英文メールは無料ツールGingerで修正する。ネイティブ英語なら返信率も上がるよね。

私は、大した英語力は無いのですが、

英文は結構な頻度で作成してます。

英文メールだけでなく、英語チャットに、SNS・・・

英語ツール使えば、コミュニケーションくらいは問題無いです。

値段交渉、卸交渉、商品問合せ、トラブル、とらぶる、trouble・・・・

卸契約と値引き交渉と代理店契約する方法。卸仕入れのメリット・デメリット。

 

Amazonや、ASOSだって、配送トラブルは発生します。

Amazon US UK …海外アマゾンで買った商品が届かない場合。No tracking information.

ASOSで間違った商品が届いた。返金、返品、交換してもらう。

 

海外取引に置いてトラブルは付き物ですからね。

トラブル発生時に、英語は使えないと困ります。

「トラブルの状況を説明する」ってのは、結構難易度高くね?

 

特にビジネスメールなんかは、

意味不明の英文を送った場合、返信される可能性は低くなります。

値引き交渉とか、有料の翻訳サイトを使ってるって方も、多いのではないでしょうか?

 

以前、私が使っている翻訳サイトについて記載しましたが、

オススメの翻訳サイトと、翻訳の精度について

英文作成は無料ツール「Ginger」で、ほとんど事足ります。

Ginger 英文チェッカー

KS000695

変な英文を送るのが怖い、だから英語で交渉はしない。

不安だけど、英文面倒だから問合せすらしない。

英語ってだけで、モチベーション下がる。

そんな貴方にGinger it!

恥ずかしい英語も一瞬で修正してくれますから。

 

Gingerの英文校正機能が凄い。自然で正しい英語に最適化する。

Gingerは、単なる英文チェッカーではありません。

Gingerの凄いのは、スペルミス、文法ミスのチェックだけでは無いってところ。

文中の単語、文脈から、より自然な文章にしてくれます。

同義語(Synonym)による最適化っていう素晴らしい機能。

自動でネイティブレベルの英文に修正です。

「言いたい事はわかるけど、変な文章」を直してくれます。

 

スペルミスや、文法のミスも当たり前に抽出してくれるので、

スペルあやふや、文法あやふやで入力しても、しっかりと修正してくれます。

勢いで英文作成→Ginger修正で終了。

スーパー時間短縮です。

 

to,for,in,on,at…謎だらけの「前置詞」。

aだか、anだか、theだか知らない「冠詞」。

進行形、過去形、過去完了・・・意味不明の「時制」。

もぅ意識する事は有りません。

雰囲気で単語並べて、Ginger it!

 

Rephrase(リフレーズ機能)が便利。

正しい英文に直してくれるってだけでも、かなり便利ですが、

リフレーズ機能ってのは、割と使えます。

予測変換というよりも、予測提案な感じ?

「こっちの英文の方が良いんじゃね?」って提案してくれます。

 

例えば・・・

「this blog is very useful」って入力すると、こんな感じ。

KS000698

言い回し大量発掘です。

 

私の言葉足らずな英文よりも、完成度の高い英文を提示してくれる。

しかも数パターンを用意。非常に参考になります。

 

Ginger Pageには、英語に必要な機能が全てある。

WEB上でも、簡単に使えますが、

Ginger 英文チェッカー

 

端末にダウンロードして使う事により、様々な機能が使える様になります。

iOS、Android、Windows対応。

私は主にWindowsで使ってますが、Microsoft Officeにも対応している。

iPhoneでも、Gingerキーボード増やせます。

ブラウザの拡張機能(プラグイン)は、ChromeとSafariに対応。

ブラウザ上でテキスト入力すると、自動でチェックしてくれる様になります。

 

Ginger Pageの8つの機能

  • Write (文法・スペルチェッカー)
  • Translate (翻訳)
  • Define (辞書)
  • Synonym(類語検索)
  • Favorites(お気に入り)
  • Personal Trainer(復習)
  • Phrase of the day(今日の英語)
  • Personal Dictionary(マイ辞書)

※Android版には、予測変換機能、キーボード搭載。 iOS版には、キーボード搭載

参考→Ginger 英文チェッカー

 

英文チェッカー、翻訳、辞書機能、類語検索から、

英語の勉強までできてしまう。これでも無料。

 

Gingerを使うだけで英語力がアップする。有料のプレミアムサービスとは?

