法人化して、かれこれ一カ月。

個人事業主が法人化する。法人成りのメリット・デメリット。

法人成りにあたり悩んでいた点も、大分解消されてきました。

 

法人登記って簡単だけど、事前に決めておくべき事は多々あります。

個人事業主の様に、後で変更届けを出して終了ってワケにも行かない。

実際、適当に決めると困るであろう事も多く、

法人登記してから気付いた点も、多々あったんで覚え書き。

株式会社にすべきか?合同会社にすべきか?会社形態のちがい。

法人化にあたり、株式会社にするか?

合同会社(LLC)にするか?ってのは悩んだところ。

ワンマン経営の株式会社なんで、

株式公開とか、株主から資金調達とかは考えて無い。

そんな私が感じた、合同会社のメリット・デメリット。

 

合同会社のメリット(株式会社のデメリット)

  • 設立コストが安い。株式会社に比べ約15万円安い。
  • 決算公告の義務が無い。
  • 役員の任期無し。株式会社の役員任期は最長10年(改選の登記費用は1万円
  • いろいろと自由。

合同会社のデメリット(株式会社のメリット)

  • 合同会社の代表者は、代表社員っていう名称。
  • 合同会社って名称なんで、信頼性・認知度が低い

 

どちらも有限責任なんで、

正直、合同会社でも良いかなって思ってた。

設立コストも維持費も安いっぽいし、手間も無さそう・・・。

アップルジャパンも、Apple Japan合同会社で有名だしね。

 

悩みに悩んだが、最終的に決断したのが、社長の名称。

合同会社の代表者は、代表社員っていう名称なんで、

取締役社長って名乗れません

※やり方によっては、社長とかCEO=最高経営責任者とかは名乗れるっぽい。

 

よくよく考えたら、

「合同会社って何?」って突っ込まれて説明するのも面倒だし、

金融機関への信用とか、後々の事も考えて株式会社にした。

今後、人を雇う可能性は高いし、企業間取引も有るかも知れないからね。

 

実際、株式会社にしといて良かったです。

会社の仕組みなんて知らない人が多いので、

株式会社っていうと凄いと思われるし、話もスムーズに進みます。

1円でも株式会社って設立できる様になったのは、割と最近(2006年5月から)の話なんで、

・・・株式?凄いですね?ってなる事は多い。全然そんな事は無いんだけども。

事実、私の田舎エリアは有限会社だらけです。

 

とりあえず、合同会社で法人成りしてから、株式会社に組織変更する事も可能。

その際に費用と手間は、モチロン発生する。

 

商号(会社名)は無難な物が良い。

IT起業にありがちな変な社名。

最初はバリバリ付ける気でした。面白ければ覚えやすいかな?って。

悩んだ挙句、ごく普通の会社名にしました。

普通にしてホント良かったと思ってます。

 

TPOに関わらず、会社名ってのは、いつなんどきも付いて回るんで、

微妙な空気に耐えられない方は、無難なヤツにしときましょう。

口座開設や融資、クレカ・・・

審査にも全く関係無いとは言い切れないからね。

アルファベットなんかも辞めた方が良いと思ってます。

領収書や、口座名義とかでも面倒になります。

法人口座の開設方法と必要な期間。維持費と手数料を比較する。

 

あと、既存で似たような名前はダメって話。

同じ地域で同じ社名はダメ。メジャーな企業と同じ名前はダメ。

地名が入っていたり、公共機関の名前が入っていたり、誤解を与える様な名前も駄目。

やってみないと何とも感はあるって言われたけど・・・無難な名前にしたってオチ。

 

前株か、後株か?ってのも微妙に悩んだ。

「株式会社 KJ新谷」 or 「KJ新谷 株式会社」・・・私は前株派。

会社のコーポレートサイトを作る予定の方は、

「会社名でドメインも取得できるか?」ってのも確認しておきましょう。

【早い者勝ち】 あなたのお名前、残ってる?

