JCB法人カードのメリット・デメリット。JCB法人カードの種類と違い。

法人設立に伴い、まず最初に検討したクレジットカードがJCB。

JCB法人カードといえば、定番のビジネスカード(コーポレートカード)ですが、

定番故に契約者も多く、そのカードの種類も非常に多いです。

一般法人カードに、ゴールドカードだけでなく、グランデカード、

更にはビジネスプラスカードも有る。

プラチナカードも登場しており、選択肢も増えているから。

JCB一般法人カードのメリット・デメリット。

JCB法人カードは、法人だけでなく個人事業主でも申し込み可能

とりあえず、無印JCBのメリット・デメリットから。

 

年会費1250円+税と安い。初年度の年会費無料。

法人カードやコーポレートカードで、年会費有料は仕方ない。

年会費1250円は、他社ビジネスカードと比べても最安水準です。

法人カードを比較する。事業主にオススメのビジネスカードランキング。

 

ETCカードは、複数枚の発行が可能。

JCB法人カードは、ETCカード(ETCスルーカードN)が無料で、

しかも複数枚発行できます

1枚のクレジットカードに、複数のETCカードが紐づけられるのも有り難い点。

 

法人で社用車が増えた場合でも、高速料金は法人カード一枚にまとめて請求が上がる。

ETCスルーカードNの利用状況も、走行日、利用区間、利用金額と、

WEB上のE-co明細サービスで、細かく確認できますから。

 

キャッシュバック型か、ポイント還元型か選択できる。

JCB法人カードには、ポイント型のJCB法人カードと、

キャッシュバック型のJCBビジネスプラス法人カードが選べます。

 

なんとなく現金還元されるキャッシュバック型の方が良い気がしますが、

月額の利用額が低い場合、ポイント型の方が還元率は断然高いです。

月額5万円以下の場合、キャッシュバック型だと還元対象にすらなりませんから。

 

JCB法人カード(ポイント型)は、OkiDokiも利用可能となり、

海外利用でポイント2倍。

ポイント付与の制限も無いので、より多くの法人で得する可能性が高いです。

還元率だけでなく、付帯する保険も微妙に異なります。

※具体的な違いは後述します。

 

ビジネスサポートサービス特典。チケットレスの出張予約サービス。

ビジネスカードという事で、ビジネス系の特典が有りますが・・・

使うのはチケットレスの出張予約サービスくらいかな。

新幹線利用が多い人なら、JR東海プラスEXサービスは便利だと思う。

 

ビジネスサポートという事で、

会計ソフト「ソリマチ」や、オフィス用品「アスクル」等の特典なんかも有りますが・・・

会計ソフトはクラウド会計の時代だし、MFクラウドが最強。

オフィス用品は「LOHACO」と「Amazon」と「ヨドバシ」で事足りると思う。

 

基本の還元率は0.5%と一般クレジットカード水準。

JCB法人カードの還元率は0.5%と一般水準です。

キャッシュバック型なら、最大3%の還元率という事ですが、

キャッシュバック型には、様々な制限があり、3%還元にするのは非常に難しい。

還元率では良くも悪くも一般的。

ポイント型の0.5%還元と思っておいた方が無難です。

 

国内外の旅行傷害保険が付帯へ。ショッピング保険も付帯する。

法人カードでは旅行保険すら付かない事が多いですが、

2016年5月より、JCB法人カードで旅行傷害保険が付帯するようになりました。

国内、海外ともに利用付帯ですが、

海外では傷害治療、疾病治療、賠償責任、携行品損害、救援者費用まで適応となり、

保険の内容も悪く無いです。

※JCBビジネスプラス法人カードには旅行傷害保険は付帯しません。

 

また、JCB法人カードには、

ショッピングガード保険(年間最高100万円・海外のみ)も付帯しています。

 

新設法人では審査は厳しい。個人ではなく法人での審査が必要。

私は法人設立した初月に、JCB法人カードを申し込みましたが、

早々に審査で落とされました。

 

金融機関口座を作る為、固定電話番号を所持、コーポレートサイトも作っており、

法人口座の開設方法と必要書類と期間。維持費と手数料を比較する。

また、個人のJCBゴールドカードも所有、個人の限度額300万と多かったです。

・・・が審査落ちしました。

 

