おはようございます。

KJ新谷です。

 

今日アメリカのアマゾンから、直送の商品が何点か届きます。

日々の業務に追われ全然準備していない・・・

ダメですね。

本日も頑張ります。

 

さて本日は、

独自ドメイン取得でのトラブルを紹介したいと思います。

 

無在庫型のショップを量産している方は

経験した事があるかと思いますが、

日本の正規代理店や、

その海外のブランド自体から、

警告文が届く事がございます。

 

商標権利用に関する警告です。

画像や、ロゴも勝手に利用してます?からね。

私も3回程、経験してます。笑

 

以前の記事でネットショップが、7店舗から3店舗になったと書きましたが、

ほぼその理由です。

 

具体的な内容として、

1回目は

とあるスポーツウェアの専門店を運営していたのですが、

気合い入れて、独自ドメイン(ブランドの名前+2文字.com)を取得したところ、

ドメインにも商標権?なるものがあるらしく、

メールと同時に、海外の弁護士事務所らしきところから、UPSで警告の書類が来ました。

全て英語です。

非常に焦りました。

 

内容は、主にドメインの件、あとそれに伴うロゴ使用、画像使用についての警告・・・

らしい事が書いてありました。

 

即刻、ドメインも解約して、ショップも閉鎖となりました。

特にお咎めはありませんでしたが、

現在も、

そのブランドの専門店のマネートラップショップが、

何店舗か見かけるので、

やはりドメインの取得が問題だったみたいですね。

あまり気合いを入れたのが失敗でした。

 

続きまして、2回目

とあるマザーズバッグの専門店を運営していたのですが、

ライバル専門店が増えて、売上が上らなくなってきた頃、

ライバル店が閉店ラッシュ。

 

売上が上がりまくり、

ラッキーと思っていたところ、

来ました警告メール!!

 

そういうことか・・・と思いました。

その海外のブランドの社長らしき人の名前で

日本には正規代理店があるから、やめれぃ・・・

らしい事が書いてありました。

モチロン英語です。

なんか英語の普通のメールだったので、

迷惑メールフォルダ行き・・・気付くのも遅かった。汗

即刻閉店しました!!

 

ラスト3回目、

キャンプのブランド、アウトドアブランド、

これは日本の正規代理店から商標権について

主に画像とロゴを使用するな・・・

というような内容なメール。

 

調べてみると、

ライバル店は全て画像無しの状態に。笑

まぁ笑ってる場合ではないので、3店舗閉店。

ライバルも多く、画像を用意するのも面倒でしたので、

閉店しました。

 

と、まぁいろいろ焦ったわけですが、

特に訴えられたり、金銭的なリスクは発生しなかったので良かったです。

 

閉店するにも、商品が売れていたので

お客様に連絡するのは非常に面倒でしたが。

「この度閉店することとなりましたが、受注済みの商品は必ずお手元に・・・」

みたいな感じでメールしまくりました。

 

そんなわけで、

私は現在運営中の2店舗は、

セレクトショップの様な形で、

同じジャンルのブランドを複数扱うショップを運営しています。

 

ダメだったらそのブランドだけ扱わなければ良いですからね。

ショップを全て作り直すのは大変ですから、

自分なりのリスク回避のつもりです。

 

くれぐれも、

ドメインにはブランド名は入れないようにしましょう。

 

ちなみに、現在運営中のショップは、全てカラーミーショップの初期ドメインです。

 

カラーミーショップの攻略については、下記記事も参考に。

カラーミーで売れるネットショップを作る方法。運営と集客に必要な費用。