スマートフォンが普及している時代、

通話サービスにお金を払うのは馬鹿みたいなお話し。

 

大手携帯会社の同じ様な料金プランにはうんざり・・・

通話料金定額とか言って・・・実質的な値上げじゃないの?

MNP割引も総務省の規制で、もうできねぇ。笑

 

そう感じている方。

今こそ格安SIMにすべき時です。

 

スマホを格安に使いたい。

かといって、格安SIMを使う為には、

大手携帯会社のSIMロックがかかっていない、SIMフリー端末が必要です。

 

  • 特定の通信事業者でしか利用できない端末→SIMロック端末
  • 通信事業者の縛りがない端末→SIMフリー端末(SIMロックフリー端末)

 

SIMフリー端末は、昨年AppleやGoogleの直販サイトでも販売される様になり、

以前より、かなり安く手に入るようになりました。

 

特にAndroidユーザーの方は、SIMフリー端末も選べます。

値段もマチマチ、性能もマチマチです。

 

SIMフリー端末なら、大手携帯キャリアから、携帯番号移行も可能になりますから!

格安スマホにMNPする。MVNO音声通話SIMの比較まとめ。

 

※2015年6月追記

2015年オススメのAndroid端末まとめました。

SIMフリー格安スマホランキング。オススメのAndroid端末 2015年Ver.

 

iOSユーザーは、SIMフリー端末に選択の余地はありません。

「如何に格安SIM対応のiPhoneを安く手に入れるか?」です。

格安SIMでiPhoneを激安運用する方法まとめ。MVNOへMNPの注意点。

 

とにかく格安に使いたいなら「freetel」がオススメ。

そんな事言ったって、SIMフリー端末って高いんでしょ?

大手キャリアのスマホだって、月々割があるから安いんだ。

そんな事はありません。

 

安い端末だってあるんです。

freetelなら、本体価格12800円freetel

 

業界最安値を目指しているだけあって、非常に安いです。

amazonなら更に安い。


freetel SIMフリー スマートフォン スペシャルパック ( Android4.1 / 3.5inch / 標準SIM Dual sim / 512MB / 8GB microSD付属 / ホワイト ) FT132A_WH_SP

 

前面背面カメラ、microSDカード、テザリング対応・・・

スマートフォンとしての最低限の機能はありつつ、

国内スマートフォンには無い機能もあります。

バッテリ交換とデュアルSIMです。

 

SIMの2枚差しが可能なので、海外に行く事が多い方は超便利ですね。

バッテリ交換可能は有り難いけど、

バッテリ交換する頃には化石・・・爆

 

必要最低限のスペックはあるので、

子供や両親へのプレゼントにも最適ですね。

 

安い端末はやはり、性能もそれなり。

電池持ち、タッチ感度、データ容量、処理速度・・・期待してはいけません。

 

格安スマホは、サブのスマホとしてなら良いけど、

メインのスマホでは、最新の高性能な端末を使いたい。

そんな方、「freetel LTE XM」がもうすぐ発売されます。

freetel_xm

業界最安値を目指すfreetelの最上位モデル。

29800円で高性能らしい。

これは果たして安いのか?


【SIMアダプタ+SIMケース付】【新品】◆freetel XM LTE(FT142D)◆【フリーテル】【Android4.4搭載】【土日祝発送】【あす楽】【送料無料】【SIMフリー】【レビュー記入でプレゼント抽選あり】【技術基準適合証明・国内PSE法認可】

コスパの良いSIMフリー端末ってんなら、Nexus5。

だったらNexus5と比較してみまっしょい。

 

コスパの良いSIMフリー端末は?freetel、ZenFone5、Nexus5を比較する。

メインで使うスマホは、やはり高性能でなければならない。

安くて高性能なSIMフリー端末は?

※2014年11月に、ASUSから「ZenFone 5」も登場したので追記です。


【国内正規品】ASUSTek ZenFone5 ( SIMフリー / Android4.4.2 / 5型ワイド / microSIM / 16GB / LTE / ゴールド ) A500KL-GD16

 

というわけで、

業界最安値を目指している、freetelの最新端末「freetel LTE XM」と、

2014年末に発売されてバカ売れしている、ASUSの「ZenFone 5」と、

私がコスパ最強だと思う、Googleの端末「Nexus5」を、

価格、スペックを比較してみる。

 

発売日

  • freetel LTE XM:2014年8月発売
  • ZenFone 5:2014年11月発売
  • Nexus52013年11月発売

価格

  • freetel LTE XM:29800円
  • ZenFone 5:28940円
  • Nexus539800円

CPU

  • freetel LTE XM:1.2GHz クアッドコア
  • ZenFone 5:1.2GHz クアッドコア
  • Nexus52.26GHz クアッドコア

