ポイントサイトの換金制限。ハピタスとげん玉のデメリットを比較する。

以前より度々出てくる、

国内キャッシュバックサイト、ハピタス

☆過去記事☆

国内仕入れもキャッシュバックサイトを利用。ハピタス!

最安値アマゾンよりも、お得に買う方法。ハピタス経由でキャッシュバック。

 

最近は国内サイトで、商品を仕入れる事も多くなったので、

ハピタスポイントも、かなーり貯まります。

国内キャッシュバックサイトも、なかなかの高還元で馬鹿になりません。

 

高額な備品の買い物や、仕入れをハピタス経由でバシバシしていると、

ホント数万円分のポイントがあっという間に溜まります。

 

で、今回困ったのが、溜まりすぎたハピタスポイント。

交換しようとして気付いてしまった!!

ハピタスの換金は、月3万円までしかできない!?

ハピタス交換上限額オーバー

マージでぇー。

 

間違いなく利用する様に心がけていたので、

毎月数万ポイント還元されていたのですが・・・

今回初めて制限にひっかかる。汗

 

というわけで、ポイントサイトには換金制限があります。

お気をつけ下さいませ。

 

最近は、キャッシュバックポイントが変わらないようでしたら、

げん玉を先に利用するようにしてます。

その理由は、換金制限の上限金額の違いです。

ハピタスとげん玉。ポイント交換の換金制限を比較する

ポイントサイトには換金制限がある。

まぁ、考えてみたら、そうですよね。

というわけで、換金制限について調べました。

 

ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

1ポイント→1円

交換限度額:一ヶ月につき30,000ポイント(3万円)

最低換金額:300円

交換手数料:無料

 

げん玉

10ポイント→1円

交換限度額:一日につき100,000ポイント(1万円)

最低換金額:300円

交換手数料:月一回無料 ※2回目移行は82円~

 

ハピタスは月3万円という制限に対し、

げん玉は1日1万円という制限。

というわけで、げん玉なら月30万くらい換金できるわけです。

 

・・・約30万円の換金って凄いね。これだけでも生活できちゃうね。

 

げん玉と比較した、ハピタスのデメリット

ポイントサイトなので、ハピタスを利用するデメリットは無いとは思いますが、

げん玉と比較すると、気になる点はあります。

 

  • 月3万円の換金制限。
  • げん玉はゲームでポイント稼げますが、ハピタスは宝くじ、すごろく位。
  • 会員数は、げん玉の方が多い。

※げん玉会員数:370万人、ハピタス会員数:150万人

 

げん玉の換金制限1日一万円なので、月三万円はやはりネックですね。

会員数もげん玉の方が多いのですね。

その分、安心な感じがする?

 

ちなみに、換金制限は月3万円ですが、

ハピタス堂書店には、換金制限はありません。

※参考→ハピタスポイントの交換上限まで換金して、余ったポイントをハピタス堂書店で使ってみた。 | アフィリエイト保育園

 

よって、私は月3万超えたら、ハピタス堂書店で本買ってます。

届いた本は、即裁断&自炊して、即ヤフオク販売で現金化です。

電子書籍化しまくって辿り着いた、効率の良い自炊方法まとめ。

電子書籍ストアを利用するなら自炊派です。

電子書籍ストアサービスのデメリットと自炊のメリットを比較する。

裁断機はDurodex 200DXが最強。

自炊裁断機 Dahle Durodex 200DX比較レビュー。ディスクカッターDC-210Nとの違い。

スキャナーはスキャンスナップ。

ScanSnapとEvernoteで、本も書類もクラウド化。S1300i と iX500を購入して比較してみた。

 

ハピタスポイントが貯まり過ぎた場合でも、

ヤフオク転売を使えば、8割ぐらいで現金化できるみたいですね・・・

※参考→ハピタスポイントの現金化について真剣に考えてみた。 | アフィリエイト保育園

 

