゴールドすっ飛ばしてプラチナ所持が出来るワケです。

 

また、プラチナっていう割に審査も優しく、

私の場合、新設法人なのに即日で審査通りました

申し込んだその日に、電話確認が有り。

 

電話での確認は必ず有るって事で、ビビッてたのですが・・・

名前、住所、生年月日の確認だけで終了。

勤務先や仕事については一切触れられず、本当に申込みの確認のみ。

 

セゾンカードは、審査が早いのは有名ですが、

ホント即日で審査完了してしまった。申込み日の4日後に、カード到着しています。

法人カードの審査と必要書類を比較する。カード発行までの日数と申込みの流れ。

IMG_0567

一般クレジットカードと比較しても、ズバ抜けて早いです。

 

事業主で無くともカード発行できる。一般サラリーマンでも発行してくれます。

ビジネスカードってなってますが、実は事業主では無いサラリーマンでも発行できます

申込フォーマットも個人用クレカと同じで、事業主関連の書類も皆無。

 

私は法人代表者として申込みましたが、

必要なのは個人の身分証明書くらい。面倒な法人書類を用意する必要も有りませんでした。

セゾンプラチナビジネスアメックスの申込みに必要だった書類

  • 口座振替依頼書(法人名義口座)
  • 本人確認書類(代表者個人の運転免許証コピー等)

法人カードの審査と必要書類を比較する。カード発行までの日数と申込みの流れ。

私は法人決済の都合、法人口座を指定しましたが、

引き落とし口座も個人口座が選べるので、一般カードを作るのと同じです。

 

個人の与信で審査をするので、新設法人でも即日審査通ったんだと思う。

小規模法人にも嬉しいカード。

「ビジネス」っていうネーミングは、ビジネスユーザー向けって事みたい。

 

特に新設法人って信用も無く、法人カードの審査も厳しいからね。

法人カードを比較する。事業主にオススメのビジネスカードランキング。

ビジネス利用もウェルカムだし、利用額が増えれば年会費も半額になるからね。

マイル還元率も超高いし、言う事無い。

 

月末締めの翌々月4日払いのクレカ。手数料無料の2回払いも可能。

セゾンプラチナビジネスカードは、月末締めのクレジットカード。

月末締めビジネスカードは意外と少なく、

他にはオリコのビジネスカードくらいだから。

 

月末締めって何が良いかって、

月単位で請求が上がるので、経理上分かりやすくなる。

15日締めのカードとかだと、未払金残高の確認もしづらくなるからね。

 

セゾンカードって、月末締めであり翌々月4日払いなので、

他カードに比べ支払いサイクルも長いので、キャッシュフローもよくなる。

毎月1日に利用した場合、最長64日後の支払いとなります。

 

セゾンカードの支払猶予期間(最大64日)の内訳

  • 利用月:2日~31日→30日間
  • 翌月:31日間
  • 翌々月:1日~3日→3日間
  • 合計64日=30日+31日+3日

 

更に、分割払いも可能であり、

2回払いまでは手数料無料で、決済できてしまいます。

他のカードに比べ、資金繰りに余裕生まれまくります。

 

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックスカードのデメリット

マイル還元率も高く、年会費も安いプラチナカード。

年会費が安いプラチナカード故のデメリットも有ります。

セゾンカードのステータス性や券面デザインは・・・ちょっと微妙かな。

 

年会費2万円というコスト。

年会費2万円+税という事で、一般的なゴールドカードの2倍の年会費となります。

本家アメックスのビジネスゴールドに比べれば安いけど・・・

ビジネスカードってだけなら、数千円から有りますから。

法人カードを比較する。事業主にオススメのビジネスカードランキング。

 

プラチナカードという事と、サービス内容を考えたらコスパが良い。

プライオリティパスまでも無料になってしまう。

しかしながら、プラチナ級のサービスが不要の人にとっては、

ただ年会費の高いクレジットカードに成り下がる。

 

