パソコンの処理速度。

仕事上、早いに越した事はありません。

 

パソコンの処理が遅いなぁ~。

Windows Vistaだからかなぁ~。

やっぱり安物のパソコンだからかなぁ~。

CPUがCore-i3だからかなぁ~。

 

って、意味不明に毎年パソコンを買い換えていた私。

パソコンの処理速度に関係するPCパーツって、なんだろう?

CPU、メモリ、マザボ、OS・・・いやいやSSDでしょ。

IMG_1891

メモリ増設するよりも、SSDです。

Windows8にするよりも、SSDです。

CPU交換するのは、面倒です。

HDDからSSDに交換したら、マジでミハエルシューマッハだから。

スマホはSSDの時代、HDDのパソコンは時代遅れ。

で、SSDって何なん?

SSD=solid state drive(ソリッドステートドライブ)

HDDは、磁気ディスクに書き込む仕組み。

SSDは、中に磁気ディスクが無いです。フラッシュメモリです。

これだけで、なんか凄そうなのは伝わるかと。

 

今時のスマホは高性能で高機能。動作もサクサク。

ってこれ、OSよりも、フラッシュメモリである事が大きいと思う。

パソコンは遅いからスマホを使う。タブレットを使う。

そんな方。

パソコンのHDDをSSDに換えるだけで、起動する気になりまくると思います。

起動が早いという事は、そういう事です。

 

SSDって、ハードディスクに比べ言いづらい。

えすえすでぃー・・・で良いのかな?

SSDはメリットだらけ。高速、省電力、耐衝撃性、軽量、静音性。

SSDはHDDに比べ、メリットだらけです。

速い、早い、とにかく早い。それだけじゃありません。

 

SSDは、とにかく高速。

SSDは、HDDの様な磁気ディスク無いんで、物理的な動作が無い。

ベラ早いってのは周知の事実。

私のパソコン、Windowsのロゴ出る前に起動します。

再起動が苦じゃない。全然シャットダウンしちゃう。

全てのアプリの速度も向上です。なにからなにまで速くなる。

 

SSDは、衝撃に超強い。

磁気ディスクに書き込むという動作が無いんで、衝撃にも強い。

スマホ落としても、割とへっちゃらだもんね。

持ち運びの多いノートパソコンも、SSDの方が安心だよね。

モチロン思いっきり落としたら、何らかの影響はあるでしょう。

 

消費電力が少なく、発熱も少ない。

磁気ディスクを回転させる必要も無く、書き込むという物理的な動作も無い。

自ずと、消費電力は低くなる。

動作もなけれりゃ、消費電力も少ない、よって発熱も少なくなる。

SSDなら、スマホやノートパソコンのバッテリーも長持ち。

電気代も高くなってるからね。

 

薄くて、めっさ軽量。

HDDはディスクにアーム、防塵の為の造り。重量感があります。

一方、SSDは構造もシンプルなので、薄くて軽いです。

ノートパソコン用の2.5インチのHDDも有りますが、

より薄く、やはり重量はSSDの方が、断然軽いです。

動作音も無い。とにかく静か。

HDDは、物理的な動作、円盤ディスクに書き込む都合、

ガリガリガリガリ、ブゥイーン、ジゴジゴジゴジゴ、とうるさいです。

SSDは、物理稼動部分が全く無いので、超静かです。

私はパソコンの音は気になるタイプなので、静音PCならSSD。

というよりもSSDに慣れてしまうと、HDDが五月蠅く感じる。

今時のHDDは静か?いえいえSSDの方が静かです。

 

SSDのデメリットは、HDDに比べて価格が高い事くらい。

SSDはHDDに比べメリットまみれですが、その分お値段が高いです。

250GBで、約14000円


Samsung SSD840EVOベーシックキット 250GB 2.5インチ 日本サムスン正規品 3年保証 MZ-7TE250B/IT

 

500GBで、約24000円します。


Samsung SSD840EVOベーシックキット 500GB 2.5インチ 日本サムスン正規品 3年保証 MZ-7TE500B/IT

HDDなら、2TBでも約9000円ですからね。


WD 内蔵HDD Green 2TB 3.5inch SATA3.0(SATA 6 Gb/s) 64MB Inteilipower 2年保証 WD20EZRX

 

まぁ、以前に比べるとSSDって大分安くなりました。

ハイブリッドHDD買うなら、SSD買った方が良いです。


東芝 2.5インチHDD SSD搭載型ハイブリッドドライブ MQ01ABD100HBOX

 

