NURO光のメリット・デメリット。工事の流れと開通後の通信速度。

フレッツ光や光コラボレーション、auひかりも検討し、

最終的に超高速なのに格安なNURO光を申し込みました

固定回線の最安価格を考える。光回線の料金比較と注意点。 

 

いくら格安で、高速回線といえど、

実際、工事をするまでは未知なるNURO。

プラスマイナス様々な評判も見かけ、少々不安も有りましたが・・・

NURO生活すること、かれこれ半年。NURO光レビューします。

NURO光の申し込みから工事の流れ。

実際にWEB申込みしたのは、2016年1月20日。

その数日後に宅内工事の日取りを決めるための連絡があった。

 

宅内工事→屋外工事の2回の工事が必要との話で、

1回目の宅内工事は自宅の中に入っての工事であり、立ち合いが必要

2回目の屋外工事で自宅に入らない工事だけど、立ち合いが必要という事でした。

 

実際、宅内工事日の予約が取れたのは申込みの2週間後の2月5日。

屋外工事は、2月7日と、2週間くらいで全て完結する事になった。

 

申し込みの時は、開通まで一カ月が目安と言われたが、予想以上早く開通してくれた。

私の場合、フレッツ光工事した時と同じ人が来たんで(苦笑)、

フレッツ光の工事期間と変わらないハズ。下請け回線工事業者の混雑次第なんだろう。

 

ちなみに、屋外工事は日曜日だったんだが、

別途料金が発生する事もなかった・・・気がする。

 

NURO光の宅内工事の様子。

我が家は新築の戸建てという事で、電話回線も引いておらず、

壁開けたりとか、大がかりな工事になってしまわないか不安だったんですが・・・

戸建て住宅は、基本的に電話回線が引けるように設計されているらしく、

光ファイバー回線も同様のルートで、難なく引き込めたという感じ。

 

当日、予定時刻に回線業者の人(フレッツ光工事の時と同じ人)が登場。

1階か2階に受信端末ONU(アナログ回線でいうモデム)を置く場所を聞かれる。

リビング設置は嫌だったので、2階へ設置する事にした。

 

2階に設置するのだが、回線を通すルートが1階を経由している為、

1階のコンセントを部分を外し、回線の流れを確認。

2階の部屋へ光ファイバーを這わす事に。

DSC02014

白いケーブルが光ファイバーケーブル。昔に比べて細くなったもんだね。

DSC02019

下側の外から、上側の2階へ引っ張られていきました。

DSC02017

こちら2階のコンセント。設置前はこんな感じ。

左下がテレビアンテナ。左上の電話線用の穴に来ると思いきや・・・

DSC02015

光ファイバーは、専用のカバーが付くんだね。設置後はこんな感じ。

DSC02024

電波チェックをしているらしく、謎の端末を接続してます。

DSC02023

アンテナチェック終了後、NURO光のモデムを設置へ。

電源、テレビアンテナ、新たに光ファイバーケーブル。

DSC02032

NURO光のONUは、

無線LAN内臓なんで、無線ルーター接続する必要も無い・・・配線スッキリだね。

DSC02029

屋内の工事は、1~2時間程度で終わりました。

 

受信端末ONUを設置したら、既に使えそうな気がしますが、

屋外工事をするまでは使えません。

家の方で準備万端にしてから、家の外まで光ファイバーを引っ張ってくるんだね。

 

NURO光の屋外工事の様子。

申込みページで屋外工事は、宅内工事の約10日後ってなってましたが、

私の場合、宅内工事の2日後(2月7日)に予約が取れました。

宅内工事以降なら、いつでも良いんだね。こちらも業者の混み具合次第だろうけど。

 

屋外工事って何やるんだろ?って身構えたんだけど、

近くの光ファイバー中継地点(電柱)から、自宅の壁面まで回線を引っ張る工事。

立ち合いが必要って話でしたが、家の中には一歩も入りませんでした。

 

工事時間前に、近所に買い物へ行くと、ちょっと離れた電柱で既に工事してました。

遠くの電柱から、徐々に近づきながら回線を引っ張ってきている感じ。

リフト付きのトラックで作業してるやつ。どれが光ファイバーなんだか分かんないけど。

DSC02426

工事時間には、最寄りの電柱まで来ており、ここでピンポンのお知らせ。

最終的に家の壁に、ケーブルを取り付ける。

 

