dカード(旧DCMXカード)とdポイントのメリット・デメリット。

Docomoが、ドコモポイントをdポイントへと名称変更し、

共通ポイントサービスに参入。

 

それに伴い、クレジットカードも一新。

従来のDCMXカードもdカードへ変更となりました。

KS002043

 

大手ドコモが共通ポイントサービス参入ってことで、

dカードで貯まるポイントの価値や、利便性も大幅に上がってる?

還元率1%dカードは持つべきカードなのか?

ライバルは、Tポイント、Pontaポイント、楽天ポイント。

dカード&dポイントのメリット・デメリット検証します。

dカードとDCMXの違いと変更点。

2015年11月20日。DCMXはdカードへ名称変更へ。

従来のDCMXカードも継続して利用できますが、

dカードとのサービス内容は大きく異なります。

 

獲得ポイントの違い

  • dカード:dポイント
  • DCMX:DCMX利用ポイント

ポイント進呈率の違い

  • dカード:利用都度100円(税込)に対して1ポイント
  • DCMX:毎月請求額1000円(税込)に対して10ポイント

ポイントの主な利用先、交換先の違い

  • dカード:ドコモ携帯関連、dポイント加盟店、Pontaポイント移行
  • DCMX:DCMX交換商品、ドコモポイントへ移行

ポイントカード機能の違い

  • dカード:dポイントカード機能搭載
  • DCMX:非搭載

 

ドコモのクレジットカードDCMXカードといえば、

ドコモユーザーしか発行できないカードでしたが、

dカード(dポイント)の登場により、

ドコモユーザー以外にもメリットの有るカードとなってます。

 

実質的な還元率は1%と、DCMXとほぼ変わりませんが、
F
ドコモ携帯や、dショッピングくらいでしか使えなかったドコモ縛りのポイントが、

共通ポイントのdポイントとなり、

実店舗や他社サービスでも直接使えるようになったってのは大きな違い。

 

ポイントカード機能も付き、

クレジットカードとしてだけでなく、dポイントカードとしても使える。

dポイント加盟店で、提示するだけでポイントが貯まるようになってます。

 

現在既にDCMXカードユーザーなら、

間違いなくdカードに切り替えた方が良いです。

 

dポイントカード機能を利用できるようになるし、

ポイントの価値も自ずと上がる。

DCMXのクレジットカード番号もそのまま利用できるので、

面倒なカード番号の変更手続きは不要となります。

 

dカードへのアップグレードも、手数料無料でオンライン申し込み可能。

dカード | dカード/dカード GOLDに切替えるともっとおトクです!

お近くのドコモショップでも切替可能になってます。

 

dカードのメリット。共通ポイントdポイントの付与。

dカードは、共通ポイントdポイントが獲得できるように。

で、どれほどお得なのか?そこに持つ理由があるのか?

 

同じく共通ポイントが獲得できるクレジットカード、

Tポイントのヤフーカード、楽天ポイントの楽天カード

Pontaポイントのリクルートカードと比較してメリット考えます。

 

年会費が実質無料のクレジットカード。ETCも無料。

共通ポイントサービスのクレジットカードとして、

年会費無料は当たり前。dカードも漏れ無く年会費無料・・・

と言いたいところですが、最低年一回利用という制限が付きます。

 

初年度は無条件で年会費無料となりますが、

2年目以降は前年1度でもカード利用すれば、年会費が無料となります。

逆に、1年間1度も使わなければ、年会費1250円(税抜)が発生します。

 

他社ライバルカードに比べると微妙に劣る。

ヤフーカード楽天カードリクルートカードは、無条件に年会費無料だから。

 

dカードが優れているのは、ETCカードも実質年会費無料という点。

1年間に1度でも利用すれば、ETC年会費500円も無料となります。

 

ヤフーカードや、楽天カードはETCは年会費500円だし、

リクルートカード(VISA)は、ETC年会費無料だけど、

新規発行手数料1000円とられる。

 

