28インチの4K液晶を使い続けるも、正直イマイチだった昨年の夏。

PCで4K(3840×2160)出力して気付いたデメリット。28インチASUS PB287Qレビュー。

 

今では、多くの大型4Kディスプレイが登場しています。

デスクトップPCに40インチって・・・って思ってたけど、

使ってみたら予想以上に快適。

28インチの4K液晶とは全くの別物でした。

IMG_5439

マルチディスプレイ環境を構築したいなら、

一つの選択肢として40インチの4Kは有りだと思います。

省スペースで、コストパフォーマンスも良い。

ビジネス用途で考えている方にもオススメです。

4Kディスプレイ PHILIPS「BDM4065UC/11」レビュー。

フィリップスの「BDM4065UC/11」は、

40インチで4K UHD(3840×2160)解像度の60Hz対応ってだけでも素晴らしいですが、

5年間フル保証7Wスピーカーも搭載で、

Display Port、Mini Display Portの両対応。

HDMI×2で、片方はMHLにも対応

IMG_5434

USB3.0Hubも付いているので、

USB3.0対応機器が4個も接続できるってのも、地味に嬉しい。

IMG_5433

VAパネルって事を考慮しても、5万円台は異様に安い。

他社で類似品も皆無なんで、4Kで大画面液晶ならフィリップス一択になるかと。

 

付属品の映像系ケーブルも、Mini DisplayPort-DisplayPortケーブル、

HDMIケーブル、RGBケーブル・・・と豪華なラインナップ。

 

ベゼル幅も約1cmと狭く、スタイリッシュなデザイン。

スリムベゼルの液晶ディスプレイと比較しても、引けを取らない薄さ。

※右側はLGのスリムベゼル液晶27MP77HM-P

IMG_5442

大画面のくせに軽量でもあり、スタンドを含めた重さは9.7kg

スタンド外したら8.5kgと非常に軽い。

液晶ディスプレイという事で、VESAマウントにも対応

モニターアームも楽々取り付けられます。

 

BDM4065UC/11にモニターアームを固定してみた。

軽量の大型ディスプレイという事で、恒例のモニターアーム化もしてみました。

BDM4065UC/11は、VESAマウント対応ですがVESA200×200となっております。

一般的なモニターアームはVESA100サイズなので、VESA200への変換プレートが必要です。


サンコー VESA変換プレート200×200 MARMVESA200

 

私の場合、以前40インチの液晶テレビを浮かした時に余っていた壁掛けパーツを使いました。

40型液晶テレビをモニターアームに固定して壁掛けっぽくしてみた。

 

要は、VESA200mm→VESA100mmに変換できれば良いワケです。

IMG_5413

 

後は、モニターアームを取り付けるだけ。

エルゴトロンアームで余裕で浮きました。

IMG_5419

 

スタンド外せば重量8.5kgと更に軽くなるので、

エルゴトロンのモニターアームなら耐重量も問題無し。

IMG_5420

 

付属のスタンドは全く可動せず、デスクトップで使用するにはちょっと不便なんで、

40インチをデスク上で使うなら、モニターアームも欲しいところ。


エルゴトロン 45-241-026 LX デスクマウントアーム

ディスプレイアームならエルゴトロン。

大型ディスプレイの調整も、楽々できるようになりますから。

オススメのモニターアームまとめ。サンコーとエルゴトロンの比較と違い。

 

4K画面の小さい文字はスケーリングでカバー。

27インチのフルHDに慣れている私には、

4Kの40インチはギリギリ使えるサイズ。

正直、40インチで4Kでも画面の文字は小さいです。

 

かといって、ディスプレイ近くで小さい文字を見るのは非常に疲れるし、

ディスプレイまでの距離も、最低50~60cmくらいは欲しい。

作業用のオフィスデスクに悩んだ結果、安くて頑丈なダイニングテーブルを購入した理由。

 

