オススメの多ボタンマウスG602とG700sの比較と違い。

ロジクールの多ボタンマウス。

ゲーミングマウスという位なので、本来はゲーム用なのですが、

そのボタン多さの故、仕事用、作業用にもオススメ。

多ボタンマウスG602 G700

ショートカットキーや、マクロ登録できるので、

片手で、ボタン一つで、様々な入力ができてしまいます。

 

入力作業の大幅な、時間短縮になるので、

私自信、様々な多ボタンマウスを利用し、

結果、G700(G700S)をオススメしてきました。

LOGICOOL 【FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア WINDOWS版 推奨】 充電式ゲーミングマウス G700s

多ボタンゲーミングマウスで作業効率アップ。ロジクールG700が最強。

ゲーミングマウスG700のマクロ設定&ショートカットキーで作業効率化

 

 

で、昨年末に、更に素晴らしい、多ボタンマウス購入しました☆

ロジクール「G602」です。

LOGICOOL ワイヤレス ゲーミングマウス 最大稼働250時間 G602

昨年末に購入して、今更ですが・・・

まぁ、実際数カ月使用してみないとわからないんで・・・ね!?

 

Logicool ワイヤレスゲーミングマウス G602の付属品。

毎度恒例、商品写真と内容物ですね。

不要な方は、すっ飛ばして下さい。

 

外観、外箱。
G602外箱

 

G700Sと、似ていたので並べてみる。

左がG700S、右がG602。箱サイズは一緒。
G602とG700S

 

開けてみると、こんな感じ。
G602オープン

G700S同様、高級感あります。

 

付属品は、G700より、G602の方が微妙に少ない。
G602付属品

レシーバー、レシーバー延長ケーブル、保証書、マニュアル。

G602は、ワイヤレス専用なので、USBケーブル(充電ケーブル)無し。

 

ちなみにG700SとG602は、レシーバーも違います。
G700,G602レシーバー

G700Sは1000Hz、G602は500Hzです。

 

メインマウスをG602へ変更した理由。G700Sと比較する。

あくまでビジネス利用での比較です。

ゲーミングマウスとしては扱いませんので、ご参考までに。

 

G700Sといえば、もう最高のマウスなのですが、

唯一の難点は、ワイヤレスの稼働時間。

電池持ちが非常に悪いという点です。

 

私の場合、1日しか持ちません。

エネループプロに交換しても、頑張って2日弱です。

G700にeneloop pro エネループプロを使用。バッテリー容量をUP☆

 

で、G602の場合は、

スタミナモードで、最大1440時間ワイヤレスで使えます!

パフォーマンスモードでも、最大250時間も利用可能。

私は、ゲームには利用しませんので、

スタミナモード(省エネモード)で全然問題無いわけです。

 

1440÷24=60。

およそ、2カ月も電池交換せずに利用可能となります

毎日充電していたのが、嘘みたい・・・

マウスの先っちょにコードを差す、あの煩わしい作業・・・不要です!

↓あの煩わしい作業
G700S充電中

 

サイドのボタンが4個から、6個になったのもありがたい。

左G700S、右G602
サイド比較G602

 

無線専用なので、先っちょのUSB接続穴が無くなったのも好感。

左G700S、右G602
G700とG602比較1

 

なにより、値段が安いですから。

G700Sより1000~1500円は安いと思います。
※価格変動の際はご了承下さい。

LOGICOOL ワイヤレス ゲーミングマウス 最大稼働250時間 G602

私はロジクールの多ボタンマウスという時点で、

何も考えず購入してしまったのですが・・・笑

かなり、当たりでした。

 

G700Sの方が優れていると思う点。G602のデメリット。

G602は、多ボタンで電池の持ちが良い。

それだけで、文句は言えないのですが、

敢えて言う、G602のデメリット。

  1. 充電式では無い。
  2. スクロール切換ボタンがない。
  3. 左右スクロールができない。(チルト機能非対応)
  4. ボタン数と、大きさ、解像度の違い

 

充電式では無い。

充電式では無いので、

付属電池は普通の電池です。
普通の電池

 

稼働時間が長いので、充電式である必要は無いのですが・・・

エネループで無いのは、なんとなく残念。

 

