並行輸入品と正規代理店。商標権と偽物の関係。

並行輸入品とは?

商標権の侵害とは?

我々輸入ビジネスをしている方なら、

必ず知っておかなければイケない問題ですよね?

 

最近、有名ブランドの偽物が大手百貨店で販売された事で、

大きく取り上げられてますが・・・

ホント人ごとではありませんね。

輸入ビジネスしてる方なら、このブランド・・・・知ってますよね!?

 

私は仕入れた事はありませんが、

実際仕入れができるのか、調べた事もあります。

特にバイマなんかでは、かなりの数の商品が販売されていましたし、

並行輸入品を扱っている業者なら、嫌でも目に入ってきますね。

 

並行輸入品の販売は違法ではないのか?

日本に正規代理店があるにもかかわらず、

正規代理店を通さずに仕入れた商品→並行輸入品ですよね。

 

なんか問題ありそうだけど、

基本的に、真正商品の並行輸入は合法です。

ジェトロ参照→ブランド商品の並行輸入における留意点 – 輸入に関する基本的な制度や手続き : 知的財産権 – 貿易・投資相談Q&A – 日本 – 国・地域別情報 – ジェトロ

 

しかしながら、並行輸入・販売できないブランドもあります。

コンバースとか完全に無理ですよね?

商標権がらみらしいですが・・・

商標権の侵害・・・なんか恐ろしいですね。

 

侵害って聞くと恐ろしいですが、

正規品の本物を販売している分には、基本的に問題無いという事です。

 

じゃあ、何がマズイのか?

偽物やコピー品を輸入したり、販売したりする事。

これは完全にアウトです。

並行輸入品は偽物なのか?正規品の定義とは?

正規代理店があるブランドの商品。

正規代理店で購入した商品なのであれば、間違いなく正規品でしょう。

では、並行輸入品は偽物になってしまうのか?

これは非常に難しい問題ですね。

 

海外で買った商品でも、ギャランティーカードや、証明書が付属して、

日本でも同様の保証が受けられるブランドなんかは、

恐らく問題になる事は無いかと思いますが。

 

では、ギャランティーカードや、証明書が無い場合は?

日本国内では、保証がない商品は?

購入店でしか、保証のない商品は?

購入した国でしか、保証のない商品は?

こういった場合は、ちょっと微妙です・・・

 

特にハイブランドの商品なんかは、

正規代理店同様のサービスが受けられない時点で・・・かなり微妙です。

 

良く見かける工場の流れ品?なんか完全に怪しいですよね。

例えば、全く同じ工場で、同じ工程で作られ、

造りも全く同じ商品であったとしても、

よくわからないルートで仕入れたという事は、非常にマズイと思います。

 

という事で、

正規品だという事を、証明できない時点で、

例え商品が全く同じでも、

偽物になってしまうのではないかと・・・・思っております。

※あくまで私個人の見解です。

 

直営店のアウトレットで購入したとか、

正規代理店で購入したとかは、全く問題無いハズ。

 

知らかったでは済まされない、商標権の侵害。

有名ブランドの欲しい商品を検索する。

商品価格の安いところを探そうと調べていると、

頻繁に遭遇するのが激安サイト。

 

このブランドがこの価格で仕入れられる!?

市場価格がいくらだから・・・この価格で販売できる・・・・

利益率ヤバくね!?

なんて喜びがちなのですが、

よく調べて見ると販売元や、発送元がアジア・・・。

 

ヨーロッパのブランドなのに、販売元が中国とか。

ドメインが超怪しかったり、

商品画像が公式画像丸パクリだったり、

 

生産国は中国の工場だから・・・きっと大丈夫じゃね?

そんな事はありません。

これはかなり危ないでしょ?

 

ヤフオクなんかみると、結構グレーそうな商品を見かけますが・・・

偽物の疑いのある商品は、くれぐれも仕入れないように。

アカウント停止ぐらいでは済みません。

商標権の侵害では、損害賠償だけでなく、

刑事罰(10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金)もありますので、

くれぐれも気をつけましょう。

 

私も、かなり前ですが、

偽物っぽい商品を仕入れた事があります。

他でも仕入れた事がある商品だったので、

到着した時点で、なんか違う事には、すぐ気付いたのですが、

型番違いとかでも、なさそうな商品でした。

仕入れ元は、割と有名な海外の大手デパートだったのですが・・・

果たして偽物だったのか・・・未だ謎です。

商標権の侵害とか恐いんで、即返品しました。

返送料は、こちらで負担しましたけど!!

 

アマゾン販売している方はわかると思いますが、

Amazonでも、結構グレーな商品見かけません?

Amazonで売っているから大丈夫とか、

そんな事は間違いなくありません。

楽天や、ヤフーショッピングも同様です。

誰でも簡単に出店して、出品できてしまいます。

日本の大手百貨店ですら・・・ねぇ。

 

ただでさえ、海外ショップで仕入れるなんて、

危険が伴いますので、

仕入れ先は直営店なのか?

代理店であるならば、正規代理店なのか?

ぐらいは、確認した方が無難です。

 

商品の購入は、Paypal決済や、クレジット決済を。

そんな事いったって、怪しい商品を仕入れてしまう事があります。

万一、偽物商品をつかまされてしまったら・・・・

どうすれば良いのか?

誰が返金してくれるのか?

こうなった場合、実際法律を使ったところで、返金は難しいと思います。

警察や裁判所は、商品代金を返金してくれませんからね。

 

そういった場合に頼りになるのが、クレジットカード会社です。

銀行振込や、海外送金等で支払った場合は返金される可能性は、かなり低くなります。

くれぐれも、保証のあるクレジットカードや、PAYPAL決済で購入しましょう。

 

Paypalなら買い手保護が有りますし、

商品が届かない、大量の不良品が届く。Paypalにクレーム、異議申し立てしてみる。

 

クレジットカードにも、商品保証のサービスもあったりします。

輸入ビジネス、おススメのクレジットカードまとめ。

 

私は信頼できるはずの仕入れ先に、海外送金した途端、

全然届かなくなったり、大量の不良品が届くなんてことも経験してます。

現在も1件のトラブル継続中ですが・・・汗

仕入れ先は、簡単に信用しない様に。
くれぐれも偽物だけは、販売しないようにって事で。

お互い気をつけましょう。

 

著作権や、肖像権なんかも気を付けて下さい。

商品画像の無断転載すると、内容証明で警告書が届く。著作権、商標権、肖像権の侵害。

内容証明は、結構ビビりますから。

 

P.S.

法律ってのは非常に複雑ですね。

たまにお客様からのクレームで、

損害賠償だとか、

警察にいきますとか、消費者センターに行きますとか、

たまに名誉棄損とかも・・・

言われてしまう事もありません?

 

自分で解決できれば良いのですが・・・

場合によっては深刻な問題となる場合があります。

問題を不安なまま、そのままにする位なら

有料でも専門家にしっかりと相談する事をおススメします。

 

間違いなく正規品を販売しているのに、

偽物といわれ返品されてきた商品が、

発送した商品と全然違う!!

なんて事を、経験した事があるのは私だけでしょうか?

アマゾンなんかでは、ひどい返品は何回も経験してます。

 

泣き寝入りは、非常に勿体無いです。

取れる対策はしていきまっしょい。。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