大手プロバイダのBIGLOBEが格安SIMに参入したのは、他社MVNOよりも断トツで早い。

私はBIGLOBE SIMをメインで使っており、

BIGLOBE SIMがナンバーワンだと思ってましたが・・・

格安スマホにMNPする。MVNO音声通話SIMの比較まとめ。

他社ライバル通話SIMの登場で、料金プランもどんどん改善されています。

 

今ではBIGLOBEは、大容量SIMとしてコストパフォーマンスが良く、

6GBプランのミドルユーザーから、12GBプランでヘビーユーザーにも対応可能。

格安なシェアSIMの追加も可能となり、

メインSIMだけでなく、複数所持用のSIM、ファミリー向けのSIMとしてもオススメ。

BIGLOBE SIMのメリット・デメリット。

BIGLOBEは料金プラン改善され、大容量プランに強いです。

逆をいえば少ない容量で考えている人は、他社SIMでも良いと思います。

 

3GBの容量で足りるライトユーザーはmineoの方が利点が多いかと。

mineo Dプラン徹底レビュー。ドコモ回線のマイネオにデメリットは有るのか?

BIGLOBE SIMを他社MVNOと比較します。

 

料金プランを比較する。BIGLOBEは改善している。

BIGLOBEと他社料金プラン比較します。

BIGLOBEにも3GBプランや、

通話SIM専用の格安プラン「音声通話スタートプラン」プランも有りますが・・・

オススメなのは容量が多い、ライトSプラン、12GBプランです。

 

BIGLOBE SIMの基本スペック

  • 回線:ドコモ
  • 通信速度:受信時最大 225Mbps、送信時最大 50Mbps
  • 初期費用:3000円
  • SMSオプション:+120円
  • 音声通話SIM:+700円
  • 音声通話SIMの最低利用期間:12か月
  • 音声通話SIMの違約金:8000円

音声通話スタートプラン(1GB)

  • 月額:月1400円
  • 通信容量:月1GB
  • 通信速度制限:直近72時間 200MB
  • 制限後速度:200kbps
  • シェアSIM追加:不可能
  • BIGLOBE WiFi:有料(月額250円)

BIGLOBE LTE・3G エントリープラン(3GB)

  • 月額:1100円 → 月900円(2015年10月より)
  • 通信容量:月2GB → 月3GB(2015年4月17日より)
  • 通信速度制限:直近72時間 360MB → 600MB
  • 制限後速度:200kbps
  • シェアSIM追加:不可能
  • BIGLOBE WiFi:有料(月額250円)

BIGLOBE LTE・3G ライトSプラン(6GB)

  • 月額:月1450円(2015年10月より)
  • 通信容量:月6GB
  • 通信速度制限:直近72時間 制限無し
  • 制限後速度:200kbps
  • シェアSIM追加:最大2枚
  • BIGLOBE WiFi:無料

BIGLOBE LTE・3G 12ギガプラン(12GB)

  • 月額:月2700円(2015年10月より)
  • 通信容量:月12GB
  • 通信速度制限:直近72時間 制限無し
  • 制限後速度:200kbps
  • シェアSIM追加:最大4枚
  • BIGLOBE WiFi:無料

 

3GBプランは、他社同水準の月額900円だけど・・・

容量が多くなるにつれて、BIGLOBEはコスパが良い。

BIGLOBE 6GB月額1450円12GB月額2700円と他社に比べても格安。

しかも、6GBプランから直近3日間の通信速度制限も無くなり、BIGLOBE Wifiも無料

シェアSIMの追加発行も可能と。他社サービスよりも上を行く。

 

月間容量並に重要な、直近3日間の通信制限。BIGLOBEは制限無しへ。

月間通信容量ばかりに目が行きがちですが、

それよりも重要なのが、3日間の通信速度制限。

月間容量が数GB有ったって、

3日間の通信制限に引っかかったら、全く使い物になりませんからね

 

例えば、NifMoの5GBプランや10GBプランの場合、直近3日間の通信制限が有ります。

5GBで1.1GB、10GBで2.2GBとなっております。

NifMoの通信制限について

月間のデータ通信容量が基準値(3GBプラン:3GB/月、5GBプラン:5GB/月、10GBプラン:10GB/月)および直近3日間の通信利用量の基準値(3GBプラン:650MB5GBプラン:1,100MB10GBプラン:2,200MB)を超えた場合には通信速度を上り下り最大200kbpsに制限します。通信速度の制限は月間データ通信容量の場合には翌月、直近3日間の通信利用量の場合には通信利用量が先の上限を下回った場合に制限が解除されます。

