40インチ4K液晶ディスプレイならフィリップスがオススメ。「BDM4350UC/11」レビュー。

28インチの4K液晶を使い続けるも、正直イマイチだった昨年の夏。

PCで4K(3840×2160)出力して気付いたデメリット。28インチASUS PB287Qレビュー。

そんな中、PHILIPS(フィリップス)から、

40インチの4K液晶ディスプレイ「BDM4065UC/11」が登場。


フィリップス 40型ワイド LEDバックライト搭載液晶モニター BDM4065UC/11【送料無料】

 

デスクトップPCに40インチって・・・って思ってたけど、

使ってみたら予想以上に快適。

28インチの4K液晶とは全くの別物でした。

 

「BDM4065UC/11」を使う事、早数か月。

40インチ4Kの使い方にも慣れてきたので、レビューします。

IMG_5439

マルチディスプレイ環境を構築したいなら、

一つの選択肢として40インチの4Kは有りだと思います。

省スペースで、コストパフォーマンスも良い。

ビジネス用途で考えている方にもオススメです。

大型の4K液晶ディスプレイはコストパフォーマンスが良い。

フィリップスの「BDM4065UC/11」は、

40インチで4K UHD(3840×2160)解像度の60Hz対応ってだけでも素晴らしいですが、

5年間フル保証7Wスピーカーも搭載で、

Display Port、Mini Display Portの両対応。

HDMI×2で、片方はMHLにも対応

IMG_5434

 

USB3.0Hubも付いているので、

USB3.0対応機器が4個も接続できるってのも、地味に嬉しい。

IMG_5433

VAパネルって事を考慮しても、7万円台は異様に安い。

他社で類似品も皆無なんで、4Kで大画面液晶ならフィリップス一択になるかと。

 

付属品の映像系ケーブルも、Mini DisplayPort-DisplayPortケーブル、

HDMIケーブル、RGBケーブル・・・と豪華なラインナップ。

 

ベゼル幅も約1cmと狭く、スタイリッシュなデザイン。

スリムベゼルの液晶ディスプレイと比較しても、引けを取らない薄さ。

※右側はLGのスリムベゼル液晶27MP77HM-P

IMG_5442

 

大画面のくせに軽量でもあり、スタンドを含めた重さは9.7kg

スタンド外したら8.5kgと非常に軽い。

液晶ディスプレイという事で、VESAマウントにも対応

モニターアームも楽々取り付けられます。

 

BDM4065UC/11にモニターアームを固定してみた。

軽量の大型ディスプレイという事で、恒例のモニターアーム化もしてみました。

BDM4065UC/11は、VESAマウント対応ですがVESA200×200となっております。

一般的なモニターアームはVESA100サイズなので、VESA200への変換プレートが必要です。


サンコー VESA変換プレート200×200 MARMVESA200

 

私の場合、以前40インチの液晶テレビを浮かした時に余っていた壁掛けパーツを使いました。

40型液晶テレビをモニターアームに固定して壁掛けっぽくしてみた。

 

要は、VESA200mm→VESA100mmに変換できれば良いワケです。

IMG_5413

 

後は、モニターアームを取り付けるだけ。

エルゴトロンアームで余裕で浮きました。

IMG_5419

 

スタンド外せば重量8.5kgと更に軽くなるので、

エルゴトロンのモニターアームなら耐重量も問題無し。

IMG_5420

 

付属のスタンドは全く可動せず、デスクトップで使用するにはちょっと不便なんで、

40インチをデスク上で使うなら、モニターアームも欲しいところ。


エルゴトロン 45-241-026 LX デスクマウントアーム

ディスプレイアームならエルゴトロン。

大型ディスプレイの調整も、楽々できるようになりますから。

オススメのモニターアームまとめ。サンコーとエルゴトロンの比較と違い。

 

4Kで40インチというサイズ感。マルチディスプレイとの違い。

以前、28インチの4Kディスプレイを使っておりましたが、

4Kで活用する事が出来ず、4Kの意味を為さなくなりました。

4Kの解像度でストレス無く使いたいのであれば、最低40インチは欲しい。

その理由。

 

4KはフルHDの4倍の解像度だけど、フルHD4枚分では無い。

4Kは解像度3840×2160って事ですが、

100%の解像度で使おうとすると、40インチでも厳しいレベル。

やはりネックとなるのは文字サイズ。

24~27インチのフルHDの解像度が、個人的に一番見やすいと思ってます。

4Kでも同等サイズで使いたいなら、48~55インチ必要となります。

仕事用の液晶ディスプレイサイズに悩む。4KよりもフルHDの縦長マルチがオススメ。 

フルHDのディスプレイ縦3枚が、私の理想です。

 

