プリンターのインク価格と印刷コスト。私が複数台の家庭用プリンターを利用する理由。

毎日印刷するために必要なプリンター。

プリンターはどこのメーカーを使っておりますでしょうか?

 

私はHP、Brother、EPSON、CANONと使ってきましたが、

最終的にエプソンメインで落ち着いています。

PX-504A、PX-404A、PX204。

物販用だけで、EPSON3台、ブラザー2台使ってます。

IMG_9672

別の部屋にも1台置いているので、合計4台エプソンです。

IMG_9716

 

EPSON使っているから、EPSONがオススメっていうわけではありません。

別にCANONでも、HPでも良いと思います。

たまたま私は、EPSONと相性が良かった気がする・・・くらいな感じです。

いろいろ使ってきた結果、そんなに違いは無いし、

別に安く印刷できれば良いというのも前提にある。

不具合は、どこのプリンターでもあるからね。

 

プリンターって安いから性能が悪いとか、

壊れるとか、そういうモノではないと思います。

 

じゃあ何を基準に選べば良いのか?

なんで、5台も使っているのか?

私なりに行き着いた結果です。

 

実は、格安レーザープリンターを購入しようかとも思ったんだけど・・・

やっぱり、激安インクジェットという結論。

 

ちなみに、私は一日50枚も印刷しません。

小規模物販事業主、1日50枚未満レベルの戯言です。

複数トレイのプリンターは必要だけど、複数台買った方が安くね?

何故プリンターが3台も、4台も必要なのか?

それは、給紙トレイが複数必要だからです。

 

A4のコピー用紙以外にも、使わなければイケない用紙が多すぎます。

FBA納品ラベルシール用、宛名ラベル用、ゆうパック用、メール便・・・

ユ00780とか、ユ00581とかとか・・・

 

配送件数が増えれば、印刷の手間も印刷コストも増える。

印刷毎にイチイチ用紙入れ替えていたのでは、日が暮れます。

正直、最低2個は用紙トレイが無いと、パニックです。

 

用紙の入れ替えで発生する、印刷ミス。

用紙の向きの間違い、裏表、用紙のズレ。

ゆうパックで、ゆうプリRを利用されている方は分かると思いますが、

印刷ミスをしたら、かなり面倒な事にもなります。

 

だったら、複数トレイのあるビジネスプリンター使えば良い。

なって思ったんですが、諸々含め、かなり高めです。


EPSON Offirio A3モノクロレーザープリンター LP-S3200

 

強いて購入を検討したのは、モノクロビジネスプリンター PX-K701。


EPSON A4モノクロビジネスインクジェットプリンター PX-K701

 

用紙トレイ用の増設カセットの値段が、

もう1台プリンター買えるくらいの金額ってのは微妙。


PXBA4CU1【税込】 エプソン 増設カセットユニット(A4普通紙 最大250枚) [PXBA4CU1]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

 

そもそも、プリンターって消耗品ですよね?

プリンターに不具合は付き物。

一台のプリンターに依存するのも怖い。

 

ビジネスモデルは、一般モデルに比べ消耗品もやや高め。

インク代(トナー代)、メンテナンスボックスを考えるなら、

一般モデル複数台で良いと思う。


EPSON 純正インクカートリッジ ICBK91L ブラック Lサイズ

 


EPSON メンテナンスボックス PXBMB2 PX-B750F/PX-B700用

 

印刷スピード、印刷の綺麗さは重要ではありませんからね。

レーザープリンターだから、印刷コストが安くなる・・・っていう訳でも無い。

デカいから、場所も取る・・・だったら複数台設置する。

 

高い純性インクを使うくらいなら、ぶっ壊しても互換性インクを使う。

プリンターは、購入したあとが高い。

プリンターの本体は安く、純性インクは当たり前に高い。

純性インクが超高額なのは、周知の事実。

そういう商売なんだから、仕方ない。

 

私が現在メインで使っているプリンターは、PX504A。


EPSON インクジェット複合機 PX-504A 有線・無線LAN標準対応 自動両面標準搭載 前面給紙カセット スマートフォンプリント対応 4色顔料インク

 

純性インクは5000円前後と、安いプリンター並の価格。


EPSON 純正インクカートリッジ IC4CL6162 4色パック

 

恐ろしくね?

純性インクを使った場合の印刷コストを調べてみると、

  • カラー1枚:約8.6円。
  • モノクロ1枚:約2.4円。
  • 写真L版1毎:20円~25円とか。

KS000546

 

よって、自宅で普通にプリントすると、

印刷コストは、鬼の様に高くなります。

特に、写真なんかはネットで注文した方が断然安くて綺麗だし。

デジカメプリントを今すぐネットで注文

 

せっかくプリンターがあるのに、印刷コストが安くならなきゃ意味が無い。

純性インク以外を使って壊れても責任は負いませんが、

純性インクを使わない事で、印刷コストが約10分の1になります。


メール便送料無料!ICBK61 ICC62 ICM62 ICY62 顔料 お得な4色セット×2 エプソンプリンター用互換インクカートリッジ【ICチップ付(残量表示機能付)】(関連商品 IC4CL6162 IC61 IC62 IC6162)

 

やってみる価値はあるのではないでしょうか?