年間200万円以上の利用で、翌年度の年会費は半額の1万円になるので、

利用額の多い人なら、是非所持したいカード。

付帯保険だけ考えても、1万円は安いし、JALマイルも貯まりまくる。

 

ステータス性は他社プラチナに劣る。券面デザインにセゾンのロゴマーク。

インビテーションも不要で、私のような人間でも所持できるプラチナカード。

他社のプラチナビジネスカードに比べ、

審査が優しい分、ステータス性は劣る。

 

また券面デザインも、他社プラチナに比べると割と普通っぽ。

気になる方は、気になる「SAISON CARD」の文字。

※2015年12月より券面デザインが変更となりました。

アメックスのシンボル、古代ローマ兵を強調したデザインへ。

セゾンよりも、アメックスって感じになってます。

 

見た目もプラチナカードっていうよりも、銀色のシルバーカードなんで、

ゴールドカードのような艶やかさ、ゴージャス感も薄いです。

そういったのが好きな方には、微妙かも。

プラチナよりもゴールドの方が、知名度も高いからね。

個人的には、嫌味も無くさりげなく出せるので、これはこれで良いかと。

 

海外で利用する分には、特に気にせずプラチナとして認識されるかと。

セゾンだろうが何だろうが、アメックス提携のプラチナカードには違い無い。

やはりアメックスのプラチナは伊達じゃない。ハイクラスのステータスカードです。

 

付帯保険は本人のみ。ビジネスカードは家族特約が無い。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカードは、

ビジネスカードという事で、付帯保険は本人のみ適応となってます。

一般プラチナカードのような家族特約は付いておりませんので、ご注意下さい。

 

セゾンプラチナアメックスと、セゾンビジネスプラチナアメックスの違い。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、

セゾンプラチナビジネスデザインの違い

左:セゾンプラチナ、 右:セゾンプラチナビジネス

一般カードとビジネスカードで券面デザインも異なり、サービス内容も微妙に異なります。

 

セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット

  • 1000円毎に永久不滅ポイント1.5P付与。ビジネスの1.5倍の還元率0.75%
  • 海外旅行で手荷物無料宅配サービスが利用可能。
  • 旅行傷害保険に家族特約が付いている

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット

  • 年間200万円以上で翌年度の年会費が半額(年会費1万円+税)
  • インビテーション不要18歳以上なら誰でも申し込み可能
  • 引き落とし口座に個人名義・法人名義のどちらも選べる

 

その他細かい優待サービスで違いがあるにしろ、

基本的なサービスは同等レベル。

 

通常還元率こそ「0.75% VS 0.5%」と微妙に異なりますが、

海外利用での還元率は一緒の1.0%になるし、

SAISON MILE CLUBに登録したら、付与されるマイルは一緒となるので、

実質の還元率の違いも無いと思って良いかと。

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカードの方が、

利用額に応じて年会費半額にもなるし、

引き落とし口座も個人名義、法人名義と選べるんだから、

悩んだら、ビジネスプラチナで良いと思う。

 

通常プラチナは、そもそも招待制なので、

自ら申し込むなら、ビジネスプラチナしか無いけどね。

事業をやっている人だけでなく、利用額が多いならビジネスカードで間違い無い。

≪セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード新規会員募集中≫

新設法人でも、プラチナの法人カード作れたから。

 

法人にオススメのクレジットカードは、下記ページも参考に。

法人カードを比較する。事業主にオススメのビジネスカードランキング。

 

ちなみに、セゾンカードって月末締めの翌々月4日払いと支払いまで期間も長いです。

キャッシュフローの点でも優れています。

 

P.S.

個人のプラチナから、ビジネスプラチナに切り替えようとする人も多いみたい。

プラチナからプラチナビジネスの切替は不可能だし、その逆も不可。

どちらも審査が必要で、プライオリティパス等も切替になってしまう。

申し込むなら、最初からプラチナビジネスにしておきましょう。

 

両方所持しても、使える限度額の枠は一緒って事で、

やはりプラチナビジネスも、個人カード扱いになるっぽ。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