正直250GB~500GBあれば、不自由しない容量ですから。※後述します。

OSインストールは、SSD側でお願いします。

 

1TBのSSD登場。容量少ない、耐久性低い、寿命短いは過去の話。

私が初めてSSDを購入した頃は、

120GBの容量でも大容量と言われてました。

今では1TBのSSDも登場しており、容量では全く不便を感じません。


Samsung SSD840EVOベーシックキット 1TB 2.5インチ 日本サムスン正規品 3年保証 MZ-7TE1T0B/IT

 

また、SSDが登場した頃は、書き換え回数が少ないとか、

プチフリするとか、耐久性が低く、寿命が短いとか言われてましたが、

OS(Windows7以降)もSSD対応となり、耐久テストでもSSDの長寿は証明されてます。

 

HDDの物理的な劣化も考えたら、SSDの方が寿命が長いと思われます。

最新モデルでは5年保証とかも、当たり前に付いているからね。


Samsung SSD850EVOベーシックキット 1TB 2.5インチ 日本サムスン正規品 3D V-NAND搭載 5年保証 MZ-75E1T0B/IT

 

まぁ、5年も経てば、普通に買い換えるでしょ?

 

パソコンに必要なSSD容量とSSDの使い方。クラウドサービスの活用。

SSD3台で2TB弱導入してますが・・・正直2TBも不要です。

IMG_1896

 

クラウドストレージサービスの普及で、

パソコン保存して置くべきデータって、ほとんど容量喰いません。

Dropbox、Googleドライブ、SkyDrive、Yahoo!ボックス。無料のクラウドサービスを使い分ける。

 

仕事で使うツールやアプリのインストールで容量喰ったら、ほぼ終了。

あとは、高画質の写真データが容量を占めているかな?って感じ。

画像データも、クラウドサービス(Google+とか)でも良いんだけど、

割と使う事が多いので、PCに入れてDropbox同期してます。

自炊データも多いからね。

電子書籍ストアサービスのデメリットと自炊のメリットを比較する。

 

音楽データは、iTunesMatchでクラウド再生で全く問題無いし、

Google Play Musicから有料のiTunes Matchへ。音楽クラウド化を比較する。

 

Match済みの音楽データは、外付けHDD&NASサーバーに入れてます。

初めてのNASサーバー。ReadyNAS RN10400-100AJSの導入、設定方法と注意点。

余ったハードディスクを、HDDケースで有効活用。裸族のカプセルホテル「CRCH35U3IS」

 

一番容量を使うのは動画データ。

私は動画データは、ほとんど扱いませんし、

動画視聴もHulu等の動画配信サービスで事足りる。

※参考→見放題の動画配信サービス比較まとめ。オススメランキング2016年Ver. | 俺の動画。

手持ちの動画データを扱うとしても、自宅NASからストリーミングで問題無い。

 

よって、SSD容量は大して必要ない。

かといって、64GBのSSDは絶対に辞めて置いた方が良い

OSと仕事用のアプリ入れたら、ほとんど身動き取れなくなります。

SSDが出始めた当時、64GBを購入しましたが・・・

IMG_4705

容量少なすぎてHDDより不便になり、即容量追加しましたから。

 

SSDも安くなったんで、250GB~500GBくらいがオススメ。

500GBあれば、何するも安心かと。余力は残しておいた方が良いですからね。

データ保存用の容量が欲しいなら、HDDを別途追加した方がコスパは良いです。

 

例えば、動画視聴するなら、

動画データだけ、HDD側に入れとけば良いワケですから。

データはHDDに入れて、処理はSSDでする感じです。

 

あとは、ゲームやる方なら、断然SSDインストールが良いですね。

私も、たまにやるんで、めっさSSDにしてます。

IMG_1894

このデータはHDDに保存して、このデータはSSDに保存して・・・

って考えるのも面倒になったら、全部SSDにしとけば間違いない。

その方が、早いし速い。自分の処理も早くなるから。

 

SSDへの換装は簡単。クローンソフトでOSごとコピーできる。

OSがインストールされたHDDの移行って、大変っぽい。

再インストールとか、データの移行とか、なんか面倒そうだなって思ってました。

SSD換装って、実は超簡単です。

クローンソフトで、OSごとコピーして入れ替えるだけ。

 

SSD交換を加速させたソフトと言えば、「EaseUS Todo Backup」

フリーソフトなんで、お手軽にクローンができます。

 