評価を見れば分かりますが、互換性インクの質は高いです。

 

互換性インクで、写真の印刷もしてますが、

正直、違いが判らないほど、すんげぇ綺麗です。

 

プリンターは消耗品です。

ぶっ壊しても・・と過激なタイトルをつけましたが、

今のところ、インクが原因で壊れたことはありません。

インクヘッドの劣化?

感じたこともありません。

 

ちなみに、A4サイズの1枚あたりの印刷コストは、

上記のモノクロプリンター「PX-K701」が、最安級で1枚1.8円

互換性インクを使えば、更に安くできるかと思ったのですが、

ビジネスプリンターの互換性インクって、

扱っている店舗も少なく、

インクカートリッジは高めです。


【宅配便送料無料!】【個数制限無し】ICBK91L 単品 EP社対応の純正互換インクカートリッジ【ICチップ有(残量表示機能付)】

 

純性インクの3分の1位の価格かな?

出回っている数が少なければ、値段も高くなり、

評価が少なく、動作も不安ですよね?

 

よって、互換性インクの質が高くて安い、

一般消費者用モデルを複数台使ってるワケです。

 

黒インクのみで運用は不可能。6色インクよりも4色インクモデル。

モノクロプリンターのインクは高い。

だけど、一般的なカラープリンターは、

黒のカートリッジだけでは、印刷できない仕組み。

黒インクだけ印刷は可能ですが、カラーインクもセットしないと印刷は不可能です。

基本的にどこのメーカーも、これは同じなハズです。

プリンタヘッドの劣化だか、焼き付きだか知りませんが・・・

昔のプリンターは単色カートリッジで印刷できたよね?

 

しかも、いつの間にか、インクの数も6色が一般的になってます。


EPSON インクカートリッジ IC6CL70L 6色セット

 

黒しか使わないとしても、6色揃えて置かなければイケない謎のシステム。

カラーインクを使わなくとも、

電源オン→ヘッドクリーニングで、カラーインクは消耗されます。

 

4色モデルでも十分綺麗。正直違いが全く分からない。

だったら、インクの数は少ないに越したことはない。

 

というわけで、

私は4色インクモデルを3台使っているわけです。


EPSON Colorio インクジェット複合機 PX-404A 1.44型カラー液晶モニター・メモリーカードスロット搭載 文字がきれい4色独立顔料インク ベーシックモデル


EPSON インクジェット複合機 PX-504A 有線・無線LAN標準対応 自動両面標準搭載 前面給紙カセット スマートフォンプリント対応 4色顔料インク


EPSON インクジェットプリンター PX-204 有線・無線LAN標準対応 自動両面標準搭載 前面給紙カセット 4色顔料インク

 

プリンターの値段は違うけど、印刷性能に大きな違いは無いデス。

前面or背面給紙、有線or無線接続、スキャン有無で、値段が違う感じ。

 

私が使っている上記のプリンター全て、

インクは「IC4CL6162(ICBK61,ICM62,ICY62,ICC62)」を使います。

同じインクを使うプリンターなら、更にインクコストを抑えられます。

常備しておくインクは一種類で良いですから。

IMG_9676

※モチロン純正インクではありません。

 

6色インクモデルで綺麗になったと感じている方、どれくらいいるのでしょうか?

基本黒しか使わないし、ホント4色で良いよ。

 

詰め替えインクは超面倒臭い。カートリッジ交換型を使うべし。

互換性インクをオススメしてますが、

詰め替え方式のヤツは正直辞めた方が良いです。

 

こういうやつとか、

IMG_3917

 

こういうやつ。

IMG_9678

 

すげぇー面倒です。

MAXまで詰めたつもりでも、詰め替え頻度は結構頻繁。

手黒くなる。慣れたとしてもインク漏れる。

ティッシュティッシュティッシュ!!

何より手間も、時間もかかる。

 

型落ちプリンターで十分。プリンターの安くなる時期。

何度も言う様ですが、プリンターは消耗品。

修理するくらいなら、新しい物を使う。

だって高いのは純性インクであって、プリンターは安いんだから。

 

消耗品と割り切れば、高いモデルを買う必要もありません。

型落ちで良いんです。

新モデルが出た後の型落ちが狙い目です。

正に今頃(10月)でしょ。

 

例えば、売れているエプソンのプリンターEP-706A。


EPSON インクジェット複合機 Colorio EP-706A 無線 有線 スマートフォンプリント Wi-Fi Direct

Amashowで、価格変動を見てみると、

KS000547

2013年の年末まで、16000円位の販売価格ですが、

2014年5月位には、10000円ちょいまで下がって、

2014年10月現在では、9000円ちょい・・・ほぼ半額です。

 

一方、EP-706Aの2014年モデル、EP-707A。


EPSON インクジェット複合機 Colorio EP-707A 無線 スマートフォンプリント Wi-Fi Direct

 

新モデルの現在の価格は・・・

KS000548

約16000円くらいですが・・・

これって、来年には半額位まで落ちるよね?

