一人で仕事している分には、その辺の適当なメモや付箋で問題無かったのですが、

スタッフを雇ったり、外注に指示したり、共同で作業する様になると、

意味不明なテキストメモだけでは、じぇんじぇん通じません。

 

自社ネットショップの構築や、様々な販路の出品ページ作成、自社WEBサイト・・・

ライバルサイトの商品ページチェックから、ブログ記事へのメモメモメモ・・・

情報共有する為に、直接ウェブサイトに書き込みしたい。

何処をどう修正して、どういう風に変更したいのか?どこを参考にすべきなのか?

WEBページに直接ペンで記入出来たら、非常に楽なのに!!

 

っていう事で、この流れを作るのに意外と苦戦したんで、

現時点で、私が行き着いた方法まとめ。

IMG_2234

iPadでWEBページをPDF化 → iPadでスタイラスペン書込み&編集 → データ共有

っていう流れ。

画像ファイルや、テキストファイルよりも、PDFファイルが最強。

PDFにしてしまえば何でもできる・・・気がした。

 

WEBサイトは、パソコンでPDF化するよりも、

iPadで全部やった方が楽。iPadもスタイラスペンも凄ぇから。


Adonit Jot Touch Bluetooth搭載筆圧対応スタイラスペン ガンメタリック JOTT-GM

愛用中のスタイラスペン。円盤タイプが好きです。

 

SkitchからWEBサイトへアクセスして、スナップ→書き込みはイマイチ。

PC上で、情報共有するWEBサイトのデータ作成する時は、

  1. EvernoteのWEBクリッパー(Clearly)
  2. Evernote(Skitch)でキーボード&マウス編集
  3. Evernote共有フォルダぶち込み。

 

って感じだったんだけど・・・

iPad&スタイラスペンで、コレをやろうとすると、

  1. アプリSkitchでWebサイト開く。
  2. スナップしてスタイラスペンで編集
  3. Evernote共有フォルダぶち込み。

 

で、ここで浮き上がる問題点。

  • WEBクリップは、スクリーンショットで保存しないと、スタイラス書込みできない
  • Skitchのスナップ(スクリーンショット)は、表示されている部分しか編集できない
  • iPadのアプリSkitchでの書き心地が非常に悪い

 

iPadで手書きするには、スクリーンショットする感じになるんで、

画面に収まらないWEBページの編集は不可能です。

 

ネットショップの商品ページくらいの範囲の書き込みならいけますが、

ヤフオクの商品ページくらいの長さになると、画面に収まりきらない。

IMG_0176

・・・商品説明文も赤ペンしたいんよ。

 

だったら、WEBページ丸ごとスクリーンショットしてしまえば良いかと思いきや、

異様に縦に長い画像ファイルは、iPad上で正しく表示されず、編集すらもままならない。

 

また、何よりもアプリSkitichの書き心地が非常に宜しく無い

スタイラスペンとの相性が悪く、上手く文字が書けた試しがない。

IMG_2233

書けないし、途切れるし、たまにビヨーンってなる。

どのスタイラスペンでも使えない。Penultimateのようにはいかない。

 

クリップダメ、スクリーンショットダメなら・・・PDFいこかぁー。

PDFなら、いくらでも編集アプリあるからね。

 

WEBページをPDF化してiPadで編集する。PDF Converter → PDF Expert 5

Evernoteには、WEBクリッパーという便利な物がありますが、

残念ながら、WEBサイトのPDF化はできません

 

iPadで、WEBサイトをPDF化するなら「PDF Converter」

PDF Converter – 文書、ウェブページ、写真などの PDF 化 – Readdle

PDF編集するなら「PDF Expert 5」です。

PDF Expert 5 – フォーム入力、注釈づけ、署名記入 – Readdle

 

PDF Converter

PDF Converter・・・このアプリ凄い。

初めて使った時は感動しました。

早い、安い、上手いって感じで、スムーズにPDF化してくれます。

PCでもWEBサイトのPDF化すると、変な表示になったりするのに。

WEBページが、そのまま綺麗にPDF化されます。変換の時間も早い。

 

WEBページ全体をPDF化してくれるんで、

スクリーンショットのように、途中で途切れることも無い

収まらなければ、複数ページで変換されるので、編集もしやすい。

 

しかも凄いのが、PDF化できるのは、WEBサイトだけじゃない。

PDF ConverterがPDF化できるファイル
・メール添付ファイル
・iWork や MS Office の文書ファイル
・ウェブページ
・別のアプリで保存したファイル
・クリップボードの内容
・写真
・Dropbox や iCloud Drive に保存したファイル
・連絡先

マイクロソフトオフィスの文書ファイルにも対応。

画像ファイルなんかも、一瞬でPDF化できる。

 

