消費税率は上がる。利益の出ない売上は課税されるのみ。

いきなり、税金の話。

朝のニュースで消費税をやっていたので、

 

自分で、ビジネスを始めた頃は気にもしていなかった消費税。

今ではすっかり課税事業者です。

 

事業を開始したばかり、

もしくは売上が1000万を超えなければ、

恐らく関係無い話なのですが、

専業でやっている方は、1000万くらい超えちゃいますね。

 

利益率30%としても、1000万売って、利益300万ですからね。

売上1000万超えたら、課税事業者です。

消費税を納めなければいけません。

 

税金の話は、取られて知る様になった程度の知識なので、

後から、きっついなぁ税金と・・・

特に利益の出た翌年はホントきついです。

 

消費税は、赤字であろうが、売上が上がった時点で、

お客様から預かっているという事なので。

売上に対して消費税が課されます。

 

赤字でも納めるってぇのが、厄介なポイントですね。

預かっているという事なので、まぁ当たり前なのですが・・・

知らないですよね。そういう事は最初は?・・・ねぇ。

 

消費税5%って、非常に大きな数字ですね。

5%ってことは、

1000万売上が上がったら、50万納めなくてはいけないのか!?

 

勘違いした私は、最初かなりビビっていました。

実際はそういう事ではないです。

 

商品を仕入れる時や、備品等購入する際の経費でも、私達は払ってますね消費税。

 

原則として、

売上の際お客様から預かった消費税から、消費者として払った消費税を引いた金額

が実際に納める消費税となります。

原則課税方式というのでーす。

 

なんか・・・計算するの、すっごい面倒そうですね。

消費税のかからない取引(非課税、不課税、免税)とかもあるらしいので、

嫌だなぁ。嫌だなぁ。恐いなぁ・・・と思っていました。

 

そんな我々の為にあるのが、簡易課税方式というやり方。

上記の原則課税方式に対し、売上から、みなし仕入れ率を掛けて、

ざっくりこれぐらいの消費税既に払ってるはずだから、納税額はコレくらい!!

って計算する方法です。

免税事業者→消費税課税事業者へ。届出手続きと必要書類、簡易課税制度について。

 

これ、課税売上高5000万円以下の中小企業のみ適応可能ですが、

今のところ、年間5000万以上も売上が上がる予定はまったく無いので、

私の場合は、簡易課税にしました。

 

取引がある程度増えてくると、経理も煩雑になりますからね。

ありがたいシステムです。

 

ちなみに、ワタシ小売業の場合、みなし仕入れ率は80%

ってことは小売業の場合、

売上5%のうち、その消費税の80%となる4%を既に払っているとみなすワケだから、

実質、売上の約1%くらいが納税額になるのかな!?

 

・・・計算してみました。

 

1000万売上の場合・・・これが税込の売上高なので、

税抜きの金額をまず計算しなければいけないので、

10,000,000×100/105で9,523,000円
※1000円未満切捨

で、国税の消費税率4%を掛ける→380,920円
※消費税は国税4%+地方消費税1%で消費税が5%となっているらしい。

で、この金額にみなし仕入れ率の80%を掛ける。

380,920×80%→304,736円

304,736円は支払ったとされる金額なので、

380,920-30,4736→76,100円
※100円未満切捨

これに地方消費税もプラスする。

76,100×25%→19000円
※100円未満切捨

 

という事は、納める金額は、
76,100円+19,000円の合計95100円!!くらい!?

やっぱり1%くらいですよね!?

 

全然違ってたら、ホントゴメンナサイ。

 

卸売メインでやっている方はみなし仕入れ率90%になります。

もっと納める金額が少なくなります。

 

恐らく、一般的に言って、

大きな設備投資など、しない場合、

簡易課税の方がお得になる、パターンが多いらしいです。

 

輸出もやってる方などは、輸出の売上は消費税かからないので、

原則課税の方が良いのかな?

 

あくまで、私は素人なので、詳しい事は税理士にご相談下さいませ。

 

簡易課税の注意点としては、

基準期間の課税売上高5000万以下の事業者のみ

簡易課税適応の場合は、課税期間開始日の前日までに届け出を提出しなければいけない

簡易課税制度を適応後、2年間は必ず適応しなければならない

 

税金の事は払う身になって知る事が多いです。

私は後から知りました。

後から請求が来るので、染み入る痛さです。

想定外の出費にならないよう、資金繰りに影響がでないよう。

知っておきましょう。知らないで済まないです。

個人事業主が払わなければいけない税金、国民年金、健康保険料。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