 

※2015年 追記

2015年11月5日に販売価格7108円まで下がりました。

KS002261

1年後には半額以下・・・になりましたね。

 

型落ちっだからって・・・正直性能は、変わらないデス。

1年経過するだけで、値段が半分になっているなら、型落ちで良いよね。

型落ちでも、保証期間は変わらないですから。

 

まぁ・・・皆さん、そんな事は分かっているから、

型落ちのが売れてるんでしょうけど。

 

宛名ラベル専用プリンター。感熱シートならインクも不要。

メール便や、定形外郵便、レターパック・・・

宛名の手書きって、非常に時間がかかる。

かといって、A4のタックシールに宛名を印字するにも、

コストはかかるし、印刷用紙の無駄も多い。

宛名入力を通常プリンターで対応する・・・非常に無駄な時間でした。

 

手書き郵便物が多いなら、

宛名専用のプリンターを用意しておくと、段違いに早くて便利。

ブラザー(Brother)の感熱ラベルプリンターが最強です。


BROTHER PC宛名ラベルプリンター P-touch QL-700

 

印刷速度が超早くオートカッターで自動切断

もの凄い勢いで印字して、吐き出してくれます。

感熱ラベルなので、インク不要でコストパフォーマンスも最高です。

インク不要なので、インク切れによるプリントミスも無くなります

IMG_6816

印刷して貼るだけ。宛名を手書きする時間も馬鹿らしくなります。

 

純正ラベルでも格安ですが、互換性品の感熱ラベルで更に安くなります。

純正品の半額以下。5巻もあれば、かなり長持ちします。


ブラザー 互換プリンターラベル DK-2205 5巻セット

 

用紙のみで印刷できるので、印刷コストは長尺ラベルロール代だけ。

 

ちなみに、国内版「QL-700」は高いので、

英語に抵抗ないなら米国Amazonからの購入をオススメします。

60ドルもしない値段で買えるから。

 

また、米国なら無線接続対応の新型「QL-710W」も購入可能。

日本では未発売モデルです。

 

通常プリンターと比べても、圧倒的な省スペース

IMG_6806

QL-710Wモデルは無線接続にも対応となったので、

Wifi環境下なら、電源だけでどこにでも設置できる。

パソコンの近くに設置する必要も無くなりました。

IMG_6804

私はカートリッジを分ける為、2台運用中です。

 

感熱シートタイプのシールプリンターってことで、

ちょっとしたメモ代わりにも使えるので、色々と応用も効きます。

 

ファイルケースや、税務書類ファイルに貼り付けて書類整理。

人に渡すファイルなんかも、手書きよりも見栄えが良くなりますから。

 

プリンターのインクを長持ちさせる為に。

プリンターの設置場所は重要です。

以前、直射日光の当たる窓際にプリンターを置いていた事がありまして・・・汗

インク交換しまくってました。

当たり前ですが、直射日光のあたる所に設置するのは辞めましょう

IMG_9719

 

ビジネス用途なら、ほとんどの方が黒だけ印刷で問題無いハズです。

黒インクだけを利用したいなら、モノクロ印刷。

黒だけモード(黒だけで印刷)で印刷です。

※グレースケールは、黒インク以外も使います。

綺麗に印刷しない、薄く印刷するっていうのも一つの方法です。

 

また、印刷コストを下げるのであれば、コピー用紙にA4用紙はまとめて買う。


高白色 コピー用紙 ブランコ A4 500枚×5冊/箱

コピー用紙の大量注文は、腰砕けるほど重いのでご注意下さい。

IMG_5101

 

プリンターインクを、中国輸入するっていう方法もあるみたいだけど、

欧米輸入専門なんで・・・

 

P.S.

プリンターって印刷トラブルがあると、非常に困る。

再印刷できない「ゆうパックプリントR」の印刷トラブルとか、

もぅ、勘弁ものです。

クリックポストなんかも、

最初に印刷してから30分以内しか再印刷できないので、

印刷できたと思っていると、入力からやり直しになり兼ねない。

 

日本郵便のサービス・・・もう少し使いやすいと良いんだけどね。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

One Response to “プリンターのインク価格と印刷コスト。私が複数台の家庭用プリンターを利用する理由。”

  1. パソ より:

    クリックポストの30分以内しか印刷できない件ですが、私はとりあえずPDFにして残しておいています。
    最近のブラウザは最初からPDF保存機能がついてますしね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