MVNO 最安SIM「DMM mobile」のAPNの設定方法とテザリング検証。

最安のデータSIMといえば、DMMモバイルの1GBプランで月額630円

 

以前はOCNモバイルONEを使っていましたが・・・

「OCNモバイルONE」を、3カ月使ってみた感想。評判と通信速度の検証。

やっぱ月額単位のデータ制限で、料金も安い方が良いよね。

ってわけで、データ通信SIMで最安運用を目指し、乗り換えです。

スマホを最安運用する。データ通信SIMの比較まとめ。

 

一番ユーザーの多い3GBプランならmineoがオススメです。

mineo Dプラン徹底レビュー。ドコモ回線のマイネオにデメリットは有るのか

通話SIMの中でも断トツオススメ。

格安スマホにMNPする。MVNO音声通話SIMの比較まとめ。

 

ドコモ版iPhone6 PlusでDMM mobile SIMを使う。

最安データSIMでも、iPhoneで使えるのか?

また、テザリングは可能なのか?検証しました。

 

今回検証した端末は、

  • Docomo版 iPhone5S(iOS7.1.1
  • Docomo版 iPhone5S(iOS8.0.2)
  • Docomo版 iPhone6 Plus(iOS8.1.1)
  • SIMロックフリー iPhone6(iOS8.1.2)

DSC01887

 

流れとしてはBIGLOBE SIMの時と同じです。

ドコモ版iPhone5Sで、BIGLOBEの格安SIMを使う。APNの設定方法。

BIGLOBE SIMでテザリング可能な端末を徹底調査。iPhoneとNexus5。

 

DMM mobile SIMの対応端末。ドコモ版iPhoneでも利用できるのか?

ドコモ回線を利用するMVNO格安SIMなら、ドコモ版でも使える。

DMMモバイルの動作確認端末一覧ページにも、ドコモ版対応としっかり明記されてます。

 

iPhone6、iPhone6 Plusの両方にドコモ版と明記。

KS000906

 

iPhone5S、iPhone5Cの両方にドコモ版と明記。

KS000907

 

iPhone4Sは、ドコモで取り扱い開始してなかったので・・・モチロンSIMフリーのみ。

KS000908

iPhone4はわかるけど、iPhone3GSなんかでも、動作確認してるのね。

 

ドコモ版iPhone 6 Plusで、DMM mobileのAPNの設定をする。

iPhoneでDMMmobile SIMを使うには、APNの設定が必要です。

まぁ、プロファイルインストールだけなんで、非常に簡単。

ドコモ版iPhone6 Plusで設定しておりますが、iPhoneなら同じ感じです。

 

まずは、DMM mobileのSIMを挿入。

IMG_6641

 

iPhoneを自宅のWifiに繋げて、

DMM mobileのAPN構成プロファイルのページにアクセスする。

マニュアルに書いてあるURL「http://mvno.dmm.com/apn」を開く。

IMG_6643

面倒な方は、Safariで「dmm apn」検索で出てくると思います。

※APNプロファイルは、必ずSafariでダウンロードしましょう。

 

「iPhone・iPadをご利用」の方をタップ

IMG_1602

 

「ダウンロード」をタップ。

IMG_1601

 

こんな画面になるので、「インストール」をタップ

IMG_1603

 

「このプロファイルは署名されていません」っていう警告出るけど、

そのままインストール。

IMG_1604

 

インストール完了です。

IMG_1605

おしまいです。超簡単です。

 

あとは、Wifiオフにして通信を確認。

最初は、3G表記でしたが・・・少し使ってたらLTE表記になりました。

 

ちなみに、まだドコモiPhoneを契約期間中とかで、

再度ドコモSIMを使う場合、

DMMのプロファイルは削除しないと使えないよ。

IMG_1610

「設定」→「一般」→「プロファイル」で、

DMM mobileのAPN設定用プロファイル削除できる。

 

ドコモ版iPhone6 Plusも、テザリング問題ナシ。

対応端末ページで「テザリング○」ってなってましたが、一応確認してみました。

※DMMmobile対応端末→SIMカード 動作確認端末一覧 – DMM mobile

 

iPad Air2を、ドコモ版iPhone6 Plus経由で、インターネット接続してみる。

 

iPhone側で「インターネット共有をオン」にして、iPad側で「Wi-Fi」オン。

「インターネット共有:1台接続中」と表示される。

IMG_6645

 

iPadで無事インターネットアクセスできてます。LTEだし早ぇ。

IMG_6651

同様に、SIMフリーのiPhone6でも問題無くテザリングできております。

 

ドコモ版iPhone5Sでもテザリングが可能だけど、iOS7では不可能。

ドコモ版iPhone5Sでも、テザリング可能でしたが、

iOS8以上である必要があります。

IMG_1628

 

バージョンがiOS7のiPhone5Sだと、テザリングは不可能でした。

※LTEデータ通信は使えます。

 

このアカウントでインターネット共有をオンにするには、ドコモに問い合わせてください。

って表示されてしまいます。

IMG_1617

 

バージョンiOS8.0.2のiPhone5S(ドコモ版)で、テザリング確認しております

IMG_1621

 

この辺は、BIGLOBE SIMの時と同様ですね。

BIGLOBE SIMでテザリング可能な端末を徹底調査。iPhoneとNexus5。

 

iPhoneでテザリングができるのは、iOS8以降。

DMM mobileでも同じです。

 

Yモバイル版Nexus5でDMM mobile SIMを使う。

続いて、Android最強端末 Nexus5にて検証。

Y!モバイル版(旧イーモバイル)Nexus5と、Google版Nexus5で、

DMM mobile SIMの動作確認をします。

IMG_1634

Android端末なら、設定方法は大して変わらないかと。

 

SIMフリーのAndroid端末を安く手に入れるなら。

SIMフリー格安スマホランキング。オススメのAndroid端末 2015年Ver.

