MyUSの転送料金と国際送料を安くする方法。

アメリカで一番メジャーな転送会社といえばMyUS。

MyUSの利点といえば、格安な国際送料&転送料金。

量が増えれば増えるほど、割引率は高くなりますが、

更に送料を安くする方法があります。

myUS.com

JCB、AMEX、VISAの割引キャンペーン。

輸入ビジネスをやっている時点で、

クレジットカードを持って人はいないと思います。

JCBカード、AMEXカード、VISAカードを所持しているなら、

転送料金が安くなります。

 

JCBバージョン

KS000210

JCB

 

 

AMEXバージョン

KS000211

AMEX 日本語

 

 VISAバージョン

ちなみにVISAバージョンも有ります・・・英語です。

KS000212

MyUS.com – Visa

 

というわけで、どのカードでも割引になります。

 

これ入会キャンペーンなので、既に利用者の私は無理なのか?

MyUSの担当者に聞いてみました。

「JCBで決済してんだけど、安くなんね?」

という文章とともに、キャンペーンリンクを貼りました。

※モチロン英語でです。モチロンGoogle翻訳です。

オススメの翻訳サイトとツールまとめ。翻訳精度の違いと使い方。

 

下記、MyUS担当者からの返答になります。

We will have the discounts applied to your account within 1-2 business days.

Once successfully applied, you will be able to view your discounts by logging onto your account and clicking on the “Account Settings” tab and then “My Discounts”.

だそうです。

 

確認してみると、

1.10% Off Personal Shopper Fee
2.15% Discount On Subsequent Shipments
3.20% Discount On First Shipment
4.Waived Setup Fee
5.Waived Annual Fee for 2 Years

安くなってるぅ~。

 

MYUSを使うならAMEXのクレジットカードが断然お得。

VISA、JCBで20%オフですが・・・

AMEXは30%オフと、アメックスの方が10%も高くオフになります。

 

さすが天下のアメックス。30%の転送料金の違い。

普通に払ってたのなら、バカみたいな金額の差。

MyUSのキャンペーンは、絶対に使いましょう。

 

MyUS用にAMEXカード位は、持っておいて損は無い。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、実質年会費無料のクレカ。

年会費は初年度無料だし、年会費1000円も年一回の利用で無料になります。

アメックスブランドで無料カードは貴重です。

 

仕事でバリバリ使う人なら、

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードもオススメ。

プラチナカードだけど、インビテーション不要審査も優しいし、

ビジネスカードだけど、サラリーマンでも発行できます

セゾン プラチナ ビジネス アメリカン エキスプレスカードのメリット・デメリット。

年間200万利用で年会費も半額、マイルも超高還元率・・・

ヘビーユーザーほどコスパ高くなります。

セゾンカードは、月末締め翌々月4日払いと、支払いサイクルが長いのもポイント。

2回払いも金利無料だし、キャッシュフロー的にも有利になります。

 

ビジネスネスカードなら、経費や仕入れ利用のトラブル時にも安心です。

法人カードを比較する。事業主にオススメのビジネスカードランキング。

個人カードでの大量購入には、くれぐれもご注意下さい。

 

国際送料を安くしたいなら、運送保険(Insurance)も考える。

私は国際送料を安くするため、基本的にMyUSの運送保険はかけません。

壊れにくい商品を多く扱っている、という事も有りますが、

外箱破損や、数点位の破損では、申請手続きも面倒ですからね。

 

配送保険をかけるべきか?

これは、一概には言えませんが・・・・

運送保険をかけるべき・・・というよりは、

毎度、運送保険をかけるべきか?

考えた方が良いです。

商品の合計金額(Declared Value)が、大きくなればなるほど、

保険料も高くなるので、送料と併せて馬鹿にならない金額となります。

 

保険料が発生するという事は、配送コストが上がり、関税額も上がる

1点あたりの原価も上がり、棚卸評価額も上がる

 

実際に、私が運送保険に使った金額と、

今までの配送トラブルの割合を考えると、全然割に合ってません。

当たり前ですね。あくまで保険なんですから。

保険は払う金額よりも、集める金額の方が大きいから成り立つ商売。

生命保険、医療保険なんかも、貰える可能性は低いですからね。

個人事業主の生命保険の必要性。死亡保険、医療保険に入るべきか否か? 

当たり前に入るものでも、無いと思ってます。

 

トラブルに遭った際の、保険適応の手続きも面倒です。

写真撮って、英語でやり取りして、ホントに破損していた証明・・・

どうやってやるの?申請するもの気が滅入るんだよね。

アマゾンでも大破して届く事多いけど、割と泣き寝入りしてますから。

amazon アマゾン輸入で、外箱大破!!ボロボロパッキンは配送事故?

 

まぁ、保険をかけずに配送トラブルに遭い、

事業が立ち直らなくなっても知りませんので、自己責任にて判断下さい。

 

MyUSの配送方法、オプションについて。

MyUSには、送料の安いFedEx Economy(5-10 days)も有りますが、

私は、基本的にDHL Express(1-4 days)しか使いません。

到着日数は早い方が良い。

送料差額も回転率でカバーできるし、市場価格も変動しまくりますからね。

配達スピードも通関スピード、DHLがスムーズな気がします。

 

有料の配送オプションは、2ドルのFragile Stickers(割れ物シール)と、

5ドルのExtra Padding(緩衝材追加)のみ使ってます。

どちらも気休め程度の効果しか期待できませんが、

保険に比べたらオマケ程度の金額ですので、毎度付けてます。

 

DHLの関税、消費税、通関手数料はクレジットカード払いへ。

国際送料に伴う、関税、消費税、通関手数料は、

通常であれば荷物受取時に支払うのですが、

DHLの場合、事前にカスタマーセンターに電話することで、

クレジットカード経由で支払う事が可能となります。

クレカ払い希望の旨伝え、

荷物トラッキングナンバー、クレジットカード番号、

名前、電話番号を伝えれば処理してくれます。

 

クレジットカード払いにできれば、クレジットカードのポイントも貯まる。

今時のクレジットカードは還元率も高いですからね。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

関税額は馬鹿にならない金額となりますので、還元額も馬鹿になりません。

毎度、大量の現金を用意しておく必要もなくなるし、受け取りもスムーズです。

 

ちなみに、DHLには毎回電話する必要があります。

取引数が多くなれば、登録→自動で処理もしてくれるようになる・・・

らしいですが、個人事業主レベルでは厳しいかと思います。

 

知らない転送会社は使わない。MyUSは十分安い。

いつの間にか海外の転送会社が乱立してます。

特にアメリカの日系の転送会社、輸入代行業者、多いですね。

 

調べてみると同業者のグループ会社だったり、

情報業界の人だったり・・・っていうオチ。

転送ビジネスが、一朝一夕で成り立つ気もしませんので、

私は老舗のMyUSを使い続けます。

myUS.com

デメリットも慣れれば、あとは使い方次第。

アメリカの転送会社 MyUSのデメリット。遭遇したトラブルとその対応方法。 

 

輸入ブーム、輸入転売ブームで、代行業が儲かるっていうオチ。

金鉱ではスコップを売るべし。

一攫千金を狙うより、スコップの薄い利益を集めまくりましょう。

 

数パーセントの違いで、大きな利益を出す。

キャッシュバックサイトの利用も忘れずに。

輸入仕入れで得をする。アメリカ、ヨーロッパ、海外キャッシュバックサイト。

利益率の向上は、数パーセントの積み重ねです。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