ちなみに、40インチ未満の4Kでは、近くに寄らなければ文字も見えず、

近寄って見るので、肉体的にも精神的にも疲労します。

ディスプレイの作業範囲広くなっても、疲れてるんじゃ意味ないからね。

 

4Kで28インチとか、ホント使いこなせなかった。

PCで4K(3840×2160)出力して気付いたデメリット。28インチASUS PB287Qレビュー。

今となっては、WQHD(2560×1440)で27インチも微妙でした。

WQHD(2560×1440)対応の格安ディスプレイ、DELL(デル) U2713HMとU2711を比較。

 

それに比べたら40インチの4K(3840×2160)は、比較的ストレスも無い。

28インチ4Kと値段もそこまで変わらず、7~8万円で購入できるんだから良いよね。

コストパフォーマンスが良いだけでなく、

マルチディスプレイに比べ、スペースも必要としない。

 

マルチディスプレイよりも、4K液晶1枚が優れている点。

トリプルディスプレイ以上の環境を構築しようと考えているなら、

40インチの4K液晶を検討する事をオススメする。

 

3枚もの液晶ディスプレイを用意するとなると、

フルHDの液晶は約2万円・・・フルHD3枚揃えて約6万円

液晶3枚も横に並べても使いづらいし、結果モニターアームも必要となる。

そうなると4K買うのと値段も変わらなくなるハズ。

4K60Hz対応グラボだって、1.5~2万円くらいで購入できるし。

トリプルディスプレイするにも、グラボは必要なハズですからね。

マルチディスプレイに必要な物。グラフィックボードとディスプレイアーム。

 

また、複数ディスプレイはコストだけでなく、占有スペースも必要となる。

液晶3枚にもなるとフレーム厚(ベゼル幅)も3倍となり、場所もとる。

ケーブル類も3倍必要となり、電源も3倍必要となる。

配線をまとめる労力も3倍だし、

ディスプレイアームを付けるのであれば、アームのスペースも3倍必要だ。

 

4Kディスプレイなら、1枚でフルHD4枚分の作業領域。

実際のところ、フルHDの4倍快適なわけでは無いが、

2倍~3倍くらいは快適な気分。※個人的な体感値。後述します。

 

また、ディスプレイが一枚で済む分、

ディスプレイ周りも省スペースで設置できます。

省スペースなだけでなく、省エネなので消費電力も少なくなってます。

使用電力を把握する。OWL 節電モニター「はやわかり」を購入。取り付けに苦戦。

 

私の場合、4Kに切り替えた為ディスプレイ3枚が不要となり、

マルチディスプレイするよりも、配線の手間も激減となり、

モニターアームも無くなって、デスクもスッキリ。

デスク回りの作業領域は増えたよね。

IMG_5438

また、一枚で済むので区切りの無い大画面ディスプレイとして使えるのも大きな利点。

 

4Kディスプレイなら、4倍の作業領域を一括表示できる。

4Kディスプレイにできて、フルHDのマルチディスプレイに不可能な事。

4Kなら広大な作業範囲を必要とするアプリも、

一画面にまとめて表示して作業する事ができます。

 

エクセルやスプレッドシート等の膨大なデータの管理表、

フォトショップのレイヤー、動画編集のツールとか、プログラミングコード?とかとか。

隠れる事無く、分割される事も無く、一画面にまとめて表示できます。

ツールも並べ放題で、散らかし放題です。

 

4K一枚のディスプレイを4分割して、マルチディスプレイのように使うも良し、

一枚の広大なエリアに、全てのデータを表示する事も可能。

これが4K40インチの醍醐味です。

 

フルHDでのマルチディスプレイは、あくまで複数に分かれたモニター。

1枚のシームレスの作業環境とはワケが違います。

 

私の場合、WQHDでも作業範囲は十分なんだけど、

WQHDは分割して作業するとなると、非常に困るサイズ。

2560×1440は横2分割も、縦2分割も微妙なんで。

4Kの3840×2160なら、フルHDのマルチも、WQHDサイズもカバーできるから。

 

4K画面の小さい文字はスケーリングでカバー。

27インチのフルHDに慣れている私には、

4Kの40インチはギリギリ使えるサイズ。

正直、40インチで4Kでも画面の文字は小さいです。

 

かといって、ディスプレイ近くで小さい文字を見るのは非常に疲れるし、

ディスプレイまでの距離も、最低50~60cmくらいは欲しい。

作業用のオフィスデスクに悩んだ結果、安くて頑丈なダイニングテーブルを購入した理由。

一日中ディスプレイと向き合ってるんだから、

なるべくディスプレイは離して使いたい。

疲労感も和らぐし、視野角も広がるし、その分デスクも広く使えるからね。

 

