以前購入したNASサーバー、ReadyNAS RN10400-100AJS。

初めてのNASサーバー。ReadyNAS RN10400-100AJSの導入、設定方法と注意点。

ReadyNASの設定方法。ReadyCLOUDとRAIDarから、RN10400を認証する。

 

データが一か所にあるってのは非常に便利ですね。

複数台のPCで、データ共有できるし、

スマホやら、iPadやら、Nexus7からもアクセスできる。

RAIDの設定や、バックアップの設定もできるので非常にオススメです。

NETGEAR Inc. ReadyNAS 104 【3年保証】 4ベイ Diskless RN10400-100AJS

非常に便利すぎるので、HDDをMAXまで増設しました。

ReadyNASを増設、アマゾン限定 3TBHDD WD30EZRX を4台設置する。

3TB HDD x 4台 → 12TBです。

とりあえず、そんなに使う予定も無いですが、

今までの良く分からないHDDのデータを一か所にまとめたかったし、

バックアップの対策として、RAIDを構築もしたいし、

後から足りなくなっても嫌なので・・

 

気分的にも、HDDも全部同じヤツにしたくね?

素人なんで、HDD統一した方が安定するかな?とか?

つーわけで追加購入。

アマゾンの安くて良さそうなやーつ。

【Amazon.co.jp限定】WD Green 3.5inch IntelliPower 3.0TB 64MBキャッシュ SATA3.0 WD30EZRX-1TBP/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】

で、即日届く

IMG_5122

 

ReadyNASは、X-RAIDモード(自動ボリューム拡張機能?)があるので、

とにかく、増設しても、

勝手に RAID設定をしてくれる、非常に便利なやつ。

 

つーわけで

何も考えず、早速空きスロットに装着!

起動・・・

で、ReadyCLOUDからアクセスしてみると。

 

無事、認識しているっぽい・・・。

WS000014

 

がしかし、再構築に・・・9時間!?

WS000013

 

 

HDD増設の為、データもほとんど削除済みだったので、

再構築に9時間かかるならと思い、

初期化してやりました!!

 

で、再度管理画面を確認してみる。

 WS000017

再構築に33時間。笑

まぁ・・・でしょうね。

で、しばらくすると、12TB全て使えるようになってました。

WS000019

どのRAIDが一番バックアップに適しているのかは、謎ですが・・・

RAID5で運用すると、実質使えるのは、8TBくらいになるみたいですね。

 

8TBも有ったので、無駄にいっぱいあったHDDのデータ。

無事に全て移行する事ができました☆

旧パソコンのHDDとか、無駄に保管して邪魔になってません?

IMG_5130

 

データ移行して、外付けHDDが余ってしまった・・・

そんな場合でも大丈夫、

余っている外付けHDDをReadyNASを接続すると、更に容量拡張できます。

 

ReadyNASに、外付けHDDをUSBで接続する。

全面にも、背面にあるUSBポート。

USB3.0 が背面に2個、USB2.0が前面に1個。

何に使うのか疑問でした。

 

調べて見ると、

USB接続して、データ管理ができるらしい・・・

試しに外付けHDDを、2個接続してみました。

USB3.0対応

I-O DATA 【Wii U動作確認済み】USB 3.0/2.0接続 家電対応 外付ハードディスク 2.0TB [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] HDC-AET2.0K

USB2.0対応。

BUFFALO 外付けハードディスク PC/家電対応 (Regza[レグザ]/Aquos[アクオス]) 2TB HD-LB2.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

左がUSB3.0、右がUSB2.0対応モデル
IMG_6033

背面のUSBポート。3.0対応
IMG_6029

背面に、USB3.oと、USB2.0対応のケーブルをそれぞれ差してみる。
IMG_6030

 

ReadyNAS上で、チェック

しっかりと認識されていました。
WS000119

外付けHDDで2TBと、1.5TBの追加です。

 

「media」 下の階層に、

「USB_HDD_2」と、「 USB_HDD_3」が追加されています。
WS000118

 

Windowsで使っていた外付けHDDなので、

NTFS形式のデータだったのですが、そのまま認識してくれました。

ファイル名が文字化けするとか、ネットで情報を見た気がするけど・・・

全く問題ありませんでした。

 

ちなみに裸のHDDも余っていたので、

HDDスタンドを使って接続してみたのですが・・・

玄人志向 HDDスタンド USB3.0接続 KURO-DACHI/CLONE/U3 パソコンなしでHDDのまるごとコピー機能付き

HDDを2台内蔵している、外付けHDDの場合。
IMG_5199

一台しか認識してくれませんでした。

USBポート一個で、2台認識しようとされる方、お気をつけ下さい。

 

これ、外付けHDDだけでなく、

メモリースティックとか差してデータ管理とかもできます。

Back up ボタン押すだけで、

簡単にバックアップとかもできるし、大変便利です。

 

背面USB3.0ポートの下にはeSATAポートも有るので、

合計4台は、外付けHDDが接続できるんじゃないでしょうか?

※未検証です。

 

まぁ、そんなに容量有ってもどうすんだって感じですけど・・・

ReadyNASから、更にバックアップするのに使っても良いかもしれませんね。

スナップショットを、外付けHDDにバックアップ保存とか、

RAIDバックアップだけでは、不安な方も多いでしょうから。

 

完全なバックアップって難しいですね。

物理的なデータの破損、HDDが壊れる事を想定したり、

NASサーバーが壊れた場合を想定したり、

ソフトウェアによるデータの破損や、作業ミスでの削除。

考えればキリがないですね。

クラウドサービスを使うにしても、セキュリティは大丈夫なのか・・・

まぁ考え過ぎですかね。

 

パソコンのデータや、スマホデータのバックアップ、

しっかりやってますか?

HDDの故障やら、パソコン、スマホの不具合は突然起こります。

 

特にインターネット関係で仕事されている方、

致命的です。

そうでなくても、今の世の中、

誰もが、何かしらのデータは保存してるはずですね。

 

大切なデータは、くれぐれもバックアップを取っておく事をおススメします。

バックアップは、NASサーバーがオススメ。

NETGEAR Inc. ReadyNAS 104 【3年保証】 4ベイ Diskless RN10400-100AJS

 

NASサーバーって、割となんでもできるみたいですが、

なんでもできすぎて、素人の私にはイマイチ理解ができません。

WordPressやMySQLのインストールも可能らしいけど・・・

ねぇ・・・

 

データバックアップは、クラウドサービスも上手く活用しましょう。

Dropbox、Googleドライブ、SkyDrive、Yahoo!ボックス。無料のクラウドサービスを使い分ける。