海外出張が増えると悩むのが、交通費をどのクレジットカードで購入するか。

高還元キャッシュバックを狙うべきか、マイルで高還元を攻めるべきか。

 

海外渡航が多いのであれば、旅行特化のアメックスカード。

中でもアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードは、

航空券購入でのマイル還元率が最強です。マイル派なら所持すべき。

国内の交通費でもマイルが倍増。国内外の出張でマイル貯まりまくりです。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードのメリット

アメックススカイトラベラーのプレミアカードという事で、

一般スカイトラベラーよりワンランク上のゴールドカード。

マイル特化型のゴールドで、メリットも満載です。

国内最高のマイル還元率5.0%。スカイトラベラー5倍ボーナス。

アメックススカイトラベラーの何が凄いのかというと、

通常ならカード利用100円で1ポイント=1マイルのところ、

提携航空会社の航空券の購入ならポイント5倍100円=5マイルも貯まりまります。

※1000ポイント=1000マイルで交換可能。

スカイ・トラベラー 5倍ボーナス対象航空会社(27社/五十音順)

  1. アシアナ航空
  2. アリタリア-イタリア航空
  3. ヴァージン アトランティック航空
  4. エア タヒチ ヌイ
  5. ANA
  6. エールフランス航空
  7. エティハド航空
  8. エバー航空
  9. エミレーツ航空
  10. オーストリア航空
  11. ガルーダ・インドネシア航空
  12. カンタス航空
  13. キャセイパシフィック航空
  14. KLMオランダ航空
  15. シンガポール航空
  16. スイス インターナショナル エアラインズ
  17. スカンジナビア航空
  18. スターフライヤー
  19. タイ国際航空
  20. 大韓航空
  21. チャイナエアライン
  22. デルタ航空
  23. 日本航空
  24. フィリピン航空
  25. フィンランド航空
  26. ブリティッシュ・エアウェイズ
  27. ルフトハンザ ドイツ航空

対象商品・諸条件 – アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードのボーナスポイント – クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

JALカードや、ANAカードで購入しても100円で2マイルマイル付与率2.0%)。

JALやANAのプラチナカードでもマイル付与率は4.0%です。

アメックススカイトラベラーのプレミアカードならマイル付与率5.0%

マイル還元率で敵うカードは存在しません。

 

海外出張だけでなく、国内出張でもマイル還元率5.0%

提携航空会社は多いだけだと、航空券だけなら飛行機乗らなきゃ意味ないじゃーん。

って思ってた私。ポイント5倍となるのは、なにも飛行機だけでは有りません。

 

航空会社27社の航空券だけでなく、対象旅行代理店2社の指定旅行商品も適応・・・

具体的な旅行代理店と、指定旅行商品は以下の内容。

スカイ・トラベラー 5倍ボーナス対象旅行代理店(2社)及び指定旅行商品

  • 日本旅行(ウェブサイトおよび日本旅行の全店舗)
    上記対象航空会社の航空券パッケージツアー、前払いで手配されるホテルなどの宿泊代金、JR・バスのチケットのご購入
  • アップルワールド(ウェブサイト)
    前払いで手配されるホテルなどの宿泊代金

というわけで、

大手旅行代理店の「日本旅行」や「アップルワールド」でも、マイルが貯まりまくります!

※旅行代理店「トップツアー」での利用は対象外となりました。

 

日本旅行では、国内の電車(JR切符)や新幹線、高速バス等の交通費の支払いだけでなく、

ホテルやツアー等の宿泊代金でも、ポイント5倍の対象となります。

国内出張、国内旅行でも還元率が高いなら、利用頻度も増えるよね。

 

提携航空会社のマイルに移行できる。ポイント有効期限も無期限。

貯めたポイントは1000ポイント=1000マイルで、

提携航空会社のマイル交換が可能となりますが、

マイル移行ができる提携航空会社も多いです。

スカイトラベラーでマイル交換が可能な提携航空会社

  • ANA 「ANAマイレージクラブ」
  • チャイナエアライン「ダイナスティ・フライヤー・プログラム 」
  • デルタ航空「スカイマイル」
  • ヴァージン アトランティック航空「フライングクラブ」
  • タイ国際航空「ロイヤルオーキッドプラス」
  • キャセイパシフィック航空「アジア・マイル」
  • シンガポール航空「クリスフライヤー」
  • ブリティッシュ・エアウェイズ「エグゼクティブ・クラブ」
  • スカンジナビア航空「SAS ユーロボーナス」
  • アリタリア-イタリア航空 「クラブ・ミッレミリア」
  • フィンランド航空 「フィンエアー・プラス」
  • エティハド航空 「エティハド ゲスト」
  • エミレーツ航空「エミレーツ・スカイワーズ」
  • カタール航空「プリビレッジクラブ」
  • エールフランス/KLM航空 「フライングブルー」