※参考→音声通話対応SIMカード | スマホ(スマートフォン)ならNifMo(ニフモ)

 

一方、BIGLOBEの大容量プランは、

NifMoより月額料金が安いだけでなく、直近3日間の通信制限も有りません。

KS001737

※参考→BIGLOBE

月額容量6GBの「ライトSプラン」から、直近72時間の通信速度制限は無くなります

大容量プランこそ、直近3日間制限が有ったら意味ないですからね。

 

BIGLOBEだけでなく、他社MVNOも3GBプランは3日間の通信制限ある事が多いので、

容量少ない3GBプランを選ぶなら、mineoをオススメします。

mineo Dプラン徹底レビュー。ドコモ回線のマイネオにデメリットは有るのか?

対象ユーザーの多い3GBプランは、mineo Dプランが最強です。

 

ちなみに、BIGLOBE最安の通話SIM「音声スタートプラン」はオススメしません。

月額1400円月間1GB容量だし、3日間の通信量も200MBしかありません。

 

BIGLOBEは容量繰り越しが可能に!

2GBから3GBと増えた、BIGLOBEのエントリープラン。

2015年4月より、余った容量は翌月へ繰り越す事が可能となりました。

KS001155

「BIGLOBE LTE・3G」でスマホ通信費を節約?!

 

他社MVNOでも、パケット繰り越しサービスは、未だ無い事も多い。

月によって使う容量が異なり、余裕のある時に貯めておけた方が良い。

繰り越しは機能は必須です。

 

BIGLOBE SIMの対応端末。ドコモ版iPhoneでもテザリング可能。

BIGLOBEは、大手プロバイダだけあり、対応端末の更新も早い。

対応端末には、iOSのiPhoneもしっかりと明記されてます。

 

動作確認済み対応端末一覧

BIGLOBE→「BIGLOBE LTE・3G」動作確認端末一覧/設定方法:BIGLOBE会員サポート

 

SIMロックフリーのiPhoneだけでなく、ドコモ版iPhoneにも対応してます。

海外で利用する事を想定していないなら、SIMフリーである必要も無い。

ドコモ版iPhoneなら、安く手に入るからね。

格安にiOSスマホを使うなら「SIMフリーのiPhone」か「ドコモ版iPhone」

 

iPhoneでテザリングも可能。モチロン追加料金も不要です。

BIGLOBE SIMでテザリング可能な端末の調査。iPhone(iOS)とNexus5(Android)。

 

BIGLOBEは自宅MNPで可能。携帯電話が使えない期間が無い。

格安SIMのデメリットといえば、SIM送付の都合、

携帯電話が使えない期間が発生してしまうという事でした。

格安SIMへ移行するメリット・デメリット。大手携帯キャリア解約で不便となる点。

 

BIGLOBEでは、2015年9月より、自宅でMNP切替ができるようになりました。

MNPで電話番号そのまま!電話が使えなくなる期間ほぼゼロ

音声通話プランなら、番号はMNP(携帯電話番号ポータビリティ)で使い慣れた090-、080-、070-で始まる自分の番号(衛星携帯電話、データ専用プランを除く)を引き継ぐことも可能です。しかも、BIGLOBEスマホなら、新しいSIMが届いてから電話番号の切り替えを行うので、電話が使えなくなる時間はほとんどありません

BIGLOBE

新しいSIMが届いてから、電話番号の切替ができるので、

電話が使える期間は、ほぼありません!

 

自宅MNPに対応しているSIMは未だ少なく、対応していない場合、

SIM到着するまでの数日間(2日~1週間)は、電話番号使えなくなります!