コンタクト先のメルアドも、法人名ドメインがスマートだからね。

 

定款における本店の所在地は戸建て住所推奨。

会社の本店住所は、非常に重要です。

実際のところ、郵便物さえ届けば問題無いみたいですが、

バーチャルオフィスは辞めた方が良いです。

金融機関の審査で引っかかる事多いし、書留書類が送られてきた場合にも困ります。

法人口座の開設方法と必要な期間。維持費と手数料を比較する。

 

賃貸マンションも勝手に登記するのは問題有り。大家さんの許可は取っておきましょう。

賃貸よりも戸建ての方が良い。これも金融機関の審査に関係するよね。

賃貸だと引っ越す可能性も高いから、登記住所変更も面倒だしお金が発生する。

※役員の住所も登記簿に載るので、引越ししたら住所変更登記手続きは必要でした。

法人代表者が引越しする。法人役員の住所変更に係る面倒な手続き。

 

近くに実家があるなら、実家の住所にしときましょう。

あくまで郵便物さえ届けば良いので、

そこで営業しているかどうかは・・・重要では無いっぽ。

 

電話番号も固定電話は用意しておいた方が良い。

詐欺が多い時代、金融機関の審査は非常に厳しいから。

 

定款に記載する事業目的は思いつく限り挙げる。

何のために会社を興すのか?

現在やっている事業だけでなく、

今後、会社でやりそうな事業も登記時に記載しておく

個人事業主のように、勝手に新規事業を始められないから。

 

輸入での物販はもちろん、輸出での物販、WEB経由での物販。

卸売業、ウェブサイト作成とか、アフィリエイト事業とか、アプリ開発とか、

講演、セミナー、コンサルタント事業、

書籍の出版とか、不動産、FX、株式、投資事業とかとか、

今んとこ、ほとんどやる予定は・・・未定。汗

 

私は同業者のコーポレートサイト見て、

今後やりそうな事を一通り記載しておきました。

事業内容って経費にも関わってくるよね・・・きっと。

だいたいやりたい事をまとめておけば、司法書士さんが良い感じに仕上げて下さいます。

 

記載の方法によって、駄目な場合もあるようなので、

また、法務局の担当官によって判断も異なるようなので、自分でやる場合は頑張って。

 

資本金の額は数百万円にしといた。

資本金は1円からでも設立できますが、後の審査や信用の為に辞めておきましょう。

実際1円で事業回す事は不可能だし、会社が回る金額にしといた。

 

資本金で足らない分は、役員借入金にすれば良いんだけども、

別に余剰資金があるなら、資本金は多いに越した事は無いと思う。

もちろん1千万円以下ね。

 

資本金が有るっていう証明が必要なので、

銀行口座に資本金額を振込まれた証拠が必要。

よって手元にキャッシュが無ければ、その額を資本金にする事は不可能。

出資者が複数いる場合は、出資者毎に資本金の振込をする必要がある。

 

消費税の免税期間を最長に。決算期は繁忙期を避けるべし。

法人化のメリットで大きいポイントは、

消費税の課税事業者も、法人化する事で、再び免税事業者になれるという事。

ネット物販の個人事業主が法人化する。法人成りのメリット・デメリット。

 

免税期間は最大24カ月迄イケるので、

なるべく24カ月になるように、決算期を持ってくるのが常套手段かと思います。

 

で、この決算期ってやつ。なるべく繁忙期を避けた方が良いです。

期末に一番売れる時期を持ってきちゃうと、

毎期の売上や、利益の予測が非常に難しくなります。

 

個人事業主だと、強制12月の繁忙期に決算なんで、

その大変さは、皆さん既に感じているかと。

 

物販だと2~3月、8~9月が辺りが暇になりがちなんでオススメですが、

中国と取引がある場合、旧正月の影響も受けるので2~3月は避けた方が良いかも。

一般的な企業では、3月決算で4月から翌期スタートってのが多いですけどね。

 

例えば、9月決算にした場合、一番売れる年末年始が、

期首辺りにくるので、年内利益の予測もつきやすく、節税対策の幅も広がるかと。

期末売上急上昇で節税対策をしようと思っても、さすがに無理ありますからね。

 

また、登記後に決算期変更という方法も有りますので、

最初は消費税の免税期間を優先して、

免税期間が終了した3年後から決算期を変更するってのも、一つの方法かと思います。

 

印鑑は、実印と銀行印さえあれば良い。

印鑑が無いと、法人設立登記ができないので、

会社名決めて、印鑑作って、登記って流れになります。

印鑑って造る場所により、出来上がる日もマチマチなので・・・

設立日を決めている場合は、結構ギリギリになったりします。

 

法人印鑑3点セットっていうのを買いがちなんだけど、

実際、登記に必要なのは実印(代表取締役印)だけです。

IMG_5807

急いでる場合は、実印だけサクッと作りましょう。

実印だけのが安いし、その分早く出来上がったりもする。

 

3点セットって、3点も要ら無くね?