工事前は一本のみのケーブル。電源かな。

DSC02414

同じく工事前の壁面。

DSC02413

屋外工事後の壁面。一本ケーブルが増えました。

DSC02421

別アングル。左側のが恐らく光ファイバーです。

DSC02427

ソワソワしながら待ってたけど、屋外工事は何も対応する必要無し。

実際、家のインターフォンなってから終了したのは1時間くらい。

遠くの電柱からやって来てたから、本当は数時間くらいかかってるんだろうけど。

 

ちなみに、工事が完了後、ONUの電源を入れるだけで、

インターネットもWiFiも使えるようになってました。楽ちんだね。

 

NURO光を契約して気付いたメリット・デメリット。

フレッツ解約して、NURO光を新たに申し込んだわけですが、

切り替えして気付いた点もあります。

NURO光というより、固定回線だから面倒な点が多い気がする。

 

回線速度は確かに速いが、2Gbpsは言い過ぎ。

NURO光は、下り最大2Gbpsを謳っていますが、

あくまでこれはベストエフォート。

実際2Gbpsなんて速度が出る可能性・・・限りなく低い。

 

公式ページでも、開通した人々の測定結果見れます。参考までに。

光ファイバー・インターネット回線速度の計測 | NURO 光

速度が出てる人でも500Mbps~900Mbps、

100Mbps前後の速度が多い気がする。

 

私自身、NURO光に変えてから、高速になったと体感しておりますが、

1.3Gbps出るという無線LAN(ONU内蔵)接続で、

実際出ているのは、100Mbps~200Mbpsという速度。

まぁ十分早いんだけど。2Gbpsとは程遠い。

回線が切れたり、不安定だというネガティブな口コミも見かけましたが、

我が家の回線では、安定して100Mbps以上で通信できてます。

 

とはいえ、100Mbps以上の高速通信が万人に必要かと言えば疑問。

受信側の端末(PC、スマホ、ルーター等)の性能も影響するし、

通信速度に、処理する速度が追いついてなければ、意味も無い。

 

今までのフレッツ光(下り最大1Gbps)でも、

我が家の実測値30~70Mbpsで十分早かったんで、やっぱNUROは速い。

50Mbpsも有れば、4K映像だって遅延無く再生できるんだからね。

高画質動画を快適に見る為に、必要な回線速度の目安。

  • 360p(低画質) – 0.5Mbps
  • 480p(中画質) – 1.0Mbps
  • 720p(HD) – 2.0Mbps
  • 1080p(フルHD) – 3.5Mbps
  • 2160p(4K) – 25Mbps~40Mbps

動画視聴に必要な回線速度。ぷららモバイルLTEの定額無制限プランで視聴テストしてみた。 | 俺の動画。

なにより使う人間のスペックが高くなければ、感じる事もできないハズ。

モバイル回線に比べたら、光回線はやっぱりストレス無い。

 

NURO光は料金が安い。コミコミで月額4743円は破格。

高速という事はさておき、NURO光は、月額料金が安いです。

プロバイダ料も含まれて、無線LAN機能もついて、無線オプション料金も取られない。

戸建ての高速回線で、月額4743円

フレッツ光、au光、光コラボレーションと比べても安いんだから。

固定回線の最安価格を考える。光回線の料金比較と注意点。

 

宅内工事の時にも、業者の人と話したのですが、

フレッツ光や、光コラボと比べたら、NURO光は安いよねって結論。

速度云々もあるけど、やっぱり料金。

料金もシンプルで分かりやすいし、ONU端末も優れてました。

 

ONUは無線LAN内蔵が標準。端末も一つ配線もスッキリ。

NURO光で提供されるONUは、WiFi機能も内臓。

無線LANルーターを接続する必要も無く、

配線の手間も無いので、設置も省スペースで済みます。

DSC02028

サイズもコンパクトなのに、

高速回線(最大1.3Gbps)にも対応しており、5GHz帯(IEEE 802.11ac)にも対応。

無線ルーターとしても高性能だし、

意味不明な無線ルーターの不具合や、相性に悩まされる心配も無くなります。

BUFFALOの無線LANもイマイチ安定しないですからね。

※参考→無線LANが「つながらない」の解決方法。不安定なBUFFALO親機を疑う。 | 自作パソコンdeゲーム野郎

 