JCB法人カードでは、法人での審査が必要なので、

新設法人では厳しいのではないか・・・というのが正直なところ。

個人審査のオリコビジネスセゾンビジネスでは、すんなりと発行できましたから。

 

法人登記したばかりなら、他社法人カードをオススメします。

法人カードを比較する。事業主にオススメのビジネスカードランキング。

 

JCB法人カードとJCBビジネスプラス法人カードの比較。

JCB法人カードは、

ポイント型とキャッシュバック型が有り、カードの名称も異なります。

 

JCB法人カード:ポイント型

JCB一般法人カード

ポイント型のJCB法人カードの還元率は0.5%

ポイント型は、その名のとおりOki Dokiポイントにて還元されます。

海外加盟店で利用した場合、ポイント2倍還元率1.0%になります。

 

JCBビジネスプラス法人カード:キャッシュバック型

JCBビジネスプラス法人カード

キャッシュバック型は、JCBビジネスプラス法人カード。

キャッシュバック還元率は0%~3%と、

翌月の請求額から現金バックしてくれるのですが、様々な条件が有ります。

 

JCBビジネスプラス法人カード(キャッシュバック型)の注意点

  • ポイント型とは違い、交通費・出張旅費のみ還元対象
  • 海外利用は対象外であり、国内限定の交通費・出張費であること。
  • 交通費・出張費が月額利用額5万未満は還元対象外
  • 月額利用額に応じて、翌月のキャッシュバックが変わる
  • キャッシュバック金額の上限は最大15000円まで。
  • 実際の還元率は最大1.5%が相当

 

まず、還元対象となるのは、交通費や宿泊費のみという制限。

JR電車賃・高速道路料金・ガソリンスタンド・タクシー・レンタカー・航空券・ホテル・

旅行代理店での利用・・・利用先はかなり制限されてます。

海外利用は対象外なので、海外航空券等の高額の出張費はポイント対象外。

更に、月5万円以上利用しなければ、0.5%還元の対象にすらなりません

また、利用額に応じて最大3%還元という表現にも、ちょっと無理があります。

 

JCBビジネスプラス法人カードのキャッシュバック率

  • 5万円未満:還元無し
  • 5万円以上20万円未満:0.5%
  • 20万円以上40万円未満:1.0%
  • 40万円以上60万円未満:1.5%
  • 60万円以上80万円未満:2.0%
  • 80万円以上100万円未満:2.5%
  • 100万円以上:3.0%

 

キャッシュバック率は、最大3%還元って言ってますが、

キャッシュバック金額の月額上限は最大15000円です。

100万円の3%=30000円なんで・・・15000円分の無駄するわー。

毎月平均70万円で還元率2.0%くらいが、一番還元率が高くなるかと。

 

利用した翌月に還元率適応という点にも注意。

100万利用した翌月に50万利用すれば確かに還元率はMAX3%となりますが、

5万円未満の利用だった翌月に100万円利用したところで、

1円もキャッシュバックされません

 

年額では無く月額という点にも注意。そんなに出張費使うのか?

ヘビーユーザーの私でさえ、月10万も利用する事は稀だし、

使う時でも、海外出張が多くで海外利用は適応外ですからね。

 

ガソリン代やタクシー代が飛び抜けて多いなら、これ以上ないカードとなりますが・・・

ポイント型の方JCB法人カードの方がシンプルで分かり易く、基本的に損も無いかと。

ポイント型のJCB法人カードなら、海外利用でポイント2倍還元率1.0%)にもなりますから。

 

JCB法人カードとJCBビジネスプラス法人カードでは保険の内容も異なる。

還元率でポイント型のJCB法人カードをオススメしましたが。

付帯保険の内容も、ポイント型とキャッシュバック型で大きく異なります。

※2016年5月に、ポイント型で旅行傷害保険が付帯するようになってます。

 

JCB法人カード(ポイント型)の付帯保険

  • 海外旅行傷害保険:最高3000万円(利用付帯)
  • 国内旅行傷害保険:最高3000万円(利用付帯)
  • ショッピング保険:年間最高100万円(海外のみ)

JCBビジネスプラス法人カード(キャッシュバック型)の付帯保険

  • 海外旅行傷害保険:無し
  • 国内旅行傷害保険:無し
  • ショッピング保険:年間最高100万円(海外のみ)