一日中ディスプレイと向き合ってるんだから、

なるべくディスプレイは離して使いたい。

疲労感も和らぐし、視野角も広がるし、その分デスクも広く使えるからね。

 

私は、マルチディスプレイと疲労感の都合、

ディスプレイまでの距離もとっているので、

フィリップスの4Kディスプレイは、150%の拡大サイズで使ってます。

KS001817

※縦設置のフルHDディスプレイは100%サイズで使ってます。

 

Windows10になり、4K対応も進んでおり、

Windows7の時には酷かったスケーリングも改善され、

対応アプリケーションも増え、割と使えるようにもなってます。

ディスプレイ毎に異なるスケール設定も可能です。

※スケーリングの設定方法も、以前の記事を参考に。

PCで4K(3840×2160)出力して気付いたデメリット。4K環境に必要なもの。

 

150%拡大してるので、実際のところフルHDの4倍とはいかず、

フルHDディスプレイ2.5枚分くらいの作業範囲。

下手に高精細の細かい画面で作業するよりも捗ります。

 

基本は150%拡大しといて、

アプリによって、必要に応じて縮小表示したら良い。

CTRLキー+マウスホイール上下」で拡大・縮小も用意にできるんだから、

4Kの高精細は必要な時だけ使う。

作業領域でフルHD以上が必要なアプリって、限られてもくるからね。

 

4Kだからといって、いつでも4Kで使おうとしない。

4K解像度は、必要な時だけ使えば良い

そう割り切れれば、より快適に使えるようになるかと。

 

実際のところ、仕事専用で使うなら、

フルHDでマルチディスプレイした方が使いやすいです。

仕事用のモニターサイズに悩む。4K大画面1枚とマルチディスプレイとの違い。

4K大画面のワイド液晶(16:9比率)は、WEBには不向き。

 

Windows10で仮想デスクトップも利用可能になったから、

下手にディスプレイ増やすよりは、

ショートカットキー覚えて、多ボタンマウスを活用した方が作業効率も良い。

作業効率化にショートカットキーは欠かせない。愛すべきホットキー達。

仮想ディスプレイに、4分割のスナップ機能。

Windows 10なら、ディスプレイ1枚でも十分な作業範囲に成り得ます。

 

40インチ4Kディスプレイ「BDM4065UC/11」のデメリット。

最後にBDM4065UC/11のデメリット。

破格の値段ですが、これには理由が有ります。

アスペクト比が狂っているという噂。

16:9では無く、20:11となっている模様です。

実際よりも横にちょっと長く見えるらしい。

正方形が長方形に。円が楕円に。約2%ほど横に長く見える・・・のかな?

普通に使ってる分にはワカリマセン。

私の場合、そんな緻密で正確な作業もしないので、問題有りませんが・・・

そういった作業をする方は、辞めておいた方が良いかもしれません。

それ以外にも気になった点も、ポツポツ有ります。

 

BDM4065UC/11の主なデメリット

  • 四隅が若干暗く、端の方は色ムラも有る気がする。
  • ディスプレイ設定ボタンがジョイスティックで、操作しづらい。
  • IPSパネルではなくVAパネル。IPSよりも視野角が狭い。
  • HDMI2.0には未対応。HDMI1.4接続では30Hzまで。
  • GTG応答速度 標準8.5ms→拡張時(SmartResponse)3ms
  • DVI接続不可。D-subは可能。
  • 付属のスタンドは角度調整不可→モニターアーム推奨。
  • VESAマウントが200mmピッチ→変換プレートが必要。
  • 付属スピーカーは7Wと言えど、あくまで付属レベル。
  • 4K出力するには、PC側も4K環境が必要。

 

画面の端が暗く、色ムラというのは聞いていましたが、

言われてみれば・・・そうなのかな?という感じ。

こちらも個人的には、気になるレベルのものでは有りません。

アスペクト比同様、細かい事を気にしなければ、これも問題無いかと。

VAパネルの視野角も気にならない。TNパネルよりは断然良いと思われる。

 

