クレジットカードの限度額を上げるには?

クレジットカードの限度額はどうやったら上がるのか?

当たり前ですが、毎月使っていれば、自然と上がっていきます。

 

私は徐々に利用金額を大きくして行ったので、

そこまで限度額に苦労した事は無いですが、

初期の頃など、限度額が足りない時は、

やはりVISAデビットや、JCBデビットを利用してました。

ジャパンネット銀行や、楽天銀行を所持していれば無料で発行できますからね。

ネットバンク比較まとめ。個人事業主の事業用口座にオススメの銀行。

 

限度額が上がる周期は、半年から一年くらいで自動に上がる場合もあります。

私はオンライン上で、限度額アップの申請を、半年くらい経ったらやってました。

やはり、それなりに時間がかかります。

 

しかも、無料のカードでは一定額以上は上がら無いです。

無料カードを複数枚、

しかも長く使っているのですが、

80~100万の限度額でストップしています。

 

一方、年会費有料のゴールドカードは、

限度額が上がりやすく、一年くらいで限度額が300万円まで上がりました。

最初から、限度額も100万位あったかと思いましたが。

オンライン上で簡単に限度額アップができました。

 

それなりにカード実績ができたら、お勧めなゴールドカード。

ヤングゴールドなら年会費2000~5000円程度と非常に格安。

年会費安いだけで、対応はゴールド対応。素晴らしい。

※カード会社にもよります。

 

私は29歳で申し込んで、現在30歳過ぎですが、

カード更新までの5年間は、ヤングゴールドの年会費で利用できてます。

コールセンターの電話もすぐ繋がるし、対応が非常に良いです。

 

私が初めて所持したヤングゴールドは、JCB GOLD EXTAGE

30歳未満なら、空港ラウンジサービス、ゴールドデスク対応なのに年会費3000円

海外利用もポイント2倍。国内Amazonの利用も海外扱いで、ポイント倍増となります。

海外旅行保険、国内旅行保険の補償額は最高5000万円と、

同価格帯の他社ヤングゴールドよりも断然上。

 

MUFGのヤングゴールドなんかは、年会費1905円です。

MUFGカード新登場!ゴールドなのに年会費2,000円!初年度無料

 

ステータス性のヤングゴールドといえば、三井住友のプライムゴールド

25歳未満なら、無料の三井住友VISAデビュープラスからアップグレードがオススメ。

若者限定クレカ!三井住友VISAデビュープラスカードのメリット・デメリット。

三井住友ブランドは信用アツいですが、その分審査も厳しめですから。

 

ゴールドカードは年会費も高いので、

あまり複数作っても意味はないと思いますが・・・

ヤングゴールドは激安なんで、複数枚持っておいて損も無いかと。

コストパフォーマンスは非常に良いです。

限度額が大きければ、バシバシ決済でき、

大きな金額を返済していれば、バシバシ限度額も上がります。

他社カードの審査や、与信枠にも影響してくれるハズです。

 

不要なカードを解約すると、

限度額が上がると言われていますが、

むしろ無料のカード、もしくは年会費の安いカードを

複数作って30~50万の限度額を、複数持って対応した方が早いかと。

 

限度額って上がっても、20万とか30万ですし、時間もかかりますから。

しかも、クレジットカードは新規入会すると、

ポイントキャッシュバックとか、金券貰えたり、非常にお得ですから。

一通りの国際ブランドカード(MASTER,VISA,JCB,AMEX…)は、

持っておいても損は無いかと。

無料のクレジットカードでも優れたカードは多いです。

サブカードにオススメの年会費無料クレジットカードまとめ。

還元率にこだわるなら。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

 

クレジット未払い分を請求日前に繰り上げ返済して、

限度額をリフレッシュするやり方もあるようです。

 

また、離職してからは、クレジットカードが作りづらくなります。

独立を考えている方は、在職中にカードを作っておきましょう。

どーしても作れないなら・・・

やっぱり審査不要のVISAデビットカードじゃないでしょうか?

 

P.S.

私は、離職後に、派遣会社に登録していたので、

勤務先を派遣会社にしてカードを作った事もあります。

登録していただけなので、微妙ですが、カードは作れました・・・。

今考えると良くない気がする・・・。やめといた方が無難です。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