RAM

  • freetel LTE XM:1GB 
  • ZenFone 5:2GB
  • Nexus5:2GB

液晶ディスプレイ

  • freetel LTE XM:5.0インチ HD 720×1280
  • ZenFone 5:5.0インチ HD 720×1280
  • NEXUS5:4.95インチ フルHD 1080×1920 IPS

本体サイズ&重さ

  • freetel LTE XM:142.3 × 70.4 × 7.8 mm約132g
  • ZenFone5:148.2 × 72.8 × 10.34 mm約145g
  • NEXUS5:137.84 × 69.17 × 8.59 mm約130g

 

・・・面倒なんで他のスペック省きますが、

Nexus5スペックは、言うまでもなく高性能です。

スペック比較するまでも無く、「freetel XM」より断然上。

1年後に発売された「Zenfone 5」よりも断然上。

画面サイズもほぼ同じなのに、コンパクトで軽い

 

その分、Nexus5が1万円高い感じ。

 

で、重要なのはNexus5が2013年末に発売されたという事

2013年11月に発売されたのに、2015年の現在でも高性能なんです。

 

発売され日が経っているという事は、市場に多く出回っているという事。

そうなんです。安くなってるんです。

1万円の差、埋めまっしょい。

 

SIMフリー端末Nexus5を、できるだけ安く手に入れる方法。

Nexus5は、イーモバイルでも扱っている事から、オークションでも多数取引されてます。

中古品なら2万円台から売ってます。

Nexus5 16GB

新古品とかでも3万前後です。

Nexus5 美品

 

イーモバイル版でもGoogle版でも問題無し、どちらもSIMフリーです。

イーモバイル版Nexus5と、Google Play版の違い。ドコモIMEI制限について。

 

イーモバイルでMNP契約して、端末貰って売ってる方も多いハズ。

※私もイーモバイルへのMNP(番ポ)で、Nexus5を貰ってますが、

イーモバイルの回線不要であれば、MNPは結果高くつくと思います。

auからイーモバイルへ番号ポータビリティ(MNP)をする。番ポの注意点。

 

よって、最新の格安SIMフリー端末を買うより、

2013年末の発売された、高性能Nexus5を、

中古で買った方が断然コスパが良いってわけです。

中古品というとイメージ悪いですが、ほぼ新品の端末も多く出品されてます。

 

Nexus5は、無接点充電も対応だし、

カメラなんかも、非常に綺麗に取れますからね。

Photo Sphereの360度撮影はヤバいです。

 

AndoroidはGoogleが作ったOS。

Googleが作ったスマートフォンは、Nexus5。

よって、Andoroidのスマホを使うなら、Nexus5が良いに決まっている。

国内メーカースマホを高額な値段で買うくらいなら、Nexus5です。

 

旧モデルの「Nexus4」に、

格安SIMを抱き合わせて販売し、大ヒットしている様ですが・・・

月額2980円は、別に安くないよね?

 

Nexus6は非常に高価で、高性能なだけのスマホと化した。

2014年の年末にNexus6が登場。

蓋を開けてみれば、ただ値段が高額になり、

スペックを高性能にしただけの、非常にコスパの悪い端末になってしまった

6インチって超デカいし・・・。

 

Nexus5が発売された当時は、

群を抜いて性能がよく、群を抜いて安かったのに。

 

Nexus6は高性能ですが、その分値段も高額で8万円台です。

ヤフオクで、頑張って7万円代。

Nexus6 32GB

 

まぁ、国産の高いスマホを購入するよりは、

最高レベルのスペックなんで、良いとは思います。

Nexus5で、既にハイスペックだったんで、

Nexus6は、一般人向けというよりも、スーパーコンピュータな感じです。

 

低価格で高性能だったNexus5に比べると、Nexus6のコスパは悪い

だったら、ドコモ版iPhone6でも買った方が良い。

格安にiOSスマホを使うなら「SIMフリーのiPhone」か「ドコモ版iPhone」

Androidは、iPhoneよりも安いから良いんだよ。

 

そんなわけで、2015年になった今、Nexus5(赤)を追加購入。爆

Nexus5気に入り過ぎて、他に欲しいAndroid端末が無いんで。

IMG_1638

やっぱり安いよ、Nexus5。

 

※追記

Nexus6も大分安くなってきました。やはりヤフオクが狙い目です。

SIMフリー格安スマホランキング。オススメのAndroid端末 2015年Ver.

 

端末セットならASUS ZenFone 2。BIGLOBEのスマホセット。

現在ガラケーを使っていたり、SIMフリー端末を持っていないなら、

格安SIMのスマホセットがオススメです。

 

一番売れている、SIMフリースマホと言えば「ZenFone5」の後継機種「ZenFone2」

BIGLOBEの通話SIMセットで、よりお得に手に入ります!

