大手携帯キャリアの通信速度は、下り最大150Mbps。

どこの格安SIMも同様に通信速度は、下り最大150Mbps。

格安スマホにMNPする。MVNO音声通話SIMの比較まとめ。

ってなってるけど、

安いから、やっぱり速度が出ないとか?

そんなわけないよねぇ~。

実際に通信速度を検証してみました。

DoCoMo、NifMo、ぷららモバイルLTEの通信速度。計測結果を比較。

格安SIMを使っていて思う事。普通に早い。

大手携帯キャリアとの違いが、全く分からない。

というわけで、速度計測してみました。

※気が向いた時に計測したんで、けっこー適当です。

 

iPhone6、ドコモSIMにて計測

自宅
IMG_1833

外出時(都会)
IMG_1834

 

iPhone5S、NifMo SIMにて計測

自宅
IMG_1861

外出時(都会)
IMG_1860

 

ぷららモバイルLTE(定額無制限プラン)にて計測

自宅(iPhone5S)
IMG_0005

自宅(Nexus5)
Screenshot_2015-02-07-10-25-36

 

ドコモSIMよりも、NifMoの方が調子が良いですが・・・時間帯が良かったんかな?

他社格安SIMの場合、こんなに速度出た事ないので・・・たまたま?

 

基本我が家では、最大150MpbsのLTEでも3~5Mbpsのイメージです。

まぁ、格安SIMでも、大手携帯キャリアと通信速度は同等で間違いなさそう。

 

ぷららモバイルLTEの定額無制限プランは、

我が家の様な田舎でも2~3Mbpsしっかり出てます。

マジでコレ、WiMAX2よりも良いんじゃね?

ぷららモバイルLTEのデメリットと評判 Ver.2015。WiMAXと比較して評価してみる。

動画視聴やテザリングでも、全然不自由感じません。

 

同時刻にて通信速度検証。NifMo、ドコモ、ぷららモバイルLTE。

一応、同時刻にて検証してみる。

田舎の我が家で通信速度計測。

 

左NifMo(iPhone5s)、中央DoCoMo(iPhone6 Plus)、右ぷららモバイルLTE(Nexus5)。

DSC02548

 

もう一回計測。

DSC02549

 

もう一回!

DSC02551

 

更に、もう一回計測。

DSC02554

 

・・・今回も、ドコモよりNifMoの方が、通信速度早いっていう謎の現象。

しかも1回目に52.09Mbpsっていう謎の数値。

やはり、たまたま?

早朝の空いている時間のせいなのか、ぷららモバイルLTE3Mbps超えしてます。

3Mbpsって十分速いから。

 

NifMoの通信速度が遅くなる。ドコモ系の格安SIMはお昼時に弱い。※追記

2015年夏ごろより、格安SIMが普及したせいか、全体的に速度が遅く感じます。

特にお昼時、急激に速度が下がります。

ドコモ回線の中でも割と好調な、NifMoとIIJmioも、正午回ると激遅くなります。

 

左:NifMo、右:IIJmio。12時回って速度急落。0.5Mbpsも出てません。

IMG_4747

 

13時回って、速度は急激に戻る。NifMo最近不調だな。

IMG_4749

 

au回線のmineo(Aプラン)と比較するとこんな感じ。同じ時間帯で速度全然違う。

IMG_4743

 

調べてみると、お昼の時間帯はドコモ系格安SIMは全体的に不調みたいですね。

ドコモ系で速度が出てるのは・・・

2015年9月に登場したばかりのmineo Dプランは、まだまだ速度が出てる感じ。

Freetelなんかも、速度は出るようですが・・・未検証です。

 

同じく、容量無制限のぷららモバイルLTEも、全体的に速度出なくなってます。

ぷららモバイルLTEのデメリットと評判。WiMAXと比較して評価してみる。

ぷららは、けっこー使えなくなっちゃいました。

 

左がぷらら、右IIJmio。

IMG_5216

お昼時は無制限だろうが、制限有りプランだろうが関係無く低速なんだな。

 

速度にこだわるなら、au系の格安SIM UQ mobileが断然早いです。

au回線の格安SIM「UQ mobile」と「mineo(マイネオ)」の通信速度比較。

 

au回線なりのデメリットも有りますが、対応端末を持っているなら悪くないかと。

mineoとUQモバイルの違い。au回線の格安SIMのデメリット。

 

結論:格安SIMでも、大手携帯キャリア同等の通信速度が出る。

当たり前に一般的な、LTE受信時最大150Mbpsってやつ。

最大150Mbpsは理論値なんで、こんな速度出るわけないし、必要ない。

スマホに必要な通信速度を考える。適正な容量制限と通信量の目安。

実際のところ2~3Mbpsの速度が出れば、不自由も無いハズです。

 

格安SIMでも同様のスピード出るし、激安いから。

格安スマホにMNPする。MVNO音声通話SIMの比較まとめ。

 

通話SIMでオススメは、新生mineoのドコモプラン

mineo Dプラン徹底レビュー。ドコモ回線のマイネオにデメリットは有るのか?

 

速度出てたNifMoも、速度でなくなっちゃったし、サービスも他社に負けてきた。

@niftyからMVNO 格安通話SIM「NifMo」登場。BIGLOBE SIMと比較したらコスパが良すぎた話。

 

大手携帯キャリアからのMNPも簡単。

大手携帯キャリアのMNP手続き方法。解約月の解約手数料と違約金。格安SIMとの月額料金比較。

 

3Mbps制限って、別に遅く無い。

動画視聴にも全然問題無い速度だから。

高画質動画を快適に見る為に、必要な回線速度の目安。

  • 360p(低画質) – 0.5Mbps
  • 480p(中画質) – 1.0Mbps
  • 720p(HD) – 2.0Mbps
  • 1080p(フルHD) – 3.5Mbps
  • 2160p(4K) – 25Mbps~40Mbps

※参考→動画視聴に必要な回線速度。ぷららモバイルLTEの定額無制限プランで視聴テストしてみた。

 

良く解らない数字に惑わされる。

私もその一人。

「最大」って言っておけば良いのかね・・・。

ベストエフォートって都合の良い言葉です。