商品を日本に転送するのに必要な転送会社。

アメリカの転送会社といえば、MyUSとスピアネット

輸入ビジネスをやっている方なら、

どちらか使った事あるはずです。

 

私はMyUS派なので、MyUS押しの記事になってしまいますが・・・

myUS.com

まぁ、ざっくりと記載させて頂きます。

 

MyUSのメリット

  • 対応が早い
  • 発送も早い
  • 事前に購入商品のメールを送る必要が無い。

MyUSのデメリット

  • 少量だと高くなりがち。
  • 全て英語対応
  • 登録手数料がかかる。
  • 梱包が割と雑。※オプションである程度丁寧に梱包可能。

 

スピアネットのメリット

  • 登録手数料無料
  • 日本語対応
  • 単品、少量だとMyUSより安い。
  • 梱包が丁寧。

スピアネットのデメリット

  • 商品到着前に、事前にメールが必要
  • 対応が遅い
  • 大型商品は、別途大型転送手数料が発生する
  • 数量が多くなると、送料が高くなる

 

最初の頃は、

スピアネットで、転送の感覚をつかむのも良いかと思います。

初期費用もかかりませんし、

あまり重く無い物や、

取扱商品少ない内は、送料も安いですから。

 

商品数が多くなってくると、

事前メールも面倒になりますし、

スピアネットは、数量が増えるごとに手数料がとられますので、

MyUSの方が、断然お得になるかと思います。

大型商品なんかも、MyUSの方が安くなる。

 

あと、スピアネットは日本語だけでコンタクトが取れるので、

非常に良いのですが、少々対応が遅いイメージがあります。

MyUSなら、チャット対応もしてくれますからね。

トラブルの対応は、早いに越した事はないですから、

この辺もMyUSが、オススメのポイントです。

 

ちなみに梱包はMyUSは、基本的に雑です。

私は衣類メインだったので、あまり気にしてませんでしたが、

外箱が命の商品や、壊れ物には、

有料オプションの壊れ物ステッカー ($2.00)と

梱包材追加 ($5.00)は必須だと思います。

 

たまにオプション付けなくても、エアパッキン入ってましたけど、

人によるのでしょうか?

 

まぁ、両方のメリットを上手く使い分けている方もいるので、

使ってみて判断してみても良いと思います。

最終的には、MyUSになると思うけどね。

myUS.com

MyUSは、AMEX利用で更に安くなります。

MyUSの転送料金と国際送料を安くする方法。 

 

MyUSの具体的なデメリットについて。記事も追加しました。

アメリカの転送会社 MyUSのデメリット。遭遇したトラブルとその対応方法。