年末年始は行くぜ海外!って事で。

海外行くなら考えなければイケない、現地通貨の持ち込み方法。

 

国内の金融機関で外貨両替するのは、

アホらしいほどに手数料を取られるので、

特殊な国へは行かない前提で、お得な方法を考えてみた。

 

外貨両替や、現地通貨を引き出す方法も様々、

クレジットカード、国際キャッシュカード、デビットVISA、トラベルプリペイドカード・・・

トラベラーズチェック無き今、

海外専用プリペイドカードがアツいらしい。

とられる手数料って為替手数料だけじゃないから、非常に比較し辛い。

で、結局何がお得なん?って事で調べました。

海外専用プリペイドカードの為替手数料

誰でも気軽にクレジットカードが所持できる時代。

与信審査すらも不要の海外専用プリペイドカードが多々あります。

入会金、年会費も無料で維持費もかからず、外貨手数料も安い。

本当に誰でも所持できるのに、為替手数料も安いのか?

 

海外プリペイドカードの為替手数料

 

プリペイドカードって事で、4~5%の手数料が一般的。

基本的には、一般的なクレカに比べて損する感じですが、

マネパカード に限っては、手数料が異様に安いです。

事前に入金する為の手数料(チャージ手数料)も無料だし。

※キャッシュパスポートの場合は入金手数料1%

 

一般的なクレジットカードの為替手数料は、

VISA・Masterで1.6%がほとんどなんで・・・

国際ブランドの海外為替手数料

  • VISA:1.63%
  • Master:1.63%
  • JCB:1.60%
  • AMEX:2%
  • ダイナース:1.3%

海外クレジットカード決済の為替レート比較。国際ブランドによる事務手数料の違い。

 

マネパカードの為替手数料0.7%って凄い安い・・・。

クレジットカードと比べて手数料50%以上も安くなる。

KS001834

FX会社だからこんなに安いのか?

対応通貨も、アメリカドル、ユーロ、イギリスポンド、

オーストラリアドル、香港ドルと主要通貨には対応しています。

※対応通貨以外では+3%の手数料が発生します。

 

また、ネットバンク所持者なら、

無料で使えるデビットカードこと国際キャッシュカード。

ネットバンク比較まとめ。個人事業主の事業用口座にオススメの銀行。

海外プリペイトカードの為替レートと比較しても悪く無い数字。

デビットカード(国際キャッシュカード)為替手数料の比較まとめ

  • ジャパンネット銀行(VISAデビット):3.02%
  • 楽天銀行(VISAデビット、JCBデビット):3.024%
  • 住信SBIネット銀行(VISAデビット):2.5%
  • セブン銀行(JCBデビット):3.0%
  • ソニー銀行(VISAデビット):1.76%
  • イオン銀行(VISAデビット、JCBデビット):1.60%
  • 三菱東京UFJ銀行(VISAデビット):3.0%
  • 三井住友銀行(VISAデビット):3.0%
  • スルガ銀行(VISAデビット):3.0%
  • りそな銀行(VISAデビット):2.5%
  • みずほ銀行(JCBデビット):3.4%

海外クレジットカード決済の為替レート比較。国際ブランドによる事務手数料の違い。

 

楽天デビットVISAは、何度か海外ショップで使った事が有りますが、

一般クレカに比べると、やはりレートは悪いです。

 

イオンデビットカードに至っては、1.6%と為替レートも良いですが、

私は使ったことが有りませんので、実際の為替手数料は未知数。

海外ショッピングのご利用は、日本円に換算された利用金額に対して、イオン銀行所定の海外取引関係処理経費(1.60%)がかかります。

イオンデビットカード|暮らしのマネーサイト

海外取引関係処理経費、海外事務手数料、為替手数料・・・

海外決済に伴う費用っていうイメージで宜しいでしょうか?

 

海外プリペイドカードの海外ATM利用手数料。

クレジット決済をしないで、現地通貨に両替する方法。

海外ATMで現地通貨を引き出した場合の手数料を考える。

海外プリペイドカードのATM利用手数料は、各社横並び。

 

海外プリペイドカードのATM利用手数料

  • マネパカード:2USD/回 (為替レート+0.7%)※通貨により異なる。
  • NEO MONEY:200円/回(為替レート+4%
  • キャッシュパスポート:200円/回 (為替レート+4%
  • MoneyT Global:200円/回(為替レート+4%
  • Visa TravelMoney Gonna:200円/回(為替レート+4%

 

通貨により手数料が異なるカードがあるものの、

基本的には1回約200円って感じ。

為替手数料差の分、やはりマネパカード がダントツでお得。

※ATM利用手数料は、現地のATM運営者が設けている手数料が別途かかる場合があります。

 

一方、金融機関の国際キャッシュカードの手数料は?というと。

ATM利用手数料は無料となっている銀行も増えている。

 

国際キャッシュカードの海外ATM利用手数料

  • ジャパンネット銀行:無料(為替レート+3.02%
  • 楽天銀行:無料(為替レート+3.024%
  • 新生銀行:無料(為替レート+4%
  • 三菱東京UFJ:100円/回(為替レート+3%
  • シティバンク:200円/回(為替レート+3%
  • イオン銀行:200円/回(為替レート+1.6%

 

基本的に、海外プリペイトカードよりも安めだけど、

やはりマネパカード の安さには敵わないですね。

 

私が学生の頃は、シティバンクや新生銀行が有力だったんですが・・・

現在では、格安ネットバンクの登場で、

新生銀行や、シティバンクは割高なイメージです。

 

ATM利用手数料が無料でも、

為替レートを考えたら、1回200円払ってでも、

為替レートが安い方を利用した方が、得する可能性も高い。

為替レートが1%変われば、1万円で100円違います。

 

数万円単位で引き出すなら、為替レートが安いやつ。

マネパカードと、イオンデビットカード辺りが良さそうです。

 

クレジットカード海外キャッシングの金利と手数料。

手数料払って外貨両替するくらいなら、

クレカで海外キャッシングした方が断然お得という話。

何故キャッシングでお得になるのか?