無料の高還元率クレカで、ETC無料は意外と少ない。

オリコカードザポイントエポスカードライフカード・・・くらい。

P-one WizもETC発行料かかるし、1%割引対象外になっちゃうからね。

 

dポイントの有効期限が48ヶ月と異様に長い。

クレジットカードで貯まるポイントの有効期限って、

通常1年~2年くらいなんだけど、

dカードの場合、ポイントの有効期限は獲得後48ヶ月の月末・・・

4年間も有効となっております。

 

特に共通ポイントサービスの場合、獲得後1年間有効ってのが通説。

Tポイントも楽天ポイントもPontaポイントも、有効期限は1年間のみ。

dポイントのみ4年間という、飛び抜けた数字となってます。

 

dカードは電子マネーiD搭載。iD決済が可能。

ドコモのクレジットカードということで、

ドコモの電子マネーサービス「iD(アイディ)」が使えます。

 

タクシーやら、コンビニやら、自動販売機やら、

サッとかざすだけで決済。これは本当に便利です。

クレジットカードのような手間もなく、

クレカ少額決済の罪悪感も無くなります。

利用できる店舗も非常に多いです。

「iD」が使える主なお店 – 「iD」ってどこで使えるの?|ドコモの「iD」

 

今ならdカード限定で、iD決済でポイント2倍のキャンペーンもやってます。

KS002041

便利なiD決済を使うだけで還元率2倍。

※エントリーが必要。2016年3月31日迄

 

iDって非常に便利なんですけど、

使えるクレジットカードって、非常に限られてるのよね。

オリコカードか、三井住友VISAカードくらいで、

年会費無料となると、オリコカードザポイントくらい。

ビジネスカードも、やはりオリコのEX Gold for Bizくらい。

オリエントコーポレーション強し。

 

dカード特約店で、ポイント還元率2~5%へ倍増する。

dカードは通常でも還元率1%ですが、

dカード特約店でカード利用することにより、更にポイントが貯まります。

 

ENEOSで2倍(+1%)、オリックスレンタカーで4倍(+3%)

伊勢丹&三越で2倍(+1%)、タワレコ&紀伊國屋書店で2倍(+1%)・・・

他にも、タクシー、衣料品店、飲食店、電気料金と特約店は多いです。

dカード | dポイントがさらにたまる dカード特約店

 

スタバで還元率4倍(+3%)にもなるので、スタバユーザーはかなりお得。

スタバカードへのチャージでも還元されます。

 

エポスカードでいう、エポス優待みたいなもんですね。

エポスカードは持ってるだけで超お得。デメリットを考慮した使い方。

 

ローソンとマクドナルドの買い物で3%割引。

ローソンとマクドナルドは、dポイント加盟店なので、

dカードを提示するだけで、1%分のポイントが貯まります。

※マクドナルドの提示ポイントは、東京都内の約100店舗限定

 

更に、dカードを使って決済すると、請求時に自動的に3%OFFとなります。

期間限定で、iD決済でポイント2倍キャンペーンもやっているので・・・

 

還元率1% + 請求時割引3% + 提示ポイント1% + iD決済1%

→合計6%お得となります!

 

エントリー不要のキャンペーンなので、自動適応となりますが、

あくまでキャンペーンなので、今後無くなる可能性は否めない。

ローソン3%オフキャンペーンに期限の明記は有りませんが、

マクドナルドの3%オフは、2016年9月30日まで。ひたすら延長してるけど。

mainvisual_0624

爆発的な人気「ポケモンGO」のポケスポット&ジムとしても、

マクドナルドは外せないから。dカードで4%ポイント還元されるから。

 

ローソンなら、dポイントもロッピーお試し引換券とも交換できるので、

Pontaよりも断然お得・・・ってなりそうですが、

ローソンはPonta加盟店でもあるから、

提示ポイントは、どっちのポイントカードを出すか選べます。

 

ややこしいけど、提示ポイントのみPontaで貯めて、

dカードで決済、3%割引+2%還元をする・・・といったことも可能です。

 

