超オススメの高還元率デビットカード(JCB、VISA)まとめ。

個人事業主時代は、クレジット審査にも通らず、

所持するクレジットカードの限度額も中々上がらない。

いくらお金が有っても、限度額以上は決済できないって事で、

VISAデビットカードを乱用してました。

高還元率デビットカード

今では多くのデビットカードが登場し、

ポイント還元や、キャッシュバック還元されるデビットカードも当たり前になってきています。

 

クレジットカードに抵抗ある人こそ、使うべきデビットカード。

ATMでキャッシュカードを使うなら、デビットカード決済を使った方が断然お得だから。

デビットカード(VISA・JCB)のメリット・デメリット。クレジットカードとの違い。

クレジットカードのデメリットも、上手いこと消し込んでるから。

高還元率デビットカードまとめておきます。

デビットカードが利用できる金融機関は限られている。

デビットカードが発行できる金融期間は増えつつありますが、

まだまだ対応している銀行は少ないです。

 

デビットカード(VISA&JCB)が発行可能な金融機関

 

やはり対応しているのはネットバンク系が多い。

手数料とサービスで、メガバンクを超えてます。

ネットバンク比較まとめ。個人事業主の事業用口座にオススメの銀行。

 

デビットカードは、基本的にキャッシュカード一体型の金融機関が多く、

カード上側がデビットカード、下側がキャッシュカードのように、

一枚のカードで機能が分けられている物が多い。

IMG_7350

 

ちなみに、J-Debit(ジェイデビット)も「デビットカード」と呼ばれますが、

こちらはVISA加盟店やJCB加盟店では使えません

多くの金融機関キャッシュカードで、J-Debut対応可能となってますが・・・

J-Debitナビ | 金融機関検索

 

J-Debitは国内専用であり対応店舗も少なくポイント還元も有りません

インターネット上でも利用不可能なので、

VISAデビットや、JCBデビットに比べると利便性は低いです。

デビットカード(VISA・JCB)のメリット・デメリット。クレジットカードとの違い。

 

一般的に「デビットカード決済」というと、J-Debut決済を指す事にも注意。

会計時にデビット決済と伝えてしまうと、

日本では「J-Debit」と判断されてします。

JCB・VISAデビットカードの使い方は、クレジットカードと変わらない。

一括払いと言えばOKです。

デビットカード(VISA・JCB)のメリット・デメリット。クレジットカードとの違い。

VISAデビットや、JCBデビットで決済する場合は、

クレジットカード払いで。1回払いで。VISAで。JCBで・・・と言いましょう。

デビットカードですが、決済方法はクレジットカードと同じです。

 

同じデビットカードでも、金融機関により、年会費や還元率や付帯サービスも様々。

以下、オススメ順にランキングしときます。

 

三菱東京UFJ銀行-VISAデビット 還元率0.2~0.5%

国内最大のメガバンクといえば、三菱東京UFJ銀行。

メガバンク系で唯一デビットカードに対応している金融機関。

三菱東京UFJ-VISAデビット は、大手のデビットカードだけにサービス内容も良い。

三菱東京UFJ銀行-VISAデビットのメリット

  • VISAブランドのデビットカード。
  • 初年度年会費無料年間10万円の利用で翌年度以降も年会費無料
  • 還元率0.2~0.5%。利用額に応じて還元率も上昇。
  • 現金キャッシュバック還元
  • ショッピング保険が付帯
  • VISAデビット単体型カード。ICキャッシュカードは別。
  • メガバンクの信頼感。実店舗が有る。

三菱東京UFJ銀行-VISAデビットのデメリット

  • 年会費1080円(税込)と有料のデビットカード

 

基本還元率0.2%だが、入会3ヶ月は+0.2%となり、誕生月は+0.1%

前年の利用額20万以上で+0.05%30万以上で+0.1%最大0.5%還元にもなる。

 

他のデビットカードとは違い、現金で自動キャッシュバックされるのが何より素晴らしい。

また、デビットカードなのに、ショッピング保険まで付帯しています。

 

三菱東京UFJ-VISAデビット 単体カードとして発行されるので、

キャッシュカードと別になるのも、セキュリティ面で嬉しいところ。

個人的にキャッシュカードは、持ち歩きたくないから。

 