 

クレジットカードで、海外キャッシングした場合、

基本的に外貨両替手数料が無料となるカードがほとんどです。

 

一般的なクレジットカードの海外キャッシングに伴う費用

  • 為替手数料(事務手数料)は無料となる
  • 海外キャッシングの金利:年利18%
  • 海外ATM利用手数料/1回:1万円以下108円、1万円超216円

※クレジットカードにより、微妙に異なります。

 

キャッシング利息の年利18%が発生する代わりに、

1.6%とか、1.63%の事務手数料が無料となります。

クレジットカード決済するよりも、キャッシングした方が為替レートは断然良い

実際、同日同時刻にカード決済したVISAクレカよりも、

キャッシングしたVISAクレカの方が、断然レートが良いのを体感できました。

  • 1月25日のクレカ決済 → 換算レート 85.543円(VISA)+1.943
  • 1月25日のキャッシング → 換算レート 84.21円(VISA)+0.61

海外キャッシングと海外クレジットカード決済と現金両替の為替レート比較。 | とりあえずバンクーバー。

 

キャッシングと聞くと、べらぼうに高いイメージですが、

為替手数料が無くなる分、為替手数料と比べても大して高くも無い。

返済方法も難しく無く、

ショッピング利用と同様、基本的には翌月一括返済となります。

※初期設定でリボ払いにされている事も有ります。

 

年利18%はあくまで年利。

カードの締日と支払日を考えると、

通常1カ月~2か月の借入期間となり、

払う金利も、期間が短い分安く済みます。

※クレジットカード会社により、締日と支払日は異なります。

  • 締日:5日、10日、15日、末日・・・
  • 引落日:1日、2日、4日、10日、27日・・・

MFクラウド会計で確定申告する。使って気付いたデメリットと注意点。

 

例えば、5万円分の外貨を30日~60日間キャッシングした場合、

50000円×18%÷365日=1日24.7円

24.7円×30日~60日=741円~1482円

741円~1482円÷50000円=1.48%~2.96%

30日~60日の借入期間なら、約1.5~3%の金利で済んでしまう計算。

これにATM利用手数料216円/1回が乗っかる感じです。

 

海外キャッシングした場合の手数料目安

  • 5万円:741円~1482円216円
  • 10万円:1479円~2958円216円
  • 20万円:2958円~5917円216円

 

また、上記は30日~60日借りてる前提の金額なので、

繰り上げ返済することにより、金利は更に安くなります

繰上げ返済の方法も難しくは有りません。

銀行振込返済、ATM返済、ペイジー返済にも対応しているところは多いです。

※参照→海外キャッシングの利用方法。お得に両替する為に注意すべき事。 | とりあえずバンクーバー。

 

海外キャッシング手数料は1.5~3%+216円と考えると、

国際キャッシュカードや、海外プリペイドカードに比べても安く感じるかと。

 

クレカの海外キャッシングも、現地ATMで利用可能。

180カ国以上のATMで手軽に使えるから。

 

クレカで決済が一番お得。外貨両替は最低限に。

外貨両替手数料が安いところを調べてたんだけど、

結局のところ、クレジットカード決済が一番お得だよねって結論。

ATM利用手数料も発生しないし、為替手数料1.6~1.63%はやっぱり安い。

クレジットカードにはポイント還元も有るし、

高還元率のクレジットカードなら、外貨手数料分くらいはペイできるかと。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

 

現地通貨への換金は最低限に抑えて、

なるべくクレジットカード決済をする。

足らなくなったら海外キャッシングを利用する。

海外キャッシングは、他の外貨両替サービスと比べても安い

クレカだけで済むなら、分かり易く面倒な手間も無い。

 

海外へクレジットカード持ってくのが怖いという人。

現地で大金を持ち歩く事ほど、怖い事は無いです。

クレジットカードなら紛失しても、補償が効きます。

無料のクレジットカードでも、様々な旅行保険が付帯してます。

サブカードにオススメの年会費無料クレジットカードまとめ。

なにより、クレジットカードは為替手数料が安いです。

 

それでもクレカが持てないなら、マネパカード

他社海外プリペイドカードと比べても、手数料が断然安く、

手数料0.7%ってクレジットカードの為替手数料よりも安いです。

IMG_1674

16歳以上なら審査も不要で、初期費用も年会費も無料

プリペイドの手間を除けば、デメリットも無い。

気を付けるべきは5通貨のみ手数料が安いという事。

米ドル、豪ドル、香港ドル、英ポンド、ユーロ圏なら間違いなくマネパカード です。

 

間違っても海外旅行前に、その辺の銀行でまとめて両替しないように。

大手金融機関は、外貨両替手数料も大手です。