PCの「Windows live メール」に、Docomoの「ドコモメール」を設定する方法。

昨年末に利用開始となった、ドコモメール。

 

「@docomo.ne.jp」アドレスのメールが、

マルチデバイスで利用に可能になるという、画期的なサービス。

Webブラウザで利用可、アンドロイド端末でも利用可、PCでも利用可・・・

しかもIMAPプロトコルにも対応。

契約したドコモ携帯で、ドコモメールを送受信する必要が無くなったわけです。

 

迷惑メールフィルタ対策には持ってこいですね。

スマホ注文の迷惑メールフィルタによる不着対策。パソコンに、携帯メルアドを設定する。

 

というわけで、

ソフトバンクの時と同様に、ウィンドウズパソコンに設定してみました。

 

docomo.ne.jpを、Windows live メールに設定する。

※ドコモメールの利用には、事前にdocomo IDの登録が必要です。

 

毎度おなじみ、メールアカウントの追加をする。

起動→アカウントタブ→追加マークをクリック。

WS000791

 

 

で、電子メールアカウント追加画面。

WS000792

 

電子メールアドレス:ドコモメールのアドレスを入力 (例:ooooooo@docomo.ne.jp)

パスワード:ドコモIDのパスワードを入力

表示名:お好みで入力して下さい。(受取人に表示されます。

ドコモメール設定

 

入力したら、次へをクリック。

で、次の画面。

ドコモサーバー設定

 

受信サーバー情報

サーバーの種類:IMAP

サーバーのアドレス:imap.spmode.ne.jp

セキュリティで保護された接続(SSL)が必要にチェック。

ポート:993

 

送信サーバー情報

サーバーのアドレス:smtp.spmode.ne.jp

ポート:465

セキュリティで保護された接続(SSL)が必要にチェック。

認証が必要にチェック。

 

次を使用して認証する:そのままでOK (クリアテキスト)

 

入力したら、次へで完了です。

 

フォルダのダウンロードが始まり、利用できるようになります。

WS000392

 

ウィンドウズPCだけでなく、

モチロンMacでも送受信可能。

iPadやNexus7等のタブレット端末、

アンドロイドのスマホ、他キャリアのスマホでも、

docomo.ne.jpメールが利用可能です。

※詳しくはドコモ参照→他のメールソフトからのご利用方法 | サービス・機能 | NTTドコモ

 

ログオン ユーザー名はドコモID となってますので、

ドコモのメールアドレスでは有りません。

ドコモIDを、ドコモメールアドレスとは別途に設定していた私は、

若干混乱しましたので、お気をつけ下さい。

メールパスワードも、ドコモIDのパスワードです。

 

ドコモで契約した端末で、メール設定を行わなくとも利用できるわけです。

よくわからない設定プロファイルをインストール必要もなかった。

Docomo iPhone5sでメール設定。ドコモメールとメッセージR/Sの違い。

 

というわけで、

私はパソコンとiPadで、ドコモメールを管理しております。

非常に便利です。

 

これで、メールが届かないトラブル。

受注メールが届かないなんて言わせません。

スマホ注文の迷惑メールフィルタによる不着対策。パソコンに、携帯メルアドを設定する。

 

ソフトバンクのiPhoneをお使いの方、

「i.softbank.jp」も、PCで管理できます。

PCの「Windows live メール」に、ソフトバンクの「i.softbank.jp」を設定する方法。

 

 

P.S.

今回、ドコモのiPhone5SをMNPでゲットしたので、

ドコモメールを利用できる様になったのですが、

高額キャッシュバックMNPって無くなった?みたいですね。

総務省の指導とかで?

 

私は先週末の3月15日にMNPしたのですが、

ソフトバンクもauも、MNPの電話が全く繋がりませんでした。

電話繋がるのに、1時間以上です。汗

普通なら、自動音声が流れるはずなのに、

ひたすら呼び出し音→電話切れるって感じでした。

店員さんもかなり焦っていましたが、そういう事だったのね。

 

確かに違約金払っても番ポした方が得ってのは、

おかしな話でしたからね。

携帯MNPで生計を立てているなんて方もいらっしゃる様で。

携帯乞食という・・・結構割の良い商売?

皆さんいろいろ考えるもんです。

 

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