カラーミーショップで特定商取引法に基づく表記を、画像で表示する方法。

特定商に基づく表記を、検索ロボットにクロールされない様にする。

ショップ運営している方なら、考えた事ありますよね。

 

カラーミーショップは、簡単に画像表記が可能なので、

テキスト表記のままよりも、画像に切り替えた方が良いです。

特定商に基づく表記は、画像で表記する事は違法でもありません。

※ヤフーストアや、アマゾンなんかでは、特定商の画像表記は無理くさい・・・

 

営業電話も減りますし、

同業者のサイトを探したりした事ありません?

特定商の内容をコピペして検索かけたり・・・

した事ありますよね?

 

私自身CSSや、HTMLについて詳しいわけでもないので、

最初につまづいたのはこの部分。

 

特定商取引法基づく表記を画像表記したいって方、参考までに。

※カラーミーのテンプレートによって、多少異なる場合がございます。

 

特定商取引法に基づく表記用の画像を用意する。

運営者、住所、電話番号、メールアドレス・・・

画像化したい部分のテキストを画像データ(JPEG等)出用意します。

 

私は、他にもテキストを画像化している部分はありますが、

まぁ最低限、電話番号、メルアド位は画像化しましょう。

 

画像編集ソフト、フォトショップとかでも簡単に作れますが、

適当に入力して、スクリーンショットで切り抜いてしまえば、

それで特定商表記用の画像ファイルの完成です。

 

自分の運営ショップの特定商表記をスクリーンショットしても良いし、

適当なソフトで適当にテキストを入力して、スクショしても良いです。

「050-1234-5678」を画像化すると、

こんな感じ→電話番号の画像化

正直画像って分からないですよね?

 

画像貼りつけてるって、バレバレのサイトも多いですが、

どうやったら、あぁなるのか、私にはわからないです。笑

 

画像データが用意できたら、次はサイトに貼り付けます。

 

特定商取引のテンプレート編集して画像データを貼りつける。

初心者にとって嫌な、HTMLコードいじる作業になります。

いじる場所さえ分かってしまえば簡単です。

※HTMLコードを編集する際は、バックアップをとっておきましょう。

 

カラーミートップページより、

ショップ作成→デザイン設定をクリック。

カラーミーデザイン設定

 

利用中のテンプレートの「デザイン編集」をクリック。

テンプレートデザイン編集

 

特定商取引の欄のHTML CSS編集をクリック。

HTMLCSS編集

 

HTMLコードと、CSSコードが出てくるので、右上の「入力支援ツールで編集」をクリック。

入力支援ツールで編集

 

HTMLコードの中から、

「特定商取引法に基づく表記」というワードを探す。

特定商HTMLコード

 

その中で画像に変えたい項目の、HTMLコードを書き換えます。

コードの中の、変えたいであろう項目。

運営統括責任者、住所、電話番号、メールアドレス・・・っていうワードを探しましょう。

 

例えば、「販売業者」の欄のテキストを画像に変えたいのであれば、

<tr>
<th>販売業者</th>
<td><{ $shop.shop_name }></td>
</tr>

<td><{ $shop.shop_name }></td>の部分を画像リンクに書き変えます。

<tr>
<th>販売業者</th>
<td><img src=”http://○○○○○○○○○○○○○○” alt=””></td>
</tr>

みたいな感じです。

 

画像リンクコードの貼り方は、入力支援ツールで簡単にできます。

入力支援ツールの使い方はどこでも同じ。

画像を追加したい場合は、画像をクリックして、

画像リンク挿入

 

使いたい画像データをアップロードして、

画像ファイルのアップロード

アップロードしたファイルを、選択→追加するだけです。

 

テキストから画像に変えたい項目の、

<td>○○○</td> 」の部分を、

画像リンクコード「<img src=”http://○○○” alt=””>」に書き変える。

それだけです。

 

コードを書き変えた後は、更新するのを忘れずに。

テンプレート更新.JPG

 

無事反映されれば、特定商取引法に基づく表記の、

テキスト表記されていた部分が、画像表記になるハズです。

 

これで、ロポットにデータをとられる事も、

同業者に検索される事も少なくなるかと。

 

私は店長画像なんかも、よくGoogle画像検索したりしてます。

そういった変態もいるので、対策はしておきましょう。

意味不明の店長画像を設置するくらいなら、

店長画像は設置しない方が良いです。

 

店長画像を素材画像にしてる方もいますが、

さすがにマズいと思います。

辞めておきましょう。

 

 

最初のネットショップはカラーミーショップがオススメ。

上記の様に特定商の画像表記もできますから。



また、特定商の電話番号は、ショップ毎に変えることもオススメします。

携帯電話、IP電話、Skype番号、050 plus、IP-Phone SMART、オススメの電話番号

 

ショップ用に固定回線を新しく設ける・・・そんな時代ではありません。

固定費はなるべく安くがモットーです。

 

カラーミーショップの集客については下記記事も参考に。

カラーミーで売れるとネットショップを作る方法。運営と集客に必要な費用。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