 

キャッシュバック型では付帯しない旅行保険、

ポイント型では海外旅行だけでなく国内旅行でも付帯してます。

海外の場合、死亡後遺障害だけでなく、

治療費用、賠償責任、携行品損害、救援者費用まで付帯してます。

 

JCB一般法人カードとJCBゴールド法人カードの比較。

JCBゴールド法人カードは、年会費が1万円+税になりますが、

その分、カードの特典や保険の内容も良くなります。

JCB一般法人カードと比較した場合の違い。まとめます。

JCBゴールド法人カード

年会費

  • JCB一般法人カード:1250円+税(2枚目以降:1250円+税※初年度無料
  • JCBゴールド法人カード:10000円+税(2枚目以降:3000円+税※初年度無料

海外旅行傷害保険

  • JCB一般法人カード:利用付帯で最高3000万円 ※ポイント型カードのみ
  • JCBゴールド法人カード:利用付帯で最高1億円自動付帯最高5000万円

国内旅行傷害保険

  • JCB一般法人カード:利用付帯で最高3000万円 ※ポイント型カードのみ
  • JCBゴールド法人カード:自動付帯最高5000万円

国内・国外航空機遅延保険

  • JCB一般法人カード:無し
  • JCBゴールド法人カード:自動付帯

ショッピング保険

  • JCB一般法人カード:最高100万円自己負担1万円/1回※海外のみ
  • JCBゴールド法人カード:最高500万円自己負担3000円/1回※国内・海外

ゴールド特典

  • JCBゴールド法人カード:空港ラウンジサービス、ゴルフエントリーサービス・・・

 

ゴールドカードにする利点は、限度額アップ付帯保険空港ラウンジ

デメリットは年会費と、ゴールドカードの審査

 

国内外の旅行傷害保険も自動付帯になり、保証金額も上がります。

ショッピング保険も最高100万円→500万円へと上がり、国内ショッピングも適応へ。

1回あたりの自己負担額も3000円に下がります。

また、ゴールドカードでは珍しい、国内・国外航空機遅延保険も付帯するようになり、

乗継遅延費用保険金、出航遅延費用等保険金、寄託手荷物遅延費用保険金、寄託手荷物紛失費用保険金と、

一般的なゴールドカードと比べても、付帯保険は手厚い内容になってます。

 

空港ラウンジサービスも付帯するようになり、

国内主要空港だけでなく、ハワイ・ホノルル国際空港のラウンジも利用可能となる。

 

一般カードでは、ポイント型とキャッシュバック型で、付帯保険の内容が異なりましたが、

JCBゴールド法人カードと、JCBビジネスプラスゴールド法人カードでは、

付帯保険の内容は変わりません。

 

ゴールドカードにすると、年会費は+8750円の負担となりますが、

一般カード同様、初年度無料で利用できます。

プラチナカードへの足掛かりにもJCBゴールド法人カードはオススメです。

 

JCBゴールド法人カードとJCBプラチナ法人カードの比較。

2012年4月、JCBの法人カードにJCBプラチナ法人カードが登場。

法人向けのプラチナカードは非常に珍しく、

JCBゴールドカードに比べると特典が一気に増え、その内容も素晴らしいです。

JCBプラチナ法人カード

年会費

  • JCBゴールド法人カード:10000円+税(2枚目以降:3000円+税※初年度無料
  • JCBプラチナ法人カード:30000円+税(2枚目以降:6000円+税

海外旅行傷害保険

  • JCBゴールド法人カード:利用付帯で最高1億円自動付帯最高5000万円
  • JCBプラチナ法人カード:自動付帯最高1億円 ※家族特約も付帯

国内旅行傷害保険

  • JCBゴールド法人カード:自動付帯最高5000万円
  • JCBプラチナ法人カード:自動付帯最高1億円 ※家族特約も付帯

国内・国外航空機遅延保険

  • JCBゴールド法人カード:自動付帯
  • JCBプラチナ法人カード:自動付帯

ショッピング保険

  • JCBゴールド法人カード:最高500万円自己負担3000円/1回※国内・海外
  • JCBプラチナ法人カード:最高500万円自己負担3000円/1回※国内・海外

