消費税の増税に対応する。販売手数料の増加と配送手数料。

遂に、来週には増税ですね。

消費税5%→8%へ。

 

いつの売上が消費税8%になるのか?

ニュースでも、かなり話題になってますが・・・。

我々小売業は、消費税増税は、かなり深刻な問題です。

 

消費税が増税すると、

納税額の上昇だけでなく、

売上も減少し、様々な経費が増加します。

 

もちろん配送料も増加しますし、販売手数料も負担増です。

レターパック、郵送料金値上げの注意点!4月より料金不足で利用不可・・・の対策。

 

よって、消費税が変わる事により、様々な修正が必要となります。

本日も朝からやってますが、一向に終わる気配が無い・・・

 

消費税増税による、販売手数料への影響について

落札手数料について。

ヤフオクは・・・変わらないみたいです。

ヤフオク!ヘルプ – 出品に必要な利用料(2013年10月16日以降の出品)

 

 

バイマは成約手数料が5%→7%に変わります。

かなり上がりますね・・・

何故2%も成約手数料があがるのかは、謎。

①消費税改正に伴う対応のお知らせ

日本時間2014年4月1日より実施される消費税改正に伴う新消費税率適用につき
以下の通りご案内申し上げます。

・成約手数料(到着通知時に、バイヤー側にかかる手数料)
※日本時間2014年4月1日以降の到着通知分より、消費税率8%が適用されます。

・その他各種振込手数料
※日本時間2014年4月1日以降の発生分より、消費税率8%が適用されます。

②成約手数料率改定のお知らせ

日本時間2014年4月1日より、
成約手数料率を商品価格の5%→7%に改定させていただきます。
※日本時間2014年4月1日以降の注文分より、成約手数料率7%が適用されます。

※参考→BUYMA Buyers info : 新消費税率適用および成約手数料率改定について(3/3更新)

 

アマゾンは、販売手数料は変更無しですが、

アマゾンFBAの手数料や、

配送料や、代金引換決済手数料は変更となります。

■ Amazon出品サービス関連
大口出品サービスの登録料、および販売手数料: 変更なし
小口出品サービスの成約料、および販売手数料: 変更なし

■ FBA手数料
変更あり:手数料の消費税率を8%に変更

■ その他Amazon.co.jpが規定する手数料・配送料
1).  代金引換決済手数料: 変更あり
2).   本、ミュージック、ビデオ・DVD商品の配送料:変更あり

※メールより転載。各自アマゾンからのメールを、ご確認下さい。

アマゾンのFBA手数料って、相変わらず良くわからない。

アマゾン手数料の変更は、多々あることなので、半分諦め感。

 

ヤフオク、アマゾン、バイマの販売価格、配送料を変更する。

販売手数料は基本変わらないですが、

販売に係る費用が変わりますので、価格変更しないといけない。

以下、私の場合です。

 

ヤフオク!ストアアカウントの場合、

4月以降の新規出品した商品は、

現在の価格と税込み価格が併記されるようになります。

表示例:現在の価格:1,000円(税込1,080円)

※再出品の場合は、従来表記のままになる様です。

個人アカウントの出品商品は、課税する事ができません。よって税込価格表記のみ。

詳しくは→ヤフオク!における課税事業者の皆さまの出品形態の変更および消費税表示について(追記あり) – お知らせ – ヤフオク!

 

ヤフオクは以前より、税込み価格で、出品しているので、

配送料の表記のみ変更する。

出品商品毎に、宅配便の料金、

特に、全国一律のクロネコメール便や、

レターパック、定型外の料金に気を付けて変更する。

 

バイマは、送料込、税込で販売しているので、

増税額分を、全体的に上乗せ価格に変更する。

バイマ成約手数料の5→7%の上昇分を計算する事を忘れずに。

 

アマゾンの場合。

価格表示は、4月以降も税込価格との事でしたので、

増税のタイミングで、

価格を増税分を含んだ価格で更新しないといけない・・・

送料も、エリア毎に変更。

 

販売価格と、送料が上がるという事は、

結果的に販売手数料が、かなり増加するので・・・

それを見越した販売価格の設定が必要です。

 

アマゾンは送料にも手数料取られてますから!!

→ アマゾンの販売手数料。送料も販売手数料に含まれる。

 

ネットショップの販売価格、配送料を変更する。

ネットショップの販売価格ってどうされます?

結構、税別表記が多くなってますが・・・

ネットショップの販売価格を全て税別表記へ・・・する?

 

いずれにせよ、これが非常に面倒。

税別表記にする場合、

今まで税込で1980円にしていたのを、

そのまま税別にすると、高くなってしまうので・・・

1886円にするとか?

 

もしくは諦めて、税込1980円のままにするか?

→そうすると利益はかなーり減少。

 

もちろん配送料の変更が必要です。

私は全国一律でやってますので、割と楽ですが・・・

販売価格の設定は悩みます。

 

管理表の利益計算。エクセルの計算式を変更する。

エクセルで販売価格を入力すると、

自動で販売手数料や、送料、利益や利益率を計算できる様にしています。

こういった管理表を使っている場合、

全ての数値を見直して、入力し直す必要があります。

 

金額が大きくなると、数パーセントの違いが命取りとなります。

資金管理の為にも、なるべく正確な利益の計算は必要です。

 

消費税増税の対策まとめ。・・・で?どうすんの?

やはり、販売価格の設定が非常に難しいですね。

各プラットフォームにより、販売価格の表記が異なるという点が、

非常に厄介です。

 

ヤフオクなんかは、基本的に税抜き価格ですし、

バイマは送料込の値段表記が一般的。

アマゾンでは、税込価格で表記しないとイケない。

じゃぁ、ネットショップはどうする?

 

しかも、変更するにも商品点数が多すぎる・・・

 

増税分を上乗せして、税込価格で販売すると、

その分も、販売手数料は高くなるので・・・

アマゾンでは、税込価格で表記しなければならず、

販売手数料は相変わらず高い。

よって、絶対に利益率は下がるよね?

 

全体的に利益率が減っても、

販売者、消費者ともに、

分かりやすい価格設定にすべきかと・・・

お互い面倒なのは嫌でしょ?

 

P.S.

ネット販売の場合は、発送日で計上するとか?

販売日で計上にするか?

なんかニュースで話題になってますね。

じゃあ、日をまたぐ営業をしている場合は?

24時間営業の場合は?

 

税務処理の方法次第なのかもしれませんが・・・

これって、 正直、販売者次第じゃね?

 

3月注文で、4月発送になってしまうのは、

なんか販売者側の都合の気もするし、

その消費税の不足分って、どうやって請求するんだろう?

 

まぁ、私は弱小個人事業主なんで、

そんな事言ってられるのかもしれませんが・・・

多少の増税分は、販売者側の負担でも良いんじゃないかと思ったり。

・・・思わなかったり。

 

送料なんかも、発送日で変わってしまうので・・・

やはり切換えのタイミングでは、

販売者が、多少なりとも増税分を負担する事になってしまいそうです。

 

という訳で、私は3月中の注文は、消費税5%でいきます。

価格修正の間に合わなかった、

4月上旬の注文も、恐らく消費税5%な感じになってしまうかと。笑

あくまで、お客様への請求価格の話です。  

 

送料も販売価格も、

そういった事を想定して、

予め利益の取れる、価格設定をしていれば良いだけの事ですからね。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