インスタントメッセンジャーやIP電話の普及で、固定電話が不要の時代。

ファックス送受信の為に固定電話を契約するのは、勿体ない。

 

メール普及の現代でも、ファックスは割と必要です。

個人的には、固定電話より必要性を感じませんが、

事業が大きくなればなるほど、必要になるファックス。

 

国内企業や、お役所書類、請求書、見積書・・・

何故か強制FAXで提出の場合が多いです。

Amazonの書類なんかも、そういえばFAX送信でしたね。

Amazonからメール・・・米国政府機関OFACからの要請により、身分証明書をFAX!?

 

国際郵便物で輸入額20万超える場合も、FAXか郵送のみ対応だったよね。

通関手続案内書だっけ?

最近は、もっぱらDHLだから忘れたけど。

 

そもそも何で日本は、ファックスで無ければいけないのか?

海外の取引先なら、メールで済む・・・

 

そんな愚痴はさておき、

必要ならば、格安にFAX番号を用意するまでです。

インターネットファックスなら、いろいろと便利で割安。

 

デカくて邪魔なFAX機を、自宅に備える必要はありません。



FAXもクラウド化。

インターネットで送受信できる時代です。

ネットショップのファックス注文にも、対応してやりましょう。

インターネットファックス eFAXのメリット・デメリット

インターネットファックスサービスは様々ありますが、

私が利用しているのは、eFAXです。

弱小個人事業主レベルなら、eFAXで間違いないと思います。

全世界で1,200万人が利用するネットFaxサービス

 

インターネットファックスには、

メリットしか無いと思ってますが、

強いてデメリットを、挙げてみせようホトトギス。

 

eFAXのメリット

  • いつでもどこでも、どこへでもFAX送受信が可能。
  • 場所をとるファックス機が不要
  • インクリボンや紙も不要
  • 都道府県市外局番のFAX番号が取得できる
  • 複数のFAX番号も取得可能。
  • メールでFAXという利便性。
  • 受信はPDFデータで管理が容易
  • とにかく安い
  • 30日間無料トライアルがある。

 

eFAXのデメリット

  • 良くも悪くもFAXがメール化する。
  • 受信ボックスの容量オーバーすると受信できない。
  • インターネット回線、PC or スマートフォンが必要。
  • スキャナーも必須だね
  • FAX番号移行 NP(ナンバーポータビリティー)は不可能
  • 解約には電話をかける必要がある

 

いつでもどこでも、どこへでも送受信可能。

FAXがメールで送受信できる様になるので、

外出先でFAX確認でき、外出先からFAX返信も可能

海外へも送信可能です。

 

また、素晴らしいのが、どこから送信しても、

取得した市外局番からの送信となるという事。

海外からFAX送信しても、日本からの送信になる

 

スマホアプリもあります。

eFax – j2 Global, Inc.

 

iPhoneで撮影して、そのままFAXとかもできます。

デジタルからアナログです。

 

邪魔なファックス機は、もう要らない。

固定電話機ですら邪魔と感じる私は、FAX機ってホント邪魔です。

電話機の数倍のスペースを必要とし、用紙の排出されるスペースも確保しないとイケない。

インターネットファックスの登場で、ファックスの置く場所は不要となります。

ファックス2台も置くスペースあったら、犬住める。

eFAXは複数番号の契約もできます!

 

ファックス機が不要になれば、

紙や、インクも不要となりますので、備品をストックしておく場所も不要となります。

 

また、FAX機が不要なので、ファックスが壊れる心配も無い

紙詰まり無いし、メンテナンスも不要

 

物が無いに越したことは無い。

 

都道府県市外局番のFAX番号を、選んで取得できる。

東京「03」とか、大阪「06」の市外局番だけでなく、

メジャーどころの市外局番が選べます。

「045」「048」「052」「078」・・・普通に固定電話番号が取得できます。

 

私の市の番号は漏れなく対応。

はたから見たら、インターネットファックス番号とは、マジでワカラナイ

 

で、海外からFAX送信しても、登録した市外局番で送信してくれます

素晴らしい。

 

紙が不要。PDFデータで受信は管理も容易。

FAX受信データは、PDFで添付されてきます。

FAXデータのPDFを、そのままEvernoteにぶっ込んで管理してます。

 

今までは、受信したFAXをScanSnapでスキャンして、Evernoteで管理してましたが、

その手間が無くなりました。

Evernoteユーザーは、インターネットFAXです。

紙を処分する手間も無いから。

 

FAXがメール化するメリット・デメリット。

FAXなんて要らないじゃん、メールで良いじゃんと言いましたが・・・

eFAXで、マジでFAXがメール化します。

メールと同じ扱いになるという事は、

便利な反面、不便と感じる方もいらっしゃる様です。

 

FAXを、全てメールで管理する事により、

「メールに埋もれてメールを見失う」とか、

「迷惑メール扱いされる」とか、

「受信ボックスの容量オーバーで受信できない」とかとか、

メールが管理できない方、活用できていない方には不向きです。

 

今までのファックスに慣れきっていると、不便に感じる方もいる様ですが、

私には超便利です。

ファックスがメールになる。

私はむしろ、メールだけになって欲しい人間です。

 

