大手携帯キャリアから、格安SIMへ移行しまくる事・・・かれこれ1年。

Yモバイル(旧イーモバイル)も、遂にオサラバしました。

 

電話番号はそのまま使いたかったので、MNP転出でNifMoへ番号移行です。

IMG_1781

 

この1年、様々なSIMを利用してきましたが・・・

ドコモからBIGLOBEの格安SIMへ、番号ポータビリティ(MNP)して気付いた注意点。

ドコモ版iPhone6 PlusでDMM mobile SIMを使う。テザリングの検証とAPNの設定方法。

「OCNモバイルONE」を、3カ月使ってみた感想。評判と通信速度の検証。

WiMAXから容量無制限の「ぷららモバイルLTE」に乗り換えた理由。

 

大手携帯キャリアから番号移行(MNP)するなら、NifMoが最強って結論。

※追記

残念ながら、NifMoよりも優れた格安SIMでました。

現在はmineoのドコモプランが最強です。

mineo Dプラン徹底レビュー。ドコモ回線のマイネオにデメリットは有るのか?

 

他社通話SIMと比較しても、mineoは断然優れています。

格安スマホにMNPする。MVNO音声通話SIMの比較まとめ。

 

NifMoは通信速度も遅くなっちゃったし、サービス内容も他社に後れをとる。

格安SIM「NifMo」のデメリット。ニフモの評判と通信速度 Ver.2015。

 

大手携帯キャリアの月額料金との差額を考えると、

マジで違約金払ってでも解約した方が、断然安くなるから。

今回はYモバイルにてMNPしてますが、他社でも番号移行の流れは一緒です。

事前にYモバイルにて、番号ポータビリティ予約番号を発行する。

まずは、YモバイルのMNP予約番号を取得する。

電話で手続きはオススメしません。

引き留められまくって、無駄に時間もかかるし、

解約理由も聞かれるし、注意事項とかも長々説明受けなければイケない。

WEB経由での手続きがオススメです。

大手携帯キャリアのMNP手続き方法。解約月の解約手数料と違約金。格安SIMとの月額料金比較。 

Yモバイルはソフトバンクとは違い、WEBのMy Y!mobileから手続きが可能ですから。

 

NifMOの音声通話対応SIM お申込み方法。

10ケタのMNP予約番号をメモしたら、NifMoで申込みです。

 

私はスマホ端末あるんで、SIMカードのみ購入。

KS000960

 

主にiPhoneで使うので、ナノSIM希望。

KS000961

 

コスパの良い2GBプランを選択。※2015年4月より3GBに増量になりました。

KS000962

 

Yモバイルから携帯番号移行するので、音声通話対応を選択。

KS000963

 

訪問サービスなんかもあるけど・・・申し込まない。

KS000964

 

オプションいろいろあるけど・・・申し込まない。

KS000969

 

先ほどYモバイルで取得した、MNP予約番号を入力する画面登場。

KS000971

「MNP予約番号」「MNPする携帯電話番号」「MNP予約番号有効期限」が必要です。

 

あとは、登録情報(住所、氏名、メルアド等)入力して、

希望のメルアドを入力。「@nifty.com」のメルアド貰えます。

KS001019

 

クレジットカード情報入力。

KS000974

 

最後に入力した情報確認して・・・お申込み完了です。

KS000980

 

申込み後、本人確認書類の画像をアップロードするのを忘れずに。

※無事提出できれば「【NifMo】本人確認書類受付のご案内」っていうメール届きます。

 

MNPにかかる日数と、携帯電話番号が使えない期間。

全ての手続きが終わると、入会に関する注意事項が表示されます。

■入会に関する注意事項

このたび@niftyへ入会されたお客様は以下をお読みください。

@niftyお申し込み日から3~5日後に、入会資料(@niftyスタートキット)を普通郵便で送付いたします。

ご契約に関する大切なご案内ですので、必ずご確認ください。

資料が届かない場合には、お問い合わせ窓口までご連絡ください。

申込み日から3~5日後にスターターキット到着との事です。

 

実際にかかった期間はというと、

申込みの翌日にMNP転入処理開始。手元のYモバイル使えなくなる。

※「NifMo MNP転入処理開始のご案内」っていうメール届く。

 

SIMの発送は更に翌日だったので、SIM到着したのは翌々日。

申込みをしてから3日後でした。契約書類も同日到着・・・MNP早いです。

IMG_1777

 

MNP手続きをする場合、

切り替え手続き完了後から、自宅にSIMが到着するまでの約1~2日間は、

携帯電話番号が使えなくなるのでお気をつけ下さい。

 

※追記

現在では、自宅でMNP切替ができる格安SIMも登場してます。

残念ながら、未だNifMoは対応しておりません。

格安SIM「NifMo」のデメリット。ニフモの評判と通信速度 Ver.2015。

大手携帯キャリアからMNPするなら、mineoBIGLOBEをお勧めします。

携帯電話が使えなくなる期間も有りませんし、サービス内容も優れています。

 