2015年3月発売の最新端末で、市場価格40000円前後。※2015年6月現在


【送料無料】ASUS ZE551ML-RD32 レッド ZenFone 2 [SIMフリースマートフォン(メモリ2GB/eMMC32GB)]

 

 

大手携帯キャリアとの違いは、2年目以降は更に安くなるという事。

端末代を完済した24か月目以降は、月々1600円となります。

BIGLOBEのSIMへ番号ポータビリティ(MNP)して気付いたメリット・デメリット。

 

気になる違約金。2年縛りはあるのか?

最低利用期間内解約金は、6か月以内に解約した場合のみ発生

大手携帯キャリアの様に、自動的に更に2年縛りなんていう酷い仕組みではありません。

 

※BIGLOBEの「ZenFone2」をスマホセットで購入した場合、

24か月以内の解約の場合は、端末の購入割賦金の残債額の支払いが発生します。

端末代金を24か月の分割となるので、

2年以内に解約すると、残りの端末料金を払わなければなりません。

 

まぁ、半年年使えば違約金は発生しないので、

端末の残債額払っても、かなりお得だと思うよ。

 

ワイモバイル(旧イーモバイル)よりも、断然お得なのは間違いない。

月額2697円の半年縛りで、2年目からは更に安い月額1600円になるのですから。

実際Yモバイルから格安SIMへ移行したけど、驚くべき差額でした。

YモバイルからNifMoの通話SIMへ。携帯番号移行(MNP)方法と料金比較

 

ドコモなら有料でSIMロックの解除が可能。

ドコモのスマホは対応機種であれば、SIMロック解除ができます。

 

SIMロック解除手数料は、3,000円(税別)です。

本人確認書類が必要ですが、ドコモの回線契約は不要。

SIMロック解除の手続き | お客様サポート | NTTドコモ

ARROWS GALAXY AQUOS Xperia・・・ロック解除対応機種です。

 

SIMロック解除して、回線解約→格安SIMも有りですが、

機種変更で不要になった端末を、格安SIMで使うなんてのも有りです。

 

Androidユーザーで、大手携帯キャリアの回線契約は損

大手携帯キャリアで、Androidのスマホって、かなり損ですよね?

Androidのパケットプランは、iPhoneのパケットプランに比べると高いし、

端末自体もiPhoneよりも、高く設定されている。

 

一方、SIMフリーのAndroid端末は、SIMフリーのiPhoneよりも断然安い。

高性能で格安なSIMフリー端末も多くある。

Nexus5は、高性能なのに市場価格は安い。

ワンセグやおサイフケータイが使いたいなら話は別ですが・・・

正直いらないですよね?

 

Androidユーザーは、低価格なSIMフリー端末に変えてしまい、

低価格な格安SIMに変えると、数カ月で端末代の元は取れます。

格安通話SIMは非常に安く、大手キャリアからも番号移行できます。

ドコモからBIGLOBEの格安SIMへ、番号ポータビリティ(MNP)して気付いた注意点。

 

iPhoneユーザーも同様に、SIMフリー端末に変える事をオススメします。

格安にiOSスマホを使うなら「SIMフリーのiPhone」か「ドコモ版iPhone」

 

その携帯会社のメルアドって本当に必要ですか?

今一度ご検討下さい。

携帯電話番号、携帯メールアドレスの必要性。携帯キャリア解約で不便となる点、デメリット。

 

SIMフリー端末で格安SIMをなるべく安く使うなら。

格安SIMの種類と違いについては、知っておくべき。

SIMフリーとSIMの種類。SMS付、音声付、データ通信のみの違い。

 

携帯番号のMNPもできるようになってます。

通話SIMは、mineoBIGLOBE辺りがオススメです。

格安スマホにMNPする。MVNO音声通話SIMの比較まとめ。

 

データSIMは、OCNモバイルONEを使っていたけど・・・

「OCNモバイルONE」を、3カ月使ってみた感想。評判と通信速度の検証。

最終的にmineoに乗り換えました。

スマホを最安運用する。データ通信SIMの比較まとめ。

 

格安SIMと、IP電話サービスは最高の組み合わせ。

「LINE電話」と「楽天でんわ」と「050plus」の料金を比較する。LINE Callのデメリットは?

楽天でんわ通話料半額は、お得なのか?050plusと比較して気付いた、デメリット。

私が「050plus」を使い続ける理由。050プラスの評判 Ver.2014。

 

SIMフリー端末で、回線会社に縛られる必要も無くなる。

だったら、安く使い倒しましょう。

 

P.S.

私の知り合いが、最近ドコモで機種変更をしたのですが、

国内スマホで、月額7000円オーバー。一括購入の端末代は9万オーバー。

 

で、触ってみると、Nexus5の方が色々とスムーズに動く。

・・・これって何だろうね?アプリのせいじゃないよね?