昨日、IKEA立川がオープンしましたね。

もの凄い行列をテレビで見ましたが・・・

 

何故オープン初日に並ぶのか?

そこには何か理由があるのではないか・・・?

行列を見ると、なんかあるなんかある!!て思ってしまいます。

 

以前、イケアで大量に購入して、

アマゾンにブっ込んでいた時期もありました。

 

イケアに行ってみたら、ホントに安い。

気になって市場価格を調べてみると。

でるわでるわ同業者。しかも高い高い。笑

代理購入という名の無在庫販売、いわゆるIKEA転売です。

 

疑問に思って、更に調べてみると、イケアは通販していない。

という事で、私も買い漁ったわけです。

 

本格的なリピート仕入れもしましたが、

私のやり方では、あまり効率も良くなかったので辞めました。

IKEAは商品価格は公表しているので・・・差益も丸分かりですからね。笑

IKEAが、商標がらみで裁判を起こしたのも丁度この時期だったし・・・

※商標権とか、写真の無断転載には気をつけましょう。
商品画像の無断転載すると、内容証明で警告書が届く。著作権、商標権、肖像権の侵害。

 

というわけで、私は国内転売、

いわゆる「せ・ど・り」もしています。

輸入ビジネスって・・・海外せどり、海外転売ですからね。

不可抗力です。

 

競取りから背どり(転売)する。具体的な国内仕入れ事例。

円安の為もあり、

国内ショップから仕入れをしている事も多いのですが、

為替レートと仕入れ価格の変動。儲からない輸入ビジネスに対応する。

 

全く関係無い仕入れ、

国内せどりって、気付けば結構やってます。

意識して、やっている訳では無いので、完全に衝動的です。

外出すると、ついつい市場価格を検索してしまうので・・・

 

家電量販店のセールで特価品、在庫処分品を購入したり。

売れ残りのiPhoneケースを大量に購入してみたり。

100均で購入した商品を、なんとなく高く販売してしまったり。

福袋とかも好きなので・・・開封して気に入らなければ、そのまま販売。

フリマに、蚤の市、限定商品とかコラボ商品・・・

外出して人混み、行列をみると、ついつい購入してしまいます。

 

郊外のアウトレットモールや、

ファッションブランドのファミリーセールなんかも、なかなかアツいですので、

行ったらしばらく出てこれません。

 

アマゾンでも、たまに異様に安い時ありますよね?

タイムセールだったり、何故か価格が急落していたり、

価格設定間違えてるやつ(笑)とか。

 

最近は、海外の超低価格ブランドも多く日本に出店しているので、

普通に国内セールや、アウトレットで買って、ヤフオクで異様に売れたりします。

オフ率ハンパないですからね。

セールでオフ、レジで更にオフ。

 

こないだ、とある海外ブランドの子供服。

割としっかりとした、ジーンズ生地の商品。

500円で、レジを通したら180円だっけな?

店員さんもビックリ。

追加で購入したのは言うまでも無い。

 

フィギュアとか、古本はやった事ありませんが、

これらも立派な、国内せどりですよね?

 

しかしながら、

なんでもかんでも安いものを仕入れれば良いのかというと、

モチロンそんな事ありません。

 

基本的に安くなる商品は、売れ残りで売れない商品です。

じゃあ、どうやって売れる商品を見つけるのか?

その商品は需要があるのか?

実際に売れるのか?

調べれば良いのです。

 

市場価格と需要を調べる。価格調査のツールを活用する。

定価=市場価格ではありません。

販売価格って、販売側が勝手に設定している価格なので、

その価格で実際に売れているかは、本当に不明ですよね?

 

定価が高いから、良い商品。

オフ率が高いから、凄い儲かる。

そんなわけがありません。

 

実際に売れているか調べる必要があります。

 

そこで使うのが、便利な価格検索ツールたち。

値段が気になった時に使うだけ。

メジャーなヤツだけで問題ありません。

  • オークファン
  • プライスチェック
  • Amashow
  • 価格.com

他にも、camelcamelcamelなんかも国内価格対応しましたね。
camelcamelcamelは、世界各国アマゾン対応。日本でも利用すべし。

スマホさえあれば、どこでも即検索できますからね。

 

プライスチェック、Amashowで、アマゾン。

オークファンで、オークション全般(主にヤフオク)の価格。

これで需要と相場価格が、ほぼ把握できます。

オークションもアマゾンも利用した事が無い方は、ほぼ居ないハズですからね。

 

私がメインで使うのは、オークファン。

 

オークファンで、

オークション相場、落札相場を検索すれば良いわけです。

実際に売れた価格、日にち、個数も分かり、

新品価格、中古価格、

入札数、出品ページ、出品画像も把握できてしまいますから。

 

オークションは、消費者→消費者への販売も多く、

基本的にはオークション形式なので、

需要があれば、価格も釣り上がりますからね。

 

よって本当の需要、本当の市場価格が把握できます。 

 

オークファンは無料でも使えますが、

プレミアム会員をオススメします。

月額513円(税込)の価値はありますから。

ヤフオクは消費税0%アピールで、更に利用者を伸ばすでしょうから。

 

ちなみに、オークデータ(オークファンプロ)というサービスも有りましたが・・・

オークファンプロPlusで、月額3066円→5980円となったので・・・

私は解約してしまいました。爆

ライバル出品者の売上、売れている商品も分かってしまいます。

 

分析が、かなり凄いんだけど、

継続利用するには、ちょっと高いかな・・・っていう理由です。

ライバルって一回分析してしまえば・・・ねぇ。

 

相場観、市場価格を身につける方法。

オークファンで調べられるからと言って、

イチイチ調べていたのでは、日が暮れちまうぜ!!

っていう事で、相場観(相場感?相場勘?)を養う必要があります。

 

市場価格さえ、なんとなく把握してしまえば、

値段が安い時に、即気付き、即調べ、即購入できます。

新しい商品が出てきても、なんとなく売れる価格がわかります。

 

では相場観をどうやって身につけるのか?

こればっかりは、経験するしかありません。

 

市場価格を調べることにより、自然と市場価格は身に付きます。

そこから購入に至れば、更にしっかりと覚えるかと。

買った金額って結構覚えていません?

更に販売する事ができれば、

もう忘れる事は無いですよね?

 

調べる→購入する→売る

を繰り返す事により、市場価格、相場感は自然と養われるかと。

 

・・・輸入セラーには不要の話でしたね。

 

私は、以前オークファンについて、こんな記事も書いてました。

儲かる商品リストを使った、オークファン商品リサーチ

2年前、アマゾンも意味プーだった頃・・・懐かしい。

ホント何事も経験ですね。

 

まぁ、商売の基本はどこで何をやっても変わらないって事で。

せどりやっている方、輸入ビジネスもやってみてはいかがでしょうか?

新しい発見もあるかもしれましぇん。 

 

P.S.1

販売用の商品を購入する際は、

個人利用のクレジットカードとは、別のクレジットカードを利用しましょう。

あとで分けわからなくなると面倒ですし、経理の面でも楽です。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

クレジットカードは現金よりも、かなりお得ですから。

 

P.S.2

ネットで購入する際は、

くれぐれも、キャッシュバックサイト’(ポイントサイト)を利用しましょう。

アマゾン、楽天、ヤフオク、量販店・・・

数パーセントの違いが命取り。

国内仕入れもキャッシュバックサイトを利用。ハピタス!

 

楽天なんかは、週末キャンペーンとか、

買い回りキャンペーンとかも上手く利用すると、

かなり、凄いキャッシュバックになります。

小さなことから、コツコツと。

大事です。