ネットバンクの金利を倍増させる裏ワザ。大手金融機関の定期預金と金利比較。

銀行口座の金利って、ちょっとしたお小遣いになる事に気付いた、今日この頃。

事業用口座は、預けている金額も多い。

事業主借で仕訳している、臨時収入ね。

 

せっかく預けるんだから、金利の良い銀行に預けたい。

かといって定期預金したんじゃあ、必要な時に使えない。

使う時に使えないと困る。

 

で、調べて気付いた。定期預金って大して金利高く無ぇ。

っていうよりも、定期預金しない方が得になるパターン。

マイナス金利の登場で、定期預金も意味ない時代へ。

知らないってのは、ホント損だね。

ネットバンクの金利と、大手銀行の定期預金の金利を比較する。

銀行の普通預金の金利って、どこも大して変わりません。

マイナス金利で大幅に金利も下がっており、金利0.02% → 0.001%も当たり前に。

 

ネットバンク普通預金 金利 ※100万未満

  • ジャパンネット銀行:0.01%
  • 楽天銀行:0.02%
  • 住信SBIネット銀行:0.001%
  • イオン銀行:0.02%
  • じぶん銀行:0.001%
  • ソニー銀行:0.001%
  • セブン銀行:0.001%
  • 新生銀行:0.001%

三大メガバンクの普通預金 金利 ※100万未満

  • ゆうちょ銀行:0.001%
  • みずほ銀行:0.001%
  • 三井住友銀行:0.001%
  • 三菱東京UFJ銀行:0.001%

どこも金利0.001%で一緒になっちゃったのね。

ネットバンク系も大幅に金利ダウン。

そんな中、楽天銀行の金利は高いまま。

 

で、定期預金にした場合、どのくらいお得になのか?

三大メガバンクの定期預金の金利 ※300万未満

1年定期の場合

  • 三菱東京UFJ銀行:0.010%
  • 三井住友銀行:0.010%
  • みずほ銀行:0.010%
  • ゆうちょ銀行:0.010%

2年定期の場合

  • 三菱東京UFJ銀行:0.010%
  • 三井住友銀行:0.010%
  • みずほ銀行:0.010%
  • ゆうちょ銀行:0.010%

金利は大幅にダウン。金利0.010%って意味あるのか?

1年も2年も変わらなくなっちゃったし、以前の普通預金の金利よりも大幅に低い。

 

1年間100万預けても、差額はたったの数円

恐るべし定期預金。

100万を1年間借りたら、いくら利子付くと思ってんだぁ~。

 

楽天銀行の金利を5倍(0.1%)にする方法。

楽天銀行楽天証券と連動させるだけで、金利が5倍になります。

楽天銀行はただでさえ、他金融機関よりも金利が高いので、素晴らしい金利になります。

KS000651

 

楽天証券 マネーブリッジっていうやーつ。

KS000650

コレ凄いのが、

マネーブリッジに登録するだけで、楽天銀行の金利が0.1%になります。

楽天証券と楽天銀行の連携サービス「マネーブリッジ」に無料登録するだけで、

楽天銀行の普通預金に優遇金利が適用されます

住信SBIネット銀行のように、ハイブリッド預金口座にお金を入れる必要も有りません。

 

というわけで、楽天銀行使ってんなら、

とりあえず楽天証券登録して、マネーブリッジ登録しておけって事。

後は、勝手に金利が5倍になってくれます。

 

ちなみに、

楽天銀行の短期定期預金(1週間・2週間定期)というのも有りますが、

楽天証券 マネーブリッジに比べると金利悪すぎなので、やる意味はありません。

 

かつては、超高金利だったんだけど・・・開始後1週間で金利改悪です。

  • 1週間定期預金:0.5% →0.05%
  • 2週間定期預金:0.3% →0.05%

事前お知らせも無く、

開始一週間で金利10分の1以下へ強制変更ってのは、当時かなり問題となりました。

現在も0.05%と、意味不明な金利のままです。

2016年2月3日時点では、金利0.02%となっております。

 

イオン銀行の金利を6倍(0.12%)にする方法。

最近話題のイオン銀行。

CMでも頻繁に見かけますが、売り出し中とあって、結構良い感じの金融機関です。

通常の金利でも0.02%と超金利ですが、

イオンカードセレクトというクレジット機能付き、バンクカードにするだけで、

金利が0.02%→0.12%になります。

KS000652

 

大手金融機関の定期預金の金利と、比べて頂ければ分かりますが、

普通預金の金利で0.12%は、かなり化け物的な数字です。

普通預金なのに、一般的な定期金利の数十倍以上

楽天やSBIの様に、証券口座と連動させる必要も無い。

 

普通預金でネットバンクなんで、いつでもどこでも引き出せまっせ。

他社ネットバンクに比べて、使い勝手も悪く無いので、

とりあえずイオンカードセレクト作って、イオン銀行口座開設なり。

年会費も無料なので、普通のバンクカードを作るのは勿体ない。

イオン銀行を開設するなら、イオンカードセレクトです。

 

住信SBIネット銀行の金利を倍増させる方法。

ネットバンク一番オススメの住信SBIネット銀行

事業主にオススメの銀行、ネットバンクまとめ。

通常の金利は0.001%とメガバンク並ですが、

SBI証券と連動させる事により、10倍の金利にする事が可能となります。

 

SBI証券口座を開設して、住信SBIネット銀行と連動させると、

SBIハイブリッド預金が可能になります。

SBIハイブリッド預金は、金利が10倍の0.01%っていうカラクリです。

住信SBIネット銀行で金利を倍増させる方法。SBIハイブリッド預金のリスクとデメリット。

 

金利の良い証券口座に、お金を移すっていうイメージ。

連動しているので、いつでもどこでも簡単に普通預金に移行できます。

 

ただ、通常金利が以前より大幅に改悪になってしまったので、

10倍になっても金利0.01%です。まぁ、メガバンクで定期預金するよりは良いか・・・

住信SBIネット銀行は、他にも優れた点も多いので。

最強のネットバンク「住信SBIネット銀行」のメリット・デメリット。

 

新生銀行は2週間定期預金で金利5倍(0.05%)となる。

楽天銀行で短期定期預金するくらいなら、

新生銀行の2週間定期を利用しましょう。

新生銀行の普通預金の金利は0.001%と低いですが、

2週間定期預金にすれば、金利は50倍の0.05%となります。

 

2週間で満期となるので、定期預金って感覚も無いと思います。

2週間縛りなんで、中途解約したって特にペナルティっていう感じでも無い。

 

1年以上の定期預金するなら、イオン銀行の定期預金。

いろいろと記載しましたが、楽天証券マネーブリッジと、

イオンカードセレクトを使った、イオン銀行の金利が凄いってのは間違いない。

大手金融機関で定期預金するくらいなら、イオン銀行です。

 

普通預金の金利でも十分だけど、

使う予定の無い資金を定期にしておこうかと・・・悩み中。

子供が居ると保守的になりがちで困る。

 

P.S.

事業主の方、事業資金を貯金するなら、

所得控除扱いになる、保険や共済に使いましょう。

個人事業主が所得控除で節税する方法。経営セーフティー共済、小規模企業共済、401kとかのお話。

節税、経費計上も年内のウチに。

個人事業主が考える節税と税金対策。経費で落とせるモノと勘定科目。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