 

また、BIGLOBEには、即日MNP切替ができる店舗もあります。

対応カウンターなら、申し込んだ日にMNP完了することも可能です。

即日受渡しカウンター設置店舗

  • ヨドバシカメラ 新宿西口本店
  • ヨドバシカメラ マルチメディアakiba
  • ヨドバシカメラ マルチメディア錦糸町
  • ヨドバシカメラ マルチメディア吉祥寺
  • ヨドバシカメラ マルチメディア川崎ルフロン
  • ヨドバシカメラ マルチメディア横浜
  • ヨドバシカメラ マルチメディア梅田
  • ヨドバシカメラ マルチメディア京都
  • ヨドバシカメラ マルチメディア博多
  • スマホの窓口 スマート・スマート ザ・モール仙台長町店
  • スマホの窓口 スマート・スマート 浦和コルソ店
  • スマホの窓口 スマート・スマート イオンモール神戸北店

※音声通話SIMのみ対応

まだまだ店舗は少ないですが、

自宅MNP対応になったんで、忙しい人ほど自宅で切り替えた方が良い。

待つ時間も、交通費も要らないからね。

 

BIGLOBEは複数契約で更にお得。シェアSIMカード追加オプション。

BIGLOBEの通話SIMは、家族で容量シェアする事ができるようになりました。

シェアSIM追加になるので、同じ容量で別途契約するよりも断然安くなります。

2015年10月より、更にシェア料金も安くなりました。

 

BIGLOBEの通話SIMの料金とシェアSIMの料金。

  • ライトSプラン(6GB):1450円+700円(音声通話オプション)→シェアSIM2枚まで
  • 12ギガプラン(12GB):2700円+700円(音声通話オプション)→シェアSIM4枚まで
  • シェアSIM(音声) 月額利用料:900円
  • シェアSIM(SMS) 月額利用料:320円
  • シェアSIM(データ)月額利用料:200円

 

シェアSIMが有るので、複数端末で利用すればお得になる。

  • 家族2人で通話SIM(6GB)をシェアした場合:1450円+700円+900円 → 3050円
  • 家族3人で通話SIM(6GB)をシェアした場合:1450円+700円+900円×2 → 3950円
  • 家族4人で通話SIM(12GB)をシェアした場合:2700円+700円+900円×3 → 6100円
  • 家族5人で通話SIM(12GB)をシェアした場合:2700円+700円+900円×4 → 7000円
  • 家族2人で、3GBの通話SIMを2回線契約した場合:1600円×2=3200円シェア不可
  • 家族4人で、3GBの通話SIMを4回線契約した場合:1600円×4=6400円シェア不可

 

家族2人で月額3050円でお互い携帯番号を所持でき、月間6GBの容量もシェアできます。

3GBの通話SIMを二人で契約するよりも安く、月間容量のシェアも可能となる。

二人で6GBで足らなければ、12GBプランをシェアすれば良い。

家族5人で月額7000円で、5つの電話番号月額12GBシェアは破格。

 

データSIMなら更に安くなり、シェアSIM料金は200円

電話番号不要なら、激安運用も可能となります。

家族5人でも、2700円+700円+200円×4(電話番号無し) → 月額4000円です。

 

更には余った容量も繰り越されるので、シェア&繰り越しで使える容量も更に多くなる。

繰り越し次第で、使える容量の体感値は大分変わるハズです。

直近3日間の制限も有りませんから、これほど快適なものは無い。

 

BIGLOBEのシェアSIMの注意点。

  • ライトSプラン、12ギガプランの音声通話プランのみ、シェアSIMの追加が可能。
  • ライトSプランは2枚まで、12ギガプランは4枚まで追加可能。
  • シェアSIM1枚追加につき、SIMカード追加手数料3000円が発生する。
  • シェアSIM毎に、音声通話の最低利用期間12カ月が発生する。
  • シェアSIMサイズ(nano、micro等)、タイプ(SMS、データ等)の変更は不可能
  • シェアSIM毎にMNP転入、MNP転出は可能。
  • シェアSIMは6歳以上なら未成年も利用可能。

 

BIGLOBEのシェアSIMは、12ギガプランで4枚まで追加可能なので、

最大で5人までシェアできます。

また、6歳以上なら未成年でも利用できます

家族のクレジットカードも不要だし、

家族でシェアして使うなら、断然BIGLOBEだね。

 

BIGLOBEでんわで60分間かけ放題。通話パック60。

BIGLOBEには通話料金が半額となる「BIGLOBEでんわ」アプリが有りますが、

月額650円で国内通話60分間無料となる。通話パック60が登場しました。

通話パック60

他社のカケホーダイとは違い、60分間は無料という分かりやすい仕組み。

 

一般的な携帯電話の通話料金は、30秒20円であり、

BIGLOBEでんわを経由で、30秒10円になる。

更に、BIGLOBEの通話パック60を利用すれば、

最大で30秒5~6円(最大60分)で通話できるようになります。

下手なかけ放題プランよりも、断然お得です。

 

