マネーフォワードとマネールックの比較と違い。Money Forwardの初期設定と使い方。

利益を出す事と同様に、大切な資金繰り。

資金管理って、どうされてます?

 

我々輸入ビジネス実践者は、

クレジットカードの利用、未払い金も多いので、

資金管理を雰囲気で、やっている方も多いと思いますが・・・

適当にやっていると、売上入金前にクレカ支払いっていうパターン。

黒字倒産なんて事も有りえます。

 

私は以前は、痛い目に遭ってから、

エクセルで資金管理してましたが・・・

手入力って非常に面倒ですよね?

 

そういった面倒な事は全て自動でやってもらいましょう!

自動で資産管理をしてくれる、アグリゲーションサービスってやつ。

マネーフォワードです!

moneyforward

・・・知ってました!?

恐らく、知っている以上に便利です。

マネールックと違うのか?って?

使ってみると、結構違います。

マネーフォワードとは?

自分に関係する、お金の流れが全て把握できる様になります。

銀行口座、FX口座、クレジットカード、電子マネー、様々なポイント、年金・・・・

最初に設定しておけば、全て自動データを取り込んでくれるようになります。

自動データ取得で、資産管理するだけでなく、

目標管理や、自動で家計簿を作成してくれます。

 

複数の銀行口座や、クレカWEB明細にログインする必要もなくなり、

残高や、未確定明細を入力する手間も無くなります。

ポイントの管理もできてしまう・・・

 

事業の資金管理に使うもよし、

個人の家計簿に使うもよし、

資金繰り表や、家計簿を自動で作成してくれますから・・・

しかも、無料で利用できます。

 

マネールックとマネーフォワードを比較する。その違いとは?

以前はMoneyLook(マネールック)を使っていたのですが、

今ではすっかり、Money Forward(マネーフォワード)です。

以下、私がマネーフォワードに切り替えた理由です。

 

データの保存方法が違うのでセキュリティが違う。

セキュリティは気になるところです。

金融機関情報や、ログインパスワードって大丈夫なの?

マネールックもマネーフォワードも暗号化されてますが、

保存先が違います。

 

マネールックは、個人のPC上に保存されます。

最も大切な金融機関へのログイン情報は利用者様ご自身のパソコンにインストールされている「ログイン情報管理マネジャー」
によって暗号化のうえ保存されます。

マネールック、セキュリティについて

 

マネーフォワードの場合は、WEB上にに保存される。

マネーフォワードでは、ご利用明細を表示するのに必要なWebサイトのログインID、ログインパスワードのみお預かりします。

安心のセキュリティー体制|マネーフォワード

 

自分のPC上に保存されるマネールックの方が、

セキュリティ面では安心とか言われてますが・・・

データ保存したPCじゃないと使えなかったりと、ちょっと不便だったんで。

マネールックはWindowsじゃないと動かなかったり、

動作の面では、やはりマネーフォワードが良いかと。

 

マネールックは広告が大きい。

マネールックの広告は、割と目立つところに表示されてます。

管理画面2か所に広告表示されてます。

中央上部にGoogleアドワーズ広告、右上にPR広告表示されてます。

※2014年3月時点

 

マネーフォワードは、中央下と、右下に広告。しかも、割と小さめに表示。

よってデザイン的にも、マネーフォワードの方が良い。

 

何より使い易さが違う。

一番の私の決め手、使いやすさと、分かりやすさです。

上記の広告表示もそうですが、

個人的にマネーフォワードの方が見やすく、使いやすいです。

管理トップ画面で、総資産、最近の入出金履歴、今月の収支と表示され、

円グラフ、棒グラフ、挿絵も多いせいか、非常に見やすいです。

 

2014年には、MFクラウド会計も登場し、クラウド会計ソフトの中でも断然使いやすい。

MFクラウド、freee、やよいの比較と違い。個人事業主にオススメのクラウド会計ソフト。

 

あくまで個人的感覚なので、マネールック使っている方は、

是非マネーフォワードも試してみる事をオススメします。

Kakeibon(カケイボエヌ)なんて家計簿サービスも有りますが、

旧OCN家計簿なので・・・

私は、あまり使いたがらないです。

 

マネーフォワードの利点。メリットは?

マネーフォワードを使うと・・・とにかく便利です。

  • ほぼ全ての金融情報、資産データを自動取得
  • クレジットカードの利用もリアルタイムで把握できる。未確定明細の取り込み。
  • 登録可能な金融機関は1464社(2014年3月)で、ほぼ無敵。
  • 電子マネー残高、ポイント残高・・・いろいろ対応で、ヤバい。
  • 様々なグラフを自動で作ってくれる→収支の把握が容易
  • 登録まで1分で利用可能。 
  • 基本無料で使える。

・・・ほぼ全ての個人資産を、簡単に把握できる様になります。

資金管理を超えるツールです。

非常に便利なので、使い始めると、無しでは生きていけなくなります。

 

携帯電話の請求なんかにも対応しており、

ビックリしたのが、Amazonの対応。

アマゾンの購入履歴も自動で取り込んでくれます。

購入した商品名まで表示される・・・

 

ねんきんネットに登録していると、そのデータも取り込めますので、

今までに支払った年金額まで分かります。

・・凄くね?