 

DMM mobile SIM対応のAndroid端末。Nexus5はLGエレクトロニクスだよ。

DMMの対応端末を確認する。

SIMカード 動作確認端末一覧 – DMM mobile

Nexus5は、LGエレクトロニクス製。

KS000909

Google版とか、Yモバイル版とか記載無いけど大丈夫だよね?

Yモバイル版も、同じSIMロックフリー端末なハズ・・・

やっぱり端末に違いはねぇって事かな。

イーモバイル版Nexus5と、Google Play版の違い。ドコモIMEI制限について。

動作確認時のバージョン「LRX21O」ってのも謎。

不安なんで、一応検証します。

 

Yモバイル版Nexus5で、DMM mobile のAPN設定をする。

iPhoneでは、プロファイルのインストールで終了しましたが、

ドコモ版iPhone6 PlusでDMM mobile SIMを使う。テザリングの検証とAPNの設定方法。

Android端末の場合は、手動で設定する必要があります。

 

DMMのSIM差して、再起動。

私はnano SIM派なので、micro SIM変換のアダプタも装着してます。

IMG_1629

 

設定(歯車アイコン)から、「その他」をタップ。

Screenshot_2015-01-22-04-35-03

 

「モバイルネットワーク」をタップ。

Screenshot_2015-01-22-04-35-11

 

「アクセスポイント名」をタップ。

Screenshot_2015-01-22-04-35-27

 

右上あたりにある「+」をタップ。

Screenshot_2015-01-22-04-35-34

 

マニュアル記載の内容でAPN追加します。

KS000910

 

マニュアル通りに入力するだけです。

理解しなくても大丈夫です。

 

設定すべき項目

  • 名前:任意の名前でOK(例:dmm)
  • APN:vmobile.jp
  • ユーザ名:dmm@dmm.com
  • パスワード:dmm
  • 認証タイプ:「PAPまたはCHAP」を選択

 

その他の項目は、入力の必要はありません。

 

入力してみる。

Screenshot_2015-01-22-04-36-42

 

「認証タイプ」の項目だけ、下の方にあります。

Screenshot_2015-01-22-04-36-55

 

全て入力し終わったら、

画面右上をタップして「保存」で終了。

Screenshot_2015-01-22-04-37-09

 

「dmm」というAPNが追加され、選択されていればOK。

Screenshot_2015-01-22-04-37-25

 

無事LTE接続できてます。

Screenshot_2015-01-22-04-38-10

 

同様にGoogle版のNexus5も設定しましたが、

特に問題無く接続できてます。

 

Yモバイル版Nexus5とDMM SIMで、テザリング検証とテザリングの方法。

Nexus5は、dmm SIMでテザリングできるのか?

動作対応端末のハズだけど、

やはりYモバイル版Nexus5は不安なんで、試してみる。

 

設定(歯車アイコン)の「その他」から、「無線とネットワーク」をタップ。

「テザリングとポータブルアクセスポイント」をタップ

Screenshot_2015-01-22-04-39-17

 

「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」をチェックするだけで、

テザリングが可能になります。

Screenshot_2015-01-22-04-39-21

 

テザリングのパスワードが分からない場合。

「Wi-Fiアクセスポイントをセットアップ」で確認できます。

Screenshot_2015-01-22-04-40-02

 

「パスワードを表示する」にチェックすれば表示されます。

アクセスポイント名も確認できます。

Screenshot_2015-01-22-04-41-21

 

iPad Air2にて、テザリングの動作確認できました。

IMG_1633

さすがNexus5。

テザリングも問題無く、サックリサクサクです。

 

グーグル版も、同じくテザリング動作確認済み。

やはり、Nexus5なら問題無い。

 

月額630円でiPhoneもNexus5も使えて、テザリングも可能だという事。

MVNO格安SIMは、SIMフリー端末だけでなく、ドコモ版iPhoneでも使えます。

格安SIMでiPhoneを激安運用する方法まとめ。MVNOへMNPの注意点。

 

月額630円でも回線速度(LTE)は変わらないし、

ドコモ版iPhoneでも使えるんで。マジでデータSIMで最安。

スマホを最安運用する。データ通信SIMの比較まとめ。

 

DMMモバイルなら、1GBで630円、3GBでも850円です。

【DMM mobile】データSIMプラン業界最安

 

データSIMなら即時解約しても、違約金が発生しないのもうれしい。

テザリング可能なんで、無制限SIMならポケファイも要らなくなる

速度制限化の「WiMAX」から容量無制限の「ぷららモバイルLTE」に乗り換えた話。

 

IP電話サービスを使えば、スマホで複数電話番号も利用できるし、

個人事業主にオススメの電話番号。格安SIM、IP電話、固定電話、携帯電話、FAX番号と特定商表記。

 

通話SIMも非常に安い時代。

大手携帯キャリアからの電話番号移行を検討している方は、通話SIMの方がお得です。

格安スマホにMNPする。MVNO音声通話SIMの比較まとめ。

 

SIMの違いについて詳しくは。

格安SIMの種類。SMS可能、音声通話SIM、データ通信専用SIMの違い。

 

スマホ通信費、本当に爆安になります。

大手携帯キャリアは無くなったって問題無いからぁ~。

格安SIMへ移行するメリット・デメリット。大手携帯キャリア解約で不便となる点。

それが時代の流れです。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