格安SIMへMNPで発生した費用。Yモバイルの解約料と違約金。

大手携帯キャリアから格安SIMへ移行すると、発生する費用。

今回は、NifMo→Yモバイルの場合です。※2015年2月現在

 

Y!モバイル側の費用

  • 違約金:9500円
  • MNP転出料:3000円 ※6カ月以内は6000円

NifMO側の費用

  • 登録手数料:3000円
  • NifMoキャンペーン:3100円キャッシュバック ※2015年4月30日まで

 

9500円+3000円+3000円-3100円=合計12400円っぽい。

今回はNifMoのキャンペーン中だったので、実質NifMo側の費用はゼロ。

キャッシュバックは期間限定ですので・・・今のうちに。

 

MNPの移行月は、移行前と移行後で契約が重複します

よって、NifMoの月額料金1600円も、MNP費用と考えるべきかもね。

 

格安SIMとYモバイルとの月額料金比較。

高額な違約金とMNP手数料を払ってでも移行した理由。

安いから。私は2番号分、Y!モバイルから転出しましたが、

差額マジで凄いからぁ~。計算します。

 

Y!モバイルの月額基本料の詳細

Y!モバイルの月額基本料

  • 4G-Sプラン:934円 ※3年間は無料
  • データ定額3-S:3696円(2年縛りしない場合は月額4700円
  • EMベーシックパック-S:300円
  • ソフトバンクWi-Fiスポット:467円 ※2年間は無料
  • テザリングオプション-S:500円 ※2年間は無料

合計:5897円+税

 

容量制限5GBで、2年縛りしてこの料金。

2年縛りしない場合は、更に約1000円高くなります。笑

 

ちなみに、基本料金(4G-Sプラン)が3年間無料なのは、

2年縛りの更新時に解約させない為。

2年後、3年後は異様に高くなり、解約したら違約金。エグイ仕組みです。

 

NifMoの月額基本料の詳細

NifMoの月額基本料

  • データ通信プラン(3GB):900円
  • 音声通話SIM:700円

合計:1600円+税

 

最低契約期間は6カ月で、それ以降はいつ解約しても違約金は発生しない

というか月額1600円は、格安SIMでは当たり前です。

格安スマホにMNPする。MVNO音声通話SIMの比較まとめ。

 

携帯電話番号そのままで、メールアドレス(@nifty.com)も貰える

格安SIMでも、テザリングも無料で使えるし、Wi-Fiスポットも無料

通信速度も変わらないし・・・

MVNO格安SIMと大手携帯キャリアの通信速度は違うのか?NifMoとぷららモバイルLTEで検証。

Yモバイルのキャリアメール「@ymobile.ne.jp」って、超使えないからね。爆

 

で、なんで月額4000円以上も違うの?

容量3GB(月額900円)で足りないなら、5GB(月額1600円)にしたら良い。

それでもたったの+700円です。

だから、なんでそんなに料金違うの!?

 

家族で2台以上のスマホ所持しているなら、差額は更に多くなる。

値段の違い程、メリットが有る様には思えないので、

Y!モバイル2台をNifMoに転出しました。

IMG_1783

 

2台契約していた場合の月額料金

  • Y!モバイルの月額利用料:5897円×2 → 月額11794円
  • NifMoの月額利用料:1600円×2 → 月額3200円

 

毎月の差額は8594円・・・ってヤバくね。

2台分のMNP手数料と違約金は、25000円

というわけで、3か月で元とれる感じです。

それ以降は、毎月8594円プラスとなり、

意味不明の2年契約に、縛られ続ける事も無くなる。

ドコモ、au、ソフトバンクの場合、差額はもっと大きくなりますから。

大手携帯キャリアのMNP手続き方法。解約月の解約手数料と違約金。格安SIMとの月額料金比較。

 

現在一押しのSIMはmineoです。

mineo Dプラン徹底レビュー。ドコモ回線のマイネオにデメリットは有るのか?

 

YモバイルのNexus5はSIMフリーなんで、端末もそのまま使える。

イーモバイル版Nexus5と、Google Play版の違い。ドコモIMEI制限について。

 

スマホ端末持って無くても、安く手に入る時代。

SIMフリー格安スマホランキング。オススメのAndroid端末 2015年Ver. 

 

iPhoneだって、格安SIMで激安運用できます。

格安SIMでiPhoneを激安運用する方法まとめ。MVNOへMNPの注意点。

 

大手携帯キャリアに依存するのは、もぅ辞めよう。

格安SIMへ移行するメリット・デメリット。大手携帯キャリア解約で不便となる点。 

 

必要な通信速度って、実はそんなに多く無いんだから。

スマホに必要な通信速度を考える。適正な容量制限と通信量の目安。

 

家族でスマホ持ってるなら、2年間で10万どころの騒ぎじゃない。

上記の場合、20万以上変わってるから。爆

違約金を払ってでも、MNPした方が良くないですかぁ~?