ReadyNASの設定方法。ReadyCLOUDとRAIDarから、RN10400を認証する。

NASサーバー RN10400を購入。

前回無事HDDを認識し、ハードウェアの設定が完了したので、

初めてのNASサーバー。ReadyNAS RN10400-100AJSの導入、設定方法と注意点。

 

引き続き、ReadyNAS側のセットアップについて。

 RAIDarからReadyNASの設定をする。

付属CDをパソコンに投入

ReadyNAS OS

 

で、自動再生より実行。

WS000039

 

 

で、こんな画面。

WS000040

とりあえず、一番上の「ReadyNAS RAIDar ユーテリティ」っぽいので、

それをインストールしてみる。

 

・・・無事インスコ完了。

で、RAIDarを起動してみる。

WS000041

 

ReadyNASが、無事表示されました☆

で、左下の設定をクリック。

WS000045

 

 

なんかセキュリティ証明書に問題があるとの表示がでましたが・・・・

無視して、「このサイトの閲覧を続行する」をクリック。

 

WS000042

 

 

で、サーバーのアクセスパスワードを入力する画面に。

初期設定は「admin」、「password」のハズです。

※詳しくは、ソフトウェアマニュアル参照下さい。

WS000043

 

 

問題無ければ、管理画面が表示されます。

WS000012

 

※HDDを差したばかりだと、ステータスのところが、「劣化、ボリュームの再構築中」になってます。

 

 

初期設定では、英語表示でしたが、

右上のプロファイルで日本語化できました。

WS000020

 

以上となります。

 

 

私は付属ソフト、RAIDarを利用してセットアップしましたが、

ReadyCLOUDを利用して、ReadyNASをセットアップする事も可能です。

 

ReadyCLOUDでReadyNASをセットアップする方法。

RAIDarを利用せず、ReadyCLOUDからもセットアップできます。

 

 

ReadyCLOUDにアクセス→https://readycloud.netgear.com

こんな画面。

WS000046

 

英語ですが・・・上部にあるEnglishタブを選択すると、日本語化可能。

↓日本語化してみた。

WS000047

 

 

で、検出をクリックすると。

自動的にNASを検出してくれます。

ふっしぎ~♪

 

で、セットアップを選択。

WS000049

 

ReadyCLOUDアカウントを作成する。

WS000050

デバイス名、時刻の設定をして、

 

インストールを完了して下さいの指示があったら、

本体前面、左上の「backup」ボタンを押します。

backup

 

以上です。

 

セットアップが終了すると、

RAIDar同様、ブラウザから管理できる様になります。

 

WS000048

 

 

あとは、お好みでいろいろ設定をしましょう。

RAID、スナップショット、警告メール・・・

 

コレ凄いのは、パーソナルクラウド環境も構築できます。

ReadyCLOUD、ReadyDrop、ReadyNAS Remote、

自前クラウドなんて便利すぎる!!しかも無料。

・・・購入してから知ったんだけどね。笑

 

外付けHDDとかで、容量拡張とかもできます。

ReadyNAS RN10400-100AJSのHDD増設する。外付けHDDもUSB接続可能!
 

 

ユーザー登録は、購入後30日以内なので、忘れずに登録しましょう。

つーわけでめっちゃオススメ。

NETGEAR Inc. ReadyNAS 104 【3年保証】 4ベイ Diskless RN10400-100AJS

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