プラチナ特典

  • JCBプラチナ法人カード:カーアクシデントケア制度プラチナ・コンシェルジュデスクプライオリティパスグルメ・ベネフィット・・・

 

付帯保険の内容も完璧ですが、プラチナ特典が素晴らしすぎる内容です。

365日24時間対応のプラチナコンシェルジュデスクに、

プライオリティ・パスのプレステージ会員(399米ドル)も年会費無料

京都駅構内の「JCB Lounge 京都」も利用可能となり、

「JCBプレミアムステイプラン」で、高級ホテルの割引や優待サービスも受けられる。

 

アクシデントケアという保険も付帯するので、

自動車事故被害等で見舞い金までも貰えるようになります。

  • カーアクシデントケア:5万円

 

また、国内の高級レストランでコースメニュー2名様以上予約で、

1名様の食事代が無料という「グルメベネフィット」が付いているのも素晴らしい。

接待にも使えるし、経費削減にも繋がる。

 

アメックスゴールドの「招待日和」や、

ダイナースの「エグゼクティブダイニング」似たサービスになりますが、

グルメベネフィットには利用回数の制限があるので注意。

上記カードのレストラン特典と異なり、1年間で1度しか利用できません

 

プラチナ保険とプラチナ特典が満載の法人カードで、

年会費3万円+税は、非常にコストパフォーマンスが良い。

アメックスのプラチナビジネスは年会費13万円+税ですからね・・・

アメックス最上級の法人カードはアメリカンエキスプレス ビジネス プラチナカード。

 

法人カードの年会費なら全額経費計上もできるし、

プラチナ審査が通るなら、是非所持したいカードです!

 

いきなりプラチナを申し込むのは難易度が高いので・・・

JCBゴールド法人カードからヒストリーを積んだ方が、審査は通りやすいと思うよ。

 

ちなみに、JCB一般法人カードやJCBゴールド法人カードとは違い、

プラチナカードにキャッシュバック型のカードは無く、

ポイント型の「JCBプラチナ法人カード」のみとなります。

 

JCB一般法人カードと、JCBグランデ法人カードの比較。

最後にオマケです。

JCB法人カードには、JCBグランド法人カードというカードも有ります。

一般カードとゴールドカードの中間という事で、内容もちょっと微妙なカードです。

公にも会員募集してませんので、オンライン申込みも不可能です。

JCBグランデ法人カード

年会費

  • JCB一般法人カード:1250円+税(2枚目以降:1250円+税※初年度無料
  • JCBグランデ法人カード:2500円+税(2枚目以降:1500円+税

海外旅行傷害保険

  • JCB一般法人カード:利用付帯で最高3000万円 ※ポイント型カードのみ
  • JCBグランデ法人カード:自動付帯最高3000万円

国内旅行傷害保険

  • JCB一般法人カード:利用付帯で最高3000万円 ※ポイント型カードのみ
  • JCBグランデ法人カード:自動付帯最高3000万円

ショッピング保険

  • JCB一般法人カード:最高100万円 ※海外のみ
  • JCBグランデ法人カード:最高100万円 ※国内・海外

グランデ特典

  • JCBグランデ法人カード:空港ラウンジサービス

 

JCBグランデ法人カードで、年会費が2倍になりますが、

そのカードスペックは、あまり魅力的は有りません。

国内外の旅行傷害保険が利用付帯→自動付帯へ。ショッピング保険で国内も適応へ。

グランデ特典で空港ラウンジ利用可能に・・・といったところでしょうか。

オンライン入会も不可能なので、初年度無料特典も無いです。

一般向けのJCBグランデカードも無くなってしまったので、今後はなくなるのかもしれませんね。

 

オンラインで申し込めるJCB法人カードなら、入会キャンペーンもやってます。

あらゆるビジネスシーンをバックアップする便利でスマートなJCB法人カード

 

いずれにせよ、JCB法人カードは法人審査となりますので、

新設法人では審査も厳しいかと思います。

法人登記したばかりで法人カードが欲しいなら、

個人の審査で申し込める法人カードがオススメです。

法人カードを比較する。事業主にオススメのビジネスカードランキング。

魅力的な特典も、所持できなければ意味も有りませんから。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