2枚出しは面倒だし、ややこしいから、

そのままdカードで、dポイント貯めるって人が多くなるよね。

Ponta危うし。

 

dカードは、dポイントカードとして使える。

共通ポイントポイントサービスって、

店舗独自のポイントサービスではないので、

Tポイント、Pontaポイント、楽天ポイント・・・

新たに加わったdポイントも、今後持ってないと損する機会も増えるハズ。

 

現在、共通ポイントサービスに加わって無い店舗だけじゃなく、

ローソンみたいに、複数ポイントサービス利用可能になったり、

どんどん普及していくと思われる。

 

ポイントカード一体型のクレジットカードは、

ヤフーのTカード、楽天の楽天カード、

新しく加わった、dポイントのdカードも財布に常備となりそうなところ。

リクルートカードも、早くPontaポイントカード一体型にならないかな。

 

dカードのデメリット。ドコモユーザー優遇カード。

dカードは、dTVや、dアニメ、dマガジン同様、

ドコモユーザーでなくとも発行可能となりました。

他キャリアユーザーでも、MVNOユーザーでもOKです。

KS002047

 

dアカウント(旧 docomo ID)は、

他社IDのように誰でも作成できるようになったし、

DCMXのようなドコモ縛りが無くなった・・・けど、

調べて気づくドコモユーザー優遇。dカードのデメリットです。

 

dカード加盟店が少ない。dポイントの利便性は低い。

ドコモポイント → dポイントで利便性が大幅アップ。

dポイントは共通ポイントなので、

Tポイントや、Pontaポイントのように使えると思ってました。

 

残念ながらdポイントは、まだまだ発展途上。

dポイント加盟店も、まだまだ非常に少ないです。

KS002045

2016年2月の現時点で、

貯まって使える店舗は、ローソン東京都内のマクドナルドのみ。

貯まるのみの店舗も、5件のみ。

今後、加盟予定の店舗7件と少なく、あまり魅力的でも・・・無い。

dマーケットでも使えるようですが、使いたいと思うサービスも・・・無い。

KS002046

iPhoneプロファイルで、強制的にインスコさせられてるからね。

Docomo iPhone5sでメール設定。ドコモメールとメッセージR/Sの違い。

 

加盟店舗は少ないけど、

dポイントならPontaと相互交換できるから問題ない・・・

って思ってた私。

ここで登場、docomoユーザー縛りです。

 

dポイントを交換・移行できるのは、ドコモユーザーのみ。

dポイントは、金券交換、JALマイル交換だけでなく、

Pontaポイントにも交換できるし、

現金同様に使える、iDキャッシュバックも有る。

還元率も高いし、現金化も容易いし、最強じゃん!

・・・って思っておりましたが、

dポイント交換するには、ドコモユーザーで有る必要が有りました。

 

dポイントクラブで「交換商品につかう」は、

ドコモ回線契約者を対象としたサービスとなっております。

お申込のご注意

ドコモの回線をご契約のお客様が対象です。
ご利用にあたっては、「ネットワーク暗証番号」や「dアカウント」が必要です。

交換商品につかう|d POINT CLUB

iDキャッシュバック、ギフトカード、Pontaポイント、JALマイル交換・・・

全て、ドコモ回線契約者のみ利用可能になってます。

 

dケータイ払いプラスも、1ポイントから1円から使えますが、

こちらも、docomoユーザーのみが使えるサービス。

ドコモユーザー以外にとって、dポイントは利用先が非常に少ないです。

 

誰でも手軽に利用できる、dポイントカードも配ってますが、

ドコモユーザー以外がdポイント貯めても・・・正直微妙。

今後、著しく発展するハズでしょうが、時期尚早。

ローソン、マクドナルド大好きなら・・・もぅ何も申すまい。

 

dカードはドコモユーザーでこそ真価を発揮する。

ドコモが共通ポイントサービス参入し、

新しいdカードも登場という事でしたが、

dポイントは、ドコモから格安SIMへ移行した私にとって、

それほど魅力的なポイントプログラムでは有りませんでした。

 