PDF Expert 5

GoodReader、UPAD、NoteShelf、Skitch、NoteAnytime(MetaMoji Note)・・・

PDF編集ができるiPadアプリは様々あり、

私自身も、いろいろ試してきましたが、

最終的に行き着いたのが、PDF Expert 5。

 

いつの間にか日本語化されてるし、

様々なクラウドサービスにも連携対応している。

IMG_0171

 

iCloud Driveにも対応。

IMG_0178

 

PDF Expertが優れているのは、クラウドサービスとの連携だけではありません。

「PDFファイルに書き込みする」という点でも、非常に優れています

Skitchとは、比べものにならない書き心地。

スタイラスペンで漢字を書けばわかる。その違い。

ヌルヌルって書ける感じ、非常に良いです。

 

学習用に自炊した書籍なんかも、PDF Expert 5で閲覧してます。

書込み、アンダーライン、蛍光ペン、斜線・・・やりたい放題です。

IMG_0175

 

Good Readerよりも、データの管理、取扱いが楽だし、

エクセルファイル(.xlsx)なんかも開けるんで、

そのままPDF変換→スタイラスで書込みしたりも可能です。

 

CamScannerでアナログ文書もPDF化 → PDF Expert 5で書き込む。

出先で貰った書類に書き込みしたいけど、原本には書込みしたくないっていう気持ち。

PDF中毒の方なら、分かるハズ。

そんな時は、CamScannerとスマホカメラでPDF化。

 

CamScannerでスキャンして鮮明化 → PDF Expertで書込み。

って方法がオススメです。

「開く方式→PDF Expertで開く」で、PDF Expert編集できます。

IMG_0179

CamScannerでも書込みできるけど、Skitch同様に書き心地はイマイチですから。

 

CamScannerのスキャン精度、鮮明化、クラウド連携は凄い。

PDFユーザーなら、持っておいて損の無いツール。

自宅で書類のPDF化するなら、ScanSnapが間違い無いけどね。

ScanSnapとEvernoteで、本も書類もクラウド化。S1300i と iX500を購入して比較してみた。

 

パソコンからWEBページをPDF化する方法は、印刷するだけ。

パソコンで、WEBページをPDF化する方法。

私もPDF中毒になるまでは、知らなかったので。

 

Webページを右クリックして「印刷」で簡単PDF化です。

印刷画面で送信先を「PDFに保存」にするだけ。※Chromeの場合

KS001109

 

印刷ページっぽい感じでPDF化になるんで、

ブラウザで閲覧するサイトデザインとは、ちょっと異なるけどね。

KS001110

 

ちなみに、Adobe AcrobatとかでもPDF化できる。

KS001111

実際の表示に近いけど・・・時間もかかるし、そこまで必要としない。

 

iPadならデジタルデータのアナログ編集も、データ共有も楽々。

デジタルデータって、複製や共有するのは楽だけど、

デジタルのまま修正案を記入したり、校正したりするのは結構面倒な作業だった。

 

意見を出し合う為に、人数分プリントアウトする。

そしてまた共有する為に、デジタル化する。

そんな面倒な作業も、iPadがあれば不要じゃね?

 

最近は、ノートパソコンを持ち歩く事も無くなったので、

WEBサイト閲覧しながら、PDFに書き込みしまくってます。

iPadとスタイラスペンなら、空いた時間でチェック、修正指示できますから。

 

直感的に書込みできるってのは、最高です。

WEBページの赤ペン先生気分です。


【日本正規代理店品】 Adonit Jot Touch 4 Bluetooth4.0対応 スマートフォン&タブレットPC用スタイラスペン レッド ADJT4R

 

赤ペンデータは、個別メールで添付するも良し、

DropBoxでフォルダ共有しても良い。

Evernote容量も、いつの間にか月間4GBになってますからね。

Dropbox、Googleドライブ、SkyDrive、Yahoo!ボックス。無料のクラウドサービスを使い分ける。

悩んだらとりあえず、Evernoteにぶち込む。

EvernoteはPDF文書の中までも検索してくれるし、アーカイブとしても秀逸。

 

ノートパソコン広げて、キーボード叩きまくるなら、自宅で仕事しますから。

iPad Air2なら、激薄いし、今ではできる事も多い。

スマホアプリの発展著しいからぁー。

私がiOS(iPhone、iPad)で使っている厳選アプリまとめ 2015年ver。

 

iPad Airって、ホント良い端末。

iPad miniは、使わなくなるよねぇ~。

 

P.S.

自炊本で勉強する際も、PDF書込みはオススメ。

電子書籍ストアサービスのデメリットと自炊のメリットを比較する。

脳みそに染み入る感が、全然違う。