Ponta統合からの改悪!リクルートカードのメリット・デメリットまとめ。

超高還元率のクレジットカードといえば、リクルートカードプラス。

還元率2.0%だけど、リクルートポイントという、ちょっとイマイチだったやつ。

 

2015年にPontaポイントと統合という事で・・・私もカード作ったんだけど。

IMG_4573

レックスカード漢方スタイルクラブカードが改悪する中、

遂にリクルートカードプラスも、新規申込停止っていう発表・・・です。

リクルートカードプラス新規申し込み停止と改悪の内容。

2016年3月に、遂にリクルートカードプラスも改悪の発表となりました。

【重要なお知らせ】リクルートカードプラスにおけるポイント加算対象の改定について
このたび、リクルートカードプラスは、ポイントの加算対象を一部改定することとなりました。

ご案内
2016年9月16日(金)より、電子マネー「nanaco」、「モバイルSuica」へのチャージ分については、ポイント加算の対象外となります。

リクルートカード – 【重要なお知らせ】リクルートカードプラスにおけるポイント加算対象の改定について

還元率2.0%と、年会費2000円+税はそのまま。

電子マネーnanaco、モバイルSuicaのチャージで、ポイント付与されなくなります

 

リクルートプラスカード自体の、新規申込も完全終了。既に入会できません。

2016年3月15日(火) 11:59で、リクルートカードプラスは申込不可能となってます。

 

リクルートカードプラスって、年会費2000円+税と有料だったので、

年会費の元を取ること考えると、実はそれ程得してないって話。

有料のリクルートカードプラス、レックスカードの実際の還元額を計算する。無料クレカとの分岐点。

nanacoチャージで激しく利用する人以外は微妙。あくまでポイント還元だからね。

 

税金払ってポイント貯まるnanacoチャージは反則なんで、

払う税金の有る方は、今のうちに使えるカードで使っておきましょう。

nanacoチャージにオススメのクレジットカード。クレジットチャージの注意点。

 

リクルートのカードは、無料のリクルートカード一択へ。

Pontaポイントで還元率1.2%はお得なのか?再評価。

リクルートカードのメリット・デメリットをまとめです。

 

リクルートカードのメリット。

リクルートカードと言う名の通り、リクルートのクレジットカード。

共通ポイントのPontaとも統合し、ライバルはヤフーカード楽天カード

他社ライバルカードと比べた利点は何なのか?

 

還元率1.2%で年会費が無料。ETCカードも無料。

ライバルカードが還元率1.0%が多い中、リクルートカードは還元率1.2%です。

他社ライバルカードと同じく、年会費無料ですが、

リクルートカードの場合は、ETCカードの年会費も無料となってます。

※VISAブランドの場合、新規発行手数料1000円+税が発生します。JCBは完全無料。

 

楽天カードもヤフーカードも、

ETCカードの年会費は有料(500円+税)ですから。

 

海外・国内旅行保険と海外・国内ショッピング保険が付帯する。

国内・海外旅行傷害保険が付帯します。

こちらは利用付帯ですが、国内旅行保険も付帯してます。

また、旅行傷害保険だけでなく、ショッピング保険も付帯してます。

しかも海外だけでなく、国内のショッピングも対象です。

 

リクルートカードの旅行傷害保険(利用付帯)

  • 海外:最高2000万円
  • 国内:最高1000万円

リクルートカードのショッピング保険

  • 海外・国内:年間200万円

 

楽天カードは、利用付帯の海外旅行保険だけだし。

ヤフーカードは、ショッピング保険だけですから。

 

ポイント有効期限が最終利用から1年と、実質無期限。

リクルートカードで付与されるリクルートポイントは、

最後のポイント加算日から12ヶ月後の月末まで有効となります。

 

よって、リクルートカードを利用し続ける限り、

ポイントの有効期限はひたすら伸び続けるワケ。

実質無期限のリクルートポイント。

他社では、1~2年の有効期限が当たり前です。

 

リクルートポイントとPontaポイント統合で利便性は更にアップ。

リクルートポイントの使い勝手を考えると、楽天ポイント以下の価値・・・

リクルートポイントの現金化と使い道。なるべくお得に交換する方法。

 

