商品撮影用にデジタルカメラ「DSC-QX10」を買ってしまった理由。

商品撮影専用のカメラは必要ない。

今でも、そう思っております。

ネットショップの商品画像を綺麗に撮る。写真撮影に必要なもの。

以前は、一眼レフとかも持ってたんですが、

全然使いこなせず、持ち歩くのも面倒だし、何より重い。

そんな中、iPhone5が登場し、

スマホの高画質写真に脱帽。

一眼レフをサックリと売却してしまいました。

 

商品写真レベルでは、フォトショップで修正するくらいの方が、

費用も手間も、かからないと思ってます。

それなりに綺麗にとって、それなりに修正する。

最近のスマホは、十分過ぎるくらい綺麗に取れ、

写真アプリも充実、けっこーな加工もできてしまいますからね。

 

そんな、デジカメ不要論者の私が、

今回、DSC-QX10というデジカメを購入した理由です。

DSC-QX10

 

RAW画像で撮影したいとか、

超綺麗に撮りたいとか、

そういった方には、無縁の商品です。


ソニー レンズスタイルカメラ サイバーショット DSC-QX10(ホワイト)

 

あくまで、綺麗な商品写真を、効率良く撮りたいという事が前提で、

ついでに、スマホよりも綺麗な写真や、

スマホよりも綺麗な動画も、お手軽に撮りたいと思っている・・・

そんな、ライトユーザー向けの商品です。

 

商品撮影にすこぶる便利。DSC-QX10のメリット

基本的にiPhoneで、写真撮影していたので、

iPhone5Sとの比較となります。

 

DSC-QX10のメリット

  • モニター分離で遠隔操作
  • マクロ(接写)でも綺麗に撮れる。
  • 写真は1820万画素
  • 動画はフルHD撮影対応
  • 光学10倍ズームはデジカメでもレア。
  • 大容量SDカードで大量に撮影可能。
  • 軽くて超小さい。めっちゃコンパクト
  • 物珍しく話題性抜群。超オシャレっす。

 

モニター分離で遠隔撮影。

ほぼ、コレの為に私は購入しました。

離れた位置からモニターでき、

そのまま撮影できるという事は、本当に素晴らしい。

商品位置を設定して、カメラを覗き込んで、また商品修正して・・・

行ったり来たりの、不毛な作業の繰り返しが無くなります。

 

撮影位置決めて、三脚にカメラを固定して、

あとはモニター見ながら、商品をベストポジションに置いて、そのまま撮影です。

三脚固定で遠隔操作

遠隔操作なので、手ぶれ防止の2秒タイマーとかも不要になる。

ほぼ動かなくて良いので、商品の連続撮影も楽だし早い。

特に大きい商品は、離れた位置からの撮影になるので、作業効率アップ半端ない。

 

マクロが綺麗に撮れる。

スマホの接写って、上手く撮れませんよね?

DSC-QX10なら、近くでも、ボヤけず綺麗に撮れます。

マクロ撮影でも綺麗

美しいでしょ?豚さん。

 

画像、動画がiPhoneより綺麗に撮れる

iPhone5Sの画質は綺麗で最強。

そう思って生きておりました。

DSC-QX10はさすが撮影専用のデジカメ、iPhoneよりワンランク上の画質です。

DSC-QX10の撮影スペック

有効画素数:1820万画素

動画撮影:MP4 16M(1920×1080/30fps)

 

iPhone5Sの撮影スペック

有効画素数:800万画素

動画撮影:1080p/30fps(スローモーション時:720p/120fps)

 

スペック云々では、語れないとは思いますが、

基本的に、写真も動画もiPhoneより、かなり綺麗に撮れます。

写真の画素数2倍。

特に動画の仕上がりは雲泥の差。

iPhone5Sも、1080pってことで、

同じくフルHD(1920×1080)のハズなんだけど、

全然違うんだよね。

まぁ、詳しい事はわからないけど、DSC-QX10の方が綺麗に撮れる。

 

光学10倍ズームは凄い

スマホのズーム機能は、まったく使えませんからね。

その部分が拡大されるだけで、つぶれてますから。

ズームしても綺麗に撮れる。コレ感動。

光学10倍ズームはデジカメでも珍しいので、双眼鏡レベル。

動画撮影しながら、ズームとか・・・重宝するわぁー。

光学10倍ズーム

遠隔操作で、ズームする姿は異様です。

 