4K出力するなら、Displayportでの接続を推奨です。

HDMI2.0未対応だと、30pになり残像感がハンパ無いです。

HDMI2.0対応グラフィックボードとなると、高スペックとだし、

デスクトップPCで、わざわざHDMI使う必要も無いんじゃないかと。

素直にDisplay Portケーブルで接続しましょう。

 

Display Port接続する場合でも、初期設定はDisplay Port1.1の30Hzとなっているので、

ディスプレイ設定で1.2の60Hzに変更するのを忘れずに。

IMG_5396

この辺の初期設定は、PB287Qの時と一緒だね。

4K出力するには、PC側にも4K環境が必要ですので、併せてご確認下さいませ。

PCで4K(3840×2160)出力して気付いたデメリット。4K環境に必要なもの。

 

43インチへ進化。フィリップス「BDM4350UC/11」との違い。

2016年4月、フィリップスの4Kディスプレイで更に進化したモデルが登場。

43型の「BDM4350UC/11」です!


Philips 43型ワイド液晶ディスプレイ (4K対応/IPSパネル/5年間フル保証) BDM4350UC/11

 

デメリットだった液晶パネルもVAからIPSに変わって、綺麗になったし、

43型と大きくなって、4Kの高精細でも更に使いやすいサイズになってます。

IMG_8016

43インチならスケーリング125%で行けます。

 

HDMI2.0にも対応になり、HDMI接続でも4K/60Hz出力が可能になってます。

HDMI2.0が2個、DisplayPort1.2も2個、USB3.0ハブも付いてる。

IMG_8022

 

43インチになったのに、重さはほぼ変わらず10kg未満の超軽量。モニターアームもOK。

IMG_8084

 

スタンドは使わないけど・・・洒落たデザインへと変わってました。

IMG_7966

 

VAパネルのデメリットも無くなって、価格は据え置き。これでは文句は言えない。

コスパ最強ディスプレイ。 それは間違いない。

4K解像度大画面43インチ60Hz対応でベゼル幅も狭く超軽量

応答速度向上機能「SmartResponse」も搭載しているので、

ビジネス用途に限らず、4Kゲーム用途なんかにもオススメです。


Philips 43型ワイド液晶ディスプレイ (4K対応/IPSパネル/5年間フル保証) BDM4350UC/11

 

LGの4K液晶モニター「43UD79-B」に乗り換えたよ。

大画面モニターを近くで見るのは、非常に疲れます。

4K高精細を、高精細のまま使えば、文字は小さくなり、

ディスプレイまでの距離も短くなり、より眼球に負担をかける。

フィリップスの4K液晶は、

ハーフグレアパネルと言いつつ、割と映り込みするし、

JINS PCのメガネかけてんのに、なんだかんだでしんどかった。

 

しかも、4Kモニターって一枚で済む分、

文字サイズ、画面分割と、最適化するのに難儀する。

解像度もワイドに高精細なんで、無駄なスペースも発生しまくるし・・・

 

ってわけで、フルHDのトリプルディスプレイに浮気してました。

DELL極薄ベゼル液晶ディスプレイ「U2417H」レビュー。

IMG_1627

 

そんな中、

2017年5月、LGから43インチクラスの液晶ディスプレイが登場。

IPSパネルでノングレアという事で、迷わず購入。


LG モニター ディスプレイ 43UD79-B 42.5インチ/4K/IPS非光沢/HDMI×4・DP・USB Type-C・RS-232C/スピーカー/ブルーライト低減

 

フィリップスのパネルに比べると、

全然映り込みしないし、超見やすくなりました。

IMG_4910

で、予想以上に便利だったのが、

ディスプレイ付属のソフトウェア「OnScreen Control」。

KS003538

 

