5.5インチはデカ過ぎ無い。私が「iPhone6 Plus」を購入する理由。

昨日のiPhone6発売で、遂に購入しました。

iPhone6 Plus。

128GBだったら、発売日お届けだったけど、

クラウドサービスも、いろいろ使ってるんで・・・流石にそこまでの容量は要らない。

 

64GBと悩んで・・・とりあえず勢いで16GB。

79800円の税込みは、86184円。

KS000428

 

悩みに悩んだ挙句、2日後に64GBも追加購入。

KS000436

89800円の税込みは、96984円。

消費税高ぇ。

 

どちらも、3~4週間のお届け・・・

高いけど・・・使えない端末購入するくらいなら安いもん。

必要経費デス。

 

前回「iPhone6購入する意味なくねぇ?」って言ったのに、

私が、iPhone Plusを購入した理由です。

購入の決め手はサイズだよね。

5.5インチって、そんな言うほど悪くない・・・・と思う。

 

iPhone6とiPhone6 Plusを印刷して、正確なサイズを把握する。

大きすぎる、デカすぎると話題になっているiPhone6ですが、

とりあえず、正確なサイズを把握したいと思います。

 

Ars Technicaから、実寸サイズのPDFファイルがダウンロードできる。

How big is the iPhone 6 Plus? Find out with our handy paper template | Ars Technica

 

という事で、早速印刷させてもらう。

IMG_9069

 

印刷したらサイズが合っているか、iPhone5Sで確かめた方が良いかと。

私は、最初間違ったサイズで印刷してました。汗

IMG_9070

 

Nexus5とiPhone6を比較すると、ほぼ同じサイズでした。

IMG_9082

若干、iPhone6の方が長い。

 

サイズ比較すると、こんな感じ。

IMG_9072

iPhone5S < iPhone6 ≒ Nexus5 < iPhone6 Plus < iPad mini (Retina)

 

iPhone6は、Nexus5とほぼ同じサイズ。

では、iPhone6 Plusは、果たしてデカすぎるのか?

 

5.5インチのiPhone6 Plusのサイズを徹底比較。デザインは縦長。

「サイズがデカすぎる」と話題の、iPhone6 Plus。

iPhone6 Plusのサイズ

  • 高さ: 158.1 mm
  • 幅: 77.8 mm
  • 厚さ:7.1 mm
  • 重量:172 g

他の端末に比べどれくらいデカいのか?検証する。

スマホでは無く、ファブレット・・・という事で、

主にタブレット端末との比較です。

 

Nexus5とiPhone6 Plusを、サイズ比較。

Nexus5のサイズ

  • 高さ: 137.84 mm (-20.26mm)
  • 幅: 69.17 mm (-8.63mm)
  • 厚さ:8.59 mm (+1.49mm)
  • 重量:130 g (-42g)

IMG_9084

個人的に、現在サイズ感が一番お気に入りのNexus5。

iPhone6 Plusと比較すると、横幅よりも、縦が結構長くなる。

厚さは、iPhone6 Plusの方が約1.5mm薄い

デカくて薄いのは、Appleらしい。

 

Nexus7 2013とiPhone6 Plusを、サイズ比較。

Nexus7のサイズ

  • 高さ: 200 mm (+41.9mm)
  • 幅: 114 mm (+36.2mm)
  • 厚さ:8.65 mm (+1.55mm)
  • 重量:290 g (+118g)

IMG_9105

iPad mini よりも断然持ちやすい、Nexus7。

iPhone6 Plusは5.5インチなので、7インチのNexus7は、当たり前にデカい。

Nexus7は、横幅が約1.5倍。特に重量は結構違う。

290g→172g。118g違うとかなり違うと思う。

 

iPad mini RetinaとiPhone6 Plusを、サイズ比較。

iPad mini Retina(Wi-Fiモデル)のサイズ。

  • 高さ: 200 mm (+41.9mm)
  • 幅: 134.7 mm (+56.9mm)
  • 厚さ:7.5 mm (+0.4mm)
  • 重量:331 g (+159g)

IMG_9106

iPad miniは幅広なので、超持ちづらいですよね?

iPhone6 Plusと横幅比較すると、約1.75倍になる。

重量比+159gって、2倍の重さ

Nexus7に比べると、使いづらいワケだ。

 

iPad AirとiPhone6 Plusを、サイズ比較。

iPad Air(Wi-Fiモデル)のサイズ。

  • 高さ: 240 mm (+81.9mm)
  • 幅: 169.5 mm (+91.7mm)
  • 厚さ:7.5 mm (+0.4mm)
  • 重量:469 g (+297g)

IMG_9107

サイズ比較の対象として・・・間違っている気がする。

 