私は、マルチディスプレイと疲労感の都合、

ディスプレイまでの距離もとっているので、

フィリップスの4Kディスプレイは、150%の拡大サイズで使ってます。

KS001817

※縦設置のフルHDディスプレイは100%サイズで使ってます。

 

Windows10になり、4K対応も進んでおり、

Windows7の時には酷かったスケーリングも改善され、

対応アプリケーションも増え、割と使えるようにもなってます。

ディスプレイ毎に異なるスケール設定も可能です。

※スケーリングの設定方法も、以前の記事を参考に。

PCで4K(3840×2160)出力して気付いたデメリット。28インチASUS PB287Qレビュー。

 

150%拡大してるので、実際のところフルHDの4倍とはいかず、

フルHDディスプレイ2.5枚分くらいの作業範囲。

下手に高精細の細かい画面で作業するよりも捗ります。

 

基本は150%拡大しといて、

アプリによって、必要に応じて縮小表示したら良い。

CTRLキー+マウスホイール上下」で拡大・縮小も用意にできるんだから、

4Kの高精細は必要な時だけ使う。

作業領域でフルHD以上が必要なアプリって、限られてもくるからね。

 

4Kだからといって、いつでも4Kで使おうとしない。

4K解像度は、必要な時だけ使えば良い

そう割り切れれば、より快適に使えるようになるかと。

 

実際のところ、仕事専用で使うなら、

フルHDでマルチディスプレイした方が使いやすいです。

仕事用の液晶ディスプレイサイズに悩む。4KよりもフルHDの縦長マルチがオススメ。 

4K大画面のワイド液晶(16:9比率)は、WEBには不向き。

 

Windows10で仮想デスクトップも利用可能になったから、

下手にディスプレイ増やすよりは、

ショートカットキー覚えて、多ボタンマウスを活用した方が作業効率も良い。

作業効率化にショートカットキーは欠かせない。愛すべきホットキー達。

仮想ディスプレイに、4分割のスナップ機能。

Windows 10なら、ディスプレイ1枚でも十分な作業範囲に成り得ます。

 

40インチ4Kディスプレイ「BDM4065UC/11」のデメリット。

最後にBDM4065UC/11のデメリット。

破格の値段ですが、これには理由が有ります。

アスペクト比が狂っているという噂。

16:9では無く、20:11となっている模様です。

実際よりも横にちょっと長く見えるらしい。

正方形が長方形に。円が楕円に。約2%ほど横に長く見える・・・のかな?

普通に使ってる分にはワカリマセン。

私の場合、そんな緻密で正確な作業もしないので、問題有りませんが・・・

そういった作業をする方は、辞めておいた方が良いかもしれません。

それ以外にも気になった点も、ポツポツ有ります。

 

BDM4065UC/11の主なデメリット

  • 四隅が若干暗く、端の方は色ムラも有る気がする。
  • ディスプレイ設定ボタンがジョイスティックで、操作しづらい。
  • IPSパネルではなくVAパネル。IPSよりも視野角が狭い。
  • HDMI2.0には未対応。HDMI1.4接続では30Hzまで。
  • GTG応答速度 標準8.5ms→拡張時(SmartResponse)3ms
  • DVI接続不可。D-subは可能。
  • 付属のスタンドは角度調整不可→モニターアーム推奨。
  • VESAマウントが200mmピッチ→変換プレートが必要。
  • 付属スピーカーは7Wと言えど、あくまで付属レベル。
  • 4K出力するには、PC側も4K環境が必要。

 

画面の端が暗く、色ムラというのは聞いていましたが、

言われてみれば・・・そうなのかな?という感じ。

こちらも個人的には、気になるレベルのものでは有りません。

アスペクト比同様、細かい事を気にしなければ、これも問題無いかと。

VAパネルの視野角も気にならない。TNパネルよりは断然良いと思われる。

 

4K出力するなら、Displayportでの接続を推奨です。

HDMI2.0未対応で、60p非対応で残像感がハンパ無いです。

まぁ、HDMI2.0対応ディスプレイって、未だにほとんど無く、

わざわざHDMI使う必要も有りませんので、

素直にDisplay Portケーブルで接続しましょう。

 

Display Port接続する場合でも、初期設定はDisplay Port1.1の30Hzとなっているので、

ディスプレイ設定で1.2の60Hzに変更するのを忘れずに。

IMG_5396

この辺の初期設定は、PB287Qの時と一緒だね。

4K出力するには、PC側にも4K環境が必要ですので、併せてご確認下さいませ。

PCで4K(3840×2160)出力して気付いたデメリット。28インチASUS PB287Qレビュー。

 

43インチ4Kディスプレイへ進化。「BDM4350UC/11」との違い。

2016年4月、フィリップスの4Kディスプレイで更に進化したモデルが登場。

43型の「BDM4350UC/11」です!