そう思っておりましたが、Pontaポイントと提携で利便性は向上しました。

Pontaポイントの有効活用と使い道。リクルートポイントと交換開始で気づいたデメリット。

ポンタポイントは、Loppiお試し引換券とも交換可能なので、還元率は非常に高くなる。

 

今後、東電やドコモもPonta導入も予定されているので・・・

リクルートポイントは、楽天ポイント以上の価値になりつつある。

Tポイントに比べると弱い気がしますが、リクルートサービスの今後に期待大です。

 

Masterブランドは選択不可能。VISAとJCBには違いがある。

ヤフーカード、楽天カードと、JCB、Master、VISAブランドと選択可能ですが、

リクルートカードは、VISAとJCBの2択となります。

Masterカードは選べませんので注意。

 

ちなみに、リクルートカードプラスは、nanacoチャージ対象外となってしまいましたが、

リクルートカードは、nanacoチャージでポイント付与は継続。

JCBに限らず、VISAでもnanacoチャージでポイント付与対象になってます。

nanacoチャージにオススメのクレジットカード。クレジットチャージの注意点。

 

電子マネーに限って言うならば、VISAブランドの方が有利。

楽天Edyと、SMART ICOCAでもポイント付与されます。

  • JCB:nanaco、モバイルSuica
  • VISA:nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

 

海外で使う場合、為替レートはVISAの方が良い。

クレジットカードの為替レートについて。国際ブランドの換算レートを比較する。

海外でJCBは使えない所は多く、国内でもVISAの方が提携店舗は多いです。

 

VISAブランドを選ぶデメリットは、ETCカードの新規発行手数料が1000円+税と有料なこと。

※ETCカード年会費はVISAでも無料。

VISAの場合はMUFG CARDとなるので、WEBの管理画面でJCBにやや劣るかと。

確定申告とクレジットカードの利用代金明細。個人情報開示請求書が必要!?

 

同じリクルートカードだけど、JCBとVISAでカード会社が異なります

管理画面も含め、JCBの方がサービス使いやすいです。

JCBとオリコのWEB画面は、個人的に好きです。

管理画面が使い易く、過去明細も容易に確認できる。

 

リクルートカードは、nanacoチャージでもポイントが貯まる。

nanacoチャージでもポイントが貯まるという事。

nanacoチャージで溜まれば、ポイントの2重取りや、税金の支払いにも使えます。

 

漢方スタイルクラブカードも、nanacoチャージで付与ポイント減少となってしまったので・・・

nanacoチャージにオススメのクレジットカード。クレジットチャージの注意点。 

現在、nanacoチャージで最高還元率を誇るのが、還元率1.2%のリクルートカード。

 

もし、リクルートカードプラスを既に所持しているのなら・・・2枚持ちも可能です。

漢方スタイルクラブカード改悪につき、リクルートカードの2枚持ちでnanacoチャージに対応する。

※リクルートカードプラスは、2016年9月よりポイント付与対象外

 

リクルートカードのデメリット。

リクルートカードは、年会費無料還元率1.2%ということで、

他社の共通ポイント系クレジットカードよりも、還元率が微妙に高い。

還元率だけでは、比較できないデメリット。

 

リクルートカードは、ポイントモール「Okidoki」「ポイント名人」が使えない。

リクルートカードでは、カード会社独自のポイントモールが利用できません。

JCB系のポイントモール「Oki Dokiランド」、

MUFG系のポイントモール「ポイント名人.com」、

ポイントモール経由で、更なるポイントアップは不可能です。

 

Okidokiでログインしようとしても・・・

「このカードではOki Doki ランドをご利用いただけません」ってエラー出ます。

KS001524

よって、Amazonの利用で、更に還元アップの裏ワザは不可能です。

アマゾンで2.50%の最強キャッシュバック。Orico Card THE POINTとオリコモールの併用!