ただ、注意点として「BIGLOBEでんわ」アプリ経由で電話をかける必要が有り、

「BIGLOBEでんわ」から発信した場合、携帯電話以外には非通知表示となってしまう

「BIGLOBEでんわ」から発信した場合、着信相手に電話番号は表示されますか

携帯電話やPHS宛への発信の場合は、通常の電話通話と同様に番号が通知されます。
ただし、NTT東日本/NTT西日本の固定電話などへ発信する際は、発信者番号非通知となりますので、ご了承ください。

「BIGLOBEでんわ」から発信した場合、着信相手に電話番号は表示されますか | よくある質問 | BIGLOBE会員サポート

固定電話に発信する場合は、非通知になりますので気を付けましょう。

 

定期的なネットワーク帯域の増強。通信速度の安定性。

格安SIMは、ユーザー数が増加すると通信速度が低下してしまうのですが、

BIGLOBEは、定期的な回線の増強を行っており、

他社のMVNOに比べても、比較的通信速度が出ています。

このたび「BIGLOBE LTE・3G」では、お客さま契約数の拡大にともない、2016年5月30日にネットワーク帯域を増強いたしました。
今後もお客さまの声ならびご利用状況に合わせ、サービス改善を図ってまいりますので、引き続きご利用ください。

【お知らせ】「BIGLOBE LTE・3G」のネットワーク帯域の増強について:BIGLOBE会員サポート

モチロン地域にもよるとは思いますが、私のエリアでは高速で不自由も有りません。

 

BIGLOBE Wi-Fiスポットの大幅な増加。全国86000カ所。

BIGLOBEのWi-Fiスポット(公衆Wi-Fiサービス)は、2015年末に改善され、

BBモバイルポイント、Secured Wi-Fi、DoSPOTと利用可能場所が大幅に増えてます。

BIGLOBE WIFI

 

全国のコンビニ、カフェ、空港、JR駅・・・

その数86000カ所と、以前の5000カ所レベルとは比べものにならないほど増えてます。

※BIGLOBE Wi-Fiスポット検索 → Wi-Fiスポットエリア情報

 

低容量プランでは月額250円の有料オプションとなってしまいましたが、

6GBプラン、12GBプランでは無料で使えるのも素晴らしい。

 

BIGLOBEは銀行引き落としでの支払いが可能だが・・・データSIMのみ。

格安SIMのデメリットといえば、クレジットカード払いという点。

口座振替での支払いが可能なMVNOは、ほとんど有りません。

格安SIMへ移行するメリット・デメリット。大手携帯キャリア解約で不便となる点。

 

BIGLOBEは、データSIMに限りクレジットカード払いだけでなく、

銀行口座振替ゆうちょ銀行自動払込での支払いも可能です。

また手数料200円発生も発生してしまうので・・・

どうしても口座振替で支払いたい場合は、OCNモバイルONEをオススメします。

 

クレジットカード慣れしてない親に、

格安SIMの為にクレジットカードを使わせるのは不安だからね。

 

BIGLOBEの訪問サポート「スマホあんしんスタートパック」と「スマホ遠隔サポート」

BIGLOBEには、訪問サービスがあります。

スマホあんしんスタートパックです。

KS001738

スマホあんしんスタートパックは、12000円と高く感じますが、

他社の訪問サービスと大して変わりません。

 

例えば、NifMo訪問レクチャーは月額480円で、2年縛りが有ります。

480円×24=11520円と、実際に発生する金額は変わらない仕組み。

むしろNifMoの場合は、25カ月目以降も自動更新されますので、

下手したら永遠に請求され続けます。

 

大手携帯キャリアでも、さすがに訪問サービスはやってないので、

金額を考えれば、悪く無いと思うけど・・・

せっかく格安SIMを利用しているのに+1万円はもったいないかもね。

 

2016年3月には「BIGLOBEスマホ遠隔サポート」が登場。

月額400円で、スマホ専用アプリ経由でトラブル解決してくれるというもの。

NifMoのような契約期間の縛りもないので、スマホ音痴な人には良いかもしれない。

 

BIGLOBE会員なら月額料金200円引き。

BIGLOBEの固定回線(ADSLや光回線)やWiMAXで、

プロバイダ利用中なら、更に200円オフとなります。

 

BIGLOBEの格安SIMの月額料金にも、

BIGLOBEベーシックコース料金(200円)が含まれているので、

既に他のサービスで加入している場合は、200円割引となる仕組みです。

ただでさえ安い格安SIMが200円割引は大きい。

 

