2014年4月。

オンラインのクレジットカード決済サービス革命・・・

 

遂に「SPIKE」のオープンβ版が一般公開されましたね。

SPIKE(スパイク) – 決済手数料0%のオンライン販売サービス

 

気になるのが料金。

SPIKE料金

※参考→価格 – SPIKE(スパイク)

 

フリープランの場合、

初期費用無料月額費用も無料

月額100万円の取引まで、決済手数料無料って・・・

 

どうやって成り立つんだ?このサービス?

マネタイズ方法は全く見当が付きませんが・・・

 

よく見てみると、気になる項目があります。

振込手数料、返金手数料、チャージバック手数料・・・

ペイパルの場合は、無料になる場合多くね?

というわけで、比べてみまっしょい。

SPIKE改悪。2016年4月1日より限度額10万円へ。※追記

どうやって、マネタイズするんだ・・・という疑問の中、

やはり、SPIKEはマネタイズ不可能だったっぽい。

SPIKEリニューアルという名目の改悪となりました。

【背景】

SPIKEをご利用いただいているユーザー様も20万を超え、急激にサービスが拡大しておりますが、フリープランにつきましてはより多くの個人の方にご利用いただけるようリニューアルさせていただくこととなりました。

【変更内容】

フリープランの決済手数料は以下の通りです。※価格は税別です。

変更前 現料金プラン
月額費用      : 0円
無料枠       : 月間クレジットカード決済金額100万円まで
決済手数料     : 超過分に対して4.00%
トランザクション料 : 超過分に対して30円

変更後 新料金プラン
月額費用      : 0円
無料枠       : 月間クレジットカード決済金額10万円まで
決済手数料     : 超過分に対して3.90%
トランザクション料 : 超過分に対して30円

【100万円無料枠の提供終了日】

2016年3月31日(木)23:59:59 UTC ※日本時間 翌日8:59:59
以降のご注文に対しては、10万円を超過した売上に対し決済手数料が発生します。

2016年3月10日 フリープランのリニューアルに関するご案内 – SPIKE ヘルプ

無料の決済枠が100万円→10万円と、10分の1の無料枠へ。

10万円以降は、決済手数料も3.9%+30円とられるので・・・だったらPaypalが良いですね。

フリープランでは、JCB、AMEX、Dinersブランド決済もできなくなってます。

 

かといって、ビジネスプレミアムは月額3000円

VISA、Masterの決済手数料は2.55%~+10円

JCB、AMEX、Diners決済は月額5000円も必要で、更に決済手数料も3.4%+30円

振込手数料500円、返金手数料250円、チャージバック手数料1500円は変わらず。

Paypalには敵わなかったって事で、私はもぅ使うのを辞めました。

SPIKE使うなら、メジャーなPaypalをオススメします。

以下は、過去の比較です。そのまま残しておきます。

 

SPIKEとPAYPALのメリット・デメリット。

Paypalのプレミア(ビジネス)アカウントと、Spikeのフリープランを比較します。

初期費用、月額費用は、両サービスともに無料。

 

主に違うであろうポイントは

  1. 決済手数料
  2. 振込手数料
  3. 返金手数料
  4. チャージバック手数料
  5. 決済方法

 

クレジットカードの決済手数料を比較する。

Paypal決済手数料 – 3.6%+40円(国内、標準レートの場合)

SPIKE決済手数料 – 100万円まで無料(100万超過の場合4.0%+30円)

 

一般的にクレジットカードの決済手数料は4~5%取られるので、

Paypalでも安かったのに・・・、SPIKEは無料です。

 

100万超えた場合でも4.0%+30円だし、

ビジネスプレミアム(30日間3000円)なら、1000万円まで決済手数料無料

1000万円超過しても2.5%+30円です。

 

また、SPIKEのフリープランとビジネスプレミアムは、決済金額上限が違います。

SPIKE – フリープランとビジネスプレミアムの違い

大きな違いは、以下になります。
・一回あたりの決済金額上限
フリープラン 6万円 ビジネスプレミアム 最大30万円

※参考→ビジネスプレミアムについて – SPIKE ヘルプ

SPIKEで6万円以上の高額商品を扱う場合は、ビジネスプレミアムで無いと使えませんね。

まぁ、Paypalも支払う側が限度額解除していないと、10万円という制限があるので・・・

 

一般的なオンライン決済サービスの場合、

100万取引しただけで、4万前後は決済手数料とられるので・・・

SPIKEが、如何に凄いか。

 

振込手数料を比較する。

Paypal振込手数料(引き出し) – 基本無料(5万未満は250円)

SPIKE振込手数料 – 500円

 

Paypalは5万以上の振込は無料となるので、

恐らくほとんどの方が、5万以上貯まってから振込にしてるのでは?