 

マネーフォワードのデメリットは?

マネーフォワードは無料なので、

デメリットは無しに等しいのですが、

敢えてデメリットをいうのであれば、セキュリティ面では無いでしょうか?

 

マネーフォワードだけで、全ての情報が管理できてしまうというのは、

逆に言えば、マネーフォワードからデータが漏れた場合、

登録している全ての資産が把握されてしまうという事です。

 

セキュリティは、 かなりの高水準みたいですが、

何事にも100%は無いと思いますので・・・。

 

しかしながら、登録情報はメールアドレス、生まれ年、都道府県、職業のみ。

個人名は、登録不要で使えるサービスとなっておりますので、

そういった面でも、少しは安心?じゃないでしょうか?

 

また、無料版だと1年以上の前のデータは見れません。

1年以上の前のデータも把握したい場合は、プレミアム版(月額500円)が必要です。

プレミアム版は、スマホで広告表示されなくなったり、

バックアップ強化など、他にもメリットが多々ありますので、

使ってみて良かったら、プレミアム版を契約するのもアリだと思います。

まぁ、無料版で十分過ぎるくらいの機能ですけど・・・。

 

マネーフォワードの使い方。初期設定と登録すべき項目。

マネーフォワードの入力や、初期設定を再確認。

私の人生って、事業用の資金管理が主なので、

事業用の資金、資産に関してのみ登録する事にしました。

資金管理の方法は、

人それぞれ、ベストなやり方が有ると思いますので、参考までに。

 

マネーフォワードに金融機関を登録する。

私は、事業資金管理に使うので、

基本的には、帳簿の設定内容に合わせて登録してます。

 

手もとの現金

現金出納帳の現在の金額を入力。

変動があり次第、手入力って感じ。

私は、ほとんどクレジット決済、

もしくは銀行振込での取引なので、

手入力で問題無し。

 

銀行口座

補助科目(補助元帳)設定している、預金口座を一通り登録。

ジャパンネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、ゆうちょ銀行・・・・

輸入ビジネス、オススメのネットバンク比較、銀行まとめ。

ゆうちょ銀行、楽天銀行とかとか、追加認証が必要。

2015年には、Paypal口座にも対応するようになりました!

 

クレジットカード

銀行口座同様、未払金の補助科目を設定しているクレジットカードを設定。

レックスカード、楽天カード、JCBカード、オリコ、ライフ、MUFG・・・

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

クレジットカードは大量にあるので、登録が大変。

同じカードで、複数アカウント持っている場合でも、別途登録可能でした。

こちらも追加認証、画像認証が必要な場合があります。

 

電子マネー

Suicaは交通費に利用しているので、こちらも登録

 

通販

Amazon.co.jp、楽天市場は、

様々な経費(仕入れ、消耗品・・・)に利用しているので登録。

で、登録終了。

最初の登録作業は大変ですが・・・

必要な金融機関情報を登録すると、

以後全てのデータを、自動的に取り込んで集計してくれます。

集計だけでなく、

総資産推移、日ごとの出費、用途毎に支出を計算してくれたり・・・

本当に様々なデータを、用意してくれます。

 

家計簿のルール設定をする。収入・支出の詳細を入力。

上記の金融機関を登録するだけで、

自動でデータを取り込んでくれる。

それだけでも凄いのですが、

更に凄いのが、勝手に仕訳してくれたりします。

 

クレカの利用先から、用途を判別し、自動で仕訳です。

アマゾンの購入履歴の商品名からも、自動判別し、何の支出なのか?

勝手に判断したりもする訳です。

しかしながら、初期設定のままだと、結構適当な分類となります。

 

例えば、収支内訳グラフ

家計簿グラフ

 

データ取り込んだだけだと、未分類とその他が半分以上。

よって、正確なグラフデータを把握したい場合は、

取り込んだあとに自分専用のルールを設定する必要があります。

 

家計簿の設定を変更する。項目追加・編集をする。

元からある項目でも、まぁ・・・不便はないのですが、

自分用に分かりやすく、項目を追加する事もできます。

「設定変更」→「家計簿の設定」です。

 

会計ソフトでいう、勘定科目を増やすみたいな感じですね。

売上、仕入れ、支払い手数料とか、事業で使いそうな項目を増やすと、

より一層、分かりやすくなるかと・・・。

増やし過ぎても煩雑になるだけなので、その辺は適当に。

 

マネーフォワード導入まとめ

資金管理にのみ使うのであれば、

家計簿の設定は不要かと。

マネーフォワードの最大の利点はやはり、

データの自動取り込み。

 

銀行口座、クレジットカードの明細の取り込みは、非常に便利。

特にクレジットカード明細の取り込みは、一般的な会計ソフトでは不可能。

マネーフォワードなら、未確定明細まで取込んでくれますから!!