NURO光のプロバイダはSo-netなので、ONUにプロバイダ設定をする必要も無い。

工事完了で、電源入れて即使えるってのも、有り難い。

フレッツ光みたいに初期設定する必要も無い。

パソコンにプロバイダのCD-ROM入れて、

PC経由でONUへアクセス・・・っていう面倒な手順は不要です。

 

ちなみに、NURO光のONUは数種類あり、

どれが届くのかは工事までは分からない。

ご提供する光回線機器に関して | NURO 光

「ZXHN F660A」と「HG8045Q」が新モデル。

新規申し込みしたのに、旧モデルが届いた場合は、

とりあえず交換してもらった方が良いかと。

 

公式キャッシュバックは開通4カ月後。有効期限は45日間。

NURO光を申し込む方法は様々ありましたが、私は公式サイトで申し込み。

3万円キャッシュバック+4万円の工事費が無料となりました。

NURO光公式キャンペーン

 

公式キャンペーンなら、不要なオプション加入も有りません。

現金キャッシュバックで、キャッシュバック時期も開通4カ月後と、断然早い。

代理店キャッシュバックも検討しましたが・・・

実質キャッシュバック金額は低く、受取時期も遅く、忘れさせる仕組み。

申し込むなら、安心の公式キャンペーン(So-net)をオススメしますが、

So-net公式キャンペーンにも注意点が有ります。

 

NURO光 So-net公式キャンペーンの注意点

  • 基本料金は2年縛り自動更新)で月額4774円違約金9500円
  • NURO光の工事費は4万円月額1334円×30カ月払い
  • 月額1334円×30カ月間割引工事費4万円が実質無料
  • キャッシュバックは4カ月後中旬にソネットのメールに案内が届く。
  • キャッシュバックの受取期間は45日間。過ぎると失効する。
  • キャッシュバックは24カ月利用が前提。2年未満は返金の可能性。

2年縛りなのは、他社光回線と一緒。

工事費無料キャンペーンは、30カ月間で消化する仕組み。

2年で解約した場合、違約金は発生しないが、工事費の残額が発生する事になる。

違約金を払うよりは安いけど。

 

重要なのは、キャッシュバックを受け取り方法。

開通月の4カ月後にSo-netメールアドレス宛に案内メールが送られてくるという事。

受取手続き期間は45日間のみ期間を過ぎるとキャッシュバックは無効になるという事。

【キャッシュバックキャンペーンについて】
※ キャッシュバックは「ソネット de 受取サービス」にてお受取いただきます。「ソネット de 受取サービス」とは、弊社からの送金をお客さまご指定の口座でお受け取りいただける、So-net会員専用のサービスです。So-netメールアドレス宛にお送りするご案内メールの内容に沿って専用Webサイトにて受取口座をご指定ください。受取手続きの結果はお客さまのSo-netメールアドレス宛にお送りします。
開通月+4ヶ月後中旬にキャッシュバックのお受取手続き(ソネット de 受取サービス)のご案内メールをお送りします。メール内容に沿って手続きを行ってください。
キャッシュバック受取手続き期間は45日間となります。期間内にお手続きいただけなかった場合、無効となりますのでご注意ください。
※ キャッシュバック特典の適用を希望される場合、キャンペーン対象コースを無料期間終了後、24ヶ月間ご利用いただくことを前提にお申込みください。それ以前の解約につきましては返金いただく場合がございます

 

実際のところ、メールの確認は必須ではなく、

キャッシュバック受取期間となれば、So-net会員ページ(マイページ)から手続き可能となります。

手続き方法も、会員サポートページで詳しく記載されてますので・・・くれぐれも忘れないように。

キャッシュバックの受取方法を知りたい【動画あり】 | 会員サポート | So-net

不安ならカレンダーアプリに登録して、通知設定しておきましょう。

 

また、キャッシュバックは24カ月利用が前提となってます。

24カ月未満で解約した場合は、返金の可能性もあるという事も頭に入れておきましょう。

返金の可能性について、一応確認してみたのですが、

なるべく長く使って頂ければ・・・との返答でした。参考までに。

 