端末セットのバリエーションが豊富。

BIGLOBEはスマートフォンの販売もしており、

取り扱っているSIMフリースマホのバリエーションも豊富です。

国産スマホのarrows、人気のZenFoneシリーズも申込みと同時に購入できます。

大手携帯キャリアのような支払いシステム「アシストパック」も有るので、

端末代金を24カ月で分割して、お手軽購入する事も可能です。

 

iPhoneで利用したいなら、自分で用意しましょう。ドコモ版iPhoneが格安です。

格安SIMでiPhoneを激安運用する方法まとめ。MVNOへMNPの注意点。

 

大手携帯キャリア(ドコモ)からBIGLOBE SIMへMNPする方法。

私は、ドコモで契約していたドコモ版iPhone5Sを、

BIGLOBEの格安通話SIMへMNPして使っております。

 

ドコモスマホの携帯番号から、BIGLOBEの格安SIMへMNP。

実際に行った番号ポータビリティーの手順、覚え書きです。

 

ドコモにて、番号ポータビリティー予約番号を発行する。

2014年10月3日の金曜日午後2時。

ドコモで契約しているiPhone5Sから、151へ電話をかけて、

10桁の番号ポータビリティー予約番号を貰いました。

予約番号の有効期限は2週間。10月17日まで。

 

電話でのMNPの移行手続きは、

担当者に解約理由やら、新しいプラン提案とかされて、時間がかかるだけなので、

WEBからのMNP手続きを推奨します。

大手携帯キャリアのMNP手続き方法。解約月の解約手数料と違約金。格安SIMとの月額料金比較。

ドコモなら、My docomo経由でMNP手続きが可能ですから。

 

BIGLOBEで、MNPで通話SIM契約の申込み。

ドコモでMNP予約番号を取得したら、BIGLOBEで申込み。

「BIGLOBE LTE・3G」でスマホ通信費を節約?!

 

携帯電話番号ポータビリティ利用で、必要な物。

KS000502

  • ご本人名義のクレジットカード。
  • 本人確認書類データ。(免許証のスキャン写真)
  • MNP予約番号

 

MNPで申込みをすると、MNP予約番号を有力する欄があります。

KS000503

「有効期間10日以上残っているもの」と有りますが、

MNP予約番号は発番してから、14日間有効なので余裕です。

 

予想外だったのが、BIGLOBEのメルアドもゲットできたこと。

KS000504

携帯電話番号引き継ぎ可能で、メールアドレス貰えるなら、

大手携帯キャリアと変わらないじゃん。

サービス内容が、ほとんど変わらないのにも関わらず、

今後発生する費用は、3分の1へ。

KS000521

ドコモ版iPhone5Sで使うつもりなので、nanoSIMカードを選択です。

 

最後にBIGLOBE IDと、BIGLOBEパスワードが表示されるので、

くれぐれも控えるのを忘れずに

KS0005061

 

続いて、本人確認書類のアップロードです。

KS000510

本人確認書類をスキャンしたデータを用意し、

アップロード画面より、データの入っているフォルダを選択して、

画像をアップロードです。

私は免許証をスマホで撮影して、アップロードしました。

 

無事完了です。

KS000511

私は、念のため連絡先メールアドレス(PC)も登録しました。

 

14:20には、完了してたので、

予約番号取得してから、実質20分くらいの作業で終了です。

 

SIMが届くまでの期間と、MNPで携帯電話番号が使えなくなる期間。

※追記

BIGLOBEは自宅でMNP切替手続きができるようになりました!

現在では、電話が使えなくなる期間も無くなりました!

 

今回一番気になったのが、MNPでスマホが使えなくなる期間。

SIMが届くまで、通常お申込みから3日~1週間との事でしたが、

KS000508

 

週末の金曜日(2014年10月3日)の午後に申し込んだにも関わらず、

翌日の土曜日(2014年10月4日)に「本人手続き完了のお知らせ」メールが届き、受付完了。

他携帯電話会社からBIGLOBEへのMNP転入お手続きは
2014年10月05日に完了
する予定です。
お客さまよりご提示いただいたMNP予約番号などMNPに必要な内容と登録内容に
相違があった場合、お客さまの連絡先電話番号あてにご連絡をする場合が
あります。
また、お手続きが完了しだい、お客さまのお手元にあるSIMカードを使用した
電話やデータ通信ができなくなりますのでご注意ください。
今後、2日~7日間程度で日本郵便「ゆうパック」を使用してお届けします。
ただし、物流や休日の関係で日程が前後することがあります。
発送しましたら、メールでお知らせします。