大容量SDカードで、大量に撮影できる。

microSDカード対応なので、かなりのデータを保存できます。

高画質写真や、フルHDの動画撮影は容量喰いますからね。

しかも、今はSDカードも安い。

32GBで2000円以下。


【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDHCカード 32GB Class10 (無期限保証) TS32GUSDHC10E (FFP)

 

よって、スマホの少ない容量と格闘する必要も無くなる。

撮り放題。無駄に撮りまくり。

 

軽くてコンパクト。

予想以上に軽くて小さい。

一般的なデジカメの半分のサイズです。

コンパクトなデジカメ

重さ105gで、iPhoneよりも軽い。

首にかけても、全然重くなーい。

肩こり解消です。

 

オシャレで話題性は抜群。

首からかけるだけでも、けっこーオシャレですが、

レンズだけ上げて、下でモニターしながら撮影する。

かなーりファッショナブルな光景です。

デザインも・・・間違いなくiPhoneを意識しているよね?

ホワイトモデルは、iPhoneゴールドと相性バッチリです。

 

ちなみにこのカメラ、

無音とかにできるし、

スマホ見ながら撮影なので、

撮られている方は、全く気付かないです。

くれぐれも悪用しない用、気を付けましょう。

 

実際に使ってみて気付いた。DSC-QX10のデメリット

3か月くらい使っていると、いろいろと気づく点もあります。

購入する前には、気付かなかったデメリット。

こちらも主に、iPhone5Sとの比較です。

 

DSC-QX10のデメリット

  • スマホが無いとモニターできない。
  • DSC-QX10内のデータは、スマホで確認できない。
  • ペアリング、モニター遅延は当たり前。
  • バッテリー消費が激しい。
  • スマホに固定して使うものではない。
  • フラッシュ無い。
  • スローモーション、パノラマ、バースト撮影、GPS・・・不可です。
  • オプションがいろいろ必要・・・というより欲しくなる。

 

スマホが無いとモニターできない。

スマホが無いとモニターできないのであって、

スマホが無くても撮影はできます。

即撮りたいなら、ペアリングせず、そのまま撮影ってのがオススメです。

インスタントカメラ方式です。

 

スマホでQX10のデータにアクセスできない。

スマホでできるのは、あくまでモニター操作のみ。

撮影時にスマホに同時保存したものだけ、スマホで確認ができます。

よって、ペアリングせず撮った写真や、

DSC-QX10内の写真も、スマホで見ることは不可能です。

また、動画はスマホに同時保存できないので、撮影後確認できません。

家に帰ってからのお楽しみとなります。

 

ペアリング、モニター遅延は当たり前。

起動して、モニターのスマホと接続するのに時間がかかります。

モニターしながら即撮影したい場合、常時起動しておく必要があります。

 

また、無線接続の都合、モニター映像に遅延が発生します。

若干の遅れや、カクカクっとなります。

モニターにスムーズに映ってなくても、綺麗に撮影されてるので、

動画とかは、そのまま撮影で問題無いです。

写しているものがリアルタイムでスムーズにモニターに反映される・・・

というのは、あまり期待しない方が良いです。

 

バッテリーの消費が半端ない。

電源を切るとペアリングが切断されてしまうので、

モニターするために常時起動しがちです。

常時無線接続は、スマホ、DSC-QX10共に電力をかなり消費します。

一日外で使う場合には、予備のバッテリーは必須です。


マルチデバイス対応 cheero Power Plus 2 10400mAh (シルバー) 大容量モバイルバッテリー

 

特に動画のバッテリー消費はヤバいです。

 

スマホに固定するカメラでは意味がない。

このカメラのメリットは遠隔操作ができるという事。

よって、スマホに取り付けて使うのでは全く意味がない。

スマホ用のアタッチメント付属ですが、私は使いません。

 

ペアリングにも時間がかかるし、タイムラグもある。

よって、スマホに固定するなら、スマホで撮る方が良い。

iPhone5Sでも、まぁ綺麗に撮れるからね。

 