開通工事が不可能だった場合、費用は発生しないが工事リスクは有る。

固定回線工事に、不安は付き物。

私は、申込み前に色々と細かく確認しましたが、

「やってみなければワカラナイ」というのが実際のところ。

WEB申込み、店頭申込みに限らず、判断は現場に委ねられます。

 

工事は2回行われ、それぞれ別の業者が行うという事。

屋外工事の前に、屋内工事をしなければいけないので、

家の配線工事をしておいて、

自宅まで回線が引っ張れないという可能性も有るという事。

 

屋外工事が不可能だと分かるのは、工事に取り掛かると決まってから。

その連絡タイミングは、宅内工事をした後となる事も多い。

周辺で光回線引いていないような地域は、特に気を付けた方が良いかと。

 

私は10年前くらいに、水道も引けないド田舎に住んでいたのですが、

フレッツ光の宅内工事したのに、屋外工事ができないという被害に遭いました。

その時はADSLからの切替だったので、

ADSLも解約となってしまい、光回線が引けないという、最悪の事態に陥りました。

壁に穴開けて引いた光ケーブルも残ったまま、更には1カ月間インターネットも使えない。

泣き寝入りするしかない・・・そういった酷い話が有るのも事実です。

 

宅内工事をするのも、当日作業員の判断となるし、設置できる部屋も限られています。

家によっては、壁に穴を開ける可能性も有ります。心得ておきましょう。

 

ちなみに、キャンペーンでキャッシュバックが貰えるのは、工事が開通したらの話。

開通しなければ、キャッシュバックは貰えませんが、工事費の負担をする必要も有りません。

ソネットでも確認してみましたが、工事日前キャンセルなら費用は発生せず、

工事にならなければ費用は全く発生しないとの事。

申込みに金銭リスクやペナルティは有りませんでした。

 

光回線におけるリスクは一緒。

私はダイヤルアップ、ISDN、ADSL、CATV、フレッツ光、NURO光と経験してきましたが、

固定回線におけるリスクはどこも変わりません。

 

料金を安くしたいなら、縛られる必要が有るし、

月額料金や、キャッシュバックはどこも大げさで、なるべく複雑に。

回線速度は、どこの回線だから遅いというよりも、

住んでいる地域に大きく依存します。

 

NURO光は、他社よりも通信速度が高速

プロバイダ料も無線LAN込みで料金が格安っていうのも有りますが、

複雑な固定回線の中で、一番分かりやすいってのが一番のメリット。

固定回線の最安価格を考える。光回線の料金比較と注意点。

料金がシンプルで、ONUへの初期設定も不要

無線LAN一体型だから、設置する端末も一個で済む

 

分かりやすいサービスこそ、優れているサービス。

表向きの料金や、目先の利益ばかり目を奪われては、

人生損するだけ、皆さん理解もしているハズです。

 

私の友人や親族へオススメしているのもNURO光

パソコン苦手な家へ、私が設定に赴く必要も無くなったから。

 

P.S.

固定回線での一番気を付けないといけないのは、固定電話番号。

光回線で番号取得すると、他社へのLNP(電話番号移行)は不可能となります。

番号ポータビリティが可能なのは、NTTの電話加入権所持者のみとなってます。

NTTアナログ回線からのLNPの例

  • NTTアナログ→NTTフレッツ光→NTTアナログ
  • NTTアナログ→NURO光→NTTアナログ
  • NTTアナログ→NTT光コラボ→NTTアナログ
  • NTTアナログ→NTTフレッツ光→(NTTアナログ)→NURO光
  • NTTアナログ→au光→(NTTアナログ)→NURO光

光回線で取得した電話番号は全てLNP不可能

  • NTTフレッツ 発番→LNP不可
  • NURO光 発番→LNP不可
  • au光 発番→LNP不可能

固定回線の最安価格を考える。光回線の料金比較と注意点。

 

仕事で必要が無いなら、固定回線は要らない。

できる事なら固定電話は使わない方が良いです。

無料で使える電話サービスの方が、断然優れています。

個人事業主にオススメの電話番号。格安SIM、IP電話、固定電話、携帯電話、FAX番号と特定商表記。

IP電話なら、端末選ばず、回線選ばず、土地も選ばず使えます。

市外局番って、リアルでも引っ越せないから。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