銀行印は必要だけど、角印って使わない。

法人用の認印らしいですけど、私は使った事ないです。


法人印鑑 会社印鑑 チタン 実印+銀行印 チタン 会社設立 2本セット 天丸18+寸胴16.5ミリ(文房具/事務用品/印鑑/ハンコ/はんこ/判子/象牙/法人用/実印/社判/法人/2本 セット スタンプ 会社印 社印 ハンコ おとべ 法人印鑑 ハンコ)

2本セットで良い。劣化し辛いチタン製を愛用してます。

 

会社との繋がりの証明。名刺が必要になる。

個人事業主時代は必要無かった名刺。

法人との関係を示す為、なにかと提示を求められます。

身分証明書って、個人の証明にしかならないので、

法人とのつながりを示す証明書。名刺となります。

ただのペラペラの名刺ですが、持ってるだけで事がスムーズに進みます。

 

名刺なんて、ただプリントするだけじゃね?って毎度思うんだけど、

名刺が有れば手続きできますっていう、意味分からない事を何度も言われてます。

新規契約や名義変更、法人宛郵便物の受け取りさえ、

名刺と免許証だけで、済んだりします。謎

 

法人となると、人と会う機会も増えますので、

意外と名刺も無くなります。

自宅のプリンターで作れるのも有りますが、正直オススメしません。

印字も紙質も全然違うから。

 

最終的にビスタプリント に落ち着いてます。

IMG_5806

WEB上でデザインも選べるし、紙質も選べて、値段も安い。

両面印字で裏面は英語表記。光沢有りで、ブ厚いのが好きです。

 

役員報酬額という俺の給料が最大の難関。

法人設立時点では、役員給与についての申請とかは有りませんが、

割と早い段階で、給与額を決めないと困る状況に陥ります。

 

定期同額給与ってヤツ。

役員報酬は毎月同じ額でなければ経費として認められません

その役員報酬額は、期首3か月以内に決めないとイケない。

 

また社会保険に加入する際にも、役員報酬は関わってくるので、

青色専従者だった人間を役員にするかどうか?身内の給与額もどうするか?

社会保険は被扶養者という選択もあるので、その辺も考え無いとイケない。

社会保険(厚生年金保険&健康保険)の新規加入手続き方法と、必要書類の書き方。

 

法人成りした年度は、

個人事業主時代の所得と、法人化後の給与所得の両方を考えて計算です。

青色専従者も同じ、専従者給与と給与所得。

 

個人事業分の事業税の見込み控除、

法人へ資産売却で消費税も多く払ったり、

法人役員となり給与所得控除が適応になったり、

計算しつくせない点も非常に多いです。

私は2期目を迎えて、なんとなく理解できた感じです。

法人代表者の適切な役員報酬を考える。課税所得の計算方法と社会保険料と所得制限。 

 

役員給与がある程度までなら、法人利益無し or 赤字が一般的。

ネット物販の個人事業主が法人化する。法人成りのメリット・デメリット。

そんな事言ったって、商売の年間利益額って予想不可能なので、

税金を払ってでも、法人にお金を残すことにした。

 

個人事業主で利益が出まくったから、法人化って考える方も多いでしょうが、

利益出てから法人化したところで後の祭り。

法人化後の出費は、法人の経費です。

法人化後に個人時代の税金対策を考えたところで、どうしようもない。

 

よって、個人事業主時代から節税は意識しておくと良いと思われます。

個人事業主が所得控除で節税する方法。経営セーフティー共済、小規模企業共済、401kとかのお話。

法人成り前にガッツリ使っておくのも一つの手段。

個人事業主が考える節税と税金対策。経費で落とせるモノと勘定科目。

それでも利益が出そうなら法人化。

まぁ、先の分からない商売なんで・・・そう簡単にはいかないんだけどね。

 

棚卸資産の引き継ぎ価額は、棚卸評価額ではなく時価である。

WEB小売業の私は、減価償却するような資産は持って無いので、

資産の引き継ぎとなると、商品である棚卸資産がメイン。

車も処分してしまったからね。

車の維持費を計算して固定費削減。車両費を安くする方法。

 