ハピタスの交換先にPolletが追加!月30万円までチャージ可能

2017年3月、ハピタスポイントの交換先にPolletが追加となりました。

Visaプリペイドカード「Pollet(ポレット)」が登場。ハピタスポイントの現金化が容易に。

 

PolletはVISAプリペイドカードなので、クレジットカード同様に使えます。

その月間交換上限は30万ポイントまで。

更にポイントチャージで+0.5%増量チャージされるという。

他社VISAプリペイドよりも優れた内容となってます。

 

現金の月間3万円制限とも別枠なので、

現金換金3万円+Polletチャージ30万円=合計33万円分の交換可能。

もぅ無理してハピタス堂書店を利用する必要もありません。

 

ハピタスと比較した、げん玉のデメリット

私はハピタスをメインで使っていたので、

なんとなくハピタスの方が使い易いのですが、

その他にもハピタスと比較すると、劣っている・・・と思う点です。

 

  • ハピタスの方が全体的に高還元で、優良サイトが多い・・・気がする。
  • ポイントが10ポイント=1円と若干分かりづらい。
  • 換金するのに、PointExchangeアカウントが必要。
  • PointExchangeからの換金手数料が2回目以降は有料。

 

私が利用しようと思って検索すると、ハピタスの方が高還元の場合が多いです。

ハピタスと違い、10ポイント1円なので、なんとなく損した気分じゃね?

げん玉ポイントは、PointExchangeに移行してから換金する必要があります。

※PointExchangeは様々なポイントを、現金化するサービス。

よって、

げん玉より換金する場合は、PointExchangeアカウントも必要です。

 

PointExchangeからの交換手数料が、

月1回無料ですが、2回目以降は有料となります。

  • 住信SBIネット銀行:82円
  • ジャパンネット銀行:93円
  • 楽天銀行:175円
  • ゆうちょ銀行:165円

住信SBI銀行か、ジャパンネット銀行は、手数料安いのでオススメ。

オススメのネットバンク一覧→輸入ビジネス、オススメのネットバンク比較、銀行まとめ。

 

ハピタスなら制限無く、換金手数料は無料です。

 

オススメのポイントサイトはハピタスなのか?げん玉なのか?

キャッシュバックサイトで、一番重要なのは、やはり還元率。

私が主に利用するサービスや、ショッピングサイトでは、

全体的にハピタスの方が高還元なので、

基本的には、ハピタスをオススメします。

 

私はハピタスから使い始めたので、そう思うのかもしれませんけど!

1ポイント1円も分かりやすいですからね。

 

しかしながら、

げん玉も、以前より高還元になってます。

ヤフオク!や楽天市場も「0.5%→1%」と、

ハピタスと同じ還元率になっている。※現時点でのお話し。

同じ還元率なら、げん玉を使うってのが、

私の今のスタイルです。

 

実際には、

どちらのポイントサイトも、300円から還元できるので、

別にポイント分散しても、換金無料なら何も問題ないですけどね。

 

よって、

ある程度、キャッシュバックポイントが貯まる様になったら、

ハピタスも、げん玉も、両方使えって事です。

 

↓ここからハピタス登録で30ポイント

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

↓ここからげん玉登録で250ポイントです。

 

※追記

ポイントタウンも頻繁に使うようになりました。

大手ポイントサイトを徹底比較。自分が稼ぐ為にオススメのサイト。

ポイントタウンは高還元率換金制限も無い

100円から換金できるので一押しです。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 

私も最初は、月3万円のポイントなんて、貯まらないと思ってました。

意外と貯まるもんです。キャッシュバック。

Mr. Rebatesも、毎月数百ドル貯まってる方も多いはずですよね?

 

チリは積もる。

キャッシュバックサイトの数パーセントを侮るなかれ。

輸入、仕入れで得をする。アメリカ、ヨーロッパ、海外キャッシュバックサイト。

 

クレカの還元率も同じく。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

 

税金も同じですね。

消費税5%→8%って、結構な負担だよーん。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