最大手の金融機関ということで、口座所持者も多いハズ。

メリットが多く、デメリットは年会費1080円(税込)と有料な事くらい。

三菱東京UFJ-VISAデビットのメリット・デメリット。

年間10万円の利用年会費無料にもなってしまうから、

少しでもデビットカードを使うつもりならば、損は無いカードだと思う。

 

楽天銀行デビットカード(JCB) 還元率1.0%

元祖デビットカードといえば、旧イーバンク銀行こと現在の楽天銀行。

以前はVISAデビットのみでしたが、JCBデビットにも対応となり、

JCB、VISAデビットの両対応している唯一の金融機関。

JCBデビットの登場で、VISAデビットの内容もイマイチになったので、

使うなら楽天銀行の楽天JCBデビットカード

 

楽天銀行デビットカード(JCB)のメリット

  • 年会費永年無料
  • 還元率1.0%とデビットカード最高の還元率。
  • 楽天スーパーポイントによる還元。
  • キャッシュカード一体型。

楽天銀行デビットカード(JCB)のデメリット

  • JCBブランド。
  • あくまでポイント還元なので、現金還元に劣る。

 

楽天JCBデビットカードは、デビットカードとは思えない還元率1%

100円利用で1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天ポイントなので、現金キャッシュバックよりは劣りますが、

楽天ポイントの利便性も以前より高くなってます.

楽天の期間限定ポイントの使い道。失効する前に必ず消化する方法。

 

楽天銀行も会員ランクが導入され、楽天銀行所持するメリットも多くなった。

会員ランクも上がり安く、他行宛の振込手数料も無料になりやすい。

ネットバンク比較まとめ。個人事業主の事業用口座にオススメの銀行。

マネーブリッジで自動的に金利0.1%にもなるから。

ネットバンクの金利を倍増させる裏ワザ。大手金融機関の定期預金と金利比較。

 

デメリットはVISAブランドではなく、JCBブランドという点。

VISAに比べ加盟店は少ないし、海外利用も微妙となる。

楽天デビットは、VISAブランドも選べるが、

年会費1029円(税込)と有料になるし、還元率0.2%に下がるという良いこと無し。

 

更に、楽天デビットVISAゴールドもあるが、

年会費3086円(税込)還元率0.5%とやはり微妙。

ショッピング保険や、VISAゴールド特典も付帯するが・・・

だったら、他金融機関のVISAデビットカードをオススメする。

 

ちなみに、2016年3月28日に法人ビジネス口座向けの、

「楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)」も登場しました。

こちらも還元率1%ですが、年会費は1080円(税込)の有料カードとなっております。

 

住信SBIネット銀行 Visaデビット付キャッシュカード 還元率0.3%~1.0%

住信SBIネット銀行も、2016年1月27日より、

VISAデビット付キャッシュカード対応になりました。

デビットカードの還元率も悪く無いです。

 

住信SBIネット銀行 Visaデビット付キャッシュカードのメリット

  • 年会費永年無料
  • 還元率0.3%。利用金額×0.3%のポイント還元。
  • 利用額に応じてスペシャルボーナスポイント+0.1~0.7%還元
  • 1000ポイント以上100ポイント単位で現金へ交換可能
  • キャッシュカード一体型。
  • 国内初の非接触IC決済「VisapayWave」に対応。
  • 法人向けVisaデビット付キャッシュカードでもポイントが貯まる。

住信SBIネット銀行 Visaデビット付キャッシュカードのデメリット

  • 2016年10月以降のスペシャル(ボーナス)ポイントの付与率は未定

 

通常還元率は0.3%で、利用金額×0.3%分ポイントが貯まります。

貯まったポイントは、1ポイント=1円となり、

1000ポイント以上100ポイント単位で、現金キャッシュバック可能となります。

 

更に利用額に応じたスペシャルボーナスポイントが有り、

利用額次第で最大17500ポイント≒17500円も貰えます。

スペシャル(ボーナス)ポイントとは

お客さまのご利用金額に応じて、半年に一度追加ポイントを付与します。
なんと最大17,500ポイントまで!