【PHILIPS(フィリップス)】[42.51インチ][4K][ハーフグレア]液晶ディスプレイ BDM4350UC/11 [ブラック/シルバー](2405955)※代引不可

 

デメリットだった液晶パネルもVAからIPSに変わって、とにかく見やすいし、

43型と大きくなって、4Kの高精細でも更に使いやすいサイズになってます。

IMG_8016

 

HDMI2.0にも対応になり、HDMI接続でも4K/60Hz出力が可能になってます。

HDMI2.0が2個、DisplayPort1.2も2個、USB3.0ハブも付いてる。

IMG_8022

 

43インチになったのに、重さはほぼ変わらず10kg未満の超軽量。モニターアームもOK。

IMG_8084

 

スタンドは使わないけど・・・洒落たデザインへと変わってました。

IMG_7966

 

VAパネルのデメリットも無くなって、価格は据え置き。これでは文句は言えない。

コスパ最強ディスプレイ。 それは間違いない。

4K解像度大画面43インチ60Hz対応でベゼル幅も狭く超軽量

応答速度向上機能「SmartResponse」も搭載しているので、

ビジネス用途に限らず、4Kゲーム用途なんかにもオススメです。


Philips 43型ワイド液晶ディスプレイ (4K対応/IPSパネル/5年間フル保証) BDM4350UC/11

 

4Kで作業領域は増えるけど、マルチディスプレイとは別物。

ディアルディスプレイで物足りない人は、

ディスプレイ増設するのではなく、4Kも検討してみてはいかがでしょうか?

トリプルディスプレイ以上は、場所もアームも必要になってきますから。

マルチディスプレイに必要な物。グラフィックボードとディスプレイアーム。

 

大型サイズの液晶ディスプレイ程、

スタンドも大きくなるので、モニターアームが有効。

オススメのモニターアームまとめ。サンコーとエルゴトロンの比較と違い。

浮いて稼働できれば、設置場所も省スペースで済みますから。

 

4Kって素晴らしい作業領域ですが、ビジネス用途となると微妙。

集中して作業できるスペースは意外と狭いし、同時に使える場所も限られている。

仕事専用で使うなら、複数ディスプレイをオススメします。

仕事用の液晶ディスプレイサイズに悩む。4KよりもフルHDの縦長マルチがオススメ。 

4Kは万能だけど、万能って使いづらいんだよね。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

4 Responses to “40インチ4K液晶ディスプレイならフィリップスがオススメ。「BDM4350UC/11」レビュー。”

  1. 通りすがり より:

    こちらのサイトが大変参考になり読み漁っています。

    40インチを導入しようか迷いました。ただ、13インチノートを使用している自分にはいきなり大きく、また正直27インチで2枚にした方が、みたいサイトがいい感じのサイズで中心にくるのではないかと思いました。

    実際に40インチにすると、やはり27インチには戻れなくなるものですか?また、横並びより縦並びの方が使いやすいのでしょうか?

    • KJ Shintani より:

      どちらが使い易いか?ってのは、作業内容や設置する環境にもよると思います。
      個人的には20~27インチでフルHDの方が、デスクトップの距離では見やすいかと。
      4K画素のまま使うなら、50インチくらい欲しいかなってのが本音です。
      ただ、4K一枚で済むってのは素晴らしい点。物理的な仕切りも無くなりますからね。

      縦並びとは、横設置のディスプレイを縦に並べるという事でしょうか?
      目線を横に向けるよりも、上に向ける方が疲れます。
      首が痛くなり、ディスプレイを見るのも苦痛になるかと。
      たかが視線と思いきや、一日中使ってると負担は大きいものです。
      参考までに。

  2. のだめいじ より:

    こちらのサイトに書かれている内容に触発されて、フィリップスの4Kモニタを購入してしまいました。直前に同じくフィリップスの27インチモニタを購入したばかりだったのですが、大きさ以外の違いにも感動している次第です。

    モニタアームも購入しましたが、そちらは、よく調べず購入したために失敗してしまいました。現在の環境ではMXでは無理がありました。LXを購入し直そうと思っています。

    大変、有効な情報をありがとうございます。

    • KJ Shintani より:

      買い直しで、良い方に転んで安心しました。
      高精細ディスプレイは、工夫次第で更に使い易くなるかと。

      私もディスプレイや、アームは色々失敗してます。
      実際、購入してみて分かる事も多いですから、埋没費用と諦めました。w

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