ネットショップ運営をしていれば、閉店作業をするときもございます。

 

何となく作ってしまったショップ。

素人感丸出しのショップ。

ニッチすぎる商品の専門ショップ。

何でもかんでも詰め込みすぎたショップ。

意味不明のドメインで作ったショップ。

うっかりモロパクリをしたショップ。

強制閉店を強いられたショップ。

とにかく売れないショップ。

他ショップや、多ショッピングモールに移転する。

 

一時期、流行ったマネートラップ(無在庫)型のショップを量産した方なんかは、

量産した分、閉店作業も量産したのではないでしょうか?

マネートラップショップに商標権利用の警告文

 

私も、最初の頃に作ったネットショップは全て閉店しています。

カラーミーショップだけで10店舗以上は作ってますが、

現在カラーミーで残っているのは3店舗。

7店舗目くらいに力を入れて作ったショップから、今の状態に至ります。

 

最初の1店舗目くらいの時は、ネットショップの理解が浅く、ショップ自体を完成できず閉店。

2店舗目は、気合い入れて作ったのですが、独自ドメインの商標権で内容証明→閉店。

3店舗目くらいからは、ペラペラの専門店ショップを量産。

結構バカ売れしたのですが、正規代理店や国際弁理士の圧力により、ほぼ閉店。

 

それ以降は、ネットショップ量産をやめ、少ない店舗数で、なるべく正攻法でやってます。

量産しても対応できないし、愛着も湧かないしね。

 

量産を否定するわけではありませんが、なるべく商売としてやるなら、

やはり腰を据えてネットショップを作る気持ちが必要です。

→ カラーミーで売れるネットショップを作る方法。運営と集客に必要な費用。

 

しかし、上手くいかない愛着のあるネットショップ、

閉店するのは忍びないからと言って、

工事中、メンテナンス中のまま契約しておくのは意味が無いです。

メンテナンス中です

だったらデータだけ抜いて、サックリ解約です。

 

ネットショップは契約切れの前に、ローカルファイルに丸ごとコピーしておく。

ネットショップの構築で一番時間がかかるのが、

ショップデザイン設定の部分。

デザイン編集、フリーページ編集、特定商に基づく表記とかとか・・・非常に面倒ですね。

これさえ終われば、あとはひたすら商品登録をするだけですから。

 

時間をかけて考えた文章、試行錯誤して作ったデザイン。

ショップ閉店でそのまま捨ててしまうのは、非常にもったいないです。

次のショップの参考になりまくります。

 

だけど、売れないショップだけど、せっかく作ったネットショップだから・・・

って思って、工事中のまま契約そのままにしてません?

だったら、ローカルフォルダに丸ごとショップをダウンロードして、

サックリ解約してしまいましょう。

次のネットショップを作る際は、自分のPCから前ショップを引っ張りだせば良いのです。

WEBサイトなんか丸ごと保存したって、そんなに容量喰いませんから。

 

サイトを丸ごとダウンロードして、ローカルに保存できるソフトは多々ありますが、

私は「Website Explorer」というフリーウェアを使ってます。

Website Explorer

Website Explorer(ウェブサイト・エクスプローラ)の詳細情報 : Vector ソフトを探す!

 

バックアップしたいWEBサイト(ネットショップ)のURLを入力するだけで、

指定サイトを全スキャンしてくれます。

あとはスキャンしたデータを、自分にPCに保存するだけです。

※「ツール」→「フォルダをダウンロード」で丸ごと保存が可能。

 

外部リンクURLとか、サイトエラーも一覧表示してくれるので、

サイト運営している方、情報配信している方なんかは、サイトチェックにもオススメです。

無料とは思えない高機能です。

 

カラーミーのデータ管理で、商品データだけはダウンロードしておく。

ネットショップを構築したら、あとはひたすら商品登録をするのみ。

ひたすら商品登録をするのも、面倒な作業ですね。

 

というわけで、商品登録データも全てダウンロードしておきましょう。

「データ管理」→「データダウンロード」です。

データ管理でデータダウンロード

 

カラーミーショップは、CSVファイルでダウンロードできるので、

そのまま修正加えて、次のショップの商品登録、まとめてアップロードとかもできます。

CSV形式ファイルで一括商品登録。大量出品&多店舗展開には必須のスキル。

 

特に商品データを、別サイトでそのまま使う場合なんかは、

商品データのダウンロードは超便利な機能です。

専門サイトと専門サイトをまとめて、大きめなサイトにする場合とか、

同じ商品を、別サイトでも出品したときとか、

CSVダウンロード → CSVアップロードで即終了です。

まぁ、CSVデータは多少修正する必要もあると思いますが・・・

カラーミーショップで商品一括登録。CSVエラーと注意点について。

 

あとダウンロードできるデータとして、

売り上げデータとか、顧客データとかも、使えるならダウンロードしておきましょう。

顧客データは結構危ないので、取扱いにくれぐれも気を付けましょう。

顧客情報流出とか、ニュースでも話題になっているからね。

 

過去のデータで作業効率化。使えるネットショップの様々なデータ。

かくいう私も、そのまま閉店して、

ゼロからショップを構築する事を何度もやってます。

それで気付いたのは、できるだけデータは残しておくという事。

 

何度か繰り返すうちに、

面倒になり、

過去のデータは使えるという事に気づき、

いろいろとバックアップを取る様になりました。

 

バナーなんかを作る際に、デザインした画像のデータ。

これも結構使えます。

画像データはサイトの顔ですからね。

フォトショップの元データ(psdファイル)を残しておくと便利です。

前に作ったデザインの背景レイヤーをそのまま使ったり、

文字のフォントとか、デザインとか、そのまま変更するだけで使えます。

バナー作って、JPEG保存して削除してしまうのはもったいないです。

全てのデータは残して、NASサーバーにでもブっ込んでおきましょう。

初めてのNASサーバー。ReadyNAS RN10400-100AJSの導入、設定方法と注意点。

 

メールの送受信履歴も、かなり役に立ちます。

過去のトラブル時に、どの様な対応をしたのか?

メールで顧客対応した場合は、全て履歴に残るので、

ショップの過去メールは全て保存しておきましょう。

メーラーの検索機能は優れているし、

同じ事例に対して、テンプレート化も可能です。

※Windows Live メールならドラッグ&ドロップでまとめて保存、まとめて復元できます。

テンプレート化したら、

Evernoteなり、クリップボード拡張ソフトなりを活用して、

同じトラブルは、一瞬で対応できる様にしておきましょう。

 

過去に一度やった事は、2度目からはなるべく時間をかけない。

それが可能なネットビジネス。

考えない、思い出さない、使いまわす。

それも作業効率化の一つです。

 

一度作ってしまえば二度目は簡単。

三度目、四度目となれば、流るるが如くです。

時間がかかるのは最初だけ。

ヤフオク、アマゾン、バイマやってるなら、ネットショップもやるべきです。

カラーミーショップ

カラーミーの無料期間中に閉店したって良いんです。

やらないよりマシ。

経験もデータの一つです。

 

カラーミーの攻略方法。

カラーミーで売れるネットショップを作る方法。運営と集客に必要な費用。

 

P.S.

まぁ、面倒な作業の繰り返しで覚える事も多いので、

あまり最初から効率化を考えすぎて、やらない奴にならない様に。

 

効率良くやろうと考えるよりも、とりあえず手を動かす。

やってみなければわからない。

やってみてわかる事がほとんど。