棚卸評価額でそのまま引き継ぎって思ってたら、全然違いました。

仕入れ価格(棚卸評価額)が販売価格の70%未満の場合、

低額譲渡になってしまうようです。

(著しく低い価額の対価による譲渡の意義)

40-2 法第40条第1項第2号に規定する「著しく低い価額の対価による譲渡」とは、同条に規定する棚卸資産の39-1に定める価額のおおむね70%に相当する金額に満たない対価により譲渡する場合の当該譲渡をいうものとする。

 

(家事消費又は贈与等をした棚卸資産の価額)

39-1 法第39条又は第40条《たな卸資産の贈与等の場合の総収入金額算入》に規定する消費又は贈与、遺贈若しくは譲渡の時における資産の価額に相当する金額は、その消費等をした資産がその消費等をした者の販売用の資産であるときは、当該消費等の時におけるその者の通常他に販売する価額により、その他の資産であるときは、当該消費等の時における通常売買される価額による。

法第39条《たな卸資産等の自家消費の場合の総収入金額算入》関係|通達目次 / 所得税基本通達|国税庁

 

よって、通常販売価格の約70%以上の金額で譲渡しないとイケない。

 

私の場合、販売手数料を除いて利益率50%くらいなんで、

販売価格は棚卸評価額の2.5倍くらいに設定となっているものが多い。

となると、棚卸評価額の1.75倍くらいで譲渡しないとイケない事になる・・・

 

法人側で高値で買取、薄利販売になるんで法人利益が超減少する予定。

個人事業の売上になるんで、個人の所得は超上がる。

その辺も考えて、役員報酬を決めとけば損って事は無いかな。

年内売り切り前提ね。

個人から法人への売却となるので、個人側で消費税も発生する

評価額×1.08(消費税率)で売却。卸売扱いなんで簡易課税は第一種。

法人側の消費税が免税になる予定・・・なのが、せめてもの救いか。

 

棚卸評価額のまま引き継ぐか?販売価格の70%で引き継ぐか?

不良在庫はどうするのか?時価ってなぁに?

資産譲渡における時価の判断や解釈って非常に難解なんで、

専門家に相談した方が良いと思われます。

 

会計業務の不安。法人の経理は個人と大差無い。

個人事業主なら、便利な会計ソフトさえあれば、

日々の仕訳、決算申告書の作成→確定申告なんて、なんとでもなります。

会計ソフトはMFクラウド確定申告。メリット・デメリットと注意点。

 

法人になったら、日々の会計業務のやり方が変わるのか?

複雑になって、自分だけでは仕訳できないんじゃないか?

という不安がありましたが、

実際、法人化してみて、会計ソフトも使ってみて、税理士さんと相談してみて、

日々の仕訳、決算書の作り方、個人事業主の時と変わらない事が分かりました。

 

法人の会計業務で複雑なのは、法人の決算申告。

個人の時とは違い、法人税の申告書も作成、提出しないといけない。

これが複雑過ぎるらしく、素人には無理なんで、皆税理士にお願いする。

また、申告書に税理士の署名も入るから。お願いしない手も無い。

 

日々の仕訳は自分でやって、決算だけ税理士にお任せする。

私は、キャッシュフローも完全把握したいので、そのようにお願いしました。

法人でもクラウド会計は使えるし、当たり前に入力の手間も無いですから。

中小企業向けの会計ソフト比較。小規模法人にオススメのクラウド会計。

法人の会計ソフトって高いイメージだったけど、

クラウド会計の登場で、安く使える時代になってます。

 

法人クレジットカードの疑問点。個人クレジットカードの法人利用について。

法人なら「法人名義のクレジットカードを使うべし」という理屈。

法人化で一番悩んだのが、この点です。

いろいろと相談した結果、

弱小オーナー法人は、個人クレカを使ってるし、

使うのは仕方ないよね?っていう結論。

 

個人名義のクレジットカードが使えないと、とにかく困るし、

我々輸入物販事業は、成り立ちませんから。

 

しかしながら、法人の税務調査は厳しいんで、しっかりやりましょうってのは前提。

私の場合、個人名義のクレカを、完璧に事業でしか使用しない事にした。

個人名義のクレカは個人口座からの引き落としなので、

クレカの振替口座である個人口座も、完璧に事業用口座として扱う事にした。

少ない件数なら「短期借入金」って方法もあるんだろうけど、

事業でしか使わないクレカが、ほとんどだからね。

 