提携航空会社 – クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

 

また、ポイントの有効期限が無いものメリット。

1000マイル貯めないと交換できないけど、ポイントの期限切れで失効する事も有りません。

 

空港ラウンジサービス特典。同伴者1名まで無料。

ゴールドカードでは当たり前に付帯する空港ラウンジサービス。

国内28空港39カ所、海外2空港(韓国、ハワイ)の空港ラウンジが無料・・・

ってのは割と普通ですが、同伴者1名まで無料となります。

 

同伴者1名まで無料となるのゴールドカードは非常に珍しい。

空港ラウンジって、一人で利用する事も少ないから地味に有り難いサービスです。

 

キャンセル・プロテクションが最強。リターン・プロテクションまでも付帯。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードには、

素晴らしい特典「キャンセルプロテクション」が付帯しています。

急な予定や、急病でのキャンセル費用を負担してくれるサービスです。

もしもの「キャンセル」の際に[キャンセル・プロテクション]

急な出張で海外旅行に行けなくなった場合や、突然の病気、ケガによる入院などで、予約していた旅行をキャンセルしたり、チケットを購入済みのコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用などの損害を補償する画期的なサービスです。
さらに、同行するご予定のあった配偶者の方の分も併せて補償いたします。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのセキュリティ – クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

キャンセルプロテクション補償金の限度額

  • 死亡・傷害または疾病による入院に基づくキャンセルの場合:10万円(年間最高)
  • 子どもの傷害による通院に基づくキャンセルの場合:3万円(年間最高)
  • 社命出張に基づくキャンセルの場合:10万円(年間最高)※年間1回まで

キャンセルプロテクションの自己負担額

1000円」または「キャンセル費用の10%に相当する額」の高額な方

 

本人だけでなく、同行する予定の配偶者まで適応となり、

1回当たりの自己負担額は、安くて1000円、高くてもキャンセル費用の10%で済んでしまう。

 

また、旅行費用やチケット費用だけでなく、

商品返品までも補償する「リターンプロテクション」も付帯してます。

商品の返品もお任せください[リターン・プロテクション]

アメリカン・エキスプレスのカードでご購入いただいた商品の返品を、万一購入店が受け付けない場合には下記へご連絡ください。
購入日から90日以内なら、アメリカン・エキスプレスにご返却いただくことにより、購入金額をカード会員様の会員口座に払い戻しいたします。

※商品が未使用で損傷がなく、他に加入している保険または購入店の返品規定によって適用されない場合のみ有効です。補償金額は1商品につき最高3万円相当額まで、1会員口座につき年間最高15万円相当額までです。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのセキュリティ – クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

リターンプロテクション補償金の限度額

  • 1商品に付き、最高3万円相当額まで
  • 1会員口座に付き、年間最高15万円相当額まで

 

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードのデメリット

マイル特化のゴールドカードですが、

マイル還元率が高いだけに、犠牲となっている部分も見受けられます。

続いてアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードのデメリットです。

 

年会費35000円+税と超高額なゴールドカード。

年会費が35000円+税と、アメックスカードの中でも高額なクレジットカードになります。

消費税を含めると4万円弱。通常のアメックスゴールドと比べても断然高いです。

 

アメリカンエキスプレスカードの年会費

  • アメリカン・エキスプレス・カード:年会費12000円+税
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード:年会費29000円+税
  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード:年会費10000円+税
  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード:年会費35000円+税
  • デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード:年会費12000円+税
  • デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード:年会費26000円+税
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード:年会費7000円+税
  • ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード:年会費31000円+税
  • ANA アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード:年会費150000円+税
  • スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード:年会費31000円+税

 

マイル還元率を考慮せず、航空系の特典も求めていないなら、

アメックスゴールドの方が断然コスパも良いかと。

アメリカンエキスプレス ゴールドカードのメリット・デメリット。

 

スカイトラベラー5倍ボーナスは、提携の航空会社と旅行代理店のみ。

提携航空会社と旅行代理店では、マイル還元率は最強となりますが、

それ以外で利用した場合は、他社同水準のマイル付与率1%です。

航空券を購入しない場合や、国内出張も少ない場合は、全く意味を為しません。

 