私は、即エネループプロに交換しましたけど!
エネループプロG602

電池もブラックにする・・・見えないオシャレです。

Panasonic eneloop pro 単3形充電池 4本パック(ハイエンドモデル) BK-3HCC/4

 

スクロール切換えボタンが無い。

スクロール切換えボタンが、G602には無いです。

G700Sで、スクロール切換えボタンがあった部分、

G602では、省エネモード切換えボタンになってます。

 

左G700S、右G602
IMG_6850

 

スクロール切換えボタンって、

スクロールのカチカチ感を無くして、

スルスルスルーって、スクロールするようにするヤツです。

 

私は、エクセルの管理表で割と使っていました。

商品数が膨大になると、スクロールするのも大変ですから。

G602にしてからは、スクロールボタンで代用してます。

 

左右スクロールができない。ホイールチルト非対応。

G700sではホイールで横スクロールできたのに、G602では不可です。

私は、縦設置のディスプレイで作業する事も多いので、

横スクロールって、まぁまぁ使います。

 

フルHDのディスプレイを縦設置だと、

画面に表示しきれないWEBサイトも多いです。

これもスクロールボタンで代用できるので、まぁ仕方ない。

 

ボタン数と、大きさと、解像度の違い

あとは困らないけど、気付いてしまった負けている点。

 

プログラム可能なボタン数が違います。

G700S 13個 → G602 11個

私は10個あれば足りるので問題ナス。

 

また、G602の方が、大きさが若干小さいです。

G700に慣れていたので、最初はちょっと違和感でした。

 

ビジネス用途なので、解像度なんかは気になりませんが、

解像度は、やはりG700sの方が優勢。

  • G700s → 8200dpi
  • G602 → 2500dpi

電池の持ちが全然違うので・・・仕方ナシ。

ていうか、違いがわからないので、問題ナス。

 

使ってみてわかった点は、そのくらい。

 

耐久性は2000万クリックで変わらないみたいですね。

まぁ、ロジクールは3年保証があるんで無敵です。

G700でチャタリング発生→G700Sへ無料交換。ロジクールの保証期間は3年!

 

G602でチャタリングが発生?故障で修理に出す前に。

今回G602を購入して即、サイドボタンで不具合が発生していました。

 

私はコピー&ペーストをサイドボタンに割り当てているのですが、

ペーストを押すと20回くらい連続してペーストされてしまう現象。

また、別のボタンを押しているのに、違うボタンが作動してしまう。

・・・困ったので、すぐに修理を出す。

再度、新しいパッケージ届く。

使う。

また多重ペースト、誤作動。汗

 

もしや、マウスが原因では無く、ゲームソフトウェアの設定が問題?

私は省電力になるかと思って、

レポートレートを最低の125にしていたのですが、

・・・コレが原因でした。

レポートレートを500に上げてみたところ、非常に快適に使える様になりました。

g602チャタリングの原因

すいませんロジクールさん。

新しいマウスまで送って頂いたのに・・・

というわけで、私の様に上手い事動作していない方。

参考までに。

 

ロジクールはサポートも最高です。

よって、G602は最高のマウス。

LOGICOOL ワイヤレス ゲーミングマウス 最大稼働250時間 G602

多ボタンマウスの割り当てするには、ショートカットキーの把握も必要です。

作業効率化にショートカットキーは欠かせない。愛すべきホットキー達。

多ボタンマウス同様、マウスジェスチャーもオススメです。

無料で作業効率がアップする「マウスジェスチャー」は、かなり使える便利ツール。

 

使える時間は限られています。

少しでも時間は有効に使いましょう。

 

P.S. 1

余裕があれば、マウスパッドにも、気を配る事をオススメします。

史上最強のマウスパッド、エアーパッドプロを買ってみた。注意点と評価。

多ボタンマウスは重いですから、滑り具合は重要です。

 

ちなみに、愛用のキーボードはこちら

マイクロソフト最新エルゴノミクス キーボード Sculpt Ergonomic Desktop L5V-00022・・・到着!

キーボードで文字を打つ速度、疲労感も変わります。

 

設備投資。

費用対効果を考えると、これくらいは安いかと。

要らない情報に、お金を払うよりは・・・良いでしょ?

確実に使えますから。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