 

これで帳簿入力の際に、銀行口座の取引明細をダウンロードしたり、

クレカ明細を引っ張り出してきたり、

アマゾンや、楽天の購入履歴を遡って調べたりする必要が無くなります。

 

事業主ならMFクラウド会計。最強の会計ソフト。

マネーフォワードで取得したデータをもとに、

会計ソフトで入力している方も多いのではないでしょうか?

マネーフォワードの家計簿の設定が、会計ソフトの仕訳になればなぁ・・・

 

って思ってたら、遂に出ました!

マネーフォワードの会計ソフトMFクラウド会計です!

事業主なら、わざわざマネーフォワードを使わず、MFクラウドをオススメします。

 

私は会計ソフトは、やよいの青色申告を利用しており、

自動記帳サービスの、Money Look for 弥生を使っていたのですが・・・

確定申告とやよいの青色申告。MoneyLook for 弥生は便利なのか?

 

会計ソフトは、マネーフォワードのMFクラウドに切り替えました。自動記帳は素晴らしい。

会計ソフトはMFクラウド確定申告。メリット・デメリットと注意点。 

やよいからの移行も簡単でした。

やよいの青色申告から、MFクラウド会計・確定申告へデータ移行する方法。

 

マネーフォワードアカウントのデータも引き継げ、クレカ明細も取り込める。

しかも、クラウド対応・・・ってヤバいでしょ?

 

基本機能は無料会員でも使えますが・・・

確定申告するつもりなら、プレミアム会員登録は必須だと思います。

プレミアム会員は、月額800円。※年額プランだと8800円。

プレミアム会員は、年額プラン8800円・・・ってことは、

一般的な会計ソフトと比べても、かなり安い。

 

やよいのあんしん保守サポートは、

一番安いプランでも年額9720円・・・だったよね?

やよいの青色申告。あんしん保守サポートは得なのか?

 

サービス内容で、比べてもお得感ハンパ無い。

これは、会計ソフトの革命やぁー。

 

やよいでMoneyLook for 弥生を使っている方も、

MFクラウド会計も検討してみてはいかがでしょうか?

試してみる分には、どちらも無料ですから。

MFクラウド、freee、やよいの比較と違い。個人事業主にオススメのクラウド会計ソフト。

 

法人の経理にもオススメ。ホント会計ソフト革命です。

中小企業向けの会計ソフト比較。小規模法人にオススメのクラウド会計。

そりゃ、税理士の仕事にも影響でるよね。

 

P.S.

資産管理や経理業務。個人事業主には必須です。

マネーフォワードは、

そんな弱小個人事業主の手間を減らしてくる、

素晴らしいツールだと思います。

 

ネットビジネスは、ほとんどWEB上の取引なので、

WEBデータ取り込み→自動帳簿入力・・・で終了。

確定申告の手間は、ほぼ無くなってしまいますね。

 

いかに人件費をかけず、作業を効率化するか?

作業的な業務はなるべく時間をかけず、サクっと終了させたいですからね。

 

自分で無くともできる作業。

作業の時間はなるべく減らして、利益に紐づく行動ができる時間を、

どんどん増やして行きまっしょい。

 

その記帳業務に税理士は必要ですか?

MFクラウド会計も一つの方法です。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

2 Responses to “マネーフォワードとマネールックの比較と違い。Money Forwardの初期設定と使い方。”

  1. 熊本の物販経営者 くまモン より:

    KJ新谷 様

    いつも大変勉強させて頂いております。

    今回の『マネーフォワード』!

    流石!というか情報のキャッチが早くて改めて関心しております。

    というのは、新谷様の記事を読み長年(8年程)使っていた
    マネールックと弥生会計が連動する事を知り、早速導入したのですが
    正規品しか連動が出来ずにどうしようか迷っていました。
    ↑当たり前ですが・・・

    そこに堀江さんのブログか何かでマネーフォワードが紹介されており
    革命的な使いやすさに感動感激したのを覚えています。

    そして、新谷様にご連絡しようと思ってのですが
    忙しさにかまけて久々にHPを拝見したら既に情報をキャッチしていたという
    所で感想を書かせて頂いております。

    新谷様が感じた事と同様に私もこのソフトの革命的な
    使いやすさに税理士が居なくなる心配をしてしまう程です(笑)

    私のクライアウントにも導入を勧めましたし
    勉強会にも紹介させて頂きました。

    今後もこういった素晴らしい情報を提供してくださる様
    応援しております。

    PS.
    記事は1/3程拝見しましたが、まだまだ先が長いです^^;
    ゆっくりですが毎回勉強させて頂いております。

    くまモン

    • KJ Shintani より:

      くまモン 様

      いつもご覧頂いてくれている様で、嬉しい限りです。
      ありがとうございます。

      MoneyLook for 弥生は、
      MoneyLookのアカウントでは使えず、
      全くの別の弥生のサービスだったので、
      そういった面でも「マネーフォワード for Business」の方が、
      使い易いかと思います。

      いずれにせよ、自動取り込み、自動記帳は、かなり良いですよね。
      ホント税理士要らずです。笑

      今後も、つまらない記事も多いかと思いますが、
      暇な時にでも、ご覧頂けると幸いです。

      コメントありがとうございました。

      新谷

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