また、提携航空会社で利用しても、航空券以外の利用はポイント5倍対象にはなりません

ペイパル経由の支払いも対象外となりますし、宿泊費用も前払いが原則となります。

※以下のものは本特典の対象となりません。

  • 航空会社におけるパッケージツアー、機内販売、通信販売、空港売店、貨物など航空券以外のご利用
  • 空港カウンター業務が他の航空会社へ委託されているカウンターでの航空券のご購入
  • 宿泊料金の現地決済、および代理業・特約店など、旅行代理店が決済業務を他社へ委託している場合
  • ペイパルなどの決済代行会社を通したご利用

 

繰り返しますが、JRやバスチケットでポイント5倍にしたいなら、

日本旅行を使うしか有りません。

ポイント5倍対象となるサービスを、今一度ご確認下さいませ。

 

スカイトラベラー5倍ボーナスには、年間10万ポイントの上限が有る。

最高のマイル還元率という事で、使えば使う程マイル還元されるわけですが、

スカイトラベラー5倍ボーナスには、年間10万ポイントの上限が設定されています。

「スカイ・トラベラー 5倍ボーナス」は1年間(1月~12月)で、通常ポイントと合わせて合計100,000ポイント(合計200万円ご利用分相当)が上限となります。

年間10万ポイント=200万円利用相当という事で、

200万円以上は利用しても、普通の還元率100円で1マイルと全然得もしません。

かといって、使わな過ぎても年会費の元はとれませんので、100万円くらいは使いたいところ。

航空券や宿泊費で年間100~200万円前後利用する人が、所持すべき人なんじゃないかと。

年間の合計額は、毎年1月にリセットされます。

 

マイル移行には別途参加登録費が必要。JALマイル交換も不可能に。

マイル移行可能な提携航空会社は多々ありますが、

ポイントを各航空会社のマイルへと移行する為には、

事前に各提携航空会社のマイレージプログラムへの登録が必要となります。

 

例えばANAへのマイル移行には、メンバーシップリワードANAコースへの参加が必要であり、

別途年間5000円+税が必要となります。

「ANAマイレージクラブ」へのポイント移行には、「メンバーシップ・リワード ANAコース」への参加費[5,000円+消費税、2年目以降自動更新]が別途必要となります。

また、提携航空会社からJALが消えており、JALマイルへの交換も不可能となりました。

 

5倍で貯まるポイントに有効期限は無いので、

なるべく貯めてからマイル移行するってのも、マイル移行手数料を安くする方法です。

 

旅行傷害保険が利用付帯であり、国内旅行保険の内容も薄い。

海外旅行保険は自動付帯では無く、利用付帯となってます。

国内旅行傷害保険も、入院保険や通院保険、手術費保険は付帯しません。

海外旅行傷害保険(利用付帯

  • 傷害死亡・後遺障害:最高5000万円 (家族は最高1000万円)
  • 傷害・疾病治療費用:最高100万円 (家族も同額)
  • 賠償責任:最高3000万円 (家族も同額)
  • 救援者費用:最高100万円 (家族も同額)
  • 携行品損害:1旅行最高30万円、年間100万円、自己負担3000円 (家族も同額)

国内旅行傷害保険(利用付帯

  • 傷害死亡・後遺障害:最高5000万円 (家族は最高1000万円)

海外旅行航空便遅延保険(利用付帯

  • 乗継遅延費用:最高2万円
  • 出航遅延・欠航搭乗不能費用:2万円
  • 手荷物遅延費用:2万円
  • 手荷物紛失費用:4万円

ショッピング保険

  • 年間最高500万円(自己負担1万円)

旅行傷害保険は利用付帯がイマイチですが、

家族特約が有り、配偶者や親族も死亡後遺障害以外は同額まで適応となる。

また、海外旅行の航空便遅延保険まで付いています。

 

海外トラブル時にも、24時間通話料無料サポートのオーバーシーズアシストも利用可能なので、

利用付帯という事を除けば、そこそこ手厚い補償。

まぁ、ポイント5倍で航空券購入すれば、保険適応にもなるハズだから、

意図せずとも使う事にはなると思うけど。

 

国内外で出張が多いマイラーなら年会費は高くない。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードは、

年会費こそ高額ですが、航空券やホテルを利用するのであれば、

高額な年会費分の元は、余裕で取れるハズ。

逆に出張が少ないなら、全く得しないクレジットカードです。

 

マイル還元率5%は、脅威の数字。

航空券や宿泊費、交通費で年間50万以上利用するなら、

他社の航空会社系マイルカードと比べても損する事は無いかと。

 

仕事で出張が多いなら、立て替え経費で還元マイルは自分のモノ。

決済するカードだけで、貯まるマイルは5倍も違うんだから。

 

法人代表者なら、出張旅費規定次第で残るお金も変わります。

出張旅費規程の作成方法。旅費交通費を非課税所得へ。

高額になりがちな旅費交通費。やれる事も多いハズです。