Visaデビット付キャッシュカード – 商品概要|住信SBIネット銀行

というわけで、スペシャルボーナスを考えると還元率はより高くなる。

利用金額に応じて、最大+0.7%にも成り得ます。

 

スペシャル(ボーナス)ポイントの還元率 ※2016年9月まで

  • 25万円以上250ポイント → 0.1%還元
  • 50万円以上1,000ポイント → 0.2%還元
  • 100万円以上2,500ポイント → 0.25%還元
  • 150万円以上5,000ポイント → 0.33%還元
  • 200万円以上9,000ポイント → 0.45%還元
  • 250万円以上17,500ポイント → 0.7%還元

 

半年に1度というのがネック。半年間の合計金額なので難易度は高いかと。

また、あくまで基本の還元率は0.3%であり、

今後のスペシャルボーナスポイント付与率は未定だということ。

SBIハイブリッド預金の金利率低下を考えても、あまり期待しない方が良いかも。

 

住信SBIネット銀行は、金融機関として優秀なのでメリットを感じるなら。

最強のネットバンク「住信SBIネット銀行」のメリット・デメリット。

口座開設をするなら、自動的にデビットカードも所持する事になる。

キャッシュカードにVISAデビット機能付いてますから。

 

既に住信SBIネット銀行ユーザーであり、デビット未対応のキャッシュカードを所持している場合、

デビットカード一体型の、新しいカードに切り替え手続きが必要となります。

この辺は、他社ネットバンクの場合も一緒です。

 

ジャパンネット銀行 JNB Visaデビット 還元率0.2%

ネットバンクの老舗といえばジャパンネット銀行。

以前より「JNB Visaデビットカード」は有りましたが、

2015年12月1日、JCBスタープログラムの開始され、

JNB Visaデビットカードの利用で、ポイント還元されるようになりました。

 

ジャパンネット銀行 JNB Visaデビットのメリット

  • 年会費無料
  • 還元率0.2%(500円で1JNBスター)。1JNBスター=1円
  • 1JCBスター(1円)から現金交換可能
  • キャッシュカード一体型。

ジャパンネット銀行 JNB Visaデビットのデメリット

  • 還元率0.2%と他のデビットカードに比べ劣る。
  • JCBスタープログラムは個人のみ。法人口座では還元されない

 

還元率は0.2%で、500円使うごとに1円分のJNBスターが貯まります。

1円分のポイント(1JNBスター)から現金に交換できるので、現金化の敷居は低い。

他社カードに比べると、還元率0.2%とちょっと劣る。

 

ジャパンネット銀行は、事業主向けの法人口座やビジネス口座にオススメですが・・・

法人口座の開設方法と必要書類と期間。維持費と手数料を比較する。

ビジネスアカウントの「JNB Visaデビットカード」では、ポイント還元されません

JCBスタープログラムは、あくまで個人向けのサービスとなっております。

 

デビットカードはキャッシュカードよりも便利でお得。

ATMでお金を下ろすと、ATM手数料が取られますが、

デビットカードはどこで決済しても、手数料は発生しません。

更に、今時のデビットカードは、利用額に応じて還元もされます。

 

デビットカードのデメリットは、クレジットカードに比べるとサービスが劣る事。

デビットカード(VISA・JCB)のメリット・デメリット。クレジットカードとの違い。

キャッシュカードのように決済できるという点では、クレジットカードに勝る。

 

かといって、デビットカード目的で、わざわざ口座開設する必要はないかと。

デビットカードは、金融機関の便利なサービスの一部。

優秀な銀行なら、デビットカードにも対応しているハズです。

ネットバンク比較まとめ。個人事業主の事業用口座にオススメの銀行。

 

対応の銀行口座を既に持っているなら、利用したら良いと思う。

基本的に、デビットカードは無料で使えますから。

デビット未対応の旧キャッシュカードを利用している場合、

無料でデビットカード機能付きの、新しいカードにも交換してくれます。

 

現金決済しないほど得する時代。

カード決済がリスクだと思う理由、今一度考えてみて下さい。

より高還元率を求めるなら、クレジットカード。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

カード付帯保険に、カード優待特典・・・

所持する事で得するのは、お金だけでも有りませんから。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