一万円とiPhone6 Plusを、サイズ比較。

一万円札と同じサイズという事で、上に重ねてみた。

IMG_9086

一万円札のサイズ

  • 高さ: 160 mm (+1.9mm)
  • 幅: 76 mm (-1.8mm)
  • 厚さ:0.1 mm
  • 重量:1 g

 

ホント同じサイズ・・・

一万円札の方が若干縦に長く、幅狭いデス。

 

通話する時に「iPhone6 Plus」が大きすぎる問題。

iPhone6 Plusは縦に長いです。

耳に当てたところで、そんな滑稽かな?というのが正直な疑問。

 

ガラケーとのサイズ比較してみた。

昔のパカパカガラケーに比べると、断然短い。

IMG_9076

 

スライド式ガラケーよりも、iPhone Plusの方が短いです。

IMG_9077

iPhone Plusの厚さ7.1mmと、ガラケーよりも超薄いですからね。

ガラケーよりは、幅広だけど・・・そんな気になる?

個人的には、マイクと口が近い方が、

喋ってる感じがあって好きだった、過去の私。

まぁ、最近では耳に当てる行為って、あまりしない。

 

そもそもスマートフォンを耳に当てて通話しない。

考えたら、携帯電話を耳に当てて通話って・・・してません。

今ではすっかり、スピーカーホンです。

通話口から離れても、全然問題無く通話できるし、

両手空くから便利だよね。

・・・携帯電波が怖いわけではありませんよ。

 

耳に当てて通話すると、大きくて滑稽だ。

スマートで無いというのであれば、耳に当てなければ良い。

Bluetoothマイクや、スピーカーホン機能もあるんだから。


audio-technica ヘッドホンアンプ内蔵 ワイヤレス(Bluetooth)ステレオレシーバー AT-PHA05BT

 

外で使っても、骨伝導マイクかな?


【日本正規代理店品】Jawbone 骨伝導ノイズキャンセリングマイク搭載 iPhone5対応 Jawbone ICON HD デニム ALP-ICONHD-DN

 

骨伝導って変態っぽい?

買ってしまったから、必死で使おうとする俺。

 

デカすぎて、ポケットにiPhone6 Plusが入らない問題。

iPhone6 Plusはポケットに入らない。

いや、入るでしょ?

超薄くて、縦長デザインだから。

 

女性は厳しい?

スキニーパンツとか?厳しい時もあるけど、

私は、Nexus7くらいなら、勢いでポケットに差してまいます。

 

電車乗り換えとか、一時的に片手で持ってらんない時は、

7インチタブレットを、ポケットにブッ差す。

縦長ならイケます。iPad miniは無理。

 

そもそも、ゴツイiPhoneケースを装着する様な方が、

iPhoneデカいと文句いうのは、意味ぷぅ。

そのiPhoneケース・・・邪魔じゃね?

っていう場面に遭遇する事が多い。

 

私は、iPhoneケース使わないので・・・

固い一万円札を、ポケットに差すくらい余裕です。

 

大きすぎて、片手で操作できない問題。

Nexus7でも、頑張って片手で操作する私。

縦長5.5インチなら余裕でしょ・・・って思うのだが、

小柄な女性の方には、やっぱ厳しいのかな。

でも、幅せまの縦長デザインだよ。

BUNKER RING使ってる?


BUNKER RING 3 (全5色) バンカーリング iPhone/iPad/iPod/Galaxy/Xperia/スマートフォン・タブレットPCを指1本で保持・落下防止・スタンド機能(ブラック)

 

 

Reachability(片手操作モード)搭載。

片手で操作できないって言われる前に、

Appleさんは片手操作モードを搭載しました。

というより、Android端末で以前から片手操作モードってあったみたいね。

KS000434

画面下半分で操作。縦長なんで可能ですね。

悪く無いかも。

 

そもそも片手で文字を入力しない俺。

フリック入力できないし、キーボード入力最強だと思っている。

そんな私は、片手で文字打ちしない。

両手入力か、音声入力です。

最近の音声認識は、特に凄い。

まぁ、基本的にスマホでは、文字打ちしないってのが本音。

 

「片手で操作できない」というより、「片手で持て無い」という方が困る。

iPad miniとかね。

 

iPhone6 Plusのデメリット。ランニング用アームバンドとFlipBelt。

私が唯一残念だと思っている点。

それは、ランニングの際に携帯できないという点。

 

iPhone6 Plusで、ランニングアプリ起動して走るって、

結構無理あると思います。

しばらくは理想的な、iPhone6用のバンドも発売されないでしょう。

現在Flip Beltを使っているのですが、iPhone6 Plusでは厳しくなるかと思います。


スポーツウエストポーチ FlipBelt フリップベルト(カーボン, M)

 

ちなみに、GPS機能は、SIM無しでも使えます

解約済みスマホでも、SIM抜いてもGPS働いてます。

インターネット接続無くても、Runkeeper活躍してます。

UP by Jawboneの連携アプリで連動して運動する。体重推移も自動同期で強制ダイエット。

 