また、IntelのSSD購入すれば、

専用のソフト「Intel Data Migration Software」が使えるので楽勝です。

IMG_4739

 

SAMSUNGも、いつの間にか専用のDVD付属するようになった。

データ移行ソフト「Samsung Data Migration」使えます。

IMG_4707

 

SSDにクローンする際に、

SATAケーブルで繋いでクローンっていうパターンもあるけど、

楽なのが、SATA-USB変換アダプタで接続する方法。


サンワサプライ SATA-USB3.0変換ケーブル USB-CVIDE3

 

USB接続でクローンしてから、PCケース開けてHDDと差し替えるだけ。

IMG_4740

SATAケーブル差す場所に、悩まなくても良いし。

ケース開けながらクローン作業って、なんか嫌なんだよね。

 

メーカーPCもSSD換装は可能。省スペースPCや特殊な形状のパソコンに注意。

メーカーPCだって、基本的な造りは同じ。

一般的なメーカー製ミニタワーパソコンなんかは、SSD換装も楽。

 

DELLのミニタワーモデルをSSDに換装してみたり、

IMG_4728

 

マウスコンピューターのG-Tuneとかは、拡張想定済みなので更に楽だった。

IMG_5601

 

省スペースパソコンなんかの、メーカー特有の形とかだと、ちょっと難易度が高いかも。

eMachinesの省スペースモデルは、ちょっと苦戦した。

ハードディスクが、DVDドライブ裏に付いてました。

IMG_4744

 

しかもこれが、なかなか外れなくて苦戦した。

まぁ、なんとか取り外してSSD化できたけどね。

IMG_4750

 

メーカーPCはケース開封で、メーカー保証も無くなる場合が多いので、くれぐれも自己責任で。

emachinesも、警告シール貼ってあった。

IMG_4743

 

まぁ、SSD換装は、PCケースを開ける必要があるので、超初心者は抵抗があるかも。

グラフィックボード差した事有る方なら、SSD換装は割と余裕だと思う。

失敗しても責任は負いませんので、バックアップ徹底の上、自己責任にてお願いします。

 

今時のパソコンは既にハイスペック。仕事に必要なパソコン性能について。

パソコンを毎年買い替えて気付いた事。

ここ3年くらい同じ価格帯で、大してPCスペックが向上していないという事。

以前は、パソコンなんて3年も経ったら化石。

とか思ってたけど、最近はあまり違いを感じられない。

 

CPU Core-i7、メモリ16GBでHDD使ってんなら、

CPU Core-i3、メモリ4GBでSSDにした方が、体感速度は早くなる。

ゲームもやらないし、動画編集もしないなら、尚更。

 

Core-i3で、メモリ4~8GBもあれば、超快適サクサク動くハズです。

PC速度向上を考えるなら、SSDが一番コスパが良いです。

パソコンを買い換える前に、SSD換装を試す価値はあります。

Windows PCなら意外と簡単に換装できますから。

 

ちなみに、Macの場合、SSD換装の難易度は上がります。

私はMac Miniで挑戦しましたが、割りと苦戦しております。

Mac Mini 2014 lateモデルのSSD換装方法。

 

SSDオススメはサムスン。

保証期間も長く、導入も簡単、何より安い。


Samsung SSD850EVOベーシックキット 250GB 2.5インチ 日本サムスン正規品 3D V-NAND搭載 5年保証 MZ-75E250B/IT

 

 

マルチディスプレイなんかも、実は低スペックPCで簡単にできます。

マルチディスプレイに必要な物。グラフィックボードとディスプレイアーム。

必要なのはグラフィックボード(ビデオカード)です。

別に高性能PCである必要ないから。

 

P.S.

最近はスマートフォンの性能も、大幅なスペックアップは感じ無くなった。

iPhone3GS → iPhone4 → iPhone5って凄い勢いだった気がするけど、

iPhone5 → iPhone6って、そんなに違いが分からなくなった。

iPhone6とiPhone6 Plusの違いを徹底比較。iPhone5Sから機種変更する必要性。

 

Nexus4 → Nexus5も、良い感じだったのに。

Nexus5 → Nexus6も、性能上がった分、値段が高くなっただけですからね。

SIMフリーのAndroid端末を安く手に入れる方法。格安最新スマホを比較する。

 

スマホがパソコン並みの性能。

やろうと思えばスマホだけで仕事でき・・・ない。