そもそも法人のクレジットカードって審査厳しくて、

新設法人が簡単に作れるもんでも無いってのも有る。

法人クレカは数社で審査してもらってますけど・・・何件かは落ちました。

個人クレカは使わざるを得ないし、

個人クレカの方が、還元率が良いってのも有る。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

 

法人クレカって、法人名で決済するもんだと思ってたけど、

振替口座が法人口座になるってのが、個人クレカとの大きな違い。

クレジットカードには、法人名と利用者名が記載されるのが一般的ですが、

基本的には利用者名で決済する感じ。サインも利用者サインだし。

 

よって、個人名義の契約でも法人クレカで決済できる

個人契約しているものは、法人名義へ契約変更って思ってたけど、

法人名義に切り替えできないものは、支払さえ法人カードにしちゃえば・・・って感じだね。

もちろん法人名義にするに越した事は無いけど。

 

法人口座引き落としのビジネスカードも、早い段階で作った方が良い。

法人カードを比較する。事業主にオススメのビジネスカードランキング。

新設法人でも、クレジットカードの審査通ってます。

 

物販アカウント引継ぎ。個人名でしか登録できない契約について。

クレカ同様悩んだのが、物販アカウントの法人引継ぎ。

繰り返しますが、個人で契約していたものは法人契約に切り替えるべき。

理屈はわかっております。

 

しかしながら、私の物販アカウント、

個人でしか利用できないものが有る。

例えばヤフオクの個人アカウント、個人から法人への変更は不可能

個人のまま利用は可能でも、

かんたん決済は、契約者と同名口座で無ければ振込不可です。

Buymaも個人と法人ではアカウントは別っぽい

 

よって、売上が個人口座に振り込まれるものは、

その銀行口座を事業用口座として、個人利用しない事に決めた。

上記のクレカ振替口座の対応と同じ。

ちなみに、アマゾンやカラーミーは、法人名義へ簡単に変更できました。

ヤフーショッピングストアも1~2か月時間が・・・・って話だったけど、

即日変更なりました。

 

個人名義の契約ってのは、どうしてもしょーがない事。

個人名義ばっかりってのは問題だけど、

とりあえず残ってしまうのは仕方ない・・・よね?

徐々に 無くしていこう ホトトギス。

 

法人化って超面倒だけど、やってみても良いんじゃない?

法人化する前は、デメリットしか浮かびませんでしたが、

ネット物販の個人事業主が法人化する。法人成りのメリット・デメリット。

今では法人化して良かった。そう思っております。

 

私は永遠のフリーランス。

人の目なんて関係無いって思っておりましたが、

商売って人と人の上に成り立つもの。

人は人に信用され、評価されてナンボでした。

法人の代表になる事により、

物事がスムーズに運ぶようになったのは事実です。

 

個人で資産を残しても意味ないし、法人で資産を残しても意味が無い。

そう気づけたのも、法人化したおかげ。

別人格作れるって素晴らしい。お金や、節税だけでは語れないものも有る。

人材や事業に投資する為にも、法人であることは有利に働く。

また、法人に対する謎や、不安も消える。これも大きい。

 

株式会社の代表取締役ってだけで、人の対応は変わります。

コロコロって変わるのを体感しております。

会社設立って超面倒だし、コストもかかる。利益出すのは超大変。

皆それは何となく知っているし、不可能な話だと思っている。

 

法人の代表って言うだけで、人は聴く耳を持つモノです。

同じ発言をしても説得力は、全然違うし、重みが増す。

IT以外で、意見を求められる事態にも遭遇している。

バックボーンってやつ?学歴、経歴、やっぱり影響は有るよね。

社長に対する畏怖みたいなものも、潜在的に有るんだろう。

知らんすけど。

 

得体の知れない個人事業主は、やっぱ説得力は無かった気がする。

脱サラ、独立起業はオススメしない理由。事業主のデメリット。

知らん人が見たら、ただの負け犬の遠吠えです。

 

通貨は、お互いの国の信用の元に成り立っている。

日本円の価値も信用ならない時代、

法人化するだけで、信用してもらえるなら安いもんだ。

 

P.S.

うだうだ言っとりますが、

税務判断については、一切の責任は負いかねます。

ネットの無料情報を参考にするより、直接専門家の意見を聞いた方が安心です。

税理士をお探しなら『税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント』

本気で悩んでるなら、お近くの税理士までご相談下さい。