レックスカードにはジャックスモール、オリコカードにはオリコモールが有るので、

クレカ系モールを経由する事で、アマゾンで更に還元も可能でしたからね。

 

楽天市場、ヤフーショッピング、ポンパレモールなんかでは、

ポイントサイト併用した方がお得となります。

楽天市場で5.00%のキャッシュバックをする方法。楽天カードとポイントサイトの併用。

 

リクルートのサービスでリクルートカード決済しても、ポイントが倍付けされない。

リクルートカードは1.2%の還元率ですが、

リクルートのサービスでリクルートカード決済したところで、特典も無いです。

 

最大4.2%貯まるって話ですが・・・

KS002198

これは、リクルートカードに限った話では有りません。

例えばポンパレモールは、どのカードで決済しても3.0%のPontaが貯まります。

還元率1.5%P-one Wizの場合は、3.0+1.5=4.5%還元されます。

 

楽天カードなら、楽天市場の利用で楽天ポイント4倍

楽天カードのデメリットまとめ。楽天市場のポイント倍率と還元率。 

ヤフーカードなら、ヤフーショッピング&ロハコの利用でポイント3倍ですからね。

最強のTカード「Yahoo!JAPANカード」のメリット・デメリット。

 

リクルートカードを、リクルートのサービスで利用したところで、ポイント倍増しません

ポンパレモール、ホットペッパー、じゃらん。

リクルートカードじゃなくても、たくさん還元してくれますから。

 

あくまでポイント還元。Tポイントに比べると利便性は劣る。

ポイントの価値を考えた時に、ショッピングモールがやはり重要となる。

楽天ポイントは楽天市場で使えるし、Tポイントはヤフーショッピングで使える。

リクルートポイント(Pontaポイント)も、ポンパレモールで使えますが・・・イマイチです。

 

リクルートのショッピングモール「ポンパレモール」は、

2016年となった今でも、全然普及しておらず店舗数も少ない。

ポンパレモールの販売価格は、楽天市場やヤフーショッピングに比べると高いし、

キャンペーンの倍率も以前より悪くなってます。

楽天市場、Yahoo!ショッピングの買い回りを比較。ポイント還元率の違いと攻略方法。

 

リクルートのサービス、ホットペッパーやじゃらんで使うのがテッパン。

リクルートポイントの現金化と使い道。なるべくお得に交換する方法。

Pontaポイントも、意外と使えるサービスは少ない。

Pontaポイントの有効活用と使い道。リクルートポイントと交換開始で気づいたデメリット。

特にWEBで使う事を考えると、他社に比べ消化に困ると思う。

 

Pontaポイントとdポイントとの相互交換も可能になりましたが、

ドコモユーザーでなければ、dポイントは価値の無いポイントです。

dカード(旧DCMXカード)とdポイントのメリット・デメリット。 

dポイントはドコモ縛りが有るので、共通ポイントとしては微妙過ぎる。

 

Pontaポイントとして使うには、Pontaでも利用登録が必要。

リクルートのサービスで貯まるポイントは、Pontaポイントになりましたが、

リクルートカードで貯まるポイントは、リクルートポイントのまま。

リクルートポイント=Pontaポイントでは無く

リクルートカード=Pontaカードでも無いので、非常にややこしいです。

リクルートポイントとPontaポイント統合の注意点。

  • リクルートポイントはPontaポイントへ変更。
  • リクルートのサービスで貯まるポイントも、Pontaポイントへ
  • リクルートカードで貯まるポイントは、リクルートポイントのまま
  • リクルートポイントは、今まで通りリクルートのサービスで利用可能
  • リクルートポイントは、Ponta加盟店では使えない
  • リクルートポイントは、Pontaポイントへ等価交換可能
  • Ponta交換には、Ponta Webの利用登録が必要
  • Pontaポイントへの交換は1ポイントから交換可能。

リクルートポイントの現金化と使い道。なるべくお得に交換する方法。

 

リクルートポイントを、Pontaポイントとして使うためには、

Ponta Webでの利用手続きも必要となります。Ponta.jpからPonta Webへ。

Ponta会員IDとリクルートIDも異なり両方のIDも必要となります。

PontaとリクルートIDの違い

共通ポイント Ponta [ポンタ] | Ponta Web

 