Runkeeperはクラウド同期なんで、

iPhone5Sを携帯して走って、iPhone6 Plusへランニングデータ同期されます。

よって、無理してiPhone6 Plusを持って走る必要無し。

GPS機能付きのスマホが余っていれば・・・の話ね。

 

「iPad mini」を使いづらいと感じている方は「iPhone6 Plus」

iPhone5Sを所持しているなら、iPhone6への機種変更は微妙。

これは、前回も言った通りです。

iPhone6とiPhone6 Plusの違いを徹底比較。iPhone5Sから機種変更する必要性。

 

4.7インチのiPhone6なら、5インチのNexus5の方が安くてコスパも良い。

SIMフリーのAndroid端末を安く手に入れる方法。格安最新スマホを比較する。

 

「iPhone5Sと、タブレット端末を利用しているなら、iPhone6 Plusは不要。」

そんな意見もありますが、

逆に言えば、タブレットとスマホが、iPhone6 Plus一台で済んでしまうという事。

5.5インチで高性能なiOS端末は、今まで有りませんでしたから。

いちいちタブレットを持っていくの面倒な時も、多いですからね。

 

Nexus7の様に、片手で使える端末がiOSには無い。

iOSで使えるタブレットには、

今まで、片手で使えるサイズという選択肢が無かった。

私は、iOSをメインで使っているにもかかわらず、

サイズの都合で、タブレット端末Nexus7を主に利用していました。

iPad miniは、幅広デザインで片手で持てず、超重い。

iPad miniは、iPhoneに比べると断然カメラ性能も劣る。

個人的には、ちょっと微妙な端末です。

iPad miniでサイト閲覧や、本読みます?

iPad mini使うなら、iPad Airを使う。

厚さも変わらんし。

 

Androidには、5インチ以上の端末(ファブレット)は既に多く出ていますからね。

iOSで5.5インチのサイズは無かった。

iOSでファブレットが使いたいなら、iPhone6 Plusしかないという事。

iPhone以上で、iPad mini未満のサイズなら、iPhone Plusを利用する。

ただそれだけの事です。

サイズが大きいと思うのであれば、iPhone5Sなり、iPhone4Sを使えば良いと思う。

旧モデルなら値段安くなるし、コスパも良いよ。

格安にiOSスマホを使いたいなら「SIMフリーのiPhone」の一択

 

本を読む、PDFを読む、サイトを閲覧する、メール、画像編集、ノートアプリ・・・

画面が大きいに越したことは有りません。

大は小を兼ねる。

 

まぁ、実際には、ただ欲しいだけで、使ってみたいだけ。

使い方は、買ってから考えれば良い。

だって欲しいんだから。

 

iPhone6 Plus と iPhone6をできるだけ安く、早く手に入れる方法。※追記

SIMフリー押しの私ですが、

海外利用を考えていないなら、SIMフリーiPhoneでなくても良い事に気づきました!

 

狙うべきは、ドコモ版iPhone6デス!

ドコモ版iPhone6なら、ほとんどの格安SIMが使えます。

格安SIMでiPhoneを激安運用する方法まとめ。MVNOへMNPの注意点。

 

なるべく安く手に入れたい方、即欲しい方、海外利用されない方。

ヤフオクでドコモ版のiPhone6 が、断然オススメ。

ドコモ版 iPhone6の価格

ドコモ版 iPhone6 Plusの価格

ほぼ新品だらけで、めっちゃ安いから~。

ドコモ版で問題無い事に気付いた私は、早速SIMフリーを一台キャンセルです。爆

KS000526

届くの遅いし、

マジでドコモ版の方が、数万円も安い

 

P.S.

大手携帯キャリアのiPhone6価格。

16GBなら、2年縛りで本体価格0円~っていうヤツ。

SIMフリーの時代なのに、まだやってますね。

 

新規&MNPと、機種変更で本体価格が全然違う。

違約金払っても、MNPした方が安いという意味不明な仕組み。

で、実際払う金額は、月々6000~7000円×24+α

2年間で、いくら払ってるのか把握してますか?

大手携帯キャリアのMNP手続き方法。解約月の解約手数料と違約金。格安SIMとの月額料金比較。

2年目以降も、月々の料金は安くならないし、更に自動的に2年縛られます。

 

いい加減、2年縛りの負の連鎖から解放されましょう。

大手携帯キャリアを解約するデメリット・・・大した事では無いハズ。

格安SIMへ移行するメリット・デメリット。大手携帯キャリア解約で不便となる点。 

格安SIMにするなら・・・今でしょ!

 

電話番号のMNPも可能ですから。

→ 格安スマホにMNPする。MVNO音声通話SIMの比較まとめ。

携帯電話番号すら要らないなら、更に安い。

スマホを最安運用する。データ通信SIMの比較まとめ。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