10月5日MNP手続きで、お届けは2~7日との事でしたが・・・

 

更に、翌日の日曜日(2014年10月5日)には、SIM発送のお知らせ。

このたびは、「BIGLOBE LTE・3G」をお申し込みいただき、誠にありがとう
ございます。
お申し込みいただきました機器の発送を行いましたので、お知らせします。
———————————————————————-
1.機器発送のお知らせ
———————————————————————-
発送日 : 2014年10月05日
問い合わせ伝票番号 : xxxxxxxxxxxxxx

宅配事業者 : 日本郵便
発送機器 :
端末 データ端末無し(SIM(UIM)カードのみ)
SIM(UIM)カード種別・枚数   nanoSIMカード(音声通話オプション付) :1枚

 

発送の翌日、月曜日(2014年10月6日)の昼には、ゆうパックにてSIMが届きました。

IMG_9407

 

契約書類(BIGLOBE会員証)は、

別途郵送で、同日(2014年10月6日)の午後にはポストに届いてました。

IMG_9410

 

日曜日の「SIM発送のお知らせ」の頃には、ドコモSIMが圏外になっていたので、

SIMが使えなかったのは、10月5日の午後くらい~10月6日の午前中のSIMが届くまで。

実質的に、電話番号が使えない期間は、約1日くらいでした。

週末にも関わらず、予想以上の対応スピードのBIGLOBEに感謝です。

 

あとは、iPhoneでAPNの設定をするだけ。

ドコモ版iPhoneでBIGLOBE SIMを使う。iOSとAndroidでAPN設定方法の違い。

BIGLOBEなら、APNの設定も簡単です。

 

BIGLOBE SIMは3GBでは足りないユーザーこそ使うべき。

月間3GBじゃ足らないミドルユーザーの場合は、やはりBIGLOBEがオススメ。

料金や容量だけでなく、3日間の通信制限もありませんから。

一方ライバル@niftyのニフモは、回線速度も遅くなっており、サービス内容も他社に比べ劣り始めてます。

格安SIM「NifMo」のデメリット。ニフモの評判と通信速度 Ver.2015。

 

月間3GBプランの場合は、NifMoでも、BIGLOBEでも無くmineoデス。

mineoは通信速度だけでなく、サービス内容も最強。

mineo Dプラン徹底レビュー。ドコモ回線のマイネオにデメリットは有るのか?

マイネオの難点は、端末セットの弱さと、大容量プランが割高なところ。

 

ヘビーユーザーは、無制限SIMって言う方法も有りましたが・・・

ぷららモバイルLTEのデメリットと評判。WiMAXと比較して評価してみる。

 

無制限SIMには、なんだかんだで通信制限があるし、速度も出ないので、

BIGLOBEの12GBプランにした方が、断然快適に使えます。

月間12GBって結構な容量ですからね。

スマホに必要な通信速度を考える。適正な容量制限と通信量の目安。

 

いずれにせよ、大手携帯キャリアよりは断然安いし、

大手携帯会社からの番号移行も簡単ですので、

これを機会に格安SIMを挑戦してみては、いかがでしょう?

格安SIMへ番号移行できるのは、もはや当たり前です。

格安スマホにMNPする。MVNO音声通話SIMの比較まとめ。

 

私は大手携帯キャリアから移行しまくってますが、2年間で10万円以上は浮く計算です。

大手携帯キャリアのMNP手続き方法。解約月の解約手数料と違約金。格安SIMとの月額料金比較。

 

電話番号すら要らなければ、格安データSIMっていう方法も有る。

格安SIMの種類。SMS可能、音声通話SIM、データ通信専用SIMの違い。

 

SIMフリースマホは、キャリアスマホより自由だし安い。

SIMフリー格安スマホランキング。オススメのAndroid端末 2016年Ver.

 

iPhoneだって非常に安く運用できます。

格安SIMでiPhoneを激安運用する方法まとめ。MVNOへMNPの注意点。

 

大手携帯キャリアである必要性ありますか?

格安SIMへ移行するメリット・デメリット。大手携帯キャリア解約で不便となる点。

2年間で10万円違うって表現。あながち間違ってませんから。