ディスプレイで設定するPBPやPIPでは、

完全に別のディスプレイになってしまいますが、

OnScreen Controlでは、4Kの作業領域を前提に、分割してくれます。

OnScreen Control

 

ウィンドウを動かせば、仕切り線が浮かびあがり、ハメ込めば最大化されるっていう。

IMG_4898

上手く説明できないけど、4Kなのにマルチディスプレイみたいにも使える。

 

Screen Splitで分割する幅も、自分でカスタマイズできるという。とにかく超便利。

IMG_4903

 

更に便利なのが、LG製の他のディスプレイにもソフトウェアを有効にできる事。

隣に取り付けたフルHDディスプレイまで、好きなサイズに分割できました。

IMG_4896

残念ながら、LGディスプレイのみ対応みたい。

DELLのフルHDとか、PHILIPSの4Kディスプレイでも試したけど、

OnScreen Controlは使えませんでした。

 

ちなみに、ディスプレイ側の設定でも、

PBPだけでなく、PIPと様々な分割ができる優れモノ。

IMG_4886

複数のPCを繋いだり、ゲーム機や、Fire TVとか、一気に表示できる。

入力端子の数も種類も豊富だからね。

IMG_4885

付属のリモコンで切替も簡単、音声出力先も選べるし、

内蔵スピーカーも10W+10Wと、下手なPCスピーカーよりも良いという。

USB-Type C(4K60Hz)の映像出力にも対応しています。

ホント多機能になってビックリ。

※USB-Type C対応ですが、

MacBookで出力する際は、DisplayPortへ変換が必要です。

MacBookで4K60Hz&複数モニター出力する方法。Macのマルチディスプレイについて。

 

43インチクラスというよりも、他社4Kモニターと比較してもスペックは圧倒的。

IPSノングレアUSB-Type C、他に無い。

※参考→オススメの4Kディスプレイ比較。40インチの大型液晶を買って気付いた違い。 | 自作パソコンdeゲーム野郎

 

 

唯一の難点は、ディスプレイ重量。

スタンド外しても12.3kgあるので、エルゴトロンのモニターアームでも厳しいです。

オススメのモニターアームまとめ。サンコーとエルゴトロンの比較と違い。

 

エルゴトロンの荷重範囲11.3kgまで。

ギリギリ可能な重量だとは思いますが・・・やるなら自己責任で。

VESAマウント部分も、下手なアダプタだと干渉する造り。

IMG_4876

凹んだ部分の端っこにネジ穴が有るので、

VESA変換プレートのサイズにも注意です。

 

付属スタンドは、非常にしっかりとしており、

デザインもシンプルで悪くはないので、私はそのまま使ってます。

ただ、スタンドは高さ調節が効かないので、若干下向きにして使ってます。

IMG_4899

ちょっと下向きに傾けるだけで、非常に見やすくなる。視野角も最高だし。

 

価格で選ぶなら、フィリップスの43インチの方が安いけど、

仕事で使うなら、LGの43インチを推奨します。いずれにせよ格安。


LG モニター ディスプレイ 43UD79-B 42.5インチ/4K/IPS非光沢/HDMI×4・DP・USB Type-C・RS-232C/スピーカー/ブルーライト低減

 

4Kで作業領域は増えるけど、マルチディスプレイとは別物。

デュアルディスプレイで物足りない人は、

ディスプレイ増設するのではなく、4Kも検討してみてはいかがでしょうか?

トリプルディスプレイ以上は、場所もアームも必要になってきますから。

マルチディスプレイに必要な物。グラフィックボードとディスプレイアーム。

 

4Kって素晴らしい解像度ですが、

作業領域=解像度ってわけでは有りません。

仕事専用で使うなら、複数ディスプレイの方が良いって事も。

4Kにするか?マルチディスプレイにするか?は、永遠のテーマ。

仕事用のモニターサイズに悩む。4K大画面1枚とマルチディスプレイとの違い。

4Kは万能だけど、万能故に使いづらい可能性・・・有ると思います。