SPIKEの場合は、金額にかかわらず500円の振込手数料がかかります。

しかも、売上金は毎月末払いで指定銀行口座に振り込みしなければなりません。

振込依頼はいつまでに申請すれば良いですか? – SPIKE ヘルプ

よって、SPIKE決済が発生する場合、

毎月500円の費用が発生するという事です。

 

返金手数料を比較する。

Paypal返金手数料(払い戻し) – 基本無料(全額返金の場合)

SPIKE返金手数料 – 250円(3日以内は無料)

 

Paypalは支払い日から60日以内の返金は無料です。

※一部返金の場合は手数料が取られます。

注文キャンセルや、不良品返品、取り寄せ不可・・・

返金する理由は様々ですが、ペイパルなら無料です。

 

SPIKEは、返金手数料は250円ですが、3日以内は無料となります。

返金(注文キャンセル)の際に処理手数料は発生しますか? – SPIKE ヘルプ

注文ミス等のキャンセルも多いので、3日以内はありがたいですね。

 

チャージバック手数料を比較する

Paypalチャージバック手数料・・・1300円※請求する場合がある。

SPIKEチャージバック手数料・・・1500円

 

チャージバックされたら・・・基本的にアウトですけど。

さらにチャージバック手数料も取られます。

高額取引にはくれぐれも気をつけましょう。

 

PaypalとSPIKEの決済導入方法

Paypalは、様々な決済を導入する方法があるのに対し、

SPIKEは、決済リンクを貼りつけて使うという方法。

 

これは販売方法にもよると思いますので、

なんとも言えませんが、

やはり普及しているPaypalの方が、様々な方法で請求できるかと。

 

カラーミーショップにSPIKE決済を導入する方法。

ネットショップといえば、カラーミーショップ

初心者のネットショップ出店について。ショッピングカートの比較と違い。

カラーミーにSPIKE決済を登録して、

注文があったら、SPIKEで決済ページ作成 → ページへのリンクメールを送る感じです。

 

カラーミーショップでSPIKE決済の設定をする。

カラーミーショップにSPIKE決済を導入するのは、

カラーミーショップにPaypal決済導入の時と同じです。

詳しくは→カラーミーショップとクレジット決済。Paypal決済の導入方法と発生する費用。

 

カラーミーショップの管理画面より「ショップ作成」→「決済設定」

決済方法の新規登録より、

決済タイプ「その他」を選んで「新規作成」をクリック。

 

決済名は、「クレジットカード決済(SPIKE)」が無難です。

KS000927

※説明欄は適当です。くれぐれも真似しない様に。

 

あとは、注文が入ったら、SPIKE決済ページを作成するのみ。

SPIKEで決済ページを作成して、お客様へ案内メール(商品URL)を送る。

SPIKEで決済して頂く為の、商品ページを作成します。

SPIKEにログインして、

ダッシュボード画面から、「商品を作成する」をクリック。

KS000931

 

商品を作成画面より。

商品名、金額、商品の詳細入力して「保存する」だけで、商品ページ作成できます。

KS000932

 

商品登録すると、商品URLが発行されます。

KS000933

あとは、表示されたURLを、お客様へメールで送って決済して貰うだけ。

支払い方法の説明してURLを挿入って感じです。

 

ちなみに、商品URLをクリックして、商品ページを表示するとこんな感じ。

KS000934

 

いますぐ支払うを押すと、クレジットカード情報を入力画面になります。

KS000939

Paypalよりも分かりやすいので、お客様も安心して決済できそう。

全て日本語表記だし、デザインもシンプルで分かり易い。

 

商品画像を登録したり、在庫の設定したり、

購入後にメッセージを表示したりもできます。

KS000935

お客様に請求する場合は、「検索エンジンに登録しない」にもチェックした方が良い。

 

商品画像を登録すると、こんな感じ。

KS000938

これならSPIKEだけで、簡易ショップも作成できそう。

物販ショップだけでなく、様々なサービスにも活用できますね。

 

SPIKEは導入すべきなのか?

初期費用無料で、固定費も無料、決済手数料も無料なので、

とりあえず導入してみようかと思います。

直感的に操作もできて、すげぇ簡単。

非常に良いと思います。

振込手数料500円が、若干気になりましたが、

毎月2万円も決済すれば、決済手数料の元はとれますからね。

 

あと気になるのは、SPIKEは、できたばかりのサービスって事。

オープンベータ版って事くらい。

ビットコインの様にならなきゃ良いけど・・・

 

今後は完全無料化を目指すという言葉を信じて。

Paypalも初期の頃よりも、どんどん使いやすくなっているので、

SPIKEの今後に期待です。

 

というわけで、とりあえずアカウント作って、

近いうちに、ネットショップとかとか・・・導入してみます。

 

月商100万のクレジット決済をSPIKE決済にするだけで、3~4万の利益増

クレカ決済手数料って、マジで馬鹿にならない。

 

ネットショップ運営ついては、下記記事も参考に。

カラーミーで売れるとネットショップを作る方法。運営と集客に必要な費用。