リクルートのサービスでは、リクルートポイントとPontaポイントの両方使えますが、

リクルートポイントのままでは、Ponta提携店舗では使えませんので注意。

 

ヤフーカードや楽天カードに比べると、ひと手間有る。

Tポイントや楽天ポイントは、カード利用で直接貯まりますからね。

 

ポイントカード一体型ではない。Pontaポイントカードとしては使えない。

これがリクルートカード最大のデメリット。

リクルートのサービスはPontaと提携しまくってますが、

リクルートカードは、Ponta提携店舗で提示してもPontaポイントが貯まらない。

Pontaポイントカードとしては使えないのです。

 

ライバルのヤフーカードは、ポイントカードのTカードとしても使えるし、

楽天カードも、楽天ポイントカードとして使えるようになってます。

Tポイント楽天ポイントカード

 

クレジットカードとしてだけでなく、共通ポイントカードとしても使える。

共通ポイントカードは、提示するだけでポイントが貯まるので、

携帯するだけで得をすることも多いです。

 

一方、リクルートカードはクレジットカード機能のみ。

ポンタ提携店舗でポンタポイントを貯めるには、Pontaカードも携帯しないといけません

ポンタカード提示して、別途リクルートカードで決済とか、

そもそも、カード2枚持つのも嫌だよね。

 

Pontaポイントを貯めるために、リクルートカードは持つ必要が無い。

リクルートカードで貯まるのは、リクルートポイントです。

 

ジャックスカードとリクルートカードの改悪。高還元率クレカは希少へ。

レックスカードは還元率1.75%還元率1.5%へ。

還元率2.0%のリクルートカードプラスは、新規申込停止。

高還元率クレジットカードも少なくなってきました。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

 

今でもリクルートカードは、還元率上位に入るクレカですが、

あくまでリクルートポイントでの還元という事を考えると、どうしても利便性は低くなるかと。

リクルートポイントの現金化と使い道。なるべくお得に交換する方法。

 

Pontaポイントにも交換できますが、Pontaの価値もそれ程高くありませんからね。

Pontaポイントの有効活用と使い道。リクルートポイントと交換開始で気づいたデメリット。

 

リクルートカードのクレカ決済で、Pontaポイントが貯まるようになったけど、

ポイントカード一体型ではないので、Pontaポイントカードとしては使えない

これも地味なリクルートカードのデメリットです。

 

高還元のリクルートカードプラスも無くなってしまったし、

無料のクレカの中では、他社のクレカの方が優れている。

サブカードにオススメの年会費無料クレジットカードまとめ。

 

現金還元されるP-one Wizカードなら、高還元率1.5%なのに無料ですから。

最強のリボ専用クレカ「P-one Wiz」のデメリットまとめ。超高還元率を活かす使い方。

 

nanacoチャージを利用している人には、リクルートカードは良い。

nanacoチャージでポイントが貯まるクレカも、非常に少なくなってます。

nanacoチャージにオススメのクレジットカード。クレジットチャージの注意点。 

税金、保険料、公共料金の支払いはnanacoチャージを活用。

支払いの多い事業主の人にこそ、nanacoチャージは利用すべきです。

 

P.S.

Pontaはリクルートポイントと統合しましたが、

Tポイントは、Yahoo!ポイントと統合。

ヤフーショッピングの期間限定ポイント(期間固定Tポイント)の使い道。真剣に現金化を考えてみた。

 

楽天スーパーポイントも、楽天ポイントカードで実店舗で使える様になってます。

楽天の期間限定ポイントの使い道。失効する前に必ず消化する為の様々な方法。

 

ヤフーショッピングストアは、出店無料なったし、

無料より高い物は無い。Yahoo!ショッピングストア出店のデメリット。

 

楽天市場の、集客力は健在。

楽天市場出店のデメリット。出店費用とシステム利用料で失敗パターン。 

 

ポンパレモールが強化されないと、リクルートは厳しい気がする・・・

共通ポイント次第で、関連サービスは普及する。

ドコモのdポイントは、どうなることやら。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