無料でここまでできるのに、

更に有料のプレミアムサービスも有ります。

 

有料となるのは、学習機能付き英文チェッカーと、文章読み上げ機能。

Q.Ginger校正機能プレミアムと通常のGinger校正機能の違いは何ですか?

A.通常版のGinger校正機能の全ての機能に加えて、Ginger校正機能プレミアムはテキストの読み上げ機能、Ginger校正機能英語学習機能がつきます。
テキストの読み上げ機能はテキスト、メール、Webサイトを高品質な音声品質で読み上げます。
Ginger校正機能英語学習機能は全ての間違いを記憶・分析し、あなたが間違えやすいトピックを教えてくれます。また、今後の課題となりうるトピックをも提示します。Ginger校正機能があなたの英語のミスに基づいて、苦手なトピックをどう改善していくかを教えてくれます。文章を補正した後は、正しい発音の仕方を勉強することもできます。そして、同じミスを繰り返すことを避けるのに役立つ、短い映像や他のマルチメディアを見ることも可能です。
更に、Ginger校正機能の英語チューターを使って出題されるクイズに答えることで、学んだトピックを完全に定着させることができます。

※参考→Ginger 英文チェッカー

 

 

Gingerの利用履歴から、全てのミスを学習して分析。

間違いやすい項目を教えてくれるので、貴方だけの英語学習ソフトとなります。

読み上げ機能もリスニング強化って感じ。

有料プランは、学習者向けですね。

 

無料バージョンでも、間違いを指摘しているので、

それだけでも十分、英語の学習にはなると思うよ。

私は無料ユーザーです。

 

英語が使えなくても輸入ビジネスはできる・・・なんてワケがない。

Gingerは翻訳ツールというよりも、

英文を、より正しい英文に修正する手助けをしてくれるツールです。

よって、使う方は最低限の英語の知識は必要です。

 

正しい英語に自動修正してくれるとはいえ、所詮はツール。

それが正しくなっているかどうかは、

使っている本人が判断しなければなりません。

英語が出来なくても困らないなんて事は・・・全く無いです。

 

よく聞く話として、

「英語が出来なくても輸出入ビジネスはできる」なんて見かけますが、

全く英語がワカラナイ人間が、輸入ビジネスをする事は不可能です。

日本人は中学高校と英語を勉強するので、

それを含め「英語が出来なくても・・・」なんて発想になるのかもしれませんが、

本気でビジネスやるなら、まず無理でしょう。

ビジネス相手と共通言語が無ければ、意思疎通は無理です。

 

当たり前ですが、英語はできないよりは、できた方が良いです。

こんな偉そうな事を言ってる私は、英語を喋れませんが・・・爆

いつの間にか、英文サイトや、英文メールを見て理解できるレベルに成ってます。

という事は、輸入ビジネスには英語スキルが必要という事です。

 

翻訳ツールで、翻訳できる事には限りがあります。

翻訳ツールは万能ではないし、

毎度翻訳ツールを使っていたら、日が暮れます。

英語を理解している人間の方が、何倍も早いです。

 

英語は使え無ければイケない。

英語くらいできなければ、何もできないぞ俺。

来年の一つの目標です。

 

P.S.

英語は、ビジネスにおいて必須言語です。

言語を使う人数とかで、比較されがちですが、

英語は全世界で、一番使える言語だと思ってます。

アルファベットって凄いよね。

IT言語や、ITスキルも全世界共通。

HTMLやCSSくらいは、最低限マスターしたいよねぇ。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