一方、ドコモユーザーであれば、

これほど魅力的なクレジットカードは有りません。

年会費実質無料還元率1%以上

dカード特約店で、ポイント還元率2~5倍に加え、

ローソン、マクドナルドで3%割引

ポイント有効期限も4年間

 

貯まったdポイントの価値も最大限活かせます。

 

Pontaポイントへ等倍で移行も可能だし、

dポイントをiDキャッシュバックや、dケータイ払いプラスで、

そのまま現金のように利用できる

dポイントは、月々の携帯料金の支払いにも使えるので、

docomoユーザーに取ってdポイント≒現金です。

 

また、dカードの特典として、

dポイントクラブも無条件でブロンズランクへ上がり、

dカードケータイの補償サービス(最大1万円)も付帯となってます。

 

無料で還元率も高く、ポイントの利便性も高くなる。

ケータイ補償も付いている。

ドコモユーザーに限っていえば、dカードは持ってないとむしろ損かと。

 

しかしながら、ドコモユーザーではない場合は、

わざわざ所持するカードでは無い。

無料で高還元率カードは多くありますし、

サブカードにオススメの年会費無料クレジットカードまとめ。

還元率1%も、当たり前になりつつありますから。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

 

dカードとdカードGOLDの比較と違い。ゴールドの特典。

最後におまけです。

ドコモユーザーなら、dカードを持っていないと損と言いましたが、

dカードのゴールドカード「dカードGOLD」も、

ドコモユーザーのみ、特典有りまくりのカードとなっております。

年会費1万円ですが、特典を考えると非常に割安。

特にiPhoneユーザーにオススメです。

 

dカードには無い、dカードGOLDの特典

  • 最大10万円のケータイ補償(3年間
  • dポイントクラブが最上位ゴールドステージ
  • 携帯電話料金、ドコモ光料金の10%ポイント還元
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 最大1億円の海外旅行保険が自動付帯
  • 最大5000万円の国内旅行保険が利用付帯。
  • 年間最大300万円のショッピング保険(利用付帯)

 

dカードGOLDカードを所持することにより、

ドコモの携帯料金だけでなく、ドコモ光料金10%もポイント還元されます。

ご利用金額1000円につき100ポイントなので、

固定回線と併せて月間1万円以上利用していれば、

高額な年会費の元も、簡単に取れてしまいます。

dポイントは現金化も容易いですからね。

 

また、dカードゴールドなら、ケータイ補償額も最大10万円となるので、

特にiPhoneユーザーに、オススメ致します。

 

ドコモのアップルケア(AppleCare+ for iPhone)の料金は、

iPhone 6s, iPhone 6s Plusで月額617円×24か月

2年間で14808円 → 年間7404円(税抜)で、

有償修理1回11800円)となってます。

あなたのiPhoneを守ろう。

AppleCare+ for iPhoneに加入すると、修理保証とテクニカルサポートがiPhoneの購入日から2年間に延長されます。
さらに、操作上の不慮の事故に対する修理などのサービスを、iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plusの場合は1回につき7,800円(税込)、iPhone 6sとiPhone 6s Plusの場合は1回につき11,800円(税別)のサービス料で最大2回まで受けることができます。

AppleCare+ for iPhone | iPhone | NTTドコモ

 

しかも、アップルケアは2年補償に対し、dカードゴールドは3年補償

しかも有料補償ではなく、最大10万円まで補償してくれる。

補償期間や補償内容でも、dカードGOLDの方が優れています。

年会費1万円で、アップルケアまで代用できるなら、

非常に有りなんじゃないでしょうか?

入会キャンペーン、キャッシュバック額もゴールド待遇となってます。

 

ゴールドカードならではの特典も、他社同様充実しており、

海外旅行旅行保険も自動付帯、ショッピング保険、

空港ラウンジサービス・・・と、

他社ゴールドカードと比べても優れた内容になっております。

法人カードを比較する。事業主にオススメのビジネスカードランキング。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