FAXデータはメール添付して送信。スキャナーが必須。

メールにFAXしたいデータを添付して、FAX送信するので、

FAXするデータは事前に用意しておく必要があります。

 

白い紙に、手で書いて即送信っていう、アナログな方法は無理になります。

iPhoneで写真撮るなり、スキャンするなり、

データ化して、メール添付する必要があります。

 

eFAXは、対応しているファイル形式も多いです。

KS000450

 

ワード、エクセル、パワーポイント、PDF、GIF、JPEG、TIFF・・・

今時のスマホには優れたスキャナアプリもあるので、

ファックス機より、断然便利でしょう。

iPhoneなら、CamScannerで事足りる。

 

NP(ナンバーポータビリティー)ができない。

今使っているFAX番号で、そのままインターネットファックスで使いたい。

番号移行したい場合、eFAXでは不可能です。

 

番号移行してインターネットファックスをしたいなら、Toones。

パソコンでFAX送受信!ToonesインターネットFAX

しかしながら、NP手数料が高くNP対応可能市外局番も少ない

なにより、Toonesのサービス内容はeFAXに劣る・・・と思います。

 

NPするのが無理なら、

今使っているFAX番号から、そのままeFAXに転送するという方法もあります。

NTT|ボイスワープ[転送電話]FAX転送について

「旧FAX回線+eFAX」となるので、固定費倍増。

やはりオススメはできませんけど。

 

eFAXの解約方法は面倒。電話をする必要がある。

eFAXには、無料トライアルが30日も有る。

 

がしかし、その解約には電話する必要があるのです。

30日間無料トライアルとは何ですか?

30日間無料トライアルでは、eFax Plus®会員が受けられるすべてのメリットを30日間体験していただくことができます。Fax送信、Fax受信、およびeFaxのウェブサイトにおけるすべての機能をご利用することが可能です。お客様にご満足いただけなかった場合はカスタマーサポートまでお電話ください。無料トライアル期間終了前にサービスを解約いただければ、料金は一切かかりません。

※参考→FAQ よくあるご質問 | eFax(イーファックス)

 

こんだけクラウドっぽい事しているのだから、

インターネットで、サックリ解約できたら良いんですけどね。

解約方法は電話のみ→「eFAXカスタマーサポート:03-4520-9261」

 

無料トライアルでイマイチと感じるなら、30日以内にしっかりと解約しましょう。

≪eFax≫無料トライアル

電話で解約でハードル上げてるのかもしれないけど、

個人事業主に、そんなの通用しないもん。

 

今のところ、私は解約は試してませんが・・・

eFAXよりも優れた、インターネットFAXサービスがあれば、教えてアモーレ。

 

インターネットFaxは料金も安い。維持費&固定費を比較する。

こんだけ良い事づくしの「eFAX」ですが、料金も結構安いです。

通常のFAX機と比較しても、結構なお得。

KS000451

上記はレンタルFAXとの比較ですが、

固定電話回線でFAX機と比較したとしても、かなり安いです。

 

導入費用、初期費用無料で、

しかも、コレ凄いのが、

月額1500円の中に、送信150ページ、受信150ページが含まれるという事。

合計300ページ分が、月額料金に含まれるので、

普通に利用している分には、FAX料金が月額1500円で収まってしまいます。

インク代、印刷紙代も不要になります。

 

年払いプランにすると月額1250円(年額15000円)となり、更にお得。

※初年度は年額12000円、月額1000円です。

 

コンビニから送信すると、1通50円の送信料。

インターネットFAXなら、月額1250円で事足ります。

FAX番号も取得できて、どこからでも送受信できるようになり、管理も容易。

もろもろ含めて絶対に安い。

なにより便利です。

 

個人事業主に格安FAXのススメ。

FAXなんて要らないって思っていたんですけど、

なんか最近、必要に駆られる事が多いです。

 

コンビニのFAX超面倒だし、FAX受信できないと困る。

まだまだ、日本ではFAX無いと困るから。

弱小個人事業主に、インターネットFAXはもってこいデス。

 

年間プランなら月額1250円になるし、

初年度は月額1000円と、更に割引価格になります。

 

電話番号もIP電話で安く取得できるし、

安上がりな時代になったもんだ。

 

30日間無料トライアルだし、使ってみてダメなら解約すればよい。

何事も使ってみなければ、ワカラナイから。

≪eFax≫(30日間無料)お支払はカードでOK

 

毎月の固定費を安くする。

インターネットビジネスだから、

通信費が高い。

・・・んなぁこたぁない。

 

特定商取引法に基づく表記に、固定電話は不要です。

携帯電話、IP電話、Skype番号、050 plus、IP-Phone SMART、オススメの電話番号

 

スマホは、SIMフリーで格安SIMが超お得。

SIMフリーのAndroid端末を安く手に入れる方法。格安最新スマホを比較する。

SIMフリーとSIMの種類。SMS付、音声付、データ通信のみの違い。

 

情報弱者の通信費無駄使い。

少しの工夫で、通信費は劇的に安くなります。