フラッシュが無いという事。

フラッシュが無いので、

光を当てて撮影したい場合や、暗い中での撮影は難しくなります。

暗い中でも、スマホよりも断然綺麗に撮れますが・・・

まぁ、フラッシュは付いて無いです。

 

iPhone5Sにある、様々な機能が無い。

iPhone5Sのカメラアプリには、様々な機能があります。

スローモーション、パノラマ、バーストモード・・・

アプリを追加すれば、加工なんかもできてしまいます。

また、スマホにはGPS機能も付いているので、撮影場所も自動保存してくれます。

DSC-QX10には、基本的なデジカメとしての機能しかありません。

GPSも付いてないので、位置情報も保存されません。

※画像の位置情報には気を付けましょう。

Exifで個人情報がダダ漏れ。画像のアップロードには気をつけろ。 | アフィリエイト保育園

 

まぁ、QX10でできないことは、スマホでやれば良いので、

そこまでデメリットだとは思わない。

 

カメラに愛着が湧くと、いろいろ欲しくなる。

私はカメラ関連のアクセサリー、いろいろ購入してます。

DSC-QX10を購入して気付いた、併せて買っておくべき必要なもの。

本体以外に費用をかけてしまう・・・これはデメリットですね。

 

DSC-QX10をオススメできる方。

DSC-QX10は、スマホあり前提の商品です。

私はそこに惹かれましたが・・・それがデメリットでもあります。

スマホを、より優れたデジカメにするというイメージ。

 

下記の様な方には、特にオススメです。

  • 自分で商品撮影をしている方。
  • カメラの細かい設定が面倒で、オート撮影の方が良い方。
  • ファッション的な要素で、一眼レフが欲しい方。
  • スマホよりも綺麗に撮影したいレベルの方。
  • スマホの撮影容量に不満がある方。
  • 様々な催し物で、子供の動画を綺麗に撮りたい方。
  • DSC-Q10が気になっている方。

 

DSC-QX10を持つことにより、

遠隔撮影が可能、iPhone5以上の画質の写真や動画が撮影できる。

そして、撮りまくれる。

これだけでも、持つ価値は十分あります。

ズーム機能と、モニター分離撮影で、

高い位置から、遠くから、人混みの後ろから、

どこからでも撮影することができます。

 

特に子供居る家庭では、あると凄い便利です。

保護者達の後ろから撮影、子供の目線での撮影・・・

ライバルセラーだけでなく、

ライバル保護者達とも、圧倒的な差をつける事ができます。

iPadなんかと接続しても、むっちゃ面白い。

大画面で遠隔操作、光学ズームウィーン・・・

 

・・・えぇ、あくまで仕事用ですよ。

綺麗に撮って、商品写真で差をつけましょう。


ソニー レンズスタイルカメラ サイバーショット DSC-QX10(ホワイト)

 

一眼レフに比べたら、断然安いですからね。

コスパも悪くないと思います。

 

※追記

私が購入したのは、4月後半ですが、

ソフトウェアバージョン1.00のままでした。

Ver.3.00に更新したところ、かなり動作がスムーズになった気がします。

購入したらアップデートすることをオススメします。

本体アップデート情報 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット | ソニー

 

 

P.S.

写真の管理って、撮影する端末が増えるとまた厄介ですよね?

今回デジカメ購入で悩んだのが、撮影画像の管理、閲覧方法。

結果、DSC-QX10で撮影した画像は、Picasaで管理するようにしました。

Dropbox、Googleドライブ、SkyDrive、Yahoo!ボックス。無料のクラウドサービスを使い分ける。

 

Sony PlayMemories Homeって・・・要る?

Sonyのアプリより、Picasa(Google+)の方が、慣れている分使いやすい。

Dropboxでも、撮影日順にサムネイル表示してくれるのね。

知らなかった・・・。

 

そーいえば、ヤフーボックスのクラウド容量無制限可能なりましたね。

プレミアム会員は、月額490円で無制限・・・ってマジ?

どの程度使えるサービスなのかは、謎です。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

One Response to “商品撮影用にデジタルカメラ「DSC-QX10」を買ってしまった理由。”

  1. 西島 洋美 より:

    買うの決定
    プロに依頼しても中途半端なプロに頼むので商品画像に満足した試しがない。iphone5sで自分で撮るのが一番納得いくけど、魚眼レンズみたいに周りがゆがむのが嫌だった。

    ありがとうございます